If advertisers spent the same amount of money on improving their products as they do on advertising then they wouldn't have to advertise them.

 Heddonから"Chug'n Spook"というペンシル・ポッパーが販売されたわけですが、その販売元となるオフトが公式に比較写真を掲載しています。
http://www.oft-fishing.com/hard_lure/heddon43.html
Heddon Chug'n Spook ヘドン チャギン スプーク

Heddon Chug'n Spook ヘドン チャギン スプーク
価格:1,050円(税込、送料別)

 別に悪いことではないのですが、これはそこら辺に転がっているブログと全く同じで「だから何なの?」というツッコミを入れることができます。結局これは最大潜行深度と同じで、写真で比較したり、数字で示したところで基本的に何の意味もないものです。
 つまり、この浮き角度だから「どういったアクションが出しやすいのか?」、「比較対象と比較してどのようなアクションが得意なのか?」または「何が違うのか?」という根本的な内容に触れていないことが問題だということです。多くの場合、比較写真を撮影した満足感でそのようなことを怠ってしまっているという偏見があります。

 なぜその根本的なことを説明しないのかといえば、そもそも「ルアーのことをよく知らない」か「説明するのメンドクセという怠慢」のどちらかです。もし統計をとるとすれば、どちらの理由が多いのかというと圧倒的に前者が多いのは間違いありません。

 さて、水平に近い浮き角度にすることでわずかにwalk-the-dog,つまり典型的なペンシルベイトのようなside-to-side actionが難しくなることがあります。しかし、当のルアーは口がカップ状になっているため、そのカップが水を捕えて水飛沫をつくりだせるためそれほど問題にならないということが考えられます。ただし、Cotton CordellのPencil Popperという水平に近い浮き姿勢の同カテゴリーの例では、テーブルターンと呼べる1か所で180度以上の首を振らせることができます。
 そして、ザラスプークにも言えることですが、浮き姿勢をテール側が下がった状態で30度ぐらいが最もside-to-side actionを出しやすく、首を振らせやすくなります。

 Bassmasterでは"A magician with a Zara Spook"と評されるCharlie Campbellは以下のようなこともしています。

Modified Zara Spook
 ライン・アイはヒートンになっているため、ねじって外すことができます。そして外したものをルアーに色を塗るためにつけられた鼻先にある小さな穴にねじ込み直します。
 次に、ドリルでボディに穴を空け、ワーム・ラトルを2個入れます。エポキシ系接着剤で穴を塞ぎ、乾燥したら余分なバリを削っておきます。
 ラトルを追加していることから浮き姿勢が変わっているため、約30度になるようにテール側のフック・サイズを上下させて調節します。

Reference
Doggin’ The Trap Zones
LEGENDARY AND CLASSIC. These adjectives describe pro angler Charlie Campbell and the bait for which...
(Jun 1, 2008, Bass Patterns, p. 98)

 これが既に公式に販売されているラトリン・スプークの原型です。Zell Rowlandのサイン入りで3フック、ラトル入りが販売されたこともありますが、これがオリジナルの改造です。そして、Charlie CampbellはフックをMustad Triple Gripに変更することにも言及しています。
 販売されても誰も気にしなかったし、誰もツッコミを入れなかったラトリン・スプークのフックは、Triple Gripが標準装備ということはそういうことです。


 つまり浮き角度について何が言いたいのかというと、比較写真撮影したところで、それを有効活用できるアングラーたちなんて1000人に1人も存在しない、結局無駄になるということです。
 写真だけでは不十分であって、写真に加えて何を説明しなければならないのか、こういった非常に基本的な解説・説明が欠けています。
 そして特定のアクションが出せないとすぐに批判したがる連中が居ますが、そういった連中はフック・サイズを変更したり、オモリを貼ったりして浮き角度を変えるといった工夫が足りないということです。
 このように動かしたいという目的のアクションのイメージがあるのであれば、そのアクションが出せるように、なぜ自分で調整をするという思考に至らないのか不思議でならないということです。

 もし浮き角度の比較写真を撮影して掲載するならば、少なからず誰が見てもその意味がわかるように、浮き角度が立ち気味だと水中に潜らせて移動距離を少なく魚に見せていくアクション、30度ぐらいならペンシルベイトのアクションとしては最適、30度より浅い角度で浮くとポッパーのようなカップがあればテーブルターンで水飛沫を遠距離飛ばせるなどといった基本的な解説をするべきではないでしょうか。


 ルアーのことを理解していない人ばかりで別に学ぼうともしていない人だらけなので言ったところで無駄ですが、もしルアーについて、ペンシルベイトの浮き角度の意味について学ぶのであれば、同じルアーで同じカラーを最低でも3個購入し、何も調整しないデフォルトと、2個それぞれ全く違った浮き角度にしたルアーをキャストしてその違いを自分の目で確認することです。しかし、観察力のない人にとってはその違いにすら気がつかないのでどうしようもありません。
 大事なことは、デフォルトのアクションが良いわけでも悪いわけでもなく、また改造したベイトのアクションが良いわけでも悪いわけでもありません。自分が魚の目の前にそのベイトをどのように動かして反応を得ようとするのかという自発的な行動が大事なのです。
 大事なことなので何度でも言いますが、ルアーに魔法は宿っていません。アングラーが任意で操作したベイトに魚が間違いを犯しただけであって、重要視するべきは人が行動を起こしたという点です。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4