A「フリッピングといえばバジル・ベーコン」B「なにそれオイシイ?」その2

 Harold Sharpが亡くなられたようです。
http://fishingtackleretailer.com/harold-sharp-former-b-a-s-s-tournament-director-dead-at-88/

以下のリストに挙げられる人材が世を去るというのは寂しくなると同時に、何か貴重な経験や教訓を失ったように思え、何かもっと彼らから学ぶべきことがあったのではないかという一種の後悔のようなものを感じます。
http://www.bassfishinghof.com/alphabetical-listing-of-inductees/


 さて、そんな中に名を連ねている一人、Basil Baconについて触れてみましょう。
http://www.bassfishinghof.com/alphabetical-listing-of-inductees/basil-bacon/

 彼は本物の機器設計の先駆者でありながら、実績のあるトーナメント・アングラーです。
Basil was the first person to design a “flippin’” button on a baitcasting reel.
 Basilはベイトキャスティング・リールに「フリッピン」ボタンを設計した最初の人です。今日では、「フリッピン」ボタンは世界的に淡水のベイトキャスティング・リールで一般的になっており、それは70年代初期から中期にかけて成熟された「フリッピン」という新しいテクニックをアングラーが学ぶ手助けになりました。

 「フリッピン」ボタンに加えて、Baconは今日のバス・ボートに必ず組み込まれている「フリッピン」デッキを開発した先駆者でもあります。さらにBaconは最新のバス・ボートのパフォーマンスを最高点に到達させるために使用する4枚ペラを考案しました。

 Baconの専門知識はデザイン、釣り産業やマリン用品にとどまりません。Baconはアメリカの釣りの歴史の中で、優れたルアー・デザイナーの一人でもあります。

 長年に渡り、Basilはルアーの傑作として、Bacon RindとBacon Stripといったソフト・プラスティック・ルアーにWakin' Bacon spinnerbaitをデザインしました。

 1971年からBaconはいくつかのプロ・トーナメントに参戦し、BASS Master Classicsに9回参戦、B.A.S.S.で2度のタイトル、1973年と1974年にProject Sports Bass Tornament TrailでAngler-of-the-Yearを獲得、Fisherman's Bass Tournamentsで2度、Bass Casters Association tournamentで3度のタイトルを、Angler Choice Pro Division Classicでのタイトルに加え、最近のものでは2002年にNashvilleから離れたOld Hickory LakeでのWalMart FLW Tour Eventでタイトルを獲得しています。

 Basil Baconの偉大なトーナメント・キャリアを見通してみると、彼はB.A.S.S.のトーナメントでTop 10に40回、参戦してきた様々なトーナメントを合わせれば125回のTop 10を記録しています。

Basil Bacon…a true living legend in the world of bass fishing!

2007年殿堂入り。

 なぜ誰も気にしなくなったのかと言えるぐらいの功績を残した人物です。ボートのデッキを高く設定することというのは、バス・ボートの世界では今日誰もが最初に意識するか、意識しなくとも最初からそう設計されているぐらい一般的なものです。
 フリッピン・スイッチという革新もBasil Baconと共に日本では見ることがない一方で、北米ではどこかのメーカーが忘れられる前に必ず製造してくるぐらい有用性を一般的なものとし、地位を確立しています。


 一体何が言いたいのかというと、ここまで説明しないとBasil Baconのプレゼンテーションに関する記事すら紹介できないという現状への批判です。フリッピングで出てくる名前がTommy BiffleとかDenny Brauerといったところで、「それピッチングの人ですよね。」という反論すら理解されないこの歴史を無視した現状への確固たる非難です。
 日本人の口だけの「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」という態度は一体どうにかなりませんかなどと問いかけてみることにします。仮に大学を卒業していて歴史に学ぶ方法を知らないというのであれば、本当にカワイソウであると判断して同情してしまいます。
 そんなカワイソウな人向けにわざわざ丁寧に解説している当著者がなぜこのようにアクセス制限をかけて、著作権侵害と剽窃による利益の享受の先を操作されることを防がなければいけないのでしょうか。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4