Maintenance Hula Popper Skirt

 フラポッパーのテイルとして有名なフラットラバースカートの経年劣化を防ぐ方法のご紹介です。
 もし硬化して使い物にならなくなったら、日本では代替品としてオフト社から発売されているフラットスカートが有名です。シリコン製なので通常のラバー製のような劣化する心配がいりません。
 しかし、ジグ好きとか言っちゃう人に限ってこのフラットスカートをジグに巻く人って居ない偏見があります。ラバーやシリコンといった素材と太さで使い分けている、自称ジグ好きの人って実際に居るんでしょうか?自称の仕方でも「ジグをピッチングやフリッピングで釣ることが好き」と言っているアングラーの方が信用できる偏見もあります。
 パンチングが流行しているというか、パンチングが主な釣りになる釣り場では、パンチスカートなんてのが流行してたりしてるわけですから、これにだって使えるはずです。このフラットスカートで当然スピナーベイトに巻けばブーヤ社のバイブラフレックスと同じスカートが自分で作成できてしまいます。
 オフトはせっかく面白いこんな小物を売っているのですから、もう少し巧くプロモーションをするべきで、色んな釣具店に売り込みをかけるべきです。もしくは、オフトに「これが使いこなせるアングラーなんて日本に居ねーし」的なディスられ方をしているのではありませんか?
といった前提を有利に働かせて、売り方として「多くのアングラーが使わないが」という公式見解で、使いこなせるアングラーってほとんど居ないよねー的な廚二病心を揺らしてあげれば良いのではありませんか?
 フラットスカートとノーマルの細さのシリコンスカート2種が使われて、さらにどんなステンレス線より硬いワイヤーが使用された贅沢なスピナーベイトです。このワイヤーは曲げると折れるため、シングルブレードへのチューニングはニッパーなどでクレビスを切るのが正解です。ブレードの振動をヘッドに伝える意味がよくわかるすごく優秀なスピナーベイトで、ワイヤーが細くて弱いものが主流の日本製に対して基礎はこっちだと再認識させてくれるモノになっています。

 それぐらいフラポッパーに付いている、そのスカート形状はアピール力があって面白い代物ですから、なるべく劣化させてダメにしてしまいたくはありません。個人的にまだ試したことがありませんが、
fula_skirt_antiaging
 アーマーオールプロテクタントという製品で、ゴムの経年劣化を防ぐ記事がとある北米の本に掲載されていました。これは自動車用品としても日本でもわりと有名なものです。日本でも正規輸入されているので品質も安心です。
http://www.napolex.co.jp/product/armorall/PROTECTANT.html
これがその製品の効能です。主な原因であろう紫外線による経年劣化をコーティングしてしまうことで防ぐので、結果的にスカートにスプレーしても柔らかさを維持することができます。

 ツヤ出しと無しの2種類ありますが、釣りのスカートに関してはどちらもそんなに変わらない気がします。ツヤがあったほうが水中で光るからアピールになると思い込んで自信を持つのも悪いことではありません。普通に使う、釣り用のブーツの手入れ、古いプラスティック製のタックルボックスのメンテナンスとしても使用できたりするので、自動車なんて持ってねーよと言わずに1本ぐらい買っておいても損はしないと思われます。お気に入りだけれど、もう廃盤なんていうブーツを使っている人は特に必要な物かもしれません。またラバー製品は長期間クローゼットに保存していても劣化は進みますから、保管する前に洗って、こういったものをスプレーしておくと劣化が抑えられます。また、フラットスカートに関しても定期的にスプレーしておくことが推奨されています。
 また最近北米では流行している、モップジグやブーヤ社のピッグスキンジグ(以下リンク上段)やA-jig(リンク下段)に付いている極太ラバーにも使用できるのではないかと思います。スプレーすることで劣化して硬化することがなくなるのであれば、スプレーしてもそれほどラバーの動きに影響はないと思われます。

 実用的なチューニングばかり掲載されている本の中の1記事ですから、コーティングしたところで釣果にもそれほど影響がないのだと思います。もし匂いが気になるのであれば、使用前にフォーミュラなどをジグに塗るなり、スプレーしてしまえば大丈夫です。元々フォーミュラの歴史はゴム臭さや人の匂いを消すために作られたものだったわけですから、理にかなった使い方です。
 「あともう1尾を獲りたい」こんな時に必要なのは、普段気にかけないような細かいことでも気にすることなのだと、バスマスタエリートシリーズで優勝したバスプロ達を見ていて思うことです。

 フラポッパーなどの標準装備は未だにラバーだと思いますが、本国でも替えのフラットラバースカートはやはり経年劣化の問題からかシリコン製になっています。
http://www.northlandtackle.com/Category/main.taf?cat=89&pc=244
どうやらレッドヘッドカラーに付いていた紅白のスカートは絶滅してしまっているようです。代わりに
http://www.northlandtackle.com/Category/main.taf?cat=76&pc=244
ウェーブをかけたスカートならありました。水流をずっとかけていくスピナーベイトやバズベイト、スパターバズ
なんかに良さそうです。シリコンなので白一色のものに赤や黄色の油性マジックで色を塗れば、なんとかならなくもないですが、指で擦ると色落ちするので注意が必要です。しかし塗り方一つで、ティップを塗るのかストライプにするのかでオリジナリティは出せます。

 もし失敗したらここにコメントでもトラックバックでもください。この発行者に苦情を入れておきます。既に実験済みのことだからこそ、掲載されているのがこちら北米の入門書だという偏見があるので、間違いはないと思っています。
 成功したらしたでコメントやトラックバックが欲しいところです。ベビーパウダーより使い道が広くて有効なのであれば、こういった手入れ方法はどんどん広めていって欲しいものです。多くの人がトップウォーターをオフシーズンにしますが、それらを仕舞い込む前にメンテナンスしておくことをお勧めします。


Reference:
North American Fishing Club "Practical Fishing Tips" 2000, Printed in 2010, p46

tag : フラポッパー スカート フラットラバー メンテナンス 腐らないように アーマーオール プロテクタント

Trackbacks


Use trackback on this entry.

『フレッドアーボガスト/フラポッパー』

このクソ寒い時期に『トップウォータープラグ』の紹介というのも何なのですが(;・∀・)                   今回紹介するのは『フレッドアーボガスト/フラポ...

Post a comment

Private comment

Hula Popper Fisherman

I do believe hula poppers to be one of the best bass lures ever! Changing their skirts is a must, you should have them perfect, always.

Re: Hula Popper Fisherman

Thank you left comment.
I think so! Hula poppers are great chugguer baits.
Using baby powder, one of solution to keep the skirt. But mild acidity powder might be damage hooks.
If you are success to do spray, spreading the info for all hula popper lovers.
I'd like to spread great info which is one of my purpose to write entries.
Enjoy fishing!
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4