A「てんでダメな連中が栄冠を勝ち取るプロセス、スポ魂ていうのはこうでなくちゃねー。」B「無能な連中が勝つのがそんなに楽しいのか?」

 近頃、基準を持つことという点について強調していますが、それがなぜ重要なのかというと基準がなければ比較ができないからです。何と比べてこれはどうだという比較論がつくれないのです。強風でボートから釣りができない日がついに出てきてしまいましたので、ブログに時間を割こうと思います。

 今回はKevin VanDamのスピナーベイトを使う動画にて彼のキャスティング・ディスタンスの基準を見てみましょう。
 最大でも40回程度しかハンドルを回転させていません。使用しているリールは手のサイズを考慮してもQuantum EXOの100の可能性が高く大きくても200で、彼の場合7.3:1をソフト・プラスティック・ベイトならまだしもリーリング・ベイトに使うことはほとんどありませんから5.3:1か6.6:1です。そうするとハンドル1回転あたりI.P.T(Inch Per Turn)は24"-32"(約60-81cm)です。
 仮に一番巻き取れる数字で簡易的に計算してみましょう。動画中では42-43ですが数字的に敢えて45回転で計算してみます。
32*45=1440 inch となります。センチメートルに換算すると36.576mとなります。
 個人的に一番可能性の高いと思うEXO100SPTで計算すると
28*45=1260 inch でセンチメートル換算で32.004mです。非常にバス・フィッシングの基準の数字としてしっくりくる100ft(≒30m)となります。
 Angler of the Yearに7度、Classicを4度制覇した彼でもこういった基準のキャスティング・ディスタンスというのが存在しているのです。そして最大でも40回転程度と先に述べたように、こういった動画中のようなグラス・パッチやエッジに対してアプローチする場合は、ロング・キャストで30mという考え方が適当だということです。何が言いたいのかというと、闇雲にロング・キャストと称して50mまたはそれ以上ルアーが飛ばせたところで釣りになっていないということです。普通はボートに乗っていれば、または乗った瞬間に感性でそういった距離を長くすれば長くするほど釣りにならなくなるということが理解できるはずです。
 最近コメントでもらいましたが、「もう少しキャスティング・ディスタンスを伸ばしてみれば・・・」ということがいかに難しいかわかるはずです。精度の高い、狙ったスポットへベイトを落とすキャスティングというのは肉体的、フィジカルに余裕を持たせた状態であるから初めてできることだと自分は考えています。仮にその精度の高さが保てるキャスティングの距離感を自分のスイートスポットとすれば、そのスイートスポットを超えたロング・キャストが強いられる場合、力の入れ具合を変えることから間違いなくキャスティングの精度は落ちてしまいます。不安定な小型ボートであればあるほど力んだためにバランスを崩してキャスティングしようものなら落水してしまいます。岸であれば足下が安定していますからバランスを崩そうが水際でもない限り落水しませんから、それこそ無茶苦茶なバランス、体重移動でキャスティングしてはいないでしょうか。
 さてこのロング・キャストで30mですが、果たしてKevinが使用するような7ft弱のロッドでキャスティングの基本もできていないような人が自分の狙った場所へベイトをプレゼンテーションできるでしょうか。リーリング・ベイトを使用しているときであってもKevinのキャスティングは非常に巧みであると言える人はきっとキャスティングのできている側の人です。ジグのような釣りのキャスティングも目を見張るものがありますし、わかりやすいところではありますが、彼の他のElite Series Prosを凌ぐところはクランクベイトやスピナーベイトにおいてもその精度が維持できるところにあります。マシンガンキャストなどという肩書きを背負わされた日本人が居ますが、あの程度のショート・キャストは適当なトーナメントで勝ったことのあるプロを見れば普通だということがわかるはずで、きっと見たことがないだけ、知らないだけです。そしてKVDの場合は30mのディスタンスで普通にリーリング・ベイトを精度の高いキャスティングで使えているところが非常に凄いところ、キャスティングが巧いところなのです。
 こちらの動画では冒頭でちょうどリール・ハンドルを50回転させています。キャスティング時に金属の接触音がしていることから使用しているのはスピナーベイトだと考えられます。100SPTで計算してみましょう。
28*50=1400 inch 換算すると35.56mです。
 KVDの言うロング・キャストでもこの距離感なのだということを理解できたでしょうか。現在進行形でBassmasterでの生涯獲得賞金額がトップのアングラーでもです。

 さてこういった流れを汲んで初めて理解できることなのかもしれませんが、Kevin VanDamにしてもRick Clunnにしてもショート・ロッドを使用して基本を学んできたということです。そもそも1980年代に7ftのキャスティング・ロッドはありませんでした。出てきたのは80年代後半でほぼ90年代です。本当にショート・ロッドと比較してロング・ロッドの方に利点が多いのでしょうか。世間で言っているロング・ロッドの利点は「(闇雲に)ロング・キャストできる」ことであると仮に疑ってみると世間がどう見えるでしょうか。ロング・ロッドの利点に限界の距離感という話が出てきたでしょうか。
 さて、距離感の基準を持つために最初から30mで試行してみたところでうまくいくはずがありません。以前のエントリーで紹介しましたが、5m, 10m, 15mという感覚をまずは持ってみるべきです。そこからキャスティングであれば15mをまずは基準としてみるべきだと考えています。そこから徐々に30mまで自分のキャスティングの精度が高さが保てる自分にとっての(キャスティング・ディスタンスの)スイートスポットを探りながらつくっていく、つまり有用性の高い積み立てをしていくのです。

 そもそも釣りをやっていれば、自分がキャストしてからリール・ハンドルを回すという動作を普通は何千回と繰り返しているはずです。それなのに自分が大体どれぐらいリール・ハンドルを回転させているかという具体的な数字を知らなくとも感覚でこれぐらいというのが出てくるはずだという当著者の持論があるのですが、一般的にはどうもそうではないようです。自分の場合、KVDの動画を誰よりも詳しく見ているという自負を敢えて持っていることで、学べるところがないかと何度も見返すことから、彼の釣りのリズム、リトリーブのリズムを再現できるようになっています。なぜわかるのかと言えば、他のアングラーの映像を見たときにそのKVDのリズムをとりながら見るとズレが生じるのです。これも結局は基準があるから比較して他がどうだということが理解できる一例であり、他の比較対象の情報を追加することで自分の基準をより深く理解することにもつながっているという点にも注目するべきです。
 リール・ハンドルをいつもの感覚で回してみて、ショート・キャストであればこのぐらいで手元までベイトが返ってくる回転数を部屋の中で想像するのも非常に重要なことだと考えています。そして自分のリールのことですからI.P.Tなどの数値を確認して計算してみれば自分がどれぐらいの距離感で釣りをしていたかというのがわかるはずです。
 寒くなってくると釣果がなくなることから「本当は釣りが好きではない人たち」が釣り場から居なくなります。釣果だけではない釣りの本当の面白さを知っているのであれば、こういった基準づくりや自分の釣りをより深く理解するための再確認も追加すればより楽しい釣行が可能なはずです。大事なことなので何度でも言いましょう。釣り歴がいくら長くとも、基準を持たない釣り人が巧くなることはありません。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4