ジェット 「いやあ料理っていうのは奥が深い。闇雲に味を付ければいいってもんじゃねえ。愚かな人間はやたらに味を付けまくり、牛肉だか鶏肉だか判らんような料理にしちまう。そういう人間は中華鍋を持つべきじゃない。元の素材ならではの味、つまり牛肉なら牛肉のオリジナリティを生かしてやらねえと、牛肉も悲しむってもんだ。」

「いやあルアーフィッシングっていうのは奥が深い。闇雲に投げればいいってもんじゃねえ。愚かな人間はやたらに投げまくり、釣れなくしちまう。そういう人間はルアーを持つべきじゃない。ルアーならではの味、つまりルアーならルアーのオリジナリティを生かしてやらねえと、ルアーも悲しむってもんだ。」
 一部の人は、新年早々ついーとした元ネタがやっとわかりましたね。

 そして特に引用のない記事は明日まで続きます。

 さて、artificial baitとlureですが、個人的には不自然なという意味が含まれるartificial baitの方が言葉として使うには好んでいます。しかし、本当の意味で言えば誘惑するという意味でlureが正しいと考えられるのですが、結局日本人なんて疑似餌発想から抜け出せない人だらけなので、辞書に疑似餌って載ってるからそれが正しいんだと情報を鵜呑みにしていると言うことができる偏見があります。

 別に疑似餌思考というものを批判しているわけではなくて、むしろ疑似餌思考はフライフィッシングの醍醐味の一つでもあります。フィッシュポンプなんかを使用して、食べている餌からフライパターンを見つけてmatch the hatchをアングラーから仕掛けていきます。

 さてバスフィッシングにおいての疑似餌思考というのは、二つの種類に分類できます。一つはご存知、3インチを含めたそれ以下のサイズのソフト・プラスティック・ベイトを使うライトリグと呼ばれる釣り方です。ラインサイズを落とす、フックサイズを落とすといった餌釣りの概念そのものを使用していることからも、容易に理解できると思われます。
 二つ目は、ビッグベイトやスイムベイトといった、ライトリグからは対極に見える釣り方がそうです。ボディに多くのプラスティックなどの材料を使うことで、質量を上げておくわけですから、着水からリトリーブまで目立つのは間違いありません。その質量の大きさが「アピールする」と言えば聞えは良いのですが、所詮そのアピールって素材をたくさん使うということにしかありません。

 つまり何が言いたいのかというと、lureとは本来、質量が小さくても、ルアー自身の質量以上のアピールをルアーデザインに組み込まれているbaitのことを言うのです。
 例えば、ラッキー13は、公称3-3/4",4インチ弱のダーダーです。丸太に口の部分を削り出しただけに見えるこのボディは、ビッグベイトと呼ばれるそれとは比べ物にならないぐらい小さいものです。しかし、このルアーは、小魚が水面を逃げるときに発するピシャピシャという音、ポップ音。そして最大の武器でもある大きな魚が小さな魚を水面で食べる時に発する捕食音、つまりチャガー音の2種類を演出させることができます。その演出から得られるアピールというのは、前述したビッグベイトが出しているアピールより遥かに上で、そのアピールは自分から演出させてあげられる特典付きです。つまり、ボディの質量を上げて「このbait釣れるでしょ?」なんて言うのは、正直ルアーデザイナーとしては、誰でもできるし作れるものなんだから、何一つ(ジェームズ・ヘドンを超えない)賢くないよねということです。
 なぜこのようなことを言うかというと、ルアーと疑似餌のこれらの要素を理解せずに、一体、どうやって「強い釣り」と「弱い釣り」と表現されるようなことを区別できるというのでしょうか?
 ルアーとカテゴライズ、分類されているからルアーフィッシングと思っている人が、どうやってソフト・プラスティック・ベイトが必要な日と、ハード・ベイトが必要な日を区別できるというのでしょうか?
 そして、そんな「ルアーって一体何なのか」理解していない人が、ルアーフィッシングの楽しさを友人、知人に伝えることが果たしてできるのでしょうか?ということでもあります。「ルアーフィッシングがなぜ楽しいのか?」それをちゃんと「釣りを知らない人」に伝えられる人というのは、上記のことをしっかり押さえているという偏見があるということです。
 つまり「ルアーフィッシングしてない奴がルアーフィッシング語るとか100年早いよね(笑)」ということでもあります。

 ルアーフィッシングは疑似餌思考からは作られていないというのは、ヒロ内藤さんが北米に渡った直後に、フライフィッシングしかしていなかった経験から、どうしてもルアーを疑似餌として考えていたと話すことにもあります。しかし、北米のルアーデザイナーたちに出会うことによって、デザイナーが餌に似せることよりも、むしろルアーデザインの中に魚を惹き付ける要素を組み込むことを最優先していることを知って、衝撃を受けたと語っていることにあるのです。
 何が言いたいのかというと、バスが何を食べていようと、ルアーフィッシングに直接は関係無いし、バスフィッシングにフィッシュポンプを持ち出すなんて、本当にルアーを疑似餌としか捉えていない典型的な悪習だということです。
 つまり、最近のルアーに採用されているリアルカラー、それを趣向する北米人が増えているというのは、そのレヴェルが下がっているという点につながっていきます。


 ルアーフィッシングと言いながら、ルアーフィッシングをせず、別にどんなルアーでも釣れるのに、ルアーにアタリ、ハズレがあると考えたり、挙げ句の果てにルアーフィッシングを間違った方向で伝播する・・・
 「全く、ルアーが気の毒だ。」

Post a comment

Private comment

No title

昨年夏に琵琶湖に行った友人が、1日目はレンタルボートで釣りに出て、クランクベイトでイイ釣り(58㎝含む)をして、その日の宿で他の釣り人と話した時に”クランクベイトで釣ったんですか!☆”と驚かれたそうです。
翌日はガイドを頼んでバスボートで釣りに出たそうですが、ガイドは終始ワームを使っていたとのことです。

Re: No title

コメントありがとうございます。
 ご友人の方は本当に良い経験をされたんですね。反面教師的な意味も含めて(笑)
 個人的に読む書籍、雑誌に口酸っぱく書かれていますが、アプローチをduplicate/複製することができるというのがあります。つまり、パターンとして釣りをduplicate,連日、繰り返しできるようになれば、自分の釣りをもう1段階上でできるようになったという指標になるわけです。
 つまり、どの水深、どんな地形(ストラクチャー)で釣れたのかということを自分で分析して、ほぼ似たような水深と地形を持つ場所を探さないといけないわけで、そもそも小さな水域のオカッパリでは無理な話で、ある程度大きめの(岬なんかがいくつかある)水域のボート・フィッシングで、デプスファインダー(別にオモリと紐で水深がわかれば良いです)も有効に使うことが条件になります。
 このあたりを意識して釣りをすることができれば、もっと巧みな釣りが今後もっとできるようになるかもしれませんね。他人の経験から自分の経験にするのも案外面白いです。

 そして、本文中にも書いているのですが、個人的にソフト・プラスティック・ベイトを批判しているというよりも、confidence bait/自信を持って使えるベイトが極端に小さいソフト・プラスティックだけであることの方を批判しています。フリッピングであれば、ソフト・プラスティックがコンフィデンス・ベイトになるのは間違いありませんしね。つまりルアーのあらゆる種類を使った経験がない、釣った経験もないという部分への批判ですね。そこの研究意識というか好奇心が足りませんよね。
 思い込みが激しいというのでも、売っているルアーなんて何でも釣れるんだし、巧いアングラーなら割り箸でも釣ってくるだろうし、そんなルアーに釣れる魔法が宿っているみたいな思考は、ルアーフィッシングに触れた人生としては損しているように見えるということですね。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4