Every man is the architect of his own fortune

 たまには無駄な文化に関わる話でもしてみましょう。2つ前のエントリーで"Art is long; life is short; opportunity is fleeting; judgement is difficult; experience is deceitful."とタイトルにしたわけですが、これはヒポクラテスが残したものの訳の内の1つです。原文はギリシャ語、時は古代ギリシャ時代です。日本語訳の1つには「人生は短く、技芸は長い。機会は逃げやすく、実験は危険で、判断は難しい。」となります。つまり、"art"というのは、たぶん日本で最も一般的に認識される「芸術」という訳ではないということです。これにひっかけてRick Clunnの言う"Art of Angling"の"art"を考えて欲しいという意味なわけですが、解説しなければ誰にもワカラナイという偏見があります。
 英語として表現する際に"art"となるのですが、これはギリシャ語→ラテン語→英語というプロセスによって生まれたちょっとした誤解のようなものです。ヒポクラテスの思考背景を考えると、本来の意味で、医療技術のことを指しているわけです。しかし、ここであえてRick Clunnの言う"Art of Angling"に話題を戻してみましょう。何か見えてこないでしょうか。英語の"art"が日本語で最もつながりやすい「芸術」を意味していないことについてです。
 もう一つの情報を追加しておきましょう。"art"には「人工、人為」という意味があります。そこから、大学の学問としての「一般教育、人文科学」という意味もあります。つまり、釣りで見たときに自然相手であるにも関わらず、Rick Clunnはあくまで「自然科学」ではなく「人文科学」で見ているということになるわけです。
 さて、釣り人の言い訳の一つとして「魚に聞かないとわからない」などという、実験・実証する気すらない態度を平然と言うショーモナイ連中がいるわけですが、彼らに今回の意味での"art"があるのでしょうか。「ルアー・デザイナーの心意気」なんていう言葉を当ブログでも使ったことがあるのですが、それこそが"art"です。あくまで釣りというものを人が考えるときには、自然相手であったとしても、ヒポクラテスが医療技術について言ったように、あくまで自ら学び続けなければならない、学び続けていたとしても人生の長さからして全く足りないということなのです。そんな"art"を楽しむ者たちに対して「魚に聞いてみなければわからない」などという言葉で片付けようなどという態度は失礼だということです。この言葉を使った瞬間に、その人には"art"が無いこと、または「自分が無い」単なるミーハーであるということが伺える一文であるということです。どうして誰も「じゃあ魚に聞けばいいじゃない。聞いてきてよ。反応がある・なしでわかるでしょ?」とツッコミを入れないのか甚だ疑問だということでもあります。
 このようにヒポクラテスは基本的に医療技術関係の思考背景から"Art is long; life is short; opportunity is fleeting; judgement is difficult; experience is deceitful."と言ったわけですが、同じように習得に時間がかかったりすることに対しても、全くそのまま理論通りであるからこそここまで語り継がれているわけです。つまり、Rick Clunnの言う"Art of Angling"を語り継がないということが、彼にニックネームを付けるだけの紹介という態度が、どれだけ馬鹿げているのか反省するべきであるということです。大事なことなので何度でも言いますが、中身がない、"art"がない連中というのは、概ねRick Clunnの"art"について何も語らないということです。語り継ぐべきはニックネームではなく"art"の方だということです。
 たかだか"art"という一言ですが、"Art of Angling"の意味を知ろうとしたときに、考えさせられるものがあるのではないでしょうか。


Rick Clunn関連
http://bassanglerspirit.blog127.fc2.com/blog-entry-385.html
http://bassanglerspirit.blog127.fc2.com/blog-entry-384.html
http://bassanglerspirit.blog127.fc2.com/blog-entry-268.html
http://bassanglerspirit.blog127.fc2.com/blog-entry-267.html
http://bassanglerspirit.blog127.fc2.com/blog-entry-422.html
 こうして見ると、Rick Clunnの"art"がいかに人為的にし過ぎないということを目的としているか、つまり西洋的な思想背景による侵略的なものではなく、むしろ日本的な自然との調和も目的としているということです。短絡的に合理主義なんて言われますが、Rick Clunnに関しては、“I’m hoping not to do terrible here; bed fishing’s not my cup of tea.”と言っているように自然との兼ね合いの上での合理主義を目指しているということです。語り継ぐべきはどのルアーが釣れるとか、どのロッドやリールが良いかなんてショーモナイ話題ではなく、Rick Clunnの"art"にあるという主張を結語とします。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4