僕らの距離が縮まって私の心が離れてく。制作ストーキング撲滅委員会

 プリスポーンとか言っている人は今すぐに産卵して、その卵が孵化する可能性があると思っているのでしょうか? 孵化するとしてどれぐらいの時間が必要なんでしょうか? それは産卵として成功したと言えるのでしょうか? アングラーの皆様おはようございます。
Bassmaster Elite at Lake Martin presented by Econo Lodge
February 8-11, 2018
GroupAnglerPlacePoints
AKevin VanDam73123
BBrandon Lester50175
CBill Lowen79117
DBrandon Card9789
EWesley Strader31213
Overall Pct: 14.6 %
 1年越しに大きく外したといった感じでしょうか。リスクを理解した上での選択だったため特に反省はありません。Buzzbaitをキャストしたとか、Alton Jones Jrがspookをキャストしたという話を聞くたびにBill Lowenがcutの中に居なかったことが悔やまれるという程度です。

 さて、Bassmaster Liveの2日目にMark Zonaがwide wobbleの代表格としてWiggle Wartや1.5スクエアビルを、tight wiggleの代表格としてShad Rapを比較した話が出ていましたが、どんな魚を選んで、狙って釣るのかという話であってそれはベイトの選択の話ではありませんでした。もちろんRapala協賛のベイトについて語るコーナー"Tastes the Baits"での話なので、ベイト中心からの話をしなければならないのは確かだったのですが、Davy Hiteあたりの分析が欲しかったというのが個人的な感想です。そして、最終日のDavy Hiteの分析は流石でした。さて狙う魚の話ですが、例えば上流域にいたMark MenendezやRoy Hawkは濁りの中にいるspottsやlargemouthを狙っていましたが、Cliff PrinceやAdrian Avena, Jesse Wigginsは下流域で透明度のあるエリアのspottsを狙って釣りをしていました。Mark Menendezは最終日にElroy Krugerの名前を出しながらコロラドNo.3をフロントにNo.5をリアブレードのスピナーベイトを使い、Roy HawkはDuo Realis 5AをCliff PrinceはShad Rapを使用していました。狙っている魚を根本的に2種に分類した時に、sight feederを狙うのか、lateral feederを狙うのかという話が前提としてこれらの使われたベイトが違うという話なのです。優勝した人は、chatter bait, spinnerbait, finesse jigを使用したが釣れなかったというLIVE中の解説がありましたが、片やMark Menendezはスピナーベイトを使用し、Andy Montgomeryはボートドックでジグを使用していました。もちろん彼らが釣りをしていた場所はそれぞれ別の場所でした。別の誰かが同じ場所で同じことを同じべいとを使用して再現しようとしても狙っている魚が違うのですから同じ結果は得られません。その点を踏まえてツールが違っていることに何の意味も本来はないのです。
 2年前になろうとしていますが、Rick ClunnがBassmaster Liveでスピナーベイトが得意な人はトーナメントから既に去った後だという言及をしながら、昨年FacebookでElroy Krugerの名前を出していました。今回のBassmaster Live最終日、Mark MenendezがElroy Krugerに言及してくれたことは、ツールは所詮ツールでしかないのだという理解をするために、非常に大きな言及だったように感じます。

 それにしても2日目にも散々名前を出して煽っていたwinning baitが最終日の正午までTWHの在庫が無くならなかったり、BPSの在庫が未だに残っていることについて、初日に根がかったと思って切ったクランクベイトが魚の口に付いて帰ってきたそのクランクベイトが廃盤色であることについては良いのでしょうか? TWHからはロッドの在庫が減りそうな気配もないことについて誰か何か思うことがないのでしょうか? 昨年の開幕でも少なからずMooneye jigheadが長らく完売状態になりました。これだけ産業的に影響の少ない人が勝つことが本当に日米釣具市場にとって良いことなのかどうか、誰か冷静に指摘する人がいても良いのではないでしょうか? そこが日本の甘さだと考えています。トーナメントという産業から市場に何を提供するべきなのかもっとよく考えるべきです。

2018 GEICO Bassmaster Classic presented by DICK'S Sporting Goods
March 16-18, 2018
GroupAnglerPlacePoints
AKevin VanDam
BJohn Cox
CRuss Lane
DDustin Connell
EJamie Hartman
Tie-Breaker: 81 lb 2 oz

 John Coxが上位に、もしくはForrest Wood Cup WinnerにFLW AOYがClassic Winnerにもなるとか個人的に面白いなというシナリオベースに考えてみました。DがDustin ConnellでなくJason Williamsonでも良いのですが、とにかくflippingが主軸です。これに次ぐタイトルを獲得しているのはGreg Hackneyで、こちらはBassmaster Classicを残しています。彼にJohn CoxがClassicを勝つとBassmaster Elite Series AOYを残すだけとなります。
 2015 Bassmaster Classicの開催地でもあるLake Hartwell, Greenville, South Carolinaですが、前回は色々な物が凍りつく展開でしたが、今回は季節的に随分と違う様相を呈することでしょう。そしてBassmaster Liveが初めて開始された時でもありました。初日のtop 6を集めたインタビュー後に当方はAshleyのためにあるeventだと断言していたわけですが、あれ以来さっぱり見なくなりましたが、今年もあの当時のような完全にeventを手中に収めるアングラーを見ることができるのかが楽しみです。そのためにはJohn Coxに頑張ってもらうことが盛り上がりにつがるというのが今回の選択です。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4