「罪とボツ」アンケート上位に選ばれた人間は、道徳や倫理や出版コードを踏み越える権利がある。目的が売り上げならば手段が悪でも許される。そういう人々が出版界を動かしていくのだ。それ以外の漫画家は凡庸な作品を産み続け、単に連載を維持していくだけだ。自分はいつまで後者でいるのだろうか?

 たまにはショートショートの話題があっても良いのではないかという可能性の追求を忘れてはならないとは考えますが、もしそういったコンテンツを著者と読者が望むのであれば、それはブログというフォーマットに記したり、ブログというフォーマットで探すのは間違いではないでしょうか。
 ブログというフォーマットは文字制限がないわけですから、せっかくその制限がないものにあえて文字制限をしたかのような短いものを記す必要性が果たしてあるのかということです。

 どんな細かいことであっても、手先が器用と言われる日本人の行うことより、USAで行われている微調整の方が役立つことの方が多いという偏見があります。むしろ手先が器用だと言われていることに自惚れてアイディアが出せないという偏見です。

Breaking sports news video. MLB, NFL, NBA, NHL highlights and more.

 Hank Parker's Outdoor Magazineの動画です。そもそもcylinder typeウェイトが売っていない日本ですが、探せばわずかながらに存在します。
 この種のウェイトは日本ではドロップショット用としてしか使われていませんが、キャロライナリグのウェイトとしても利用できます。Lindy No-Snagg Sinkerも形状としては同じであるということに気がつくべきです。ただLindyのそれはアイレット側がバルサ材になっており浮力を持たせてあることで、ウェイトが障害物に引っ掛かりにくくなるというデザインが組み込まれています。逆にLindy No-Snagg Sinkerをドロップショット・ウェイトに使用しても良いのです。
 つまり釣り針、フックの形状について日本人は無思考だと何度も申し上げましたが、それはウェイトの形状についても言えることです。

 FLWですが、Walleyeカテゴリーからの記事です。
http://www.flwoutdoors.com/fishing-articles/new-gear/152851/tackle-test-slip-sinker-style/ Eagle Claw社のSlinkey Weightやウェイトを結んだまま着脱式で変更できるものなど、非常に優れたデザインのものがあります。

 結局、フックの形状にしても、ウェイトの形状にしても、何も考えずに使用している人たちで溢れかえっていることが釣具店のウェイト、シンカー売り場を見渡すことで見えてくるのではないでしょうか。
 日本人は云々、アメリカ人は云々で、自己保身やうぬぼれているのを見る光景には痛さしかありません。何が言いたいのかというと、どちらかに肩入れしろと言っているわけではなくて、cyliderウェイトをニッパーで切って重さを調節したり、動画のようにペンチで曲げるなど、合理的で賢明なアイディアは自分も使うべきものであってそれが国や文化による優劣で語られてはいけないということです。常に中立的な視点でいることが教養のある大人の態度ではなかったでしょうか。
 それではなぜ当ブログには批判するべき日本人が出てくるのかというと、基本的にそういった偏った優劣でしか判断できないうぬぼれたオトナだらけであるというところを読解力で見出さなければならなかったのです。
 大事なことなので何度でも言いますが、文化に優劣や善悪の価値観を加えて語るなんてコドモのすることです。

 硬質鉛でよほどの太さがない限り切ることは可能です。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4