「おい、俺滅茶苦茶大人っぽいだろうが。愚痴をこぼしたり、汚い嘘をついたり、卑怯なことをしたり。」

 新暦の7月7日が七夕とか馬鹿じゃないの。梅雨のど真ん中に星なんて見られるわけないじゃん。日本ではこんなマジレスすら言い出せないヲトナばかりになってしまったという偏見があります。日本の皆様おはようございます。
 確か毎年のように言い続けようとしているシリーズだったように記憶しています。仙台七夕祭は旧暦になるべく合わせて8月7日前後にしているのだからそうすれば良いのにといった提案も含んでいます。そもそも七夕というのは旧暦、つまり農業を軸にした季節感の話、五節句であって、新暦の7月7日なんてそもそも季節が違うのです。五節句ほどないがしろにされた季節感というのもなくて、例えば1月7日、人日に七草粥を食すわけですが、新暦の1月7日に天然の七草が揃うわけがありません。
 何も日本の文化だけの話をしているわけではありません。釣りという自然相手に遊んでいる人達ですら、そんなことには一切気を配ろうともしないという危険な状態についてへの言及でもあるのです。ここでピンとこないでしょうか。春めいてきたらすぐにでも「プリスポーン」とか言っちゃう人とか、「スポーニングはもう全て終わった。」とか、明らかに早すぎる段階で季節の先取りという自然相手の遊びでは愚行にしかならないことを平然と繰り返す人々のことを思い起こしたりはしないでしょうか。この偏見に基づいてしまえば、日本人の釣り人なんて総じて脳味噌空っぽだと言い切って一体誰が反論できるというのでしょうか。

 さていつものように目を通しているとどこの世界にもマニアがジャンルを滅ぼすといった傾向が存在していることをまざまざと思い知らされたことがあります。
http://bassfishingarchives.com/features/the-whole-flippin-story
 この著者が普通に「自分がDee Thomas信仰なのは仮に認めたとしても、flippingをdevelopしたのはDee Thomasなんかじゃないと引用も出典もデータも何もろくにしないで反論にもならないジャンクメールがたくさん送りつけられてくることにウンザリしているんだ。」と言っていてその気持ちに共感すると同時にどこの国でもそういうショーモナイのが存在しているのだと再確認させられました。それもこの著者は、「flippingはただのテクニックではなくコンセプト・概念である。」といったタイトルを付けた投稿を引用ありきで散々紹介したにも関わらずそのようなジャンクメールを送りつけられているという点に注目しなければなりません。
 ついでに関連がないか簡単に検索してみたところ、Google Booksの検索で見事にDee Thomasの1975年の記事を発見してしまいました。これの有益な点は、今までギャンブルみたいな形式で表紙に掲載されたタイトルという文字情報のみから自分の欲しがっているであろう情報が掲載されているか否か己のsixth senseを通して判断し個人輸入で購入していたわけですが、そんなドクターまたはプロフェッサーの多くが持つその特有の感性がなくとも情報収集できる、知的活動ができるという可能性を示唆しています。もちろん最初から情報収集・勉強しようという日頃からの学生ぐらいの意気込み、態度がなければ何の役にも立たないのは間違いありません。最初からドクター・プロフェッサー気質な人でない限りこんなものきっと日本人なら誰も読もうともしないと断言しておきましょう。もっと根本的に英語がわからなくて理解できないという偏見もあります。

 本当に批判がしたいならそれなりの覚悟を持って欲しいものです。その覚悟とは、つまり引用・出典・データによる客観的に見て明らかな事実を裏付けとして提示しながらその論調には落ち度があると指摘するべきだということです。はっきりと断言しましょう。その批判というのは、納得して同調するよりもはるかに労力が必要となります。視点を変えれば、批判しようと資料集めをするということは誰よりも勉強しなくてはならないという意味であり、納得や同調よりもはるかに有益な己の知識を得ることができるという見方ができます。そして言い変えれば批判しないで八方美人で持ち上げたりお世辞しか言わない連中ほど世渡り上手として世間的に持ち上げられる風潮があるという偏見がありますが、そんな連中に勉強という態度や知性なんてものがそなわっているなどと思わないことが、自分を賢明にする第一歩だと考えるべきだと主張しておこうと思います。そこから先のステップの話として最も難しいのは批判しようとしたが結局結論が批判にならなかった場合です。そんなときにはKevin VanDamが記した次の言葉をつぶやきましょう。"Shame on me for being stubborn."人間として最も難しいところであると理解しているつもりですが、ここさえ間違わなければ自分がショーモナイ側へと堕落することはありません。

 今回の件から学ぶべきことは、人の感性として、今生きている感覚としての季節感すらなく新暦の7月7日を七夕だとか言ってしまう日本のバス釣りマニアがbass fishingというジャンルを滅ぼし続けているという偏見があるということです。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4