愛しい想いも、生きる希望も、全てを失い、終わってしまった旅。後悔と悲しみに、それぞれの心が嘆き、立ちつくす。人はそれでも生きて行くのか。風だけが夢の終わりを告げていた。

Kevin VanDam
Place:11th, total weight:40.10 pounds(▲10-12), $15,000

http://www.bassmaster.com/news/chris-lane-claims-bassmaster-classic-crown
kvd - 2012classic“I just had a tough first day as far as executing,” VanDam said. “Today I caught all the bites I had, so I had a better day, but you just can’t have a bad day at this level against these guys."
「私は初日に、計画していたよりもはるかにタフな状況に会いました。今日、私は得られた全てのバイトを釣り上げることができ、とても良い日でした。しかし、彼らとこのレヴェルで戦うには、1日でも悪い日があれば勝つことはできません。」

 トップに返り咲くためには、25+ pounds bagが必要であり、彼のa record third consecutive Classic titleが不可能であると、人一倍理解していたつもりでしたが、その伝説的な記録を見ることができなくなったのは悲しい部分です。
 このような記録のかかるeventを生きているうちに、また見ることがあるのだろうかと、一人寂しい気分でいます。

 初日の11 poundsという結果が出てからのインタビューもあります。
 この時点で、トップに立つ可能性を得るには、20+ poundsのバッグを持ち込まなければならなかったわけですが、いわゆる彼の素早く釣って移動していくパワーフィッシングでは、季節が進み過ぎていました。
 後のBassmaster.com内のジャーナル"Spining tackle shows up"で、KVDがスピニング・タックルを持ったというのは、まさにそういうことだったのです。
 以前ベッドの釣りで、KVDがスピニング・タックルを持って、ツアーでの1勝を飾ったことがありましたが、忘れてはならないのは、あのとき狙っていた対象がスモールマウスであったことです。Michigan州出身の彼が最も得意とするところだったということです。
 これこそがKVDに対して「やっぱりミシガンの人なんだ。」と言わせる理由です。
 最終日のweigh-inの模様です。
 首を傾げたり、表情が優れないのは、他のアングラーたちのウェイトとなるであろう予想の50 poundsを超えられなかったからだと考えられます。
beherit - eclipsed
 彼の中でClassic titleを再び取り戻すために、beheritがゴッドハンドを召還していたり・・・そしてElite Seriesでの最多勝利を更新して、AOYをさらっていったりするのでしょうか。実際に2日目終了後の18位から最終日に11位まで這い上がったのはその片鱗だったりするのでしょうか。

公式サイトにて http://www.kevinvandam.com/
"The live chat will be Monday the 27th of February, 6pm EST."だそうです。日本の28日(火)8amなので興味があれば覗いてみてはいかがでしょうか。
 自分が聞きたいことというのは、非常に細かいケース・スタディ/事例研究なので、こういった機会があってもまず聞き入れてもらえることはないでしょう。というか自分で検証、分析すれば良いことであって、わざわざ本人に聞くことって無いのだということが、今年Skeet Reeseと話してみてよくわかりました。
 敢えて聞くのであれば、「毎年、着実に(釣りの)スキルアップをしてる実感がありますか?」とか聞いてみてはいかがでしょうか(笑)


 さて前回のエントリーの追記で軽く触れましたが、「ウェイトが落ちるのを避けるために、プールを変えるというシナリオを組んでいるのではなかろうかという個人的推測がある」と述べました。
そうするとBassmaster.comのジャーナルのタイトルに
"Lane made all the right moves"
http://www.bassmaster.com/news/lane-made-all-right-moves
とあり、内容もそのままのことが記述されています。
 Elite prosに、Kevin VanDamについてインタビューすると、彼が勝つことで自分たちのレヴェルも琢磨されると言いますが、季節は違いますがDenny Brauerが2日間上流のシャローでフリップを行い、3日目には下流のディープでフットボール・ジグで釣ったシナリオにしても、やはりElite Prosの釣りは細かく進歩していることが伺えます。
 Chris Lane,近いうちにそのシナリオの詳細について触れることにします。彼のイントロになるであろうジャーナルを置いておきます。
http://advancedangler.com/FeatureArticle.asp?SelectValue=Flip%20Grass%20Like%20Chris%20Lane

Post a comment

Private comment

No title

「負けた人の釣り方に可能な限り正解に近い答はないので、注目する必要はほとんど無いです。」

前回の記事のコメントにいただいた回答に久しぶりの感動を覚えました。

とても私の心を打つ言葉でした。

今回、ご紹介いただいたChris Laneのジャーナルもなるべく早く読んでおかなければと思っています。

本来ならば、自分で記事を探さなければいけないのですが、こうもタイムリーに興味深い記事をコンスタントに提供いただけるので、完全に「待ち」の状態になりつつあります。

私はフリッピングとパンチングの日本における解釈のされ方に疑問を持ってネットで情報をあさりはじめていますので、そろそろ記事で来るんじゃないかと、こちらの方も楽しみに待っています。

Re: No title

度々コメントありがとうございます。
 個人的には「負けた人の釣りは見ない」という域を脱して、むしろ自分のスタイルで、どうやって釣果を安定させるかという勉強になるのがKVDのリカヴァリーだったりします。つまり、非常に良く知っているKVDのスタイルを自分のスタイルにしてしまう方が、勉強としては早いのです。
 しかし、こういったLane兄弟の釣りを勉強しないで良いわけではないと、自分は考えています。
 結局、フリップの釣りは「確実にそこに生息しているバスのストライク、バイトがいかに待てるか」に尽きるのですが、KVDのスタイル同様、自分はその待ちの釣りができないのが欠点だと理解しているので、KVDが出した解答、安定した釣果を得る方法に、最初は注目するわけです。そこからトップとの隔たりを埋める方法があるのか否かといった点に注目します。

 そこまでElite Prosのそれぞれのスタイルを知らない場合は、勝った一人づつを丁寧に見ていくと良いと思います。そういった情報を知ってから、自分と照らし合わせてみて、初めて自分のスタイルがどういうものなのか、分析・理解が深まりますし、より注目できる数名のアングラーたちが見つかると思います。

 たぶん英語の記事をあまり読んでこられなかったのだと推察しますが、注意しなければならないのは、タックルバランスは注目しても良いのですが、個々のベイト・ルアーなどは概ね広告なので無視するべきだということです。結局、ルアーなんて何でも良いので、それ以上に大事なのは、バスがどこにいて、そのバスに自分の持っている道具でどうアプローチしていくかということです。
 言いかえれば、道具から釣りを考えるのではなく、魚の状態から考えて道具を組むということです。つまり、魚の状態、特定のスポットが絞れていない状態でルアーも、ロッドも、リールも、ラインも、何も決められないということです。
 加えてブログなんていうのは、概ねこれができていない初心者だらけですから、こういったことも注意された方が良いと思います。

 自分はフリッピングの釣りを勉強中ですし、そういったエントリーの追加を視野に入れておこうと思います。勉強するのに(年齢だろうとテンポだろうと)遅過ぎるということは絶対ないので、焦らず一つづつ丁寧に情報を消化していってくださいね。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4