The thing that hath been, it is that which shall be: and that which is done is that which shall be done: and there is no new thing under the sun

http://www.lifehacker.jp/2013/04/130422internet_makes_us_id.html

 知性とは、知識を習得して生かす能力のことです。正しい知識がないことは、その人が馬鹿だという理由にはなりません。

 しかし、バス釣り業界というのは知識の習得をしようとしない人たちで溢れていることに加えて、知識があったとしてもそれを生かさない人たちで溢れているわけですから、やはり馬鹿が釣りをしているという結論に帰結するという偏見があります。
 例えば、上記のリンク先の記事は日本語に翻訳された後の文章です。原文はその翻訳されたものにもリンクされているのですが、一体どれほどの人たちが原文に目を通したのかというところです。それこそ知識を習得して生かす能力、知性なのです。
http://lifehacker.com/5927763/is-the-internet-really-making-me-stupid-crazy-and-constantly-distracted
 原文を見比べると重要なキーワードがいくつか抜け落ちていることに気がつきます。

しかし、米メディア「Mind Hacks」と「Time」はどちらも、Newsweekが選んだ研究があまりにもお粗末だったことを指摘しています。
比較的古いものや、論調があきらかに恐怖を植え付けるようなものもありました。Mind Hacksでは、以下のように説明しています。

The problem, as both Mind Hacks and Time point out, is that Newsweek's choice of studies is far from stellar. Some are older (like 1998 old) and a lot of the wording is overtly fear-inducing. Psychosis, after all, is a serious mental condition. Mind Hacks explains:

 自分は日本語から読んだのですが、「比較的古いもの」と記してあった瞬間「具体的にいつだよ。」とツッコミを入れずにはいられなかったわけです。もしかしてと原文を読むと見事に"older (like 1998 old)"と年号が記されていました。翻訳者がこういった情報を不要だと考えて削除したのか、意図的に印象操作したかったのかは不明ですが、ツッコミを入れたり正確さに疑問を持つということが結局のところ知識を習得して生かす能力・知性ということです。基本的に原文、情報のソースを確認するという作業を必ず行う必要性があるという知識がありながらその作業を怠り、その文章の内容をわかったような気でいるのは知性が低いということです。

 当ブログで何度もそういった訳文を掲載しているわけですが、一体どれだけの人が掲載した原文やソースを確認しただろうかということです。当著者はそういった重要なキーワードを決して省略するようなことがないのは、不自然なまでに原文のニュアンスを残しているのは、実はそういうことだったりします。

 正しい知識がないだけならまだしも、間違った知識をあたかも正しい知識かのように吹聴することを当たり前のようにしている人たちというのは何と表現すれば良いのでしょうか。ふと思い出す話題があります。
http://togetter.com/li/181804

私は士官を4つのタイプに分類する。賢明、勤勉、愚鈍、怠惰である。通常、士官は2つのタイプを併せ持つ。賢明で勤勉な者は、参謀にしなければならない。次に愚鈍で怠惰な者。90%の者がそうだが、日常的な業務に適している。賢明で怠惰な者、これは司令官に適している。なぜなら重大な決断を行うための明快さと、精神の図太さを持っているからだ。絶対に避けなければならないのは愚鈍で勤勉な者である。なぜなら責任を持てないばかりか、災いばかりを呼び込むからである。

 ブログなどの情報メディアを戦略として捉え、それを取り扱う人を士官と比喩するならば、多くのバス釣り情報メディアが「愚鈍で勤勉な者」によってつくられているという偏見があります。特に毎日ドーデモイイことを更新しているなんていうのは「愚鈍で勤勉な者」の特徴ではありませんか。アフリカ北東部釣具店とかこの比喩にピッタリのブログをやってくれます。生物学的にあり得ないことを吹聴したり、言葉遊びで無用な混乱を引き起こすようなことをしたり、まさに「責任を持てないばかりか、災いばかりを呼び込む。」例として相応しい存在です。近頃プラドコやらアメリカ製品に媚び出した連中を探せばきっと大量の「愚鈍で勤勉な者」を見つけることができるはずです。

 ついでに上記のソースは論争中であることを指摘するのもまた知性です。

軍人は4つに分類される。
有能な怠け者。これは前線指揮官に向いている。
 理由は主に二通りあり、一つは怠け者であるために部下の力を遺憾なく発揮させるため。そして、どうすれば自分が、さらには部隊が楽に勝利できるかを考えるためである。
有能な働き者。これは参謀に向いている。
 理由は、勤勉であるために自ら考え、また実行しようとするので、部下を率いるよりは参謀として司令官を補佐する方がよいからである。また、あらゆる下準備を施すためでもある。
無能な怠け者。これは総司令官または連絡将校に向いている、もしくは下級兵士。
 理由は自ら考え動こうとしないので参謀の進言や上官の命令どおりに動くためである。
無能な働き者。これは処刑するしかない。
 理由は働き者ではあるが、無能であるために間違いに気づかず進んで実行していこうとし、さらなる間違いを引き起こすため。


 釣りに関するメディアに情報元、ソースを求めたりするという態度は知性であるということです。バス・フィッシングを知性的な趣味とするのか否かは結局のところ己の決断、判断にかかっているということです。「無能な働き者」に妨害されるばかりでため息が尽きない現状を変えるのは結局のところ自らにあるわけですが、息巻いて行動を起こした人物が「無能な働き者」であった場合には目も当てられないというのも皮肉なところです。
 つまり何が言いたいのかというと、誰をとっても最初は知識がないものですが、得られた知識から自分がどうすれば良いのかと、まず己の知性を見直す態度が必要であるということです。あふれる知的好奇心から知性を使って楽しむ趣味として「釣り」を見直すべきだということです。
 とりあえず更新されなかった空白の期間を穴埋めする重要なトピックだけを抽出したエントリーでした。こういったトピックを使用しながら釣りを分析し体系化しなおすのが当ブログだということを再度申し上げておこうと思います。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4