A mouse may help a lion

 名前を出す人が稀に居たとしても、当ブログぐらいでしか彼の考察やその中身を聞かないという偏見のあるGary Kleinを紹介します。
 フリッピングの創始者Dee Thomasをトーナメント中のnone boater,つまりバックシートからまくった初めてのアングラーがGary Kleinでした。ゲーリー・クライン自信もflipperで有名なのですが、彼の偉業としてはどちらかというとfinesse fishingの方がthe U.S.の中ではより鮮明に記憶されています。
 今月号のBassmaster Magazineに掲載され、webサイト内で紹介されたsplit shotの記事がその象徴です。

Hello, this is Gary Klein. I want to discuss with you by finesse fishing technique.
Nothing new about it. It's been around for a long long time. In fact, I'd kind of the win that started out here in the midwest fishing B.A.S.S. event 1985, I won in Lake Lanier, GA, fishing this exact same worm, exact same slip sinker. 1988 on Bull Shoals, AR, in October, same thing, same bait, same worm. 88 I won U.S. Open on Lake Mead using exact same technique.
I call finesse fishing but a lot of people midwest kind of labeled it "Da sissy fishing!". But the thing about sissy fishing, I don't care what you have to use get a bite. Do whatever takes and there's a lot of times when fishy so condition. That it takes light line in a completely different presentation to get these fish to bite.
Now one thing I'll say about this technique, It's really only good in clean water where you fishing for visual feeding fish, sight feeders what I call'em. Because I fish with bait, it's finessing but fishing are really fast, 6-pound test Berkley Fluorocarbon, 3/16-ounce painted weight, doesn't matter what color you use as long as brown or purple. I like to use a earth tone worm add to cinnamon and purple and pearl belly. A pearl belly is real important because that's what gives it a lot of flash almost like dying minnow or something what I'm fishing it. But a key to this presentation is all in about wait a fall.
And when people start talking to you about the way to catching the fish that technique what you using. The first thing I want to know is rate of fall, because a lot of times the faster something falls and the faster you through the water, you actually trigger into fish a bite, because not all fish that we catch bite lures because hungry, the curios, the challenge, territorial, there is one grab it. Well do not like humans they can't touch it, smell it, taste it, put it back down, once they commit to it with a mouth. We, the angler catch'em and we automatically think they're hungry that's not always the case.
So anyhow, little slightly slip sinker on 6-pound test line, a 3/16th and man it falls through water column real fast. Let me show you the most important part of this trick. When you throw an outfit like this on spinning rod when it hits the water leave bail open let the bait fall on slack line, this is what happens, the slip sinker falls away from the worm. So now when I started to fall sight feeder fish look like this(worm) chasing this(sinker). In other words now you got competition and again triggers a personally the fish, and has this bait falling like this I'll let get down to the depth zone where I've think fish are. I put my finger on a spool, let the rod tip up, shake, shake, shake, shake. Okay, this is what happens under water when I lift my rod tip, the worm catches up the slip sinker, now I shake, shake, shake, shake and now when I let a fall the slip sinker is paid up against worm, and now it's got round spiral fall to it. A lot of time that's what i call a directional change. Falling vertical, it catches slip sinker now start to spiral, a lot of times that's trigger.
But that's what I call finesse fishing this is kind of like what my go-to little finesse baits. Again 6-pound test line fishes a lot better than eight, and you don't even think about using this technique with ten, doesn't work unless you shake on the bottom.
The first let me say let me kind of work you through the cast what over trying to do, and again the viewer has to be a visualize on doing. And remember, I've spent hundreds of hours on swimming pool, study and rate of fall, all the techniques that I use I like to get a good visual on them. So what I'm out on a body of water, I actually understand what it is the bait doing. That is real important. Again I'm just gonna pitch it out, normally I don't cast overhand spinning rod, I mean even now fishing structure I use the always, that's the way of all I've done kind of this flipping it out there, goes long ways. Without a bait is falling, vertical fall, the slip sinkers away from the warm it is reaches the depth 20 foot, 30 foot or 15 or whatever, all I said simply to do it puts my finger on the spool and lift up shake rod real good, and I know now the slip sinker has been caught by the worm and I down my rod take my finger off the bill and let the line, let the bait keep falling. When your line go slack, fish got it. Flip the bail, crank up you catch them, that's the first part of the technique.
The other part of the technique what if i don't catch a fish on the same what if I can get a suspended fish to come down on the bait, hey, no big deal. A lot of time these fish are track the bait down to the bottom and sit in there wait for something happen. Hey, when it sit on the bottom, lift up shake shake shake shake shake and although doing creating rhythm with rod tip. It was fluorocarbon line in your finger on a deal. You are not really pulling the bait I'll trying to shake it right there where sit and there are real down pour a little bit rod tip, shake shake shake I mean I really employ it.
It's finesse fishing real fast but yet slow. But if you're looking for rate of fall, sight feeder fish, clearwater, man-made reservoirs, smallmouth love this technique to up north.
But it's just a great way to fish, I personally caught quite a few fish doing it and I've won one dollar bills.

 4:50までで時間と労力に負けてしまいました。再編集の対象としておきたいところですが、動画があるので何を言っているのかぐらいは理解できることかと思います。 Dictationは完遂しました。間違った箇所があったとして指摘できる人がバス釣り業界には存在しないという偏見があります。むしろ間違っている箇所を指摘してくれる方がこちらの後学としても有益なのですが、そんなことしてくれる親切な人も釣り業界には存在しないという偏見もあります。周知のことかもしれませんが、釣り業界に出しゃばっている連中というのは教養がないだけならまだしも小賢しい悪い人たちだらけです。
 5分強で1034語を話しています。このあたりは日本語の語感ではなかなか難しいところです。しかし、中身がある、コンテンツとして成立しているのはこういった動画であるのは間違いありません。

 この動画内から学べる大切なことがいくつかあります。まずバスがサスペンドしていようと関係無く、ワームとシンカーがあれば魚はシンカーの方を追いかけるという話です。ドロップショットでも全く同じことが言えるのですが、普段透明度の高いところで釣りをしているはずの日本人が全く言及しないことでもあります。魚はワームより間違いなくウェイト、シンカーに対して最初に興味を持つというのが基本です。Gary Kleinはrate of fallと言う、まさに沈下率によるものだと理由付けています。沈下率が速い側にあることを重視するアングラーとして以前KVDの記事も紹介したことがあります。Gary Kleinの選択は3/16-ounceですが、「プレゼンテーションとしては遅いのだけれど速い釣り。」だと動画内で語っているのはそういうことです。大事なことなので何度でも言いますが、シンカーに興味を持った後にワームが落ちてきてそれにバイトまたはストライクするというのが基本です。きっとライトリグ信者に言わせれば3/16ozですら既に重いウェイトの部類でタックルボックスに入ってすらいないのではないかという偏見があります。そして不要なほどにまで軽いウェイトにこだわるがゆえにこの基本を理解してくれない、意図をつかんでくれないという偏見もあります。
 次にslip sinkerをペグ止めしていないという点に注目しなければなりません。最近出会ったアングラーでも、みんな意味もなくシンカーをペグ止めしすぎだという風潮があるように見えます。なぜなら、「どうしてそうしているのか?」と聞いてみても中身のある返答がないためです。ついでに1/8ozより軽くすると沈下率が遅いためペグ止めすることで沈下率を速い側に上げておくことができるというのはKVDのその記事で紹介済みですが、理由も無くペグ止めしたところで魚を逃していることがあると考えないところが、魚が釣りたいからライトリグを使用しているのにというライトリグ信者特有の視野の狭さを具現しています。
 さらにペグ止めしなくてもシンカーとワームとの間にできてしまう隙間を埋める方法が紹介されています。加えてGary Kleinがよく言う"directional change"が生まれます。これが1980年代にCalifornia州などで流行したsissy baitを使用した釣りの中身、本質だったのです。
 そして、Gary Kleinは2000年前後には6-pound test lineと8-pound test lineを使うと言っていました。しかし、どうやら彼の試行錯誤の結果としては6-pound testという結論が出たようです。そのテストの結果・結論というのは、以前紹介したことがありますが、catch ratioなど数字から比較のできる人物であることから信頼できます。ただし、気をつけなければならないのはGary Kleinの使用するラインはBerkley 100% Fluorocarbonだということです。6-pound testでも直径が0.010 in(.254mm)あるということです。日本の規格では.235mmで8lb, .260mmで10lbですから、Gary Kleinの選択は日本で言えば10lbを使用しているといってほぼ間違いないラインを使用しているということです。さらに、彼は6-pound test未満のライン、例えば4-pound testといったラインは不要だと言います。なぜなら、仮に6-pounder以上の魚が掛かったとした時に、catch ratio,確実に取り込めるだけの確率・機会があるのは自明だからです。トーナメントで賞金がかかっている最も厳しい条件であるが故に4-pound testを不要だと言うのが日本の2や3といったラインを使用するライトリグ信者を一蹴できる、テストとトーナメントといった結果を伴う合理性があります。また、仮に10-pound test(0.012in/.304mm)にラインサイズを上げるとボトムに到達させてからシェイクしてもワームが効果的に動かないという理由を話している点も、ラインサイズが太いから食わないといった抽象的な言い訳や逃げとは明らかに違うところです。大事なことなので何度でも言いますが、Gary Kleinはスイミングプールと実際の釣りを通して違いがわかるアングラーであって、そこらのわずかな違いもわからないライトリグ信者とは違うのです。
 最後に、スピニング・ロッドを使用してオーバーヘッド・キャストはまずしないと明言する態度はバス・フィッシングを伝道するにふさわしい人であることの証明です。ロング・キャストというのはあくまで応用であって基本ではないのです。ボートから水深のある透明度の高いダム湖で釣りをしたことがあれば簡単に理解できることですが、20ftより深い場所に釣りやすい魚が居ると仮定した場合にそこへプレゼンテーションすることを考えたときの選択肢は鉛直方向への釣りが主体となります。2013年の流行として25ftへクランクベイトをプレゼンテーションすることが取り上げられていますがそれが限界であり、ゾーン・コントロールが非常に難しい釣りとなります。そこから学習し知恵として利用し行動した結果がショート・キャストであるということです。シャローとディープを問わず、5ft半のロッドにしてもそうですが、バス・フィッシングというのはあくまでショート・キャストに基本があるということを忘れてはいけません。キャスティングの精度からプレゼンテーションが成立する、またはもっと広義に初めてゲームの組み立てというパズルのピースがはまっていくということです。ロング・キャストやキャスティングの飛距離がどうこう言っている人たちはバス・フィッシングをしていないも同義なのです。なぜなら岸からしか釣ったことがないなどの根本的にバス・フィッシングとは何なのかという概念を理解していないためです。このように精度の高いプレゼンテーションを求めるがゆえにショート・キャストするところがあくまで魚から釣りを考えているというところなのです。ショート・キャストは精度が高いプレゼンテーションが可能だという利点がある一方で魚に近づいてしまうという欠点があります。逆にロング・キャストはプレゼンテーションの精度が下がる欠点がある一方で遠くから魚へベイトをプレゼンテーション可能です。利点があれば欠点がある中で、どの利点とそれに従う欠点を選択するのが最も簡単に魚へと近づけるのかを考えるのが全ての釣りに通じる基本の論理です。そして、当著者がなぜショート・キャストが基本であるかと言っているのかといえばプレゼンテーションの精度の高さが釣果に最も差をつけるものだからです。魚に近づいてしまう欠点はペラの回転や着水音に人影といったところを留意すれば良いわけで、逆にロング・キャストの精度の低さはショート・キャストで精度の高いプレゼンテーションを学んでいなければどうすることもできないのです。こういった理由からショート・キャストを推奨する人というのは信頼できますし、貴重な人材なのです。
 当ブログでは基本的にこういった正しく学べることを明言してくれる人物を紹介していますが、日本で一般的には直近のトーナメントで結果を出していないと見向きもされないという偏見があります。未熟なままの日本のバス・フィッシングですが、成熟したいと考えるならば、バス・フィッシングとは何なのかという文化そのものに注目しないことが不思議でなりません。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4