If you want to be successful, it's just this simple. Know what you are doing. Love what you are doing. And believe in what you are doing.

 結局、日本人から釣りに関しての分析なんてまず得られません。なぜなら根本的に「分析する」ために必要な基礎スキルである学究的思考ができていないためです。DM, データマイニングなんて言ったところで、釣りをする世間知らずな人たちにわかるわけがないということです。

 さて、釣りで釣果を安定的に出すために一体何から始めれば良いのか考えたことがあるでしょうか。または、その疑問をいくつかのシンプルな項目別に分析できているでしょうか。本質的に重複しないレベルでまとめられた分析がIn-Fishermanの"Critical Concept"です。

F+L+P = Success

The In-Fisherman System
Learn How To Catch More And Bigger Fish!
より多くの釣果とより大型の魚をどのように釣るか学びます。

F (Fish) + L (Location) + P (Presentation) = S (Success)
魚 + 場所 + プレゼンテーション = 釣果

Successful fishing involves understanding three essentials:
釣果を支える3要素


F = Fish / 魚
L = Location / 場所
P = Presentation / プレゼンテーション

 これらの必須要素は、それぞれの場所によって、そして時間によってその重要性が変わってきます。適切な瞬間に3要素の中からどの要素が最も重要なのか判断することが課題となります。これを習得することができれば、あなたは安定的な釣果を得るための大きな一歩を踏み出すことになるでしょう。

 あなたの目標は魚を釣ることです。しかし時には、魚が a negative feeding mood/捕食を拒否するような場合、場所を変えたり、魚種を変えて釣ることが理にかなっていないことがあります。あなたは目の前の状況に合わせて適切な決断を下さなければなりません。

 F(the fish)/魚を理解することは、L(location)/場所につながります。そして、P(presentation)/プレゼンテーションはSuccess-catching fish/釣果につながります。

F FACTOR=FISH'S BASIC NATURE/Fの要素=魚の基本的性質

 特定の環境では魚種ごとに違った反応を示します。これは確かな習慣による働きです。生体反応は嗅覚、味覚、触覚、視覚、聴覚の五感に基づきます。これらの感覚を通して、魚は刺激に反応し、いくらか規定の遺伝から基本生活様式を形成します。

 何種かの魚には分かりやすい歯を持っています。他には紙ヤスリ状の唇をもった種やゴムのような唇をもった種も存在しています。これらの魚たちはそれぞれ違った場所で捕食します。多くの場合、彼らは食物連鎖の中で違った階級で見られます。

 魚体の形状が役割を果たすこともあります。長く楕円の形状をしたmuskies and pikeのような魚は、待ち伏せと忍び寄るのを組み合わせ、edge habitat/エッジ効果のある環境で餌を探します。対して、Bassは短くよりコンパクトな体型をしており、カヴァーのエッジに身を寄せやすく効率的に餌を探します。

 Reproduction/繁殖、Comfort/快適さ、Food/餌はその環境の中で、魚の場所を決定する役割を果たしています。様々な魚種ごとに満足させるためのそれぞれ違ったニーズ・要求があります。

Reproduction:産卵のためには、種ごとにそれぞれ違った水温と底質・ボトムを必要(require)とします。または同じ生息地を違った時期に使います。

Comfort:魚種ごとに好む(prefer)特定の水温、光量、透明度、その他の状況があります。

Food:季節、水温、天候、その他の状況が捕食を促します。餌の好みと捕食者と被食者のバランスは共に重要です。A walleyeは餌としてperchを好みます。もしperchがいなければ、walleyesは別の餌を探しに行くでしょう。

 魚種ごとに違いがあります。つまり安定した釣果を得るには、それぞれの魚種ごとに合わせた釣りをしなければならないのです。魚の種ごとの基本的性質を理解することは、釣りの致命的な要素となるのです。

L FACTOR – LOCATION/ Lの要素 - 場所

 魚は基本的性質によるニーズに合わせて彼らの習性を適合させます。それぞれの種は、日々、季節によって固有の行動を見せます。

 季節的な行動やmigrations/移住は場所を大きく変更することを意味します。これらの行動は通常、産卵、水位か水温の季節的な変動、餌の季節的な行動に関係します。魚の年ごとの行動は多くの場合予測できます。それらのタイミングは気候条件に基づきます。

 魚の生活環境の特徴は、場所に影響されます。水域のストラクチャー、複数の魚種の相互作用、外的刺激による反応、主に天候と人があります。ストラクチャーはbottom configuration/ボトムの形状、bottom content/ボトムの形成内容、water characteristics/水質特性、vegetation/水生植物、water movement水流といった要素を含みます。

Bottom Configuration - その水域はどのような形状をしていますか? そこは深さがありますか? 浅いですか? そこには急激に水深の変わる傾斜が、またはゆるやかな傾斜がありますか? そこにinlet/入り江か、outlet/川・河口・水路はありますか、または両方ありますか? 湖または池の形状は丸、または細長いですか? そこには岬や曲がりがありますか?

Bottom Content - そこに岩、砂、砂利、沈泥か泥はありますか? 沈んだ木や枝の束はありますか?

Water Characteristics - 酸素レベルと水の透明度は魚の場所に影響します。腐敗する物質は溶存酸素を減らし、魚を浅い水深に動く要因となります。

 Water clarity/水の透明度は魚の生活環境や習慣にいくつかの大きな影響をもたらします。Stained-water/少し濁りのある水系の魚は視覚、聴覚を混ぜて餌の場所を察知します。水の透明度が高い水系の魚はより視覚に指向しています。Dark-water/暗い・濁りのある水系の魚はより振動に意識があります。視覚、音、振動はルアーの選択に影響します。

Vegetation - そこに水生植物はありますか? 水生植物の群生からできる岬と窪み、そしてその密度や点在具合はストラクチャーと同義です。

Water Movement - 水が流入している、またはその水系から流出していることで魚の居着く場所に影響をもたらします。特に水の流れが速い場合、多くの川やダムの放水に見られます。湖ではその影響はより小さくなります。

Species Interaction / 魚種間の相互作用
 魚種間の相互作用はdensity of population/生息数の密度、availability of food/餌の供給、competitive species/競合種を含み、相互に関係づらけらます。

Density of Population - 魚の生息数が大きくなるとより規則的な場所の様態がでてきます。これがその環境で持続しながら生息していくための方法です。もし大きなpike,walleye,bassの群れが同時に1か所の砂州で活発に捕食すると、無秩序な結果となります。習慣を持続するために、それぞれの種はなわ張りを持つのです。

Availability of Food - 捕食者は季節に合わせた餌の近くに位置します。得られる餌は成長と、究極的には魚の生息数の健全性によって決定されます。

Competitive Species - 特定の種族間には相性の良いのもいますが、そうでないのもいます。餌と産卵の生息環境の競合は魚の位置に影響を与えています。

Reaction to Outside Stimuli 外的刺激への反応
 このカテゴリーはseasonal temperature/季節の気温、local weather/地域の気候、そしてman/人といった要素に分けられます。

Seasonal Temperature - 気温は水域に影響を与えます。Dark water/暗色の水は透明度の高い水に比べ日光を早く吸収します。従ってthe Calendar Period/暦(Prespawn/プリスポーン, Spawn/スポーニングなど)は暗色の水の方が早く起こりやすい可能性がある。

Local Weather
 気象は日々立地の様式に影響を与えています。寒冷、温暖前線は違った影響を生みだします。寒冷前線の影響は、暗色の水で水温の高い湖より、明白にultraclear/透明度の高い水温の低い湖にでます。局地気象は昆虫の羽化のきっかけをつくりだしたり、遅らせたりし、魚の位置を左右します。

Man - ボート、ジェットスキー、釣り人、遊泳者、汚染、水生植物と枝の束の除去といった生息環境の変更、干拓、枝の束を新たに沈める、[カモ撃ち]小屋の建築、人工岩礁など全てが釣りに影響を与えます。

P FACTOR = PRESENTATION / Pの要素=プレゼンテーション

 適切なプレゼンテーションは適切なベイトを適切な場所へ適切な時間に使うという組み合わせから成り立ちます。様々なプレゼンテーションによる魚の脆弱性(釣れやすさ)は、季節の移行によってよく変化することがあります。ある瞬間に最高のプレゼンテーションをしたとしても1ヶ月、1週間、1日、1時間が過ぎるだけで最低のアプローチになることがあります。成功するためには、あなたのプレゼンテーションを状況に適合させなければなりません。プレゼンテーションはposition/位置とworking method/作業方法に分けられます。

Position
 位置はあなたのプレゼンテーションの作業方法を実行するための立ち振る舞い、やり方です。それはあなたにtriggers and controls、gear selection/道具の選択、テクニック、これらを最も有利に使っていくことを可能にします。

 位置はstationary/固定された場所とmobile/可動性の場所に最分割できます。Stationaryは錨泊、岸に立つ、または岸際のストラクチャーの上に乗り上げる、様々な固定された位置から釣りをすることを含みます。
 Mobileはトローリング、drifting/漂流と[トローリング・モーターのトローリングと組み合わせた]コントロールされたdriftingを含みます。トローリングはいくつかの形態があり、slow-front, quick-front, speedfront, slow backtrolling and fast backtrollingがあります。
 Drifftingは風か水流によってボート・ポジションを変えられます。風を味方にします。Controlled driftは漂流するボートの角度を[エレクトリック・]モーターを特定の速度で使用し、水深と方向を調整することです。

Working Method

Triggers & Controls: 狙っている魚の性質と好みを考察し、適切にストライクを引き起こすベイトを選択する。
 2 basic controlsと8 basic triggersを考察する。Depth and speed cntrols/ゾーンとスピード・コントロールは、ルアーやベイトの選択による有効性に極めて重要です。The 8 triggersは一つずつまたは組み合わせで魚の反応を生みだします。あなたのルアーやベイトの選択は一つではなく、場所と魚種の好みから多様ではありますが、魚の捕食態度がfish-positive, neutral or negativeにも関係しています。魚が活発でa positive feeding mood/捕食体勢であるとき、多くのベイトや多くの方法に反応します。魚がneutral moodで活発に捕食していない場合、より選りすぐりのアプローチがストライクを誘発します。魚がnegative moodのときは一般的に捕食せず、神経質で捕えるのが難しくなります。
 Triggers That Stimulate Responses/反応を促しストライクを誘発する : live baitとartificial lureは両方、魚からpositive responsesを得られる能力を持たせたデザインをしています。その能力の中から一つ、または組み合わせた複数の性質がストライクを誘発します。それらは魚の基本的性質にある8つの感覚要素の内6つにアピールしています。ルアーかベイトの選択は、適切な時間に特定の魚種の反応を得るためには何がストライクを引き起こすために必要かに基づきます。

Gear Selection: ロッド、ルアー・ウェイト、ライン・サイズはベイトやルアーに影響を及ぼします。目の前の状況から適切な道具を選択します。
Technique:テクニックはdepth/水深、speed/スピード、action/アクション、vibration/振動に注意を向ける必要があります。A jigは適切な水深、適切なスピードで使うことができますが、それはbe hopped/跳ねさせているか、swam/スイミングで泳がせているか、crawled/底を這わせることになります。あなたのベイトかルアーに何が起こっているのか感触を得るためには、道具の選択が重要となります。あなたは魚のバイトやストライクと木の枝、岩、水生植物にぶつかった感触を明確に区別しなければならないのです。ジグを使ったとき、泥、砂、砂利、岩のボトムを感じることも必要となります。感触はあなたの使うルアーやベイトが適切に動いてくれているかを教えてくれます。もしあなたの使うテクニックが間違っていた場合、最高のルアーやベイトの選択も、完璧なthe triggers and controlsも釣果を生みだすことはありません。

THE CALENDAR PERIODS
 The In-Fisherman Calendarは魚の反応から1年を10のピリオドに分割します。これらのCalendar Periodsは母なる自然のなすがままで、特定の日数続くわけでも1年で特定の日数起こるわけでもありません。Calendar Periodsは気候と水の条件に基づくことから、それは毎年気候の傾向によって時間の長さは変化します。Calendar Periodsは1年に数日しか続かなかったとしても、翌年には数週間続くこともあります。

 Calendar Periodsは地域によって異なります。Canadaでは、Calendar Periodの夏は7月の下旬に数週間訪れます。その一方でFloridaでは、夏の期間は5月から5か月続きます。

 The Prespawn, Spawn and Postspawnの期間は主に繁殖に関係します。夏、秋(Cold Water/低水温)、冬(Coldest Water/最低水温)といった期間の定義は、水温と気象条件が主に関係します。

 Sign's/兆候を読んで学ぶことで、一つのperiod/季節から別の季節まで、様々な魚種が違ったCalendar Periodsの中にいることから、区別できるようになるでしょう。季節的な行動と魚の反応様式を認識することは釣果を得るために重要なことです。

Fish Activity During the 10 Calendar Periods

Prespawn: この期間、魚は産卵場所へ向かう途中か、その近くにいます。この段階の間は、捕食を活発に行い、そしてheavy grouping/密接に集まっていることがあります。釣りには適しています。

Spawn: 要約は、変化するperiodに関係した魚種ごとに産卵に適した水温の幅があります。捕食は最小限です。同種の魚が同じ時期に産卵するとはかぎりません。

Postspawn: Postspawnの期間は、水の状況、魚種、魚の性別に基づいて変わりやすいものです。釣りではオスの魚がより反応が良くなります。

Presummer: 魚が夏のパターンを確立し始める推移期間です。

Summer Peak: この短期間の間、多くの魚種は夏のパターンを確立します。The Summer Peakは暑い天気が夜を含めて数日続いた後によく始まります。

Summer: 魚はthe Summer Peakの期間中に確立したパターンによる場所から離れません。藻類、寒冷前線、豊富な餌などの要素が釣りを難しくします。しかし、魚の活動パターンと居場所は予測可能です。

Postsumemr: このperiodは日中と夜に涼しい天気が続いた夏の終わりに起こります。釣りはしばしば良くなります。

Fall Turnover: 湖の冷たい表層の水が暖かい水と混ざり合う短い期間です。Turnoverは夏につくられたthermoclined(水温によって形成される層)を均質にします。

Cold Water: このperiodは2度起こります。1度は早春に、次に晩秋です。魚は特定のパターンを確立します。釣りにとても適しています。

Winter: 1年で最も水温の低い時期です。北の地域では凍ることも普通です。Calendar Periodは常に順序を追って起こり、その時間的な長さは魚種ごと、地理、水域の種類に基づいて様々です。

 このperiodsは魚種ごとに違っています。例えば、largemouth bassは、pikeがthe PresummerかSummer Peak Periodのときに、よくthe Spawn Periodであることが多いです。

 Calendar Periodsは、魚がどこに居着いているか、そしてどのような魚の予測されたactive level/活性なのか正確に狙うために重要なこととなります。





Reference
http://www.in-fisherman.com/flp/

 全くrequireとかpreferなんて文中で重複表現を避けるという基本のために使い分けているから解釈は同義で良いのか、それともそのままニュアンス的に別物として捉えたら良いのかこういった要約では把握しきれないところがあります。つまり、いくら訳文を読んでいたって結局のところ態度としてはいつまでたっても能動的になれないということです。
 あと本文の書き方が英語の構想そのままなので少々わかりにくいのですが、2 basic controlsはdeputy and speed controlsで、8 basic triggersが感覚器官から得られる感覚要素に訴えかけるということです。

 このブログの影響で随分と売れたようですが、以上のような概念の基に編集されていたことに読んだ人は気がついたのでしょうか。いや、そもそも序章にしっかりとconcept/構想が書いてあるはずです。
 基本的に書籍となると、章ごとに分けられて1冊となるところをわざわざ3冊にしているわけですから、その明晰さについては世界一を誇れるのではないでしょうか。
 もちろん以下のような1冊にまとめられたものはその1冊を手にすれば自らの設問に対する答えが見出せる一覧性に優れているわけですから、どちらが良い悪いという話ではありません。要はどのような方法で学ぶのか、どのような方法で引用として使うのかという使い方の違いで適したものが変わるという、状況に応じて変える必要性のあるルアーというツールと同じだということです。

 購入者が多かった割に、前回のエントリーの重要性が理解できていないというのはそういうことだという偏見があります。ええ、結局読まれていないわけです。

 "F+L+P = Success"程度まで分析すると餌釣りだろうとルアーだろうと全ての釣りに通用する思考方法となります。いくつかの魚種を狙っているアングラーはそれぞれの魚種に当てはめて考えてみると、視点が変わって見え方が変わるかもしれません。しかし、多くの釣り人たちは何かの魚種にこだわりをもつあまり視野が非常に狭く、このような俯瞰から得られる共通の事象を見逃しています。
 バス釣りをしている場合、餌釣りなんてと馬鹿にする傾向にあるという偏見があります。確かに魚の全体の10%が反応する餌と1%未満が反応するルアーでは釣果の差が大きく出るのは間違いありません。しかし、海の餌釣りの場合でも、朝10時から夕方4時帰着といったマヅメを逃した潮止まりに釣果をあげるにはそれは厳しい判断力とスキルが必要です。つまり馬鹿にしている連中は一生自分が未熟であるとは認識できず、鼻高々とショーモナイ自慢話しかできないのです。

 いずれにしても多くの日本人は情報不足でF factorで挫折します。それぐらい魚についての情報を誰も集めようとはしません。加えてストラクチャー・フィッシングが理解されていないというのはL factorが理解されていないのと同義です。つまり多くの日本人がP factorだけで釣りをしているのだから、そりゃ釣れなくて当たり前だと見なすこともできます。
 どうしてF factorとL factorについてもっと多くの人たちが注目しないのか不思議でなりません。"If not now, then when? If not me, then who?"という言葉をエントリーに残したのですが、「今やらなければいつやるの? 自分がやらなければ誰がやるの?」とまず一人が考えるようになれば、それは大きな変化につながります。一人でも実行しているところに人は集まるものです。そういった後出しを卒業するべきだというのは35歳までにやめる60のことの1つにあるようです。
 誰かがやるだろう、誰かが始めるだろうと主体性がなく受け身で他人任せになってしまうとき"If not now, then when? If not me, then who?"と問いかけ自主性を持とうとすることが、将来的に大きな成功を収める可能性が高くなるのです。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4