シャーマニズムの本質がMircea Eliadeが説く様に脱魂エクスタシー型にあるのか、Ioan M.Lewisが重視する憑依ポゼッション型にあるのか、本質的に不可知なことがらについて理性的な理解をするにはその儀礼や象徴から推し量るより術はない。しかしシャーマンのシステムは現在の社会でもその呼び名を変えただけで生き続けている。

 水温が10℃を下回ったときが晩秋から初冬にかけての季節の推移が起こるというのが秋という時期、季節のフレームの考え方です。気温がさらに下がり続けるとすぐに水中があたかも冬になってしまったかのような錯覚を流布するのはやめて頂きたいところです。
 さて水温が低下してきて何をこの時期に考えなければいけないのかというと、世間的には誤用されているたーんおーばーとかいう語彙があります。当ブログでもMythカテゴリーでいくつか紹介してきたかと思います。コレとかコレで散々既存の連中を嘲笑ったわけです。よく考えてみて欲しいのは、季節が変わると風向きも変わるということです。例えば夏の夕方に南西風が吹いていたのが、気温が下がり秋の雰囲気が出始めた頃に安定した北東風に変わる、そして北西風に安定していくといった自然界の変化があります。もちろん地域によって山や都市といった地理的な要素で風向きが違うことがありますが、それこそ現地で感じれば良いだけのことです。今年は偶然自分がボートから釣りをしているその日に、1時間単位ぐらいで北から吹いたり、南や東から吹いたりした本当の変わり目の日に当たることができました。その日その瞬間感じれば良いと言いますが、しかし、そういった自然現象を感じられないからこそアングラーとして成長しないということにつながります。
 それでは、なぜ風が釣りに、それも秋という時期に大事なのでしょうか。水は流体であり、風で水が動かされるからです。言い訳にぜひとも使いたい・みんな大好き横文字「カレント」と言えばわかりやすいでしょうか。さらに11月に入ると強風が吹くことも多々あります。例えば、夏の今まで南西風だったことから、夕方のその水系の北側の岸際が良かったとして、秋という季節のフレームに推移したことで北東風になった場合、今まで風が当たっていなかった側の水がかき回されますし、今まで風が当たっていた側の水が動かなくなるわけです。これが多くの人たちが言う誤用の「たーんおーばー」の正体であると当ブログで当著者は言い切ったのです。さあ心当たりがないか探ってみましょうと言ってみたところで、岸からしか釣りをしたことがないようなほとんどの鈍感な人たちはそんな風向きなんて気にしたこともありませんから言ったところで無駄だという偏見があります。なぜならボートで釣りをしていれば、流体の上で釣りをすることになるわけですから、ボートが風と水の流れに嫌でも動かされるわけで気にしないではいられないはずなのです。それでも、ボートから釣りをしている人であったとしても鈍感さが身についてしまっている人にはどうしようもありません。そのどうしようもない連中というのが日本では大きな顔をしているというのが問題であるというのは少しでも敏感であれば気がつける事実です。

 閑話休題、この時期はシャロー、浅い水深に上記の理由で濁りが入ることもありますが、基本的には水中の藻類の活動が落ち透明度が上がる場所が出てきます。暑い時期には藻類の大量繁殖"algae bloom"による透明度が下がることを気にしなければいけなかったのが一転、基本的に透明度が上がるのです。そこで使わなければいけないのはリトリーブによる、アングラー側から仕掛けてのスピードの上限を使い切ってやることです。
 フィッシングエルモの提言「スピナーベイトをヘッドのウェイトに負けずに水平にリトリーブするリーリングを会得せよ!」というものがあったので引用し補足しようと思います。
http://fishingelmo.blog.ocn.ne.jp/americanlure/2013/10/post_5691.html
http://fishingelmo.blog.ocn.ne.jp/americanlure/2013/10/post.html
イラスト http://fishingelmo.blog.ocn.ne.jp/photos/uncategorized/2013/10/26/001.jpg
 Kevin VanDamはクランクベイトの人ではなくスピナーベイトの人であるというのは当ブログで何度も彼の名前を出す度に記してきたことです。さらに当ブログに記したか、知人に言ったのか記憶が定かではありませんが、Kevin VanDamの強さはそのスピードの上限を使いきれることにあり、その基軸をつくったのは彼がスモールマウスを釣ってきたからだという理由を述べたことがあります。その理由への裏付けを引用したいと思います。彼は以下のようなことを述べています。
Smallmouth rarely swim downward to strike a lure presented horizontally. But they will swim upward to hit a bait moving overhead. - Kevin VanDam
「スモールマウスは水平方向に動かされるルアーをボトム方向へ泳いでストライクすることは稀です。しかし、彼らは頭上を動かされるベイトには上(水面)方向へ泳いでぶつかって(ヒットして)こようとしてきます。」
 これはまさにスピナーベイトを水平方向でリトリーブする、または彼がスピナーベイトを解説するときに良く言う語彙"high water column"水面直下をリトリーブする重要性を語っているのと同義であるということです。KVDがスモールマウスで得たスピードの速い側で釣る経験がラージマウスに適用されたとしても、その(スピナーベイトを使う)巧みさは変わらないし、魚種が若干違えど釣果も変わらないという話です。

 製品の特徴をプロモーションするためにスピードの上限を使い切る以下のような動画もそういった背景を含めて見ると非常に参考になります。そしてキャスティングのときにロッドはしっかりと曲がっています。
 スモールマウスから基軸をつくり、ラージマウスへ応用しても全ての釣りの巧みさは変わらない唯一の生きる証拠がKevin VanDamです。もちろんそれは彼のcleverness/聡明さ、感性の鋭さに依存しているわけですから、この件から我々が学べることというのは、釣りというのは賢く、感性を研ぎ澄ませて行うから上達、成長できるのだということです。そして、書き手として読んだときにこの件から学ぶべきことは、なぜこのような裏付けを用いてKVDを紹介できるのかというと勉強しているからに他ならないということです。何の行動も起こさず、何の労力も使わずに知的になるなんてことは絶対にあり得ないのです。
 スピナーベイトのプレゼンテーションとしてイラスト付きで投稿したこともあります。
Retrieve of Spinnerbaits
 イラストのように日本人は"Too Slow"である人が多過ぎるという偏見があるという話です。あくまで基本があっての応用としてスローロールなど他のテクニックがあるのです。エルモの方でも言っていますが、3/8, 1/2ozを基軸として基本を学ぶべきであるというのは、より重い3/4ozを使うとまず"Standard"の軌道でリトリーブするのが難しくなるためです。そう、ヘッドの重さに負けてギアレシオが7:1を超えるようなリールでは機械的にギアが固まったように重くなり巻けなくなったりと"Too Slow"の状態になりやすいのです。意識していない鈍感な多くの人たちは1/2oz, double willowでも"Too Slow"になっていますから気をつけなければいけません。しかし、スピードの上限を使えるのは3/8ozより1/2ozモデルですから秋には武器となるはずですから色々と学ぶべきことが多いはずです。もちろんKevin VanDamに学び、ヒロ内藤さんに学んだのであれば、スカートの本数の増減、ブレードサイズの変更、アッパーアームをニッパーで短くしていく、ブレードを叩いたり曲げたり回転角を変えるということも同時に経験していくのが近道です。大事なことなので何度でも言わなければいけないことで、何度か言ったことがありますが、あくまで近道であってインスタントな答えではありません。こういったブログをやっているとすぐにでも答えを欲しがるコメントというのが見受けられるわけですが、こういったブログに学んだり近道があったとしても、求めているようなインスタントな答えがあるわけでは決してないということは読者としては絶対に忘れてはいけないことです。大事なことなので何度でも言いましょう。ここに答えなんてありません。
 スピードを上げて釣ってみるといったところで、スピナーベイトだけでもこれだけのやってみるべきことがあるにも関わらず、スピニングのライトリグなんて釣行に持ち出しているようでは、それは上達も成長もしないという自然な結論に行き着きそうなものですが、多くの人たちにとって大事なのは釣果であり、その過程や基本などドウデモイイと考えている節があるという偏見があります。釣りを巧くなりたいのか、釣果があればそれだけで良いのか、一度自分に問いかけてみれば良い人たちというのは結構居るはずです。前者、つまり釣りが巧くなりたいのであれば、やらなければいけないことがきっとまだまだできていませんし、それに時間を割くことを考えるのであれば、ライトリグなんて持ち出して釣果自慢している場合ではないのです。釣果自慢のブログが1−2年で更新が滞ってしまうのは確実に過程なんてドウデモイイからだという偏見を生んだわけです。
 今回の件から学ぶべきことは着実に上達、成長したいのであれば、まず基本を身につけようとする意図と行動しなければならないということです。釣果だとか結果で焦る必要なんてないのです。仮に結果が出たときは、過程を重視して得られた結果なわけですから、ライトリグを使って結果だけで満足している連中のそれとは全く違ったものになるのは想像に難くないのではないでしょうか。過程を重視することで最終的には将来的な結果を変えようとしているという捉え方をするべきなのです。トーナメントでもよく当ブログで述べていることですが、結果より過程であるというのは、将来に役立つのが一体何なのかという視点があることからそのようなことを言い続けているのです。
 さて、今秋あなたは何をして過ごすのでしょうか。




Reference
Dave Precht. Seasonal Patterns for Catching Bass: A Year-Round Guide to Locating America's No. 1 Gamefish (Ultimate Bass Fishing Library):B.A.S.S., 2003, p.126.

Post a comment

Private comment

内容違いですみません。

過去記事に「ディープクランクではライン径をワンサイズ変えたタックルを用意する」とありました。
15cm深く潜るのは理解しました。

この、2つのタックルを使うのはボートですよね?

タックルを取り替えている間に15cmはボートは動いてしまうんじゃないでしょうか?
それと、目印(例えば杭)みたいなものでもないとタックルを取り替えて目をはなしたらどこにキャストしたんだかわからなくなってしまうと思います。
本当に正確に、前回キャストしたところにキャストできないと15cmと言う細やかなトレースは活きてこないと思います。

取り替えるより、ボートで投げたいところにちょっと近づくか、ちょっと長めにキャストする方が現実的なのではないかな?と、思ってしまいます。

どうすれば15cmの潜行深度の違いを有効に使えるのでしょうか?

Re: 内容違いですみません。

質問お待ちしておりました。
 失礼かと思いましたが、エルモ実店舗の方でどなたか少々推測を入れてしまいました。あちらの方でのコメントも踏まえて答えたいと思います。自分が書いた内容を再確認するためにもその過去の方を読み返したかったですが、何度も書いていることですから意図を伝えたいと思います。
 ボートからでないとクランクベイトはまず有効に使えないことから基本的にはボートからの話です。そしてクランクベイトというのはボトムやカヴァーにぶつけ続けて釣るのが一番簡単です。逆に最も難しいのは何にもぶつけないで、中層を通してくるようなDavid Frittsが提唱するようなクランキングとなります。後者はまずボトムに当てて釣ってみないことには話にならないのは何となく想像できるのではないでしょうか。それを達成するためにまずはボトムに当てるクランキングというのを基本・基盤として学ぶわけです。
 たぶんデプスファインダーとマーカーブイがまずは必要で、そこから地道な検証作業と感覚・経験の基盤づくり、加えてそれなりの蓄積されたデータが必要だという話で十分にも思えますが、その手法について述べていこうと思います。
 まず一番わかりやすいボトムに当てる例で考えると、最大潜行深度が15cm変わると同じ距離で比較したときにボトムに到達する、到達しないがはっきりと出てきます。それはリールをどれぐらい回したのかという手の感覚、リーリングである程度わかります。リールを回してボトムに到達する回転数が変わるため、同じようなキャスティングの距離感があれば最初は何となく違うなと感じられると思います。そして当著者的な考えではラインサイズというのは、サイズを下げてクランクベイトの潜行深度をより深くという意味よりも、潜行深度を浅い側へ上げるためという意味の方を重要視しています。ロッドティップの上下で15cm程度ならコントロールできるのも事実なのですが、釣っていく水域、ストレッチが水深の上下する場所ではボトムやカヴァーにクランクベイトがぶつかり続けて鬱陶しいと感じ始めることがあります。そこで潜行深度を上に15cmと大きく水深を変えることなく快適な姿勢(膝をついたりしない、ロッドティップを上げたままにしない)で釣ることができないだろうかと試行するわけです。特にグラス・ウィードでクランクベイトを使っていくと絡んだり、ぶつかったらキルをかけたりする1リトリーヴのテンポの悪さ、その鬱陶しさを実感できると思います。(質問の意図から例外となりますが、従ってグラス・エリアに普通はリップレス・クランクを使い始めるわけですが、これもラインサイズで快適に使える潜行深度が変えられるのは同じです。)
 これは当ブログで触れたことがありますが、デプスファインダーとマーカーブイを複数個使って水深と自分の使うクランクベイトがどれぐらいでその水深まで到達するのかという実践をしてみてください。その両方がないとなると仰るように水深がわかりませんし、どこに投げたのか再現性がありませんから練習にも検証作業にもなりません。練習方法は、使うリールのハンドルをどれぐらい回せばそのマーカーブイのすぐ横までクランクベイトが来るのかという(キャスティングの距離とを含めた)距離感を取ります。キャストした先(最初はここにもマーカーブイを入れておく)からリール・ハンドルを何回転すれば手元まで戻ってくるのか、何回転させれば(潜らせたい目的の水深に入れた)マーカーブイの真横ぐらいなのかという感覚です。まずこの感覚がないとクランクベイトの釣りは一向に巧くなれません。キャスティングの距離を少しだけ伸ばすというのも実践されると意外と難しいということがわかると思います。難しいためにツールで補助をした微調整をしてあげるわけです。
 ボート・ポジションも風、水の流れによってすぐに変わってしまうものです。しかし、バンク・バーナード・メソッドのように流しっぱなしでクランクベイトをキャストしていくときにも距離感さえある程度一定にしていればボトムに到達する、到達しない、ボトムにぶつかり過ぎる、適度であるというのが確実に出てきます。そのクランクベイトがボトムに到達するまでのリール・ハンドルの回転数に変化が出たとき、ラインサイズ別のものに変更して快適にならないかと試すのが個人的には一番多用するラインサイズ別の使い分けです。これは流すストレッチを決めてしまいクランクベイトがボトムに当たる感覚をつかみ、再度ラインサイズ別で流してみると全く違う感覚が得られると思います。たぶん最初は変化があると言ってもハイギアであればあるほど半回転だとか1/3回転とかでわかりにくいと思いますから1サイズと言わず2サイズ変更したタックルを組んでみてください。軽く触れていますが、ハイギアほど回転数に差が出にくくなります。ここで4.7:1などローギアの出番です。素早く巻き取れないことが利点だと感じる瞬間でもあると思います。一度体感すればあとは慣れの問題ですから、よほど鈍感でない限りハイギアだろうと可能だと思います。ただ個人的に重いのがわかっているのでまず使わない7:1で試したことがありません。6.3:1という現代のスタンダード・ギアレシオまでだと当著者は思っています。
 さて、ここで大事な視点をまだ説明していません。人側が快適かどうかというのは人が自分のためにコントロールすることですが、釣りで最も大切なのは魚から考えてやることです。つまり、どれもこれも魚の居る場所を想定した自分が狙いたいプライム・スポットを持って釣りをしていることが前提です。そのプライム・スポットは、個人の好みや状況に応じて、最大潜行深度に到達する前に置いたり、最大潜行深度に到達しボトムに接触した瞬間に置いたりするのが前提だということです。最大潜行深度から手元に帰る、水面方向に上る瞬間の方のdiving curve/潜行曲線で釣れるのはあくまでオマケです。しかし、これも最初は難しいと思うのでボトムに到達させてクランクベイトをボトムにぶつけ続けることで実際に魚を釣ってみるのが一番良いと思います。釣れた水深がどれぐらいだったのか、そこへクランクベイトをボトムにぶつけ続けずに直接潜らせて魚の頭にぶつけていくにはどうすれば良いのかなどまず釣ってみてから初めてその意味を理解できることもあるかと思います。
 書いていて混乱してきたのですが、たぶん過去の投稿でも書いているように、当著者は普通にフィートとインチで計算しているので、センチメートルの1cm単位ほど細かく釣りはできていないということが断言できます。あくまでハーフ・フィート、1/2という刻み方までしかしていませんし、これも今のところ目指すべき極限の考え方という捉え方です。単に1ftが30.48cmでその半分が約15cmという少し中途半端な数字だったというのも忘れないでください。

 そして、一番重要なことは、道具であっても何であっても自分の中の基準をつくっておくことです。例えば、20lbラインを基準としている人が居れば16lbを使うと全く別物であることが実感できます。しかし、何も考えずに基準をつくらないとただ何となく違うといった程度しか違いがわからず、どれを使って良いのかすらわからなくなってしまうケースがあります。エルモでの会話ですが、20lbラインを基準としている人は何も言われずに16lbラインを組まれたタックルを渡されたとしてもすぐに気がつくけれど、何も考えていない基準をつくっていない人はその太さの違いに気がつかないで何かが変わったことに気がつかずに釣り続けたという例のことです。他にも例示するならば、店舗内でグラファイトとクランキンスティックの60Mを持っているが、ロッドワークでどちらをどう使い分けて良いのかわからないというケースを聞いたことがあります。それは、結局どのロッドも基準となる、基軸となる1本がないことからこのような事態になるのだと考えています。その基準・基軸ができた瞬間、それが自分のスタイルとなるのですが、注意点としては人それぞれに感覚が違うのでこれが正解という求め方は辞めた方が賢明です。この場合、例えばグラファイト・シリーズを基準にしていれば、きっとクランキンスティックでの違いがわかりやすくなるはずです。その違いを魚の反応に合わせて使い分ければ良いのです。具体的には、基準のグラファイトから釣り始め、反応がなければ、少しスローにクランキンスティック、またはもっと速くしたいからエクストリームといった具合です。大事なことなので何度も言いますが、これは基準があるから整理して合理的に運用できるのであって、基準がないのに道具を変更しても数打ちゃ当たる状態で合理性にも、賢明さにも欠けるということです。基準があるから「比較して」どうであるという検証作業ができるのです。ボートで釣りをしてまだ間もないのであれば、1/2ftなどといった細かさにとらわれず、まずは自分の基準をつくってください。20lbラインだけで自分の持っている全てのクランクベイトを使ってみるのも基準づくりの一環になります。
 さらに言えば、潜行深度だけで見てもロッドとリールとクランクベイトが全く同じであるという前提で、ラインサイズだけが違わなければ比較はできません。基準がなければ比較はできませんし、1/2ftの違いがわからなくて当然です。本当はラインサイズ別で3セット組んで試してみると少々ボートポジションとキャストした場所が変わってもその使いやすさや狙っているプライム・スポットが大きく変わることが理解できると思います。デプスファインダーもマーカーブイも無いのであれば、釣果を求めずに、岸際にBomber Model A 6AでもFat A 6Fでも何か1つのルアー(ルアーの基準をつくっておきます。そこから潜行深度が比較して浅い深いといった持ち駒を増やします。)をキャストして小さな野池なら1周回って、次の周回は同じルアーで違うラインサイズで回り、またもう1周別のラインサイズでと3周してみれば感覚がわずかながらにつかめると思います。大きな湖なら往復するストレッチを決めて実際に試してください。もしくは琵琶湖のグラス・エリアの水面とグラスの間に、理想はグラスの先端スレスレで稀に引っ掛かるぐらいを目指しリップレス・クランクを同じリトリーヴ・スピード(例えばリール・ハンドルを1秒に2回転)で、ラインサイズ別でリトリーヴしてみてください。ラインが細いと潜行深度が深くなりグラスにリップレス・クランクが突っ込んで引っ掛かるし、グラスは切れないしで鬱陶しいこと間違い無しです。今から湖はどこも貸し切り状態ですからデプスファインダーの搭載されたボートをレンタルしてクランクベイトの潜行深度テスト釣行と割り切って経験を積むのも一つの手段です。人が多いとまずリトリーヴ・パスがつくれません。そんなわけで基準を持ってからの実際のテスト釣行を推奨するかたちで締めたいと思います。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4