Anything important is never left to the vote of the people. We only get to vote on some man; we never get to vote on what he is to do.

 いくら前回のエントリーでタイトル通りに、紙のメモでもOSのアクセサリのメモ帳でも開いて実践するタイプと、他力本願で自らは何もしないタイプとで比較すると様々な条件で大きな違いが出ると表現したところで前者の実践するタイプはほとんど居ないという偏見があります。


 そんなわけで次回以降と記した通り、期待を裏切ってそのソースを示すことを先送りしたいと思います。そして今回、間を埋めるためにHank Parkerを引用します。
 毎年新しい製品が販売され、それぞれに革新的な技術やアイディアが盛り込まれています。それでは、その新しい製品をどのようにして自分のものとするのか考えたことがあるでしょうか。

Breaking sports news video. MLB, NFL, NBA, NHL highlights and more.


 Take time with new lures and learn what they do how they perform.
 新しいルアーを持ったとき、そのルアーがどのように使えるのか学ぶために時間を使いましょう。

 Here is Flicker Shad. There is much smaller than any Flicker Shad I've ever seen.
What application? How deep this bait run? What will this particular bait do? How will lip perform?
 ここにFlicker Shadがあります。これは既存のFlicker Shadより小型です。これにはどのような有用性があるのでしょうか? どれぐらいの水深で使えるのでしょうか? このルアー特有の働きがあるのでしょうか? リップはどのような働きをするのでしょうか?

 That is the question in my mind, and I'll put it in water. So I need test this lure, and then I will know what this lure will do and how will fit in my tool box.
 これが水にルアーを入れたときに思う疑問です。従ってこのルアーがどのように使えるのか、自分のツール・ボックスでどのような役回りをするのかテストする必要があります。

 Did you hear me? "Tool Box." Because fishing lures are tool to catch fish.
 聞こえたでしょうか? Fishing luresは魚を捕えるためのツールです。従って、それを入れるのはツール・ボックスなのです。

 So more understand about lure then more confidence I have in that bait, more I tend to use the bait. So my tech tip of the day is when new bait come on the line, then you feel that can be beneficial to you.
 ルアーを理解することはそのベイトを使う自信を持つことになります。そして、それはそのベイトを頻繁に使うことにつながります。つまり今回のtech tip[コーナー名]は、新しいベイトが出現するということは、あなたにとっても有益なことだということです。

 Take the time to use them, test them a swimming pool or clear water lake or you can look at them to see how they perform, and develop some confidence in new baits. That is big part what I do in its. Very important in my fishing. Developing confidence in new baits.
 新製品を使うには時間をかけましょう。ルアーであればスイミング・プールや透明度の高い湖など目視できる場所でどのように使えるかテストし、新しいベイトに自信を持ちましょう。これは私の釣りに非常に重要なことです。大事なことは新しいベイトへの自信を持つことです。

 ルアーにいつまでも魔法が宿っているかのように考えて、いつまでたってもツールだと認識しない限り何の役にも立たないエントリー内容です。ツールというのは適切な条件で適切な使用方法を伴って初めてその機能を発揮するのです。マイナス・ネジにプラス・ドライバーがあっても仕方がないのです。


 その前提をクリアしていないのにこの先何を語っても同じなのですが、自分たちのツール・ボックスにいわゆる穴がないか確認すると面白いかと思われます。間違いなくツール・ボックスの中身が個人の趣向で偏って穴だらけであることが多いのです。そして穴が多いのにも関わらず、その穴を埋めるものを入れるどころか、同カテゴリー内で重複するものの多いことといったらありません。ドライバーの例で言うならば、1mm刻みや0.5mm刻みで欲しいのに、なぜかメーカー違いの全く同じサイズのドライバーが多数入っており、欠けているサイズを入れることができなくなっている状態ということです。
 ツールとしてルアーを見るということはそういうことです。自分の持っているルアーとそれらが入っている箱が果たしてツール・ボックスとしての機能を果たしているのか、今一度再確認するべきだということです。

 そこで前回のエントリーでも申し上げた「分析能力」が必要になるのです。何が重複しているのか、または何が欠けているのかという設問を立ててそれに答えられるのであれば、それは分析能力があるということです。しかし、多くの場合、Hank Parkerが大事なことなので何度も言っていた"Take time with new lures"という金言が守られず、どのルアーも同じにしか見えてこなかったり、どういった違いがあるのかサッパリわからない人で溢れてしまっていることが大きな問題として挙げられます。
 ロールとウィグルという根本的なルアー・アクションの違いが主観ですらわからなかったり、他人に言われてもその違いがわからなかったりする始末のことです。それは、ラトリンログがストレート・リトリーブで泳がないといわれ、ウィグルしておらずロッドティップを叩く感触がほとんどないだけで、ちゃんと目視すればロール・アクションをしていることに気がついていないことを意味します。
 つまり、ルアーを使うことに時間を費やしたところでそういった根本的なセンス、五感の問題で先に進めない人が存在しているのは事実です。そうであるとしたら、圧倒的にシンプルなガイドラインがあっていけないいわれがあるのでしょうか。

 合理的で整理された極端な条件にも対応できる抜け目のないツール・ボックスを持っている人はどれぐらいいるのでしょうか。または趣味趣向に偏ったお気に入り・ボックスと化しているものをツール・ボックスだと激しく勘違いしている人はどれぐらいいるのでしょうか。いずれにしてもツール・ボックスの中身というのは、ツールであるが故に非常にシンプルなものが圧倒的に使い易いのです。大事なことなので何度でも言いますが、新しいベイトを使うことに時間を費やしツール・ボックスの穴埋めになるのか分析しなければならないのです。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4