「ほら私って蝶よ蜂よと育てられてきたから。」

 読み方を間違えると非常にがっかりするエントリーかもしれません。以前少しだけ、あとがきでTommy Martinに触れたので、彼のジャーナルを紹介しておこうと思います。
 USAでクランクベイトというのはリップレス・クランクベイトを含みます。そしてストレート・リトリーブで使用することで、ジャークベイトやミノーというカテゴリーもクランクベイトとなることもあります。ヨーロッパでの表記方法でそれは顕著に表れ、ジャークベイトというのはパイク用の扁平でフラットサイデッドのシンキング・ペンシルのことになるため、USAで言われるジャークベイト、ラトリン・ログなどはクランクベイトのカテゴリーとなります。

Crankbait Retrieves
By Tommy Martin

 クランクベイトを使用するには様々な方法があり、それらを適切なプレゼンテーションで使うことによって、あなたの1日の釣果を伸ばすことができます。

Burn It;
 この方法は最も一般的なものです。一定のファスト・リトリーブは広い水域を釣ることができます。多くのプロフェッショナル・フィッシャーマンは、この方法を"locating(探すこと)"と呼んでいます。これは短期間で、多くの回数キャストすることを可能にし、従って魚が居着く場所を見つける機会を増やしてくれます。
 早春にバスは産卵をすることから、岸際を釣っていくことが効果的です。一度でも魚を釣ることができれば、その場所に留まり、アプローチを繰り返すことで良い結果をもたらすことがあります。短時間で何尾もの魚を釣ることができる可能性が高いでしょう。
 クランクベイトをburning/速巻きで使う場合、ハイスピード・リールを特に推奨します。今日のほとんどのリールは5.3 to 1 レシオあり、この釣り方には十分です。しかしながら、6 to 1 レシオがより適しているといえるでしょう。

Stop & Go:
 クランクベイトを巻くとき、スローであろうとファストであろうと、リール・ハンドルを3-4回転させたらその都度止めます。これによってルアーが落ちていく瞬間が生まれ、傷ついたベイトフィッシュを模すことができます。このテクニックは、ポーズを入れるリズムを変更して釣りをしてみるべきです。
 これはキャストする目的物がある場合に完璧なテクニックです。もしその場所に倒木やドックがある場合、障害物の上をルアーが上下して越えてくるようにリトリーブします。ポーズに長い時間は必要なく、ほんの一瞬ベイトがわずかにフォールする程度です。これらの要素が揃ったとき、ストライクが起こることになるでしょう。

YO-YO:
 上下させるこのテクニックは、深い側の水深で非常に効果的なプレゼンテーションとなります。ロッド・ティップを使ってルアーを上下させ、カヴァーを越えてくるようにリトリーブします。覚えておくと良いのは、いくつかのクランクベイトは、1秒に1 1/2 ft(45.72cm)フォールするように設定されています。これによってルアーがボトムに到達するまでの秒数で、ある程度の水深を理解する手助けとなります。例えば、15 feet(4.572m)で魚がサスペンドしていると、デプスファインダーに映った場合、10秒数えたときにベイトはそのストライク・ゾーンに到達します
 もしmajor point/本湖側の岬のディープ・ウォーターに、群れが居る場合は、このテクニックで、岬の両側を釣ってみるべきです。岬の両側の深さのある場所の水深を知っている場合は、非常に有効な釣り方になります。もしあなたのボート・ポジションが20 foot(約6m)であれば、ルアーを5 to 15 feet(約1.5-4.5m)でこのテクニックを使いたくなるでしょう。覚えておかなければならないのは、ラインサイズがルアーの沈下率に影響するということです。ヘヴィー・ラインは沈下率を遅くし、ライト・ラインは沈下率を速くします。




Reference
http://www.bassresource.com/beginner/retieves.html

 何が言いたいのかというと、こういったことが語られないということ、それは「クランクベイト好き」を自称する連中が信用ならない理由の一つであるということです。なぜ彼らはリップレス・クランクベイトについて語らないのかということです。ゾーン・コントロールにスピード・コントロールを考えていれば、リップレス・クランクベイトがリップのあるクランクベイトより優れる条件というのを知らないはずがないのです。つまり彼らはスピード・コントロールで、スピードの上限を使用して釣ったことがないし、スピードの上限を使おうと試そうともしないという根本的にルアー・フィッシングをしていないということです。他魚種の釣りで見れば、タナと呼ばれるゾーン・コントロールは知っていても、ルアー・フィッシングの醍醐味であるスピード・コントロールまで考えが及んでいない、大事なことなので何度でも言いますが、彼らは所詮ルアーを使って餌釣りをしているということです。

 こんな一見初心者向けのエントリーですが、ゾーンとスピードのコントロールについて考えさせられることがいくつか出てくるのです。自分の持っているリップレス・クランクベイトの沈下率を知ることは、水深を知ることです。オカッパリでゾーンを考えるときに、正確な水深を把握しないことにはパターンの複製をする再現性が生まれません。つまり、具体的な水深を把握することができなければ、シナリオを組むことすらできないのです。

 さて、Tommy Martinは長らく、Bill Lewis Lure社のRat-L-Trapを使っています。
 ビルルイスRat-LTrap/ラトルトラップ  1/2oz

 ビルルイスRat-LTrap/ラトルトラップ  1/2oz
価格:714円(税込、送料別)

 リップレス・クランクベイトの原型をつくったルアーでもあります。そして、ベイトフィッシュが水中で起こすサウンドを内包するラトルで表現したという、HydroWaveという範囲の違いがある新製品も、発想そのものは今に始まったことではないのです。
 それにプラドコが対抗馬として作り出したのがコットン・コーデルのスーパー・スポットです。
 形状もそっくりで、背びれを取っただけです。もうこの時点で、そういう連中は「パクリ」の連呼でその違いを分析しようなどとは絶対に思いませんし、その違いを肯定しようともしない拒絶しかありません。最も大きな違いは浮力、またはウェイトによる沈下率の違いです。こちらは1秒1ft(約30cm)落ちる設定にしてあるのです。1/2ftの違いが2秒で1ft,4秒で2ftも変化するのです。ラトルトラップでは、6ft(1.8m)沈下しているのに、一方では4ft(1.2m)までしか沈下していないというのは、ゾーン・コントロールを考える上では非常に大きな差なのです。どちらが良いというのではなく、どのスピードが釣行中のバスの状況に合っているのかということです。
 上のRat-L-Trapの広告写真では標準装備となっていますが、Bill Lewis Lure社はKVD Elite Trebleなんて出る前から、Set Lok Hooksなんていうフックも販売してきました。トリプルグリップ同様、これも何も今に始まったことではないのです。しかし、KVDはよりショート・シャンクでサイズも豊富に作るという細かい要望を通しています。
 Kevin VanDamが言ってくれていますが、「似たようなものが出てくるけれど、それぞれに違いがある。」と確かにKVD Square-billの肯定と見れなくもないですが、確実にそれぞれの違いが見える者たちからすれば、両方存在していてくれるからこそ、ゾーンとスピードのコントロールによって他者との釣果に差がつけられる、両方が大事なツールなのです。違いのあるものをコピーだと批判して、イチイチ叫喚しないで欲しいところです。

 五感が鈍い人がルアーの批評とかしているのを見ると、目の前で起こっている違いという視覚情報すら脳内フィルターによって、違うものだと認識されないようです。スプリット・リングやスナップのサイズ一つで、アクションが変わると言っても信じない、ラインサイズを変更したらアクションが変わるし潜行深度が変わると言っても信じない、または実際に試してみてもその違いに気がつかない、一体釣りをしているときに、彼らは何を見て、何を感じているのでしょうか。答えは単純で、何も見ていないし、何も感じていないのかもしれません。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4