You must lose a fly to catch a trout

 当著者はBibliomania of Bass Fishingになりつつある今日この頃を過ごしていますが、たまには役立つ記事の紹介でもしておこうと思います。Kevin VanDamと親交のあるLouie Stoutの記事です。

Terminal Tackle Needs Your Attention, Too

Published on Wednesday, 16 January 2013 23:04

KVD up-sizes his hooks whenever possible

 私のスポンサーの1つであるMustadは、多くの適用性のある質の高いフックを提供してくれていることからそれのみしか使用していません。新しいthe Grip Pin Seriesはうまく設計されたbait keeperを備え、ソフト・ベイトがフックの軸へ滑り落ちることを防ぎます。

 以下が私がMichiana lakes and riversでそれぞれのベイトに推奨するサイズといったterminal tackleの選択です。

Hooks
Pitchin'/flippin: ピッチング/フリッピングに、我々の湖でStrike King RodentやRage Crawをドックやグラスにフリッピングしていくときに4/0 Grip Pin straight shankを使用します。

Soft jerkbaits/stickworms: 私は大きなボディのベイトには、オフセット、ワイド・ギャップのGrip Pinを使用し、the Caffeine Shadに5/0そして六面体のボディのOchoに3/0を使用します。

Worms: ライト・ワイヤ、ストレート・シャンクのGrip Pinがfinesse wormsには最適です。私は2/0か3/0をwormのサイズに合わせて使用します。大きなwormsをキャスティングする場合、4/0かそれ以上のサイズに上げてしまいます。

Drop-shot: Strike King Dream ShotやKVD 4-inch finesse wormのようなベイトには、1/0 Mustad Grip Pin Edge hookをweedlessとして使用します。

 小さなベイトで"nose-hook"にする際はNo.2 Doubke Wide Drop-Shot hookを使用します。

Crankbaits: 新しいcrankbaitsはextra short shank treblesに交換します。なぜならそれはフックを大きくしても絡まり合う心配がないためです。

 例えば、the 1/2-ounce Strike King Red Eye Shad(lippkess crankbait), KVD 1.5 Square BillとSeries 5には、2つのNo.2 short shank triple gripsに元のフックから交換します。

 小さなcrankbaits, (Series 1, 3, 1.0), には2つのNo.4 KVD Extra Short Shanksに交換します。

 忘れてはならないのは、バランスが微妙なベイト、例えばtopwaters and small jerkbaitsはフック・サイズを上げられないということです。そういったルアーのために、MustadはKVD Round Bend versionを提供しています。

Sinkers

 最近はStrike King Tour Grade Tungsten sinkerのみを使用しています。Tungsten sinkerはより小型で、優れた沈下率を持ち、小さな形状はフックセットの際に魚の口を大きなシンカーと比べてわずかしか開かないことからより多くの魚を掛けることができます。

Texas and Carolina rigging: 私は常にほとんどのアングラーたちよりも重いシンカーを使うことを提唱してきました。もし私が8 feetかそれ以下の水深のgrass bedsにピッチングするならば、1/2と3/4 ounceを使うでしょうし、ほとんどの場合the 3/4 ounceに傾倒します。我々の湖は一般的に透明度が高く、私は速いフォールがより多くのバイトを誘発すると考えています。水深が深ければ、同様に1 ounceに上げます。

 しかしながら、遅いフォールがより効果的だと考えられる場合やライト・ラインで繊細に魚のバイトを誘う場合には1/8 ounceを使用します。私は中間のサイズのウェイトを稀にしか使いません。

 加えて、軽いウェイトで釣りをしているときとグラスを貫通させようとしているときだけシンカーをペグ止めします。ペグはウェイトがベイトから離れないようにするためです。

Drop-shotting: The tear-drop designがウィードで釣りをするには最適です。他と比べて酷く引っ掛かったりしないためです。私は1/8,1/4そして3/8 ounceを持っています。

Snaps

 Snapsは、特にあなたが限られた数のロッドしか持っていない場合、カラーやルアー・サイズを変更するのが簡単になります。私がcrankbaitが効果的であると知っている場合、通常は複数のロッドに別のベイトと別のライン・サイズを組み、直接結んでいます。しかし、私も時々スナップを使用します。

 使うのであれば、a double locking mechanismで偶然にも開かない信頼のおけるものを使うべきです。さらにヘヴィー・ブレイドで釣りをしていない限り、スナップの大き過ぎるサイズは必要ありません。小さなスナップはベイトをより自由にし、グラスを拾うことを防ぎます。





Reference
http://louiestout.com/columns/312-terminal-tackle-needs-your-attention-too


 何がスゴイかと言うと、所持するウェイトの割り切り方です。3/8や3/16をほとんど使わないと決断してしまっているという点のことです。全体のタックルの重量というのは、ボートに積載することを考えても重要です。そこで最初から持っていく種類を割り切ってしまうことで荷物は少なく、種類が少なく中途半端な迷いもないことからより効率の良い釣りも展開できるということです。

【22%OFF!】THE ANSWER Game2...

【22%OFF!】THE ANSWER Game2...
価格:3,064円(税込、送料別)

 それ以前にウェイトは半減法でできているという前提を理解しておかなければ何を言っているのかわからないという偏見があります。
 1ozを半分にして1/2oz,さらに半分にして1/4oz,さらに半分で1/8ozという基準でウェイトを決めていきます。そしてその間を埋めるように3/8ozや3/16ozといったものが生まれたという前提です。最初は自分の基準をつくるために全部のウェイトを持ってみるべきだと主張しますが、そこから自分なりに整理して効率的な運用ができるようにしておくべきだという話です。あくまで誰かに言われたから、誰かが言っていたからというものではなく、自ら基準をつくらなくてはならない、自分の基準を持とうとする態度を忘れてはいけません。最初に一揃えしてしまえば、後の予備にもなります。しかし、追加購入する際は最も使用するもの、無くしたウェイトから購入すれば効率的だということです。ウェイトの概念ひとつとってみても、このようにKevin VanDamというアングラーは非常にcleverではないでしょうかというお披露目です。如何に日本のその辺の勘違いしている連中がショーモナイかということも良くわかります。たかがウェイト、されどウェイト、それはフックについても言えることですし、スプリット・リングやスナップにも言えることです。当著者はこのような自分の使用する道具全てについて知っておくという態度をKevin VanDamから学んだのです。

 さて、KVDは正直フリップというスタイルを得意としていません。もちろん以下の動画のような基本は完璧にこなしているのですが、Quantumのスポンサーを受けている中で言えば、Gary KleinやGreg Hackneyといった基本的なフリップとは別ということです。

Breaking sports news video. MLB, NFL, NBA, NHL highlights and more.

 ついでに2001 Bassmaster Classic Winnerなわけで、Louisiana Deltaにてジグをウィニング・ベイトにするぐらい精度の高い釣りができます。そのスタイルはボート・ポジションといった距離感や全体的な釣りのリズム、ロール・キャストでの精度を考えるとフリップに似た何かです。もしくはフリップの基本から派生させた応用です。基本のフリップはもう少しスローでボート・ポジションやキャストの距離感がもう少し狭い釣りということです。
 従って、KVDのフリップの概念・コンセプトは、ウェイトの揃え方のそれと全く同じであると言いたいわけです。自分が自信を持てる場所、オイシイ場所だけにキャストしていき、その中間はほとんどキャストしないということです。釣り方やスタイルと一言で表現することもできますが、KVDはウェイトやフックといった末端の道具も含めてそこまで割り切った決断をしているよう考えられるのです。

 この中の1枚"Pitchin' to Heavy Hitters"を見たことがある人ならその割り切った決断に覚えがあるかもしれません。


 様々な映像を見る限り、この精度でキャスティングできるアングラーたちもElite Seriesの中であっても、指で数えられるぐらいに減ってきてしまっているように見えます。ショート・ロッドの概念が6-1/2ftになってしまったというのも、その弊害の1つだと考えられます。入れ込んでいない人たちが技術を磨かないのは世界共通ですから、わざわざロッドを長くして釣りそのものを難しくしないで欲しいところです。
 閑話休題、Kevin VanDamのこのフリップは、Strike Kingの中で見てもDenny Brauerのフリップとは明らかに違います。しかし、基本を教えることができる水準から生まれる応用であるということも忘れてはいけません。このようにウェイトの選び方1つでKVDのスタイルが見える、細部から全体まで辿り着けるぐらいブレずに一貫しているというトピックでした。どこぞのショーモナイ連中に煽られて、あなたのスタイルはブレ続けてはいないでしょうか?という提言でした。




 これが予約で公開される頃にはwegh-inも終わっていると思われますが、Bassmaster.comのTopページまでRick ClunnのRespect推しなので、敢えて当ブログではGary Kleinを推そうと思います。その心は、個人的に楽しめる視点として、flippingの親Dee Thomasにバックシートで釣り勝ったことから注目されたYoung Lionが経歴を積み重ねてflipで勝つなんていう展開です。

追記
 そんなことを予約段階に入れていたら最終日の予定がキャンセルとなってしまいました。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4