Everything is funny, as long as it's happening to somebody else.

 別にネタ切れなわけではないのですが、それぞれに紹介するタイミングというのが存在します。それこそ今ポストスポーンの話をしても、日本で多数派のバスはまだポストスポーンという前提は次期尚早であることから、タイミングを外しているわけです。ポストスポーンが絶対に存在していないというわけではなく、少数派である限り狙って、複数尾釣り上げる固め釣りは難しくなるという話です。
 2011 Bassmaster Classicで注目を集めたBrandon PalaniukがElite 1勝目を飾ったわけですが、そのシナリオは同じような条件が揃った場所ではこれから非常に効果的になるだろうと考えられます。どのような場所を選んだのかなど、BASS Timesで後に記事にされるであろう詳細が面白そうなeventです。いくつかのキーワードはBASSCamでも紹介されています。キーワードの中には"ditch","road bed"といったものがあります。
 ついでに狙いの絞り方は、プリスポーンの魚の狙い方そのものなので、今から実践しても失敗することは少ないとは思われますが、季節という時間軸の考察を前後させながら、確認する釣りをしていかないと釣果を伸ばしていくことが難しくなります。これからディープ・ダイバーのクランクベイトを練習したい人には良い例になっていますが、管理されていない湖しかない日本でこれだけ魚が釣れる場所が無いというのが悲しい現実です。そして、特に見過ごされがちな標高差で、季節の進行にわずかなズレが生じるということを忘れてはなりません。つまり釣り場の選択から季節の読み違えが起こる可能性について考えておくべきだということです。


 さて、意外と知られていないというか、誰も普及しようとしない非常に初歩的な情報を紹介しておこうと思います。
 たかがスピニング・リールのスプールを満たすラインの巻き方の一つの方法ですが、たぶん多くの人が想像しているよりも有益な情報です。
 リールがラインを巻き取る構造上、糸ヨレが絶対に避けては通れないのですが、最初にスプールに巻く時から、糸ヨレを防止しようと試みているあたりが非常に合理的です。


 ついでに紹介者の信憑性で言えば、同じBerkley社のスポンサード番組"Knot Wars"という裏付けもあります。
"Rebeck Knot"なんてアンテナを張り続けていなければ絶対に知ることもない類いの結び方です。Super lineつまりブレイデッドラインではパロマーノットの安定性を破っています。パロマーノットは基本的にどの種類のラインでも安定した結束強度が出せるとの結論もこの"Knot Wars"内の実験で出しています。
 ついでに、モノフィラメント・ラインはバークレイ・ノット、日本ではダブルクリンチノットが安定しているとの結果も出ています。
 さて、そのリベック・ノットですが、ブレイデッドライン14lbで27.7lbまで耐えています。しかし、パロマーノットも18lbまで強度が出ます。
 何が言いたいのかというと、結び目が一番弱いと思いがちですが、実際の結束強度というのは、正しく結ばれてさえいれば、ラインの強度の100%以上の強度が出るということです。


 これらの情報は非常に基本的なことですが、このような基本をないがしろにしてしまうトレンド、ファッション、流行というのはそれほど大事なことなのでしょうか?
 1980年代から以前のエントリーのように、数値化して見せてくれるBerkley社は、企画としてはNorth American Fishing Clubのものですが提供してくれているという意味で、アングラーたちにとって非常に優良な企業です。
 このように個人的に注目しているNorth American Fishing Clubは、誰もが最初から知っているはずもないわけですから、そういった層に向けて驕らず適切に指導してくれる、そんな方法でWEBというツールを使っているところに好感が持てます。
 釣りを一切知らない人でも、誰が見ても内容が理解できるコンテンツというのは非常に重要です。何か勘違いしてバス・フィッシングを普及したいと自称する連中が居ますが、釣りを一切知らない人が理解できる内容でなくて普及するはずがありません。そもそもこのブログは普及することを目的にしたものではなく、もっと閉じた場であっても良いと思っているので、このような話題を紹介することが少ないのですが、いずれにしても内容の無いことを延々とやり続けるつもりは一切ありません。
 エントリー内容が、基本なのか、より詳細を知るものなのか、または応用を学ぶものなのか、製作者はもちろん、読者であってもそのトピックを分析して読んでいくことが、自分の持つ知識の体系をカタチ作るのではないでしょうか。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4