Swim Jig learn from KVD



Swim Jigs Catch Fall Bass

 スイムジグはスピナーベイトのように使用することができるので難しくありません。秋のこの時期に使用することが多く、スモールマウスバスに特に気に入って使用しています。しかし、ラージマウスバスにも同様に効果的です。
 スイムジグは秋の冷え込む時期の風のないような日にその威力を発揮してくれます。そのような状況の場合、スピナーベイトではブレードの散光や金属音が邪魔となります。つまり、冬になるまでのまさに今の時期に武器となります。
 水温がこれからさらに下がり続けるなるとスローダウンさせた釣りを行わなければなりません。その際のスピード調整はジグの自重で決まることになります。KVD自身は主に1/4~3/8ozを使用し、ジグのヘッド形状が水平に泳いでくれるものがグラス(ウィード)エリアでも効果的に使用することができることから、それらを使用しています。
 水が澄んでいて(相対的濁度が低い)、風もない場合、1/4ozを使用し水面付近をスローに引くようにします。水面付近は空が背景となりバスがルアーを認識しにくくバイトさせるトリガーを引きやすくします。このような状況の場合、ルアーをバスに見せにいくような釣り方はルアーを偽物だと認識させやすく効果的ではありません。
 もし雲があり、わずかな風があった場合、3/8ozを少し早めの速度で引いてきます。しかし、深すぎない深度での釣りということを覚えておくべきです。
 一般的に、ストレートリトリーブがこの釣りの基本です。もしバイトが得られない場合、映像のようなトゥイッチを加え一時的なポーズ(キル)という間を作り出します。時にはトゥイッチを何度か加え、ストレートリトリーブに戻して8フィートほど引き、そこからまたトゥイッチし始めることもあります。これらのリズムの変化の持たせ方は是非釣り場での経験を積んでみると良いでしょう。
 トゥイッチングはグラスの上を釣る場合で、波だってわずかにステインがかっている(相対的濁度がわずかに上がった時)に効果的です。
 トレーラーはいつも使用しています。活性の高いときはStrike King Rage Crawを、そうでない場合はシングルテールのグラブを使用します。
 KVDはルアーカラーをその場所のエサとなる生物の色に合わせることを意識しています。北の方でのスモールマウスにはブルーギルカラーにグリーンパンプキンのトレーラー、南の水域ではsmokey-shadカラーが良いと言っています。
 もしバスがトレーラーをつつくだけのような場合、トレーラーのスタイルを変える、リトリーブのプレゼンテーションかジグのサイズを変えるということが考えられます。最適な方法を見つけるまで微調整が必要となります。
 バイトを得た場合、激しくフックアップしてはなりません。巻きアワセのようにロッドに重さを乗せてリールを巻きます。なぜならバスは後ろから追ってバイトしてくるため、激しくアワセを入れた場合、バスがもう一度戻ってバイトする機会を失ってしまいます。そのため、フッキングはバスに戻って食わせて確実にフックアップする機会を作り上げることが大切となります。
 タックルはスピナーベイトロッドに一番早いギア・レシオ(比)を使用します。Quantum社ではKVDモデルに7.3のギアレシオが存在します。それらのタックルはシャローウォーターをロングキャストで釣る場合に最適なセッティングとなります。
 この釣りに、ラインは30lbのブレイデッドラインをおススメします。その細い直径と強さは軽いジグを遠投することに向いており、クリアウォーターでの釣りに重要な要素となります。ブレイデッドラインの糸の伸縮性が無い特徴からロングキャストでのフッキングにも有利になります。もしカバーのないウルトラクリアウォーターならば10lb(日本製の12lb程度)のフロロカーボンラインを使用します。

 この秋はスピナーベイトやクランクベイトで釣果があがらない状況に出くわした場合、スイムジグを結んでみてはいかがでしょう。
"This fall when you encounter shallow bass that are reluctant to take a spinnerbait or crankbait, tie on a swim jig and you'll have a ball."
最後の結論は面白いニュアンスなんですが、訳はしていますが訳しきれなかったので原文でお楽しみください。
 英語が話せる人の誰もが同時通訳とか翻訳ができるとか思ったら大間違いです。訳というのは本当に別の難しさがあります。英語ができない日本人の前で自分が英語が分かる、話せるとなったときの面倒くささは異常。


 「これらの翻訳が動画の中の解説です。」って表明したらみんな信じちゃうんでしょうか。動画と本文は一切関係ありません。

大事なことなのでもう一度言います。

動画と本文は別ソースで成り立っています。

かなりそれっぽく見ようと思えば見れるのであえてほったらかしにしても良かったのかもしれませんが、時々日本語で大嘘をつくかもしれませんよというある意味での警告です。実際そんなことをするメリットが自分に一切ないのでしませんが、分析を入れて同じ検索ワードで引っかかっている別のブログなどをクイックレビューすると、例えばディープクランクをハイギアで巻くのは全員がそうじゃないしとツッコミどころが満載だったりします。第一KVDは5.3のリールでディープクランクもスクエアビルのクランクベイトも巻いて優勝しています。
 ところが、ある一部のアングラーの極めて限られた釣り方にはハイギアでディープクランクを使うのは当たり前となっていることがあります。その限られた釣り方に、その限られたアングラーの方々にはローギアは使われていないのが常識という書き方をしないとどちらでも取れるような書き方となっており、そういった意味で不親切です。
 ついでに簡単に見破る人はブレイデッドラインを薦めた段階で気がつけるかと思います。動画内では25lbフロロを使用しています。KVDの釣りの場合、ローストレッチ(ラインの伸びの少なさ)が鍵になっています。間違いなくキャスティングが巧いというか距離を出せる投げ方をしっかりしているので、低伸度のラインというのがフッキングには欠かせなくなります。現段階でそのような情報から、彼がフロロを多用していると考察しています。


 WEBの世界で釣り動画の字幕職人ぐらいならなれるかもしれませんが、他に訳していないものが山積しており時間がないのでパスします。だいたい早口だったりするとほとんど脳内補完で理解してしまうので、それを日本語に直すというのがかなり二度手間どころか、聞き直したり、主語、動詞、目的語などの語順が動画に合わない、それに合わせた日本語に修正など三度手間ぐらいになります。
 言っていることの本意がわかれば良いのではないでしょうかといった方針で訳しています。実際、動画でも同じトピックを扱っているのでイメージすることが容易いはずです。

Reference
"Bassin" Kevin VanDam's column, p.10, November 2010

tag : KVD

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4