電波? ARBソングが入ってるからART!

 愚者を散々馬鹿にしても良い日は過ぎましたが、当ブログはいつでも愚者を愚弄しているので関係無いという偏見もあります。さて、風は冷たいのですがそろそろ水温も上がりだし新月ないしは4日間ある大潮でウェイトのある魚が浅い場所にふらふらし始める頃かと思います。一般的な日本のダム湖であれば4-6mあたりが岸から数えたファースト・ブレイクとなり、その水深がkeyとなることが多いと個人的な調査と経験で感じています。多くの釣り人が使ったこともないような2-30kgもあるトランスデューサーのサイドスキャンソナーを用いた調査であることも加え、当著者のそれは仮説として体系化可能であると考えています。
 さて、プリスポーンだのポスト(またはアフター)スポーンだの混乱を招くためにつくられたとしか考えられない用語としてはミッドスポーンといったカタカナ語が飛び交う時期になってきました。先に示したような狙う水深である程度相対的な季節感、プリスポーン、スポーニング、ポストスポーンとして分類することが可能なのですが、そういった語彙を多用する人ほどその文章中からその季節感を推察できるようなことが何も書いていないという偏見があります。結局はその人の中で季節感を体系化できていなかったり、そもそも季節感というスケール・尺度をつくったり考えたこともないことがその原因として考えられます。つまり、その情報を理解するために必要な情報が足りていない、最新の研究まで到達していないことなどが考えられます。
 そしてよくある雌雄、オスとメスの分類ですが、スポーニングで産卵床を持っている魚であればほぼ間違いなく分類できます。産卵床から長い距離を引きずり回しながら釣り上げ、針を外してリリースしても一目散に元々居た産卵床に戻っていく魚は間違いなくオスです。魚を掛けた後に、散々横走りしたり、激しく暴れるような行動をするようであれば、それも産卵床を持ったオスである可能性が高くなります。しかし、雌雄の区別は50%なのでどちらか言っていれば50%の確率で当たるというシニカル・ジョークを当ブログでも述べたことがありますが、誰もツッコミを入れてくれなくて寂しいところですが、生物界というのはそう簡単なものでもありません。なぜならヒトにも染色体異常、トリソミーなどを持っていることがあるためです。ここで人間という思考を持った生物だけが可能な文化的な尺度の分類であれば、ジェンダーと呼ばれる男女どちらかを選択するまたは選択されることが可能です。従って、ヒトではなく人、ジェンダーという分類であれば男女の分類はほぼ50%とすることが可能です。しかし、生物学にその文化的な尺度であるジェンダーを持ち込むとどうなるかというと、生物にオスとメスを選択する意志など存在しませんから、オスとメスを人が決断しなくてはならないというとんでもない矛盾が発生します。従って、生物学で考えたときに雌雄の分類は染色体異常の発生を仮定するわけですから必ずしもほぼ50%で雌雄を決定できるわけではなくなります。なぜ染色体異常についてここまで言うのかというと、Lake Biwaってところで釣れたworld tie a recordについて、多くの輩が3倍体だ何だと騒いでいたことをすっかり忘れているという馬鹿さ加減を思い出すべきだということです。染色体異常のことも考えられない人なんて生物学的には許されるべきではありません。しかし、先に当著者が述べた産卵床の魚の暴れ方の例のように、最初から文化的に物事を考えてみようとするのも、それはそれで体系化された、整理された考えに基づくものであり、合理的な判断を促すことができるため批判対象とするべきではないとの立場をとります。
 そうすれば読者自身がどうすればよいのかという疑問が浮かぶことでしょう。当ブログで散々述べていることですが、ここで己の決断が必要となるのです。自分が変わろうとするために必要なのは他人に頼ることではなく、自分が自分で変わろうとする意図です。この投稿を例にすれば、学問的な判断を基準とするのか、文化的な判断を基準とするのか、または両判断を精査して基準とするのかといった具合に己の立ち位置を決断する、意図することが重要なのです。そこから初めて自分の尺度から釣りというゲームを始められるわけなのですが、そもそもこの段階に到達することなく去っていく人達が多いという偏見があります。または一生この段階に到達することなく漫然と釣りという行動をするだけだという偏見もあります。
 さて当ブログは基本的に科学的です。しかし、科学という論理だけで見るのではなく、文化を無視することなくその両者の違いを分析し、どう解釈するべきなのかということを見出したい学問的な立場にあります。例えば科学の論理と宗教の論理で光と影のできる場所が正反対になってしまうというのであれば、それをどう解釈するべきなのかという非常に現代的な、現在進行形の分野に興味があるということです。


 さて、なぜかBassmaster.com内で再び閲覧数が増えているKevin VanDamのクランクベイトについて、5色のお気に入りカラーというスライドショーがあります。
http://www.bassmaster.com/slideshow/kevin-vandams-5-favorite-crankbait-colors
 中でも興味深いのが、"Black back chartreuse"という定番カラーをMichigan down to Floridaと全国で使えると言っていたり、"No. 622 Bluegill"カラーがシャッドの生息していない場所で捕食されるのがbluegillという前提で、そのルアー・カラーにある目の周辺の斑点状のblueが産卵期と春に良いと言っている点です。別に春だからredなんて言っていないあたりが渋い判断であり渋い選択です。

 他にも最新のところで、Lake Seminoleという季節と場所を特定した場合のKevinの選択も見られます。
http://www.bassmaster.com/slideshow/five-four-three-two-one-seminole
 早春で水に濁りがあるstainedであれば"Carp", 早春であればMichigan to Texasまでどこでも"Chili Craw"[写真はOrange Crawのおそらく間違い]、わずかに濁りがありシャッドが見えると"Sexy Shad"が最高となる。そしてシャッドが見えてclear waterであれば"Gold Sexy Shad"が有効になると言っています。クリア・ウォーターにgoldを選択したり、先ほどMichigan to FloridaだったのがMichigan to Texasになっていたりと微妙な地域色が入りながらもその選択方法は非常に合理的で興味深いところです。

 当著者と直接やり取りがある一部の人はこの時点で何が言いたいのか理解できると思いますが、Kevinの経験と判断という尺度でこれらのカラーをもう一度調査してみると非常に面白いことが発見できます。しかし、この手の話題は可能ならば引き延ばせるだけ引き延ばそうと思っています。なぜならこの季節ならこの特定のカラーが有効なんていうことを言いながら、根拠として文化的な判断も科学的な判断もできないような戯言を言う輩の化けの皮は剥がさなくてはなりません。従って、しばらくは泳がせておくべきという当著者の判断です。いずれそういったショーモナイ連中を愚弄する機会があると思いますので当ブログ読者は心待ちにして頂きたい、当著者をよく知っている人もネタバレしないで頂きたいところです。春は赤色だの何色だの言っている連中には要注意だということです。そんなことよりdepth & speedについて、魚の居場所としてストラクチャー・フィッシングを分析、考察している人の方がよっぽど有益だということです。

 今回の件から学べることは、文化的判断と科学的判断の違いによって起こる障害が存在すること、そしてそのどちらも正解ではないこと、トピックは己の意図した整理、体系化したその概念が大切であるということです。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4