ビックカメラで友達に会ってLR同時押し

 久しぶりにKevin vanDam以外の物語を取り上げてみようと思います。年齢的に、個人的には10年後が非常に楽しみなBrent Ehrlerです。つまり年齢的に、KVDが50代でBrentが40代ということです。


Parting the Seas
By Jason Sealock
Brent Ehrler shares the secrets of his success in bass fishing


 皆さんは、問題解決能力を持って生まれたでしょうか? またはそのスキルを獲得する他に選択の余地はないのでしょうか? 例えて言うならば、一方の彼らはどのようにして泳ぐ、または溺れるかという解決方法を見つけ出すのでしょうか。何人かの人たちは、問題を自分で扱いやすいように解析し、そして障害を乗り越えられる能力を先天的に、彼らのDNAの一部として宿しています。しかし、彼らの成果はある程度運によるところがあります。またその能力は、他の視点からも、問題提起されたとき、無事完了させられる計画を立てることで、多くの人に不思議な能力であると認識されます。

 それでは、もし全てが運だとして、釣りにおいてどのように適用して考えるべきでしょうか? 我々は誰かが言ういくつかの要点を耳にします。しかし、もしアングラーが着実に釣果を上げようとしたら、それは運によるものだと考えても良いものなのでしょうか? もし同じアングラーが10種の釣り場で着実に釣果を上げたら、それは運によるものでしょうか? もし同じアングラーが、開催されるトーナメントで常に勝ち続けたとしたら、それは他の人々より非常に幸運に恵まれていたのでしょうか?

 何人かの人たちは、アングラーたちはバイトしてくる魚のサイズを選ぶことができないと異論を唱えます。ただ、私たちは居心地の良い場所を守る5-pounderが居る場所を知っていることから、2-pounderのバスが産卵床に居ても釣らないということを目にすることはあります。しかし、選べないという考え方は釣りの中では、90%が真実です。アングラーがバイトしてくる魚を選べないという、不確定要素は我々を再び釣行に駆り立てているのです。全ての釣りにおいて、これは確実にある程度の運が存在するのです。しかしながら、運の要素を最小限にとどめるという作業は、釣果に大きな隔たりをもたらします。

 安定した釣果を上げるためには、運より準備が大切です。確信しているアングラーたちが地元の湖に行き、岸際を航行しながら彼らのお気に入りのベイトをキャストし、魚を釣る方法もあり、その方法が間違っているわけではありませんが、それはくつろいで釣りをすることに分類されます。その気楽なアプローチは、毎日の喧騒から解放されることを目的としています。

 Brent Ehrlerの最近のトーナメント・フィッシングの成績は周知の事実です。彼は1月にタフなLake Shastaで、地元のホット・スポットと西海岸のプロたちを押しのけて勝ちました。次に彼は東海岸に戻り、Table Rock Lakeで開催されたFLW Tourで完勝しました。そのマジック・スポットにどのようにして行き着いたのか聞く多くの記者がいました。もし私が、ウィニング・スポットに偶然出くわして、全てのトーナメントを勝つための$100を持っていれば、きっと非常に裕福な資産家になっていたでしょう。

 Ehrlerはどんな湖に行く場合でも、事前調査を行います。彼はその湖ごとに、効率的に、そして進捗具合を見ながら、可能な限り広い水域を探っていき、突き詰めたウィニング・エリアとパターンに出会えるように分析していきます。それは偶然出会うわけではありません。それは単純な消去法という過程から得られます。

 これは知られていないEhrlerの資質による簡略な概要報告です。彼はFLW American Fishing Series(それまでのthe Everstart and Stren Series)を2003年と2004年の2年間釣りました。最初の年に、彼はthe western divisionを1位で終え、2年目に彼はthe American Fishing Series Championshipを勝ち、the western divisionを3位で終えました。彼はFLW Tourに昇格しました。

 最初の2年、彼は苦闘しました。2005年に、彼はthe angler of the yearの順位を73位で終えました。2006年は40位で終えるものの、彼は最初のForrest Wood Cupにqualified/出場する権利を得て、後に$500,000を勝ち取ることとなります。

 「私は最初の数年間は、東海岸で釣りをしたことがなかったことから、the dock talkという、他のアングラーたちが後に何をしていたのか詳しく知ることに没頭し過ぎていたように思います。私は何をするべきか、全てのベイトをキャストしたり、様々な場所へ移動したりと、頭がいっぱいになっていました。」とEhrlerは言います。そして、それはthe Forrest Wood Cupから全てが変わったのです。

 多くのアナリストたちは、彼は到着していたと言います。ほぼ一夜のうちにEhrlerの安定感は、西から東への移動に合わせて変換され、それ以来彼は全てのangler of the yearのランキングで10位から外れたことがありません。彼はthe FLW Series Western Division eventsで釣り始め、トップにあるthe FLW Tourの両方のツアーに参戦し国内を行き来しています。それだけで、ベスト・フィッシャーマンを移動距離の時間、プラクティス、二つのtourへの釣りの準備といった精神集中を狂わせることになりかねません。

 しかし、Ehrlerは、2位、6位、2位の成績で終え、FLW Seriesのthe Western Divisionでは1位に位置しています。The FLW Tourでも、2006年以来、Ehrlerは9位、2位、3位と現在ポイントによる順位の1位にいます。これが他のアングラーにはない、彼がどこに行こうとも適切な魚を探し出して、非常に安定した成績を出せる唯一の不思議な能力です。

 「それはKevin VanDamと比較されるのは良いことです。」とEhrlerは言います。「もし私がなりたいと思うフィッシャーマンがいたとすれば、それは彼なのです。彼はBASSを支配しています。他の誰かが彼のようになりたいと挑戦するでしょうし、私もそうなりたいのです。私は、誰かが自分のようになりたいと思われる人になりたいのです。つまり、彼と比較されるのは嬉しいことです。」

 さてBrent Ehrlerを2004年から2010年まで安定感のあるアングラーにしたのは何だったのでしょうか? それは適切な魚を探すことと、彼に自身を与えてくれる釣りにあります。ときには、それが地元で有効なホット・ベイトになるかもしれませんし、ときには東部の方で特定の状況で使われているのを知っている何かを適用することかもしれません。

 以下が与えられた水域から魚がどのように動くのか学ぶための、いくつかのEhrlerの戦略の分析です。

Breaking the Lake Down
 Ehrlerはプラクティス期間中に、釣り場を扱いやすいように区分けし始めます。彼は、一般的なパターン、その釣り場での一般的な場所、この季節であっても魚が典型的にディープに居ようとシャローに居ようと関係無く、可能な限り多くの情報を集め始めます。

 「おかしな話だと思うかもしれませんが、私は基本的に最も多くの魚を集めるであろう場所を探すのです。」とEhrlerは言い、「常にそうであるとは限らないのですが、私は最もバイトを得られ適切なウェイトのある魚からのバイトを感じられる場所やstretch/広がりに焦点を合わせます。」

 理論と言えば単純そうに思えます。しかし、それ自身が困難な作業であるように感じられるかもしれません。そこでEhrlerがどのようにしてTable Rock Lakeを分析したのか見ることで、彼の重要視しているこの方法を理解することができるでしょう。

 彼は既にthe James Riverで結果を残しています。昨年彼はthe Jamesの10-mileある場所で釣り、6位で終えました。10-miles(約16km)は長距離ですが、彼は基本的に鍵となるパターンを、10-mileのストレッチから最もバイトの数が集まる場所知っていたのです。

 その年、彼は初日the James Riverで釣り続けたいと考えたため、その日the White Riverへボートを走らせます。3日目には本湖に走り、最終的なウェイトを出しました。彼はthe James Riverに3日間行きますが、初日は昨年釣った10-mileのエリアからは離れていました。午後2時、彼はプラクティスからのパートナーのBrandon Hunterと共にバイトを得られていませんでした。そこで彼はその10-mileストレッチをを釣り始めます。彼はバイトを得ていきますが、それは運任せなところがあり、もし他のアングラーがそれらの同じ岸際にいたとすれば、そこで十分なバイトが得られ続けられるか心配しました。

 2日目、彼はthe White Riverへボートを走らせました。繰り返しますが、彼は1日中、午後3時までバイトを得られていませんでした。彼は小さなクリークまで移動し3-pounderを釣り上げます。この魚は、彼をクリークで釣りをする時間をつくらせることになります。夕食時に近い頃、Ehrlerは、走っているときに彼のLowrance graph/デプスファインダーで見つけたスポットから、小さなクリークへ最初に向かうことを決めます。

 基本的に彼はクリーク・チャネルが絡む岸際の岩盤から数ヤード離れていました。そしてinside turn/チャネルの内側の曲がりが岬を形成していました。岬は、チャネル・川筋によって水深が急に落ち込む前にthe bay/湾に交差するように形成されていました。そこには、木が散在していて、チャネルに倒れ込んでいました。

 Ehrlerはその場所を回り込んでキャストしていきます。彼は2 1/2-pounderを最初のキャストで釣り上げます。その後、数回キャストし他のヒットを得て、Hunterも数回のヒットを得てその場を後にします。その瞬間彼は他のジレンマに悩まされます。彼は50-mile走って、一つのスポットから、どれぐらい大きな群れがあるのか、どれぐらいのウェイトのある魚がそのスポットに居るのか良く知らない場所へ行くのかどうかということです。もし彼がその決断をしなければ、その日the James Riverで釣りをする時間はありませんでした。

 最終日、彼は長距離走って二つの河川から見つけ出し、釣り上げた魚と同じ状況の魚がいるだろうと考えられる、本湖の岬とswings/チャネルの曲がり、いくつかのマークした場所で魚を釣り上げました。

 残りは歴史として語られます。Ehrlerのスポットは、4日間彼の釣り上げたウェイトの多数派を上げました。彼の最も良い魚は6-pounderで、随分前に見つけていたchannel swing bank/チャネルの曲がりがある岸際からLucky Craft社Pointer 100DDで釣りました。他のスポットは、プラクティス期間中に素早く見つけ出したものです。
ミノーのクラシック★ポインター/ビーフリーズLUCKY CRAFT【ラッキークラフト】ポインター 100 ...

LUCKY CRAFT ポインター 100 & 100DD
価格:1,499円(税込、送料別)


Lure Selection
 「I go with my gut/私の直感を頼りにします。」とEhrlerは言います。「私はプラクティスで釣り始めるときに結ぶものが、トーナメントで結ぶものであるとは限らないことを保証します。あなたが一つのもので釣りをして、それが有効に働かなかったとしたら、それはあなたが検証し始めたということです。私は何がこの状況に適切なのかという流れで考察していきます。Table Rockでは、ある朝、前日の夜に思いつきで結んだクランクベイトで5-pounderを釣りました。私はそれから2時間魚を釣ることはありませんでした。しかし、私は直感を信じて、必要なもう1尾の魚を釣りました。もし私たちの本能が、全ての魚と比べて優れていたとすれば、私たちは皆優れたフィッシャーマンであることでしょう。」

 彼の直感は、与えられた釣り場と季節、エリアから学んだことも含まれています。「Table Rockでこの時期に話を聞くことがあれば、あなたは三つのルアーを聞くことになるでしょう。Wiggle Wart, jerkbait, grubです。私は初日のほとんどの時間を、クランクベイトをキャストし、わずかな成功体験を得ました。次の日はほとんどの時間をジャークベイトを使用することに費やし、軽い成功を収めました。最終日にそれらを混ぜて釣りますが、徹底的に釣らないようにしました。」

 [Gary]Yamamoto社grubが釣果をもたらしてくれました。そしてLucky Craft社のクランクベイトとジャークベイトの両方効果がありました。つまり、地元の総括を知ることが手助けとなるのです。しかしBrentは、水温が低過ぎることによって、[Wiggle]Wartでのバイトがないことに気がつきました。そして、彼は深いゾーンまで持って行けるジャークベイトがより効果的であることを学びました。Lucky Craft RC2.5DDクランクベイトは、前述した木に持って行くことと、バスからの見た目を変えようと考えて選択しました。
神の領域への挑戦!!LUCKY CRAFT【ラッキークラフト】RC 2....

LUCKY CRAFTRC 2.5 サイレント & DD サイレント
価格:999円(税込、送料別)


 Ehrlerは非常にシンプルですが、常に与えられた状況に対して彼のボックスから最も実用的なツールがどれなのか微調整を試みます。

Cover Water
 Ehrlerは、ルアーに関してのいくつかの良い総括を持っています。それは、広い水域を効果的に釣ることができるかという問題です。しかし、低水温期、魚が追いかけてくれない状況では、どのようにして素早く釣るのか理解するのは難しいことだと思われます。

 「私はプラクティス中は非常に速い釣りをします。」とEhrlerは言います。「それは10 feetごとに1キャストするか、それ以上の速さで釣っていくことを意味します。なぜならトーナメントまでは、細かい分析は必要ないためです。私はただ1尾か2尾のバイトを探すだけで良いのです。つまり学び過ぎないようにするか、スポットで釣り続けて魚に覚えられないようにするのです。」

 Ehrlerはプラクティス中に、何かが起こりそうだと期待するも、結局何も起こらないことから、特定の場所に時間を使い過ぎることがあります。このような罠に多くのアングラーたちがつまずきます。アングラーたちが自身を持つためには、適切なベイトを数回キャストして魚が居るという事実を知ることが手助けとなります。その場所から全ての魚を釣り上げる必要はないのです。1尾か2尾の魚だけでも、そのエリアに魚が居ることを十分教えてくれるのです。勝てるプラクティスから得られることは何もありません。Ehrlerは、キーパー・サイズの魚がそのエリアにいるか釣って確認することがあります。特に魚を釣ることが難しい湖では、魚の体長を確認するために彼は多くの魚を実際にフッキングします。しかし、リミットを越える12-inch以上の魚が簡単に釣れれば、針を掛けずにすぐにそこから離れます。

 「プラクティス初日と2日目はより多くの魚を掛けることが多いです。そして最終日はその周囲をドライヴしてより詳細を確認します。そして早い段階から見つけた適切なパターンがあれば、全く釣りをしません。なぜならトーナメントに魚を残しておくためです。」

 そのevent中に、釣るエリアを拡大しておくことがEhrlerの成功の重要な鍵となります。トーナメント中に新しい魚を探し、プラクティス期間中にはその魚を釣りにくくさせないようにします。ときにそれは、weigh-inに向かう10分前に見つかることもあるでしょう。

Final Thoughts
 Ehrlerは、プラクティス期間中にエリアを見る素質と、次にそれを有効にトーナメントで使って大きな釣果を上げる潜在能力から成り立っています。それはこの記事から学べることではありません。しかし、これらのガイドラインに従うことで、あなたは精神的に、目の前にある釣り場で行わなければならないことに集中することができます。魚たちが同じように生息していないことを知るのは重要です。そして、様々な時期にどこで生息しようとするかを学ぶことも必要です。もしあなたが素早く広い水域を釣って魚を捕えたなら、その一つのバイトは、そのエリアに何が起こりえるのかという予測を知ることになります。そして与えられた季節、状況、釣り場、どのようなゲームをしていくかによって、それらに合わせたルアーの実用的な選択をしていきます。

 これはトーナメント・フィッシングにだけ適用できることではありません。私たちはよく釣りの思い出から抜け出せないことがあります。それは娯楽として釣りをしているときに、私たちはその湖にある潜在能力を探求し拡げることを忘れてしまうということです。あなたの地元の湖で新しいセクション・場所を選んで、この春に釣りを試みてみるべきです。魚が集まっている場所を突き止めるまで、様々なルアーを試しながら、湖をセクションごとに分析することを真剣に試すのです。そういった努力を行うことで、あなたの釣りは、努力したことを忘れさせるような多くの結果をもたらしてくれることになるでしょう。



References
http://www.wired2fish.com/Parting-the-Seas-WhatsUp3403 3/17/2010 4:12:00 PM
http://www.wired2fish.com/News3403.aspx
グラブを使用したストラクチャーとカヴァーの詳細イラスト
http://www.flwoutdoors.com/fishing-articles/features/151976/2010-tour-trends/
1 package 5-inch Yamamoto grubs (002-smoke color), 1 package 4-inch Yamamoto Swimming Senko (306, natural shad color), and 1 Lucky Craft Pointer DD (pearl wakasagi color)
http://armchairanglers.wordpress.com/2010/03/10/lure-chat-with-brent-ehrler/

 FLWなんてBASSの下位互換なんだから見なくて良いと思っている人たちが少なからず居る偏見があります。個人的にもそうだと思っているのでほとんど注目していないのですが、Brent Ehrlerだけは、細かく釣りを見た中で、非常に効率の良い釣りをしていたので一応頭の片隅に置く名前となっています。

 記事の内容は、いわゆるBrent Ehrlerがどのようにプラクティスという時間を使って、どのようにトーナメントに臨むのかということです。中でも10ft(約3m)ごとに1キャストして見切りをつけていくというのは、普段の釣行で時間を無駄にしないという観点から非常に有益な情報です。よく居るスタイルとしては、手元はリール・ハンドルを回転させているからスピードの速い釣りをしているように見えるけれど、実際はボートがほとんど移動していないことから、1ft(約30cm)より狭い間隔で、又は重複したリトリーブ・パスを取って釣りをしていくという非常に効率の悪い釣りをしているアングラーたちが居ます。つまり、見切りをつけられない、見切りが甘いということなのですが、それでは限られた時間の中で魚を探していこうとしたときに、多くの時間を無駄にしてしまっているということなのです。
 Brent Ehrlerも言っていますが、それを冬の間に経験するには、自信を持つことができないという障壁ができます。つまり、今時分の代謝が上がって捕食活動を開始したバスから経験を積み立てる方が自信を得やすいということです。
 そして、広域な釣り場に行けば行くほど、目星をつけること、見切りをつけることが重要になってきます。目星は地図である程度、エリアを巡る順序をつけ、エリアではスポットとなり得る狙い定めた何かを探します。そして結果が出せなければ、今置かれている状況を判断しながら、事前の計画か、状況を理解して瞬時に立てた計画のどちらかに移行します。
 ただし、Brent Ehrlerの方法の詳細は、結局プラクティスという部分に重きをおいているため、釣果が必要ないという違いを理解しておかなければなりません。しかし、魚を広域な釣り場から探すという手順には、何一つ違いはないのです。

 さて、以前のエントリーと合わせて、何かしらの条件によって狙っていたスポットから魚が居なくなったりしたときに、その近くに魚が居着ける場所を同時に探しておくという話があったと思いますが、まさにBrent Ehrlerは、そういった狙ったスポットから魚が離れても近くにある何かを見つけて釣ることができるアングラーであることを伺わせます。トーナメント中に新たな魚とパターンを見つけるというのは、そういった確実な、釣果の安定した大まかな場所を探す能力はもちろん、そこからそう遠くない場所に、五感を研ぎ澄ませて魚を見つけていくという能力です。これはただ漠然とやって身に付くはずもなく、細かい努力を常に意識していなければならないということを考えさせられます。

 もし読者が釣りをもっと巧くなりたいと願うのであれば、生まれながらに持ち合わせた能力を使いながらも、意識して他の能力を習得しようとする態度が重要なのではないでしょうか。そして、五感が鈍っている人たちは、まず五感を研ぎ澄ませようという意図を常に持っておくことから始めなければなりません。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4