イカロスは無闇に羽ばたかなければ風に乗っていただろうか。

 中途半端なとてもミーハーな連中が興味を失ってくれ、個人的にとても語りやすいBassmaster Classicの話題に触れなくてはならない時期が過ぎ去っていきます。昨2シーズンのBassmaster Classicに渡って読んでいた読者なら容易に理解してくれるとは思いますが、それは日本人がどうこうとか、そんなドーデモイイことではありません。

 毎年恒例ですが、まず湖を大局観的に、perspective/全体像を見なくてはいけません。今年の開催地はAlabama州Lake Guntersvilleです。
http://www.fishingnotes.com/lakeinfo.php?id=38742
 一番身近な尺度としてwater clarityこと透明度を見てみましょう。3-6ftと表記されています。これを以前の投稿から水の透明度を本国の人達の尺度として引用してみれば、"Clear"から"Moderate-To-Stained"となります。もちろん水温が上がればalgea bloomもその一例であるDOM(溶解性有機物)の値が上がり水の透明度は下がる、相対的濁度が上がるということになります。さらに天気予報を"Lake Guntersville weather"で検索すればすぐにでも確認できますが、これを執筆している段階での週間予報は、開催期間前は晴れから霧予報からの開催期間中は風を伴う雨となっています。開催期間中のあくまで予報は気温も60°F台と少々高めで最低気温も氷点下まで落ちることはありません。開催前日の木曜日には70°F(21度)と予想が出ています。従って、水温的にも少し上がりつつある傾向の中で、雨風で濁ることも予想すれば、"Moderate"とルアー・フィッシング的には最適な水の色ではないかと考えられます。ついでに産卵より随分手前の季節、pre-prespawn期間、簡略的に言えばwinterですが、水温が低い状態で安定してから徐々に上がり出すタイミングとしてshallowと呼ばれる浅い場所で割と活発に捕食を行う魚が釣れることも考えられます。
 さらにこちらの投稿も引用しなければならないでしょう。地理的な位置についてです。Tennessee州の南側、Georgia州の西側で州境沿いにその湖はあります。
Impoundment Range Map
 標高595ftであることから"hill-land"と表記して良い場所です。従って最深35ftであることを考察すると典型的な南部のダム湖水系といった場所です。そして地理的な視点で見ればprespawn/プリスポーンという言葉の大合唱を聞くことになる、Bassmaster公式からも聞かされると思われますが、正しい定義としてのプリスポーンのpreではないということを大事なことなので何度でも言っておこうと思います。当ブログ的にはpre-prespawnという季節です。In-Fishermanの以下の画像
Calendar Period Regional Timetable2
これを引用するならば季節の進行が例年よりいくぶん早くとも"Coldwater"という季節であるということです。仮にprespawnという語を使用するならばearly prespawnとなります。訳すときにその形容詞を省くから混乱を招くのです。

 これらの情報程度、ちょっと調べればわかることをまずは揃えてみないことには予想も何もあったものではありません。そして当ブログだけでは何度でも言うようにprespawnという語彙を何度も何度も聞かされることになるはずですが、正式な意味でのprespawnの釣りにはならないだろうということです。こういったことを修正してくれる、定義してより簡単に理解できるように整理してくれる本物のアングラー達が減ってしまったことを危惧しているという意味でもあります。年々その水準が下がっていることを批判しています。その根拠として、今よりそれほど科学の力がなかった70-80年代はもっと感性の鋭いアングラー達が多く居たことがその資料から伺うことができるという裏付けがあるのです。例えば、GPSがいくら進化したと言っても山間部に入ってしまえばGPS衛星からの送受信が途絶え正確性を失います。そこで大切なのは何なのかといえば、アングラー自身なのです。少し前のBassmaster Magazine 2013 November p.59からRick Clunnの金言も一緒に引用しておきましょう。
"Technology is great, but ... it cannot replace your awareness."
 映像、写真、文章を見るにしても細かい点についてaware/感じているか否かは全て自分自身にかかっています。そんなところに注意を払いながらBassmaster Classic 2014を見てみると何か非常に大切なことに気がつかされるかもしれません。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4