そしてまた。趣味さえ合えば、あらゆるほとんどの障害はジャンプできる。

 Bassmaster Elite at St. Johns River presented by Dick Cepek Tires & Wheels, March 17 ~ 20, 2016
 友人達とLIVEを同時視聴、そしてチャットでのアングラーごとの釣りについて気がついた仕草を語るなど熱い夜が終わりました。
 まずチャットに招待して当方がトピックとして取り上げたのは、「Rick Clunnまでもbraided lineを使っている。」ということでした。後々、それがbladed jigだけのセッティングであり、Zoom Speed Wormを使用したspeed warming techniqueではラインカラーとラインを素早く巻き取った時の音からして、グリーンのモノフィラメントライン、Bass Pro Shops Excel Monofilament Lineを恐らく使用していることが映像からわかりました。

 グラファイトロッドを使用しているというのもありますが、以前Bass Pro Shops Signatureでグラファイトロッドを使っていたので個人的な驚きは少ない部分ですが、Johnny Morris CarbonLiteの白いロッドでBass Pro Shopsのスポンサードメンバーをもう一度リストラクションで影響力を取り戻そうとしているのが伝わってきます。現に昨年からChris LaneがJohnny Morris CarbonLiteをボートデッキに並べています。Chris LaneもTVという映像を使った一番目立つところでのプロモーションに出てくるなど、その一環の流れだと考えられます。

 2002 B.A.S.S. Central Open Sam Rayburn Champion以来の戦績だとか、その時のwinning baitがNorman DLNだとか当方の友人もなかなかのことをさらっと言ってくれます。

 Bladed jigに取り付けられていたのはサイズ的にGambler Big EZだったでしょうか。Mark Zonaが最終日にベイトが映り込んだ瞬間Gambler EZ Swimmerと言っていたので恐らく間違いないでしょう。カラーがRipe MelonだったのかWatermelonだったのかlow lightコンディションでジグに取り付けられたブレードもブラックで、トレーラーも比較的フラッシングを起こさないセッティングにしていたところが非常に興味深い点です。そしてトレーラー・フックを取り付けているというのも、日本人では不要などと言ってやってみようともしない態度を蔓延させるショーモナイ連中だらけの中、よくぞやってくれたという工夫ではないでしょうか。
 釣っていた場所はoutside edge of eelgrassそして最終日は正午を過ぎたあたりでinside edgeを釣っているとLIVEで本人が語ってくれました。メインベイトだったbladed jigはウェイキングと呼べる表層で引き波を立てるスピードで比較的足元の方までリトリーブさせ、追ってきてストライクするイメージがあったようでした。これがスピナーベイトでも、ウェイキングクランクベイトでもないところにシビれました。昨年のBassmaster OpenのRiver2Sea Whopper Plopperを自分の釣りに取り入れたRickのdevelopmentという意味です。反対に、フォローのスピードワーミングは、キャストした場所からリールハンドル2-3回転のところで釣るような感じで、ロッドでのリトリーブを入れると6ft前後のみを釣り、残りは回収作業で次のキャストに移ります。ボートポジションはアウトサイドエッジの時で、水深4-5ftの間にボートを位置させ3ftラインを釣っている模様でした。魚を掛けた時にはPower Poleで固定してしまっていることもありました。そんな釣りをしていることから、LIVEのMark Zonaの分析で、1日平均で528 castsするという回数を出していました。これはベッドのサイトフィッシングをメインにしているアングラーとの比較で、際立った数字であるといった意味です。ついでに、Bassmaster Academyで動画を見るか、Bassmaster Magazineの"Day on the lake"を読んでいればわかりますが、キャスト回数を数えるのは彼らにとっては情報を伝える常套手段です。何も珍しいことではありません。
 LIVE終了直前あたりでは、予報通りエリアの最も北部で釣りをしていたTerry Scrogginsにはそこそこの風が出てきたことに伴い、Terry Scrogginsの位置からは南へ行ったLake Georgeの北部に居たRick Clunnへも微風が吹き出します。そのタイミングで先に述べたインサイドを釣りっていました。微風であったことからClunnは、風に対してキャスト方向はアップストリーム、もしくはアップクロスでキャストしていました。


 さて同時進行で最終日はGreg Hackneyも常に映っていました。3日目もGreg Hackneyが特集されていたわけですが、その時はJordan Leeと共にTeam Strike Kingとして、曇り空の中でスピードワーム・テクニックとしてTex-riged Strike King Cat'R Wormのswimmingが取り上げられていました。申し合わせたようにというより、まさにスポンサーとして申し合わせたベイトの連呼に若干苦笑してしまったものの、曇り空でサイトフィッシングが完全に支配できないゲーム展開の中でベッド周辺の、Rick Clunnが語ったポストスポーンの稚魚を守る魚を広く釣っていくテクニックとして有用性が高いことを彼らが一緒になって示してくれた経験を忘れてはいけません。


 当方がFantasyであえて選ばなかったTerry Scrogginsですが、Devil's Horseのチューニングにはなかなか楽しませてもらいました。Mark Zonaが割と強調して解説するので真剣に聞き、そのLIVEと同時進行で検索したら
見事にその動画を発見したわけですが、動画内ではプロップのカップにする方向については語られていませんでした。
 AF200の方がビッグフィッシュベイトとしてNo.4のフックを持っているため選ばれがちですが、あえてニードルフィッシュの存在から細身のプロップベイトを選んでいるのではないかというMark Zonaの分析で、Terry ScrogginsのAF100のチューニングが語られました。AF100はNo.6のフックが取り付けられているため、そのままフックサイズをNo.4に変更するとテールを下げた状態で浮いてしまうため、フロントとミドルフックのハンガーを一つづつ前にずらして新しい穴を開けて止めてしまうというチューニングをします。そうすることでフラットに浮くためフロント・プロップが水をつかみアクションに無駄が出ないという算段です。
 これも意外と知られていない彼らの工夫の細かさであり、winning gear大好きMark ZonaありきのLIVEの楽しみ方です。当ブログでは何度も言うように、別にルアーなんて何でも良いのですが、Mark Zonaという人柄とその素晴らしい態度に敬意を表してこれらを紹介しているというのがトピックです。
 そして反対に、Greg Hackneyがcanalに入り込んでキャストしていたプロップベイトはハンドカーヴドのフラットサイドクランク系のボディを持ったパンフィッシュ・サンフィッシュだとかブルーギル・イミテーションだったことも興味深い比較ができます。ある程度、河川という開けたエリアのグラスベッドの釣りとしてTerry ScrogginsのAF131OBの釣りがあり、canalという比較的狭く閉鎖的なエリアでのスポットを狙い撃ちするような釣りのプロップベイトという見方はカテゴリーを自分の中で整理していく上では参考になる見方ではないかという提唱です。もちろんそれは彼らの考えで、ニードルフィッシュはcanalではなく比較的広いエリアにしか生息しない、逆にパンフィッシュ系はcanalに集まるなどといった、彼ら自身のconfidenceという精神的な面のものでしかありませんが、それを己のものにした者こそがウィークエンド・アングラーでも一つでも二つでも頭を抜けるのです。今回の件から学べることは、そういった狡猾さを我々はより強く意識して持つべきだということです。

 日本時間の朝5時半からRick ClunnのKen Cookへのスピーチで感動するといった、当著者が普段のBassmasterに感じているのとは少々違う意味での感情の高まりがありました。2011 Elite Series Diamond DriveでのDenny Brauer以来といったところです。

 あと開始直前、ボートでRick Clunnがエンジン・スロットルを上げる前、Clunn側のカメラが3日目2位ですぐ後ろで待機しているGreg Hackneyを映した時にプロレスよろしく首切りパフォーマンスしたのには笑わせてもらいました。

 さて、日本のどこでこんな濃い内容が贅沢に盛り込まれたチャットができたというのでしょうか。そして誰がこんな内容のブログを書くというのでしょうか。偽物を見抜く力を養うのは読者の皆様の努力であって、当方の努力ではないということを今一度再認識するべきだと申してこのブログを閉じることにします。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4