All I know is just what I read in the papers, and that's an alibi for my ignorance.

 冒頭には、週末にふさわしい共有地の悲劇について言及しておこうと思います。
 つまり、ラージマウス・バスが減少の一途を辿ることを理解していたとしても、誰かがどうせ釣るんだから、自分が釣ってしまおうという心理から、結果的に種を絶滅に追い込んでしまう可能性があるという理論です。そして駆除推進派からすれば、これ以上ない使える理論であり好機となるわけです。これを外部から操作するように導いてあげれば良いだけの話なのですが、きっとそんな戦略を立てられる人材なんていないという偏見もあります。
 今まで絶滅種がどのような顛末を辿ったのか文献を整理し、そのまま人為的な戦略として使ってやれば良いだけの話です。つまり何が言いたいのかというと、産卵床のラージマウスを狙っている人たちの心理には、この"The Tragedy of the Commons"が働いていると考えられるということです。


 本題の前に重要なことが言いたいので、適当な文章をつくってみます。
In spawning time, angler's hook setting isn't harm./産卵期間中、フッキングは害はない。
 日本語が少し変です。「~、フッキングに害はない。」か「「~、フッキングは害にならない。」が正しい日本語になります。しかし、修正した後の文章をよく観察して欲しいのですが、前者は「害は」が主格になっており、後者は「フッキングは」になっています。両方同じ意味として受け取れるわけですが、主格を変えてやることで読み手の受け取り方のニュアンスを操作することができます。つまり、フッキングを強調したいのか、それとも害はないということを強調したいのかということです。
 普段からこんなことを意識して文字を読んでいます。連休中の皆さんおはようございます。

 なぜこのようなことを書いたのかというと、当ブログには訳文を掲載することがよくあるのですが、なるべく直訳風にしてあるのは、原文のニュアンスをなるべく崩したくないためです。どこを主格としてどこを目的格としているのか、もしそれを変更してしまって後の文章と整合性が取れるのか、考え始めたら数時間で終わらない作業となります。
 そんなことを普段から意識していると、同時通訳している人たちを見たとき、そのニュアンスをよく即座にその日本語に訳したなとか感心したり、そこはこう訳すべきだったんじゃないのと思うものの、あれを職業でやりきれる人たちを尊敬してしまいます。もちろん、スキルとして文書を訳すのと同時通訳は別物であって、どちらにもそれぞれの訓練や技術があるので全く別ものだと捉える必要性があります。ついでに、日本語でも口語体と文語体で全く違った言い回しになることを知っていれば、それは別の言語でも同じことが起こりえるというのは考えておかなければなりません。
 そして先に述べたように、文章の翻訳には時間がかけられることから、整合性は取りやすいのです。つまり、当ブログの著者が本文をわざと曲解して、主格を変えて、強調するべき点を変更して翻訳したことがあったということです。そもそも元ソースを読める読者がどれだけいるのか分かりませんが、世の中のあらゆる引用元がある書籍、記事であったとしても、このような性質を持っているということをもう一度よく考えるべきではないでしょうか。


 そして、今回何がしたいのかって日本のうぃきぺでぃあんに喧嘩を売・・・ゲフンッゲフンッ。Wikipediaの実体をたぶん多くの人たちが知らないはずなので、コレとかコレを乱読推奨です。

Fishing rod
 A fishing rod or a fishing poleは魚を釣るためのツールで、古くからangling[釣り針を使用。職業漁師、commercial fishingでは網を含む]に使われる。同様にキャスティング競技にも使用される。長さのあるフィッシング・ラインの片側の終端に魚を釣るための釣り針を取り付け、それを取り付ける長くてしなやかなrod or poleのこと。A "fishing pole"は単純な棒(pole)か棒切れ(stick)に(通常は先端が細くなっている)針の取り付けられたルアーかbait(餌)を[フィッシング・]ラインにぶら下げる。通常ファイバーグラス、カーボン・ファイバー、グラファイト、古くは竹でつくられている。取っ手の取り付けられただけのものを"poles"と呼び、対して'fishing rod'はライン・ガイドを取り付けラインを積載できるリールを合わせた、よりキャスティング・ツールとして特化したものを呼ぶ。Fishing rodsには様々なaction、そして24 inches(約60cm)から20 feet(約6m)まで様々な長さがある。長さを持たせたロッドはキャスティング時により大きな機械効率を生む。

History
 Fishing rodは、石碑から判断すると、古代Egypt, China, Greece, Trinidad and Tobago, Rome, 中世Englandにて"angles"(fishingと同義語の"angling"の由来)と呼ばれていたことから紀元前2000年に存在したとされる。Fishing rodは、ファイバーグラスやグラファイト・コンポジットといった合成物質が普及する以前は、一般的に分割されたTonkin bamboo(トンキンチク、トンキン竹), Culcutta reed, ash wood, hickory, iron wood, maple, lance wood, or malacca cane(籐・トウ)とった軽量、丈夫さ、しなやかであることが必要とされる素材で作られていた。Rodsは通常butt(バット)、midsection, and tip(ティップ)と呼ばれる3か所で構成される。バットはたびたび底に穴を空けたmapleで作られ、他の先端に取り付けるものより長持ちする。Midsectionsは一般的に太さがあり強い木であるIron woodが使われた。ティップは一般的に弾力性・しなやかさがあり、ベイトを遠くへ、そして正確に投げるためにbamboo(竹)が使われた。ハンドルは通常cork, wood, or wrapped caneで作られた。それぞれ違ったセクションに合わせて様々な接着剤が使用され、防水性の高いhilton glueまたはcement glueが導入されるまでは、一般的なirish glueとbone glueが使われた。Guides(ガイド)は17世紀ごろまでfishing rodには取り付けられていなかった。ガイドは単純なワイヤーの輪で作らていた。その後、摩耗に優れていたことから輪に形作られたagate(瑪瑙、メノウ)をワイヤーの内側に取り付けた。今日、Tonkin split-bamboo rodsはfly fishingで好まれて使用され続けている。

 Rodsは1800年代中頃まで一般的にEnglandで作られていた。しかし、1846年にSamuel Phillippeがthe six strips of Calcutta cane[現在のaction,bending curveの基盤となる、6か所を剥いだもの。]を作ったことによって変容した。このタイプのロッドが革命を起こしたのは1871年で、Hiram L. LepnardがCalcutta cane rodsを作り、一般に入手可能にしたことによる。20世紀初頭、Tonkin cane fly rodsが普及し始める。市場はこの機会を利用し、新しい素材のrodsを作り始める。Horton Manufacturing Companyはa all steel rodを1913年に初めて発表する。これらのロッドは重く、しなやかさがあったが、多くの顧客を満足させることはなかった。次に訪れるfishing rodsの大きな変革は、1940年代にRobert Gayleと a Mr. Mcguireによってファイバーグラス・ロッドが開発されたことである。

 Boron and Graphite rodsは、1960年代にUnited States and United Kingdomsが新技術開発の研究のために投資したことから、その後の1970年代に出現する。1971年、Don Phillipsはいくつかのfishing rodをデザインする新しいfibers(繊維)を実験し始めた。Hewitt and Howaldは、それらのfibersをfishing rodの形状にするためにbalsa woodに巻くことを最初に発明した。1977年、boron fiberの技術は、安価な素材であるgraphiteによって市場競争から姿を消すことになった。

 旅行者のためのrodsには、nickel-silver metal joints, or ferrules(口金)が付けられており、それ用に成型された別のrodに挿入するようになっている。いくつかのものは歩行用の杖として使われていたこともある。1980年代にしなやかさがあるが硬いgraphite ferrulesが出現したことによって、travel rodの技術は非常に発達し、スーツケースやバックパックで運べるmulti-piece travel rodsは市場でのシェアを確立した。

Reference
http://en.wikipedia.org/wiki/Fishing_rod
 論文、レポート、企画書、何をするにしてもうぃきぺでぃあを引用に使うなんて、披露する相手を馬鹿にしているとしか思えないのですが、あえて英語版を訳して日本語のそれと比較したらどうなるか紹介しようということです。
 ずる賢い方法としては、英語版をこのように自分で訳して、もちろんウィキペディアの引用も無しにサラッと使用すれば、大抵の場合バレません。英語が読めないと話しにならないのですが、翻訳の語呂が変わるためにオリジナルのように見えるのです。つまり、「日本語のうぃきぺでぃあをそのまま使うとか、ちょっと検索されたらすぐバレるのに、馬鹿じゃないの?」ということです。
 もちろん当著者がそんなことをするはずがなく、うぃきぺでぃあを引用に使うなら日本語、英語、辞書併用のドイツ語など、3つか4つのページに同じ真理が掲載されていたという引用方法でしか他人に披露したことはありません。もちろんそれぞれ語られているトピックがズレていることが多く、真理を探すためにはそれなりの労力が必要という点で前述の馬鹿の一つ覚えのコピペとは違うことへのアピールです。ただし、その点を評価してもらえるかは、それ以前に披露する相手が評価してくれるタイプなのかどうか見極めておく必要性があります。

 訳文内に引用リンクが貼られていますが、自分でソース元、リンク先に行って見てください。しかし、ユーモアに欠けるアンサイクロペディアの内容じゃないようの「ウィキペディアにおいて削除を免れた悪ふざけとナンセンス」にある脚注1

ウィキペディアンといえども大多数は素人であるから、出典を示すよう要求された場合には、一般人には入手困難な専門雑誌や論文・大学紀要の類や、全国各地の実在する図書館や博物館が独自に採取した資料などを、それっぽく適当に挙げておけば良い。ある記述が事実でないことを示すには、ウィキペディアンたちはそれらの資料に当たらなければならないため、実際的には検証できない(即ち、事実でないことを明確に示せないので削除依頼が通らない)のとほぼ同じだからである。
例えばwikipedia:ja:腰越漁港#参考文献では「『津村腰越旧志・中』(金子八郎右衛門 編著、篠田健三 現代語訳、考える市民の会 発行、1997年)(非売品、鎌倉市腰越図書館所蔵)」とか「鎌倉市腰越図書館の収集による新聞資料」などが参考文献として挙げられているが、その資料が実在しないことを証明するためには、実際にこの図書館を訪れなければならない(ウィキペディアにおいては、公的施設等への電話取材はタブーとされている)。その図書館の近所に住んでいるウィキペディアンが他にいるという僅かな可能性を除けば、この参考文献が偽物であるということは誰にも証明できないのである。
さらにWikipedia:ja:三井理峯#著書など、原著に触れることが絶望的な著書についても触れることがある。このように、もっともらしい理由をつけて、一般人には既に検証不可能な状態にあると言い張ってしまえば、架空の資料をでっちあげることも容易となる。

とあるように信憑性については汁かヴォケぇということです。
 大学の教授や准教授の名の下に仕事しねぇ連中は、「なぜうぃきぺでぃあを使っちゃいけないか」なんて「信憑性に欠けるから」の一点張りで、詳しく教えてくれません。普段のレポートや論文には論理性を求めるのに、使っちゃいけないことに理由を添えるという論理性に基づく説明がされないんだもん、もうお前らカス扱いして良いよね?状態なのはきっと多くの人には知られていないことでしょう。名誉欲に縋る新しいことを調べられない、仕事できねぇ連中というのは概してそんなものです。つまり「信憑性がないから」という理由も「どっかからの受け売り、コピペじゃん」というツッコミを入れる輩が出てきても良いと思うんだということです。
 あとここまで言っているのに、どっかのうぃきぺでぃあんがこのエントリー内容の訳文そのまま日本語の「釣り竿」にコピペしたらそれはそれで笑えますけどね。それにしても例の如くうぃき内の広告が50音順になっていない(中立性に基づいていない)ところを見ても酷い(笑)
 そして、これを執筆したがまかつ好きのうぃきぺでぃあんは、釣り竿の機能の1つを「衝撃によって釣り糸が切れないようにするため」としていますが、これに納得しているのが妙な気がしています。糸が切れるのは糸の強度が限界点を超えたためであって、竿の弾力というクッションがあったところで切れるということです。むしろ英語では、Actionの項目に"When the line weight used greatly exceeds a rod's specifications a rod may break before the line parts. When the line weight is significantly less than the rod's recommended range the line may part prematurely, as the rod cannot fully flex to accommodate the pull of a given weight fish."と「適切なラインを使うこと。ラインが太すぎるとロッドが折れる、ラインが細すぎるとラインが先に切れる。」とは書いてあります。つまり、ロッド・パワーとラインの相関であって、ラインだけを脆弱に説明しているのは変だということです。まず最初に糸が細く作られているから切れるという考察は、日本とUSAでの「釣り」に関するイデオロギーの相違なのかと疑問に思ってしまいます。ついでに、日本語のそれには引用がないころから削除要請ができるけれど、「ウィキペディアン達の終わらぬ戦争」や「ウィキペディアと病」にあるように時間の無駄です。

 本題ですが、Egypt,Chinaは東洋だし、Rome,Englandは西洋だしで、具体的にどこの国で製造されていたロッドはこういったものといった詳細は不明なままであることが指摘できます。
 20世紀に入って最初に使われた新素材は鉄だというのも、この時代のアンティークに手を出している人たち以外にはあまり知られていないのではないでしょうか。むしろ、特にバス釣り好きを自称する連中は歴史なんてどうでもいいとか考えている愚かな性質を持っている偏見もあります。
 そして驚くべきなことに、30年以上前にグラファイトの普及によって市場から姿を消したボロンを10~20年ぐらい前のロッドに採用したというのも妙な話です。つまり、リンク先で語られているように「高価なボロンを素材に加えることで、ロッドの製品単価を上げられる」以外の何物でもなかったわけです。そもそも1913年のsteel rodが普及しなかった理由を考えれば明白なことです。
 なぜcarbon fiber,graphite fiber, carbon graphiteといったグラファイトが安価だったかといえば、ご存知のように飛行機の機体は・・・といった大きな需要があったためです。つまり、釣り竿に使われるのなんて端材であって高価なものでも何でもないのです。
 そこから、なぜあんなにも売価に馬鹿高い価格がつけられるかというと、素材はスゲー安いけれど、それを真円でテーパー状に巻き上げてロッド・ブランクにする技術にコストをかけているというのが真理です。釣り以外にそんな技術の大きな需要があるはずもなく、釣りにしか需要がないことから技術革新するための費用は釣り人からしか基本的に得ることができないのです。似たような技術でゴルフクラブのシャフトもありますが大きな需要ではありません。

 USAでは、Kistlerが日本の悪しき文化を見習ったかのように毎年のようにモデルチェンジを繰り返すことを始め、数社がそのトレンドに乗っかっているのを除き、基本的に高価格帯は定番として売り続けられます。しかし、最も売れるのは$100未満、つまり$50-60といったロッドです。低価格帯で利益を上げながらも高価価格になり得る技術革新ができるというのがUSA製品の利点です。対して日本では、高価格帯により上乗せした価格の製品を少数売って利益を得て、次の技術革新を図るという・・・。もちろん最新技術でつくられたロッド・ブランクはUSA製品と遜色のないものですが、先に述べたように売価が馬鹿高いということだけです。先に述べたように需要がその1点にしかないのだから仕方のないことなのです。
 日本製品でもUSA製品でも、製造国は基本chinaですが、どちらにでもあることですが、高価格帯で価格だけの粗末なロッドが存在します。つまり、この点に関して値段に相応しくないものがあると国別で比較することはできないのです。日本に居るから日本のそれが印象強く見えてしまうだけで、視点を変えればきっと見え方が変わります。

 現行のグラファイト製中空ロッド・ブランクスの技術は40年ほど前に作られたことになります。ついでに1960年代の投資というのは宇宙産業への投資が考えられます。71年の繊維研究からわずか6年でボロンが市場から追い出されたことを考えるとその技術革新の速度は異常であるようにも見えます。アポロ計画の無謀さがそれを具現しているでしょうか。つまり、この時期に現在のロッドの基本が形成されたわけです。ついでにそれまでのファイバーグラス・ロッドは中実です。
 ただし、釣り竿の基本構成を考えると200年ほど前にガイド付きのロッドは完成していたわけです。そして、アクションやbending curve,テーパーと呼ばれるものは、the six strips of Calcutta caneという6角に剥ぎ曲がり方を人為的に作ったことから、165年前に形作られたことになります。いずれにしてもbutt, midsection, tipといった3セクションの必要条件は変わっていません。

 それにしてもこんな幅の狭い技術がロストテクノロジーとならずに今までよく生き伸びてきたものです。それだけの強いこだわりが、それぞれの時代にあったということなのでしょうか。とりあえず、日本ではまず語られないfishing rodの歴史をこのように見ようとする意図から、何が全てに共通していることなのかといった分析をしていくと、現行のロッドに必要なことを既に理解している人からすれば、確実に100年以上変わらない基本が歴史にあるということを学ぶことができるはずです。
 基本的に「糸張りテーパー」と「糸フケテーパー」の違いを理解していないうちに上記を読んでも何も得るものはないかもしれません。

 訳していないところは、引用不足でいつ内容が変更されるか分からないので割愛しました。IM/Modulusはwikipediaじゃない表記になっていて面白いことになっていますが、事実関係が微妙なので訳していません。大事なところだけつまむなら「IM6とIM7を比較してIM7だから優れたロッドというわけではない。なぜならクランクベイトに硬いロッドは好まれず、それぞれの釣り方にそれぞれのモジュールで適したものがある。」ということです。弾性率が高い方が良いと思っているのは概して日本人ぐらいだという偏見があります。

Post a comment

Private comment

FVD - Wikipedia

FVD(不憫・ヴァン・ダム)は、日本の妄想家。ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身w


人物 

アメリカンロッドと篠田麻里子を愛する、心優しき二十歳。その優しさは自身でも、「バファリンの半分がお母さんの優しさなら、残りの半分は当方!」と言い切るほど。現在、転職を希望している・・・



こんな感じかとw (・ω・`)



Re: FVD - Wikipedia

コメントありがとうございます。
 たぶん嘘、大げさのかたまりなのでウィキペディアでは削除されるためアンサイクロペディアがおススメですが、事実が含まれているのでアンサイクロペディアの沼に沈められることになるでしょう。
 秀逸な記事にできるご活躍をお祈り申し上げます。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4