Lookers-on see most of the game

 さて、誰も内容についてツッコミを入れないという偏見のある、Major League Fishingの2013 Summit Cup本編が公開され始めました。

http://www.majorleaguefishing.com/
 Elimination Round 1は無料視聴可能にしてあります。

 ネタバレになりますが、英語のわからない人にはむしろ内容を日本語で頭に入れておく方が何に注目するべきか理解しやすいかもしれません。ざっくりと要約してみましょう。
 ボートからGPSは完全支給であるため、誰も湖のピンスポットでのマーキングなどは持っていません。また、どこで釣るかは湖を何分割かして、そのエリア内だけで釣ることになるため事前に釣りを予測することも難しくしています。
 注目はMike Iaconelliのgrass/グラス・水生植物を6ftの水深で探し出すところです。これはこのエントリーを読んだ人ならピンとくなくてはならない行動です。与えられたエリアの中で、自分の持っている基準から、この場合6ftという特定の水深のグラスというカヴァーを探すことで、魚を探し始めているということです。Ikeは散在したグラスはあるが、釣りたいと思うベッド状・塊となったグラスの存在するスポットが見つからないことを嘆き、早々にそういったスポットを探し出すこと自体を見切ってしまいます。
 さらにGreg HackneyもIkeと似たような岸からの距離感で、その水深に対して「思っていたよりグラスがなくてガッカリだよ。」と言っていることから、特定の水深が違うにしても似たような釣り始める基準を持っていることを伺わせます。
 ここでGary Kleinは、カヴァーそのものに注目するのではなく、"turn"や"hole"といった地形変化・ストラクチャーを魚が使用するということに言及し、そういった場所をまず探すといったことを解説してくれます。
 そしてほぼ全員、無数に存在するdock/ドック・船着き場を釣っていくことになります。ここでIkeがどのようなドックを釣るべきか絞り込んでいくことが重要であると言及します。それなりの数の魚を釣ったとき、"deeper dock"と水深のあるドックに絞り込んだことを明言します。
 湖の状況は"algae bloom"つまり藻類の大量発生、日本で言えばアオコの大量発生が起こっている状態です。水の色は場所によりdarker water/色の濃い水色と、相対的濁度が高い場所があることがわかります。
 1st Periodも後半になると、sky condition/天候が曇り始めます。Shaw GrigsbyやGreg Hackneyは、この空に曇が覆われることで釣りが変わってくることに言及します。
 2nd Periodになると、Greg Hackneyは風が吹き始めたことにも言及します。そして3rd Periodには風が吹き始めた原因である低気圧の通過で完全に雨が降った中でのスタートとなります。
 最終的にIkeはウェイトのある魚を釣るわけですが、本人の解説の中で「朝はdarker waterでは釣れなかったから透明度の高い場所で釣っていたけれど、今はむしろdarker waterで釣れている。つまり状況が変わった。そしてこの場所は透明度が高いから移動するべき。」と釣れているパターンの中でもより詳細を煮詰め、パターンを完成させるまでのプロセスを見ることができます。

 そしてもうひとつ注目するべきは、フッキングの鋭さです。ほとんどのプロが脇を締めて確実なフッキングを行っています。彼らの場合、体格的に脇が甘くても腕の筋力だけでロッドを鋭く振り抜くことが十分可能ですが、その鋭さは必見です。そしてIkeのボートの上を移動しながらもリール・ハンドルを全力で回転させる、ラインを水中から綱引きのように引き抜くような動作によるフッキングとの比較も楽しむことができると思います。

 日本人の視聴者の多くは、見るべきところを見ずして「スゴイ」を連呼していれば、ゴマスリしていれば良いという偏見があります。映像を見るときにその映像にどういったトピックがあるのかという理解力は、読解力のそれと全く同じです。全く同じものを見ているのに、言葉にしたときに、または文章に起こしたときに全く別のことを書くことになるのはその差です。
 そもそも何をトピックとしているのかという製作者側の意図の読めないもので溢れている日本のバス釣り業界ですから、それを理解しろなんて不可能だと言われるのはもっともなご意見だと思います。しかし、北米圏のこういった映像にはある程度トピックを持たせてありますから、そういったトピックを読みとろうという意図を持つことは今後の自分の釣りに大切なものをもたらしてくれるかもしれないということです。そして、前述のフッキングについては、自分なりに意図したトピック・課題を持ってそういった動画を視聴しているという証です。何も考えずに見るのは時間の無駄ですが、そういったことを意図しながら読書したり動画を視聴したりするのは有益だと考えているということです。

Post a comment

Private comment

No title

Major League Fishingネタですね!

私も先日、視聴したところです
2012年の放送分をこの年始に初めて観たのですが、ボリュームが有りすぎて消化に時間がかかってしまい、2013年の今回始まった映像は軽くみただけの状態です。

初見の印象では、日本ではなじみの無いボートドックの釣りがじっくり見ることができなかなと。
ここを参考に時間の許すかぎり、じっくり観てみます。
いつもありがとうございます!

毎度コメントありがとうございます。

 正直このRound1のメンバーはほぼ全員シャロー・ウォーターでの釣りが得意というか、フリッパーだらけだったのでどうなることかと思っていましたが、特にGary Kleinの風や雨といった条件からの先読み・予測を外してしまうあたりは個人的に非常に興味深く見返した部分です。
 Hurricaneがぶち当たってしまった事情からやむを得ないところではありますが、2012年のものと比較して釣り場に注文をつけるならば、シャローばっかりの釣りでディープ側で釣った比較ができないのが寂しいところかと思います。特にTimmy Hortonのストラクチャー・フィッシングは見たかった釣りの一つでした。
 それでも便宜上「濁り」と訳してしまっていますがdark waterというシャローの水の色を気にする一つのリソースができることかと思います。仰るように、2013年の開幕1ラウンドは、シャロー・ゲームというバス・フィッシングの中の狭義のゲーム・プランの参考になるということです。


 ここから先は戯言だと思って頂いて結構なのですが、よろしければ直接右欄のメールフォームなどで連絡をくださると嬉しいです。ちょっとしたリサーチというかsurveyなどが欲しいもので、ご協力頂けると助かります。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4