A forced kindness deserves no thanks

 これまた偶然試したら色々と面白いものが見つかったので紹介しておきます。

 まず日本語の文献を探すときに活躍するのは「Webcat Plus」です。論文の場合は「CiNii」です。それなりにアカデミックな分野にいないとその存在や、便利さを知らないかもしれません。

 今回、使用するのはWebcat Plusの方です。ページの上部がタブになっていて「連想検索」、「一致検索」、「書棚」とあります。「一致検索」とはその名の通り書籍のタイトルが一字一句間違わないで知っている場合に最短で情報にアクセスできます。しかし、Webcat Plusの最大の利点は、「連想検索」が可能であるところです。この「連想検索」にあるウィンドウに文章、それも長文を打ち込むことでキーワードをいくつも拾ってその内容に適した書籍リストをつくってくれるところが素晴らしいところなのです。いくら説明したところで、アカデミックな習慣がついていないと何を言っているのかサッパリ理解してもらえないという偏見があるので割愛しましょう。
 単純に「内藤裕文」と「連想検索」するとトップに2冊リストに出てきます。どちらかをクリックすると(通常タブで開くようにしていても強制的に)新しいウィンドウが開きます。その情報の中にある「全国書誌番号」に「国立国会図書館サーチで表示」というリンクがあります。それをクリックすると「国立国会図書館サーチ」の情報に飛びます。そこで右欄を確認すると「国立国会図書館蔵書」の請求番号やその下には所蔵されている地方図書館のリストもあります。リストにさえあれば最寄りの図書館で借りることができるわけです。
 キーワードは他にもプレミア価格で手が出せないこのような以下の書籍も検索してみるとばっちり国立国会図書館に所蔵されています。
 「近くの図書館にねぇーよ。」という声が聞こえてきそうです。請求すれば・・・なんて言っても図書館を使う暇さえない人もいるかもしれません。
http://edokusho.jp/
 そこでこの「e読書.jp」はどうでしょうか。

読みたい本が電子化されていない場合には、電子化リクエストをぜひお送りください!

自分が読みたい本が紙の本として現在入手困難な場合、あるいは、今すぐ電子書籍の形で読みたい場合には、ぜひ電子化リクエストをお送りください。いただいたリクエストは、出版デジタル機構を通じて出版社へお伝えして、優先的に電子化を進めていただくよう依頼します。本サービスが、読者の皆様の要望を出版社へ直接伝えるチャネルとして役立つように、きめ細やかな努力を続けていきます。

ということだそうですので、依頼するのはどうかということです。
 上記のキーワードで出てきた物でここの読者が喜びそうなものだけに的を絞ってデジタル化依頼可能な書籍の簡単なリストを作っておきます。リンク先に「電子化をリクエスト」ボタンがあります。
Dick Sternberg, Jim Moynagh著; 西山徹監修・訳『バスフィッシング上級者への道 : バスプロに教わるフィッシングテクニック』ブティック社、1999年
内藤裕文『バスプロのスーパー・バッシング : パターンによるバスのさがし方と釣り方。』CBS・ソニー出版、1985年
内藤 裕文『バス・タックル : 道具選びのチェックポイント』CBS・ソニー出版、1986年
田辺 哲男『田辺哲男バッシングパターンブック』光琳社出版、1997年

 個人的にDick Sternbergの著書の多くは原文を持っているのと、持っていないとしても原文であればまだ普通に入手可能なのでドーデモイイのですが、英語が読めない人たちの中にも割と興味がある人が多いらしいので当著者が発端となるわけですから率先してリクエストしています。ついでに最近よくある手法として「拡散希望」なんて書く人たちが居ますが、当著者としては「不拡散希望」です。その心は、本当に好きな人だけが読むべきものだからです。別にバス・フィッシングがどうでもいいと思っているのかいないのか、ミーハーな連中を引き込む必要性は全くありません。そんな拡散されて意図的に強制された親切心などアカデミック、高尚な趣味には不要なのです。誰に強制されるわけでもなく気の合う仲間内だけで行われた本当の意味での善意の方が価値があるということです。ロングテール理論を支えたWeb 2.0という基本概念に意図的な強制はあるべきでないという考えです。そして拡散されると1か月もすれば情報が消費されてしまい本来の意図や意義が失われてしまう可能性にも言及しておかなければなりません。根本的に本や文章を基本的に読まない、読めない人にとってはどうでもいいことでしかありません。
 Webcat Plusから書籍を芋づる式に探していく癖をつけながら、国立国会図書館に辿り着いてその書籍が最寄りの図書館で貸し出しまたは閲覧できるかどうかの確認をしてみるという作業に慣れてしまえば、釣りに限らず様々な情報を学ぶことができます。そして、その中で本当に読んでみたい、保存しておきたいと思う書籍に対してデジタル化を希望するのが理想であるべきだということです。

 こういった本の話をする際に多用するコピペを掲載して結辞とします。
よくある言説として「本の勉強より生の経験の方が価値がある」的な話があるけど、その本ってやつは、どっかのすごい頭良い人が何十年か分の勉強と思索と「経験」を詰め込んで書いてるってことにみんな気づいてるのでしょうか。日本のみなさまおはようございます。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4