A「僕は幽霊です。」B「えぇ!」A「幽霊が非科学的なら呪いと言ってもいいでしょう。ねぇ先生、僕はもう一度チャレンジしますよ。かつての同胞からその子供たちへ、僕の意思が引き継がれるのです。どうです、痺れるでしょう。」B「うん、ピリッときますな。」

 他者にとって当たり前のことが、自分にとって当たり前でなかったときに人は狼狽し、自分の地位やプライドといったものを守りたいがために批判する。そんなことしなくても、"Right/確かに"と一度認めてみてはいかがでしょうかとおススメしてみます。一方的な肯定や否定の意見よりも「確かにそうである、しかし〜」という言論の方が比較的聞く価値があるという偏見があります。

 批判に晒されているのが、何度かここで紹介したこともあるBill Siemantelさんです。SoCal(South California)アングラーとして有名なわけですが、彼がタイトルの通りトップウォーターで釣りをする時に考えていることをsecretとして語ってくれています。
 結局何を言っているのかというと、
見た方なら覚えておかなければならないことですが、水中から水面を見上げた時に、光が水面で鏡面のように反射してしまい、バスから浮いているルアーが見えない、または非常に見えづらい角度ができることがあるということです。その事実から、波が加わると、所謂ルアーに、バスから「見える・見えない」の瞬間が生まれてバスを騙しやすくなったり、ストライクを誘発するための鍵として考えられるということです。この辺りはKVDがスピナーベイトのバーニング・リトリーブをする時に、波だっているからといってスカートのカラーを極端に派手にしないなど、状況別で使い分ける理由として紹介したこともあります。
 そんなことを考えても見なかった人が彼を批判しているのだと考えられますが、個人的に最も良い選択肢として推奨するのは、事実がどうであれ、釣りをしている中で自分が常に自信を持てることを組み込んで釣っていくことです。例えば、少し前に紹介したGary Kleinのインタビューの中に「David Frittsがディープクランクを使う時にボートに浮かび上がってくるクランクベイトを、あたかもカヴァーやストラクチャーの一部に逃げていく捕えやすそうな獲物としてバスに見せていく。」というのは、事実がどうであれ、自分がそういった態度で釣りをしていくことが重要なのだという精神面のことであると考えるわけです。
 釣り人は、釣れなかった理由、言い訳を(negative/否定的に)考えがちですが、そのレヴェルから脱却するには、どうしていればあの時に釣れていたのかを(positive/肯定的に)考えることだと、Kevin VanDamは彼の著書の巻末で語っています。本当はフィッシャーマンなのですが、日本語的に言い得て妙な表現では無いので、敢えて彼らがハンターであると自分が言ったことがあるのは、こういった理由からです。実際KVDはdeer hunt/鹿狩りが趣味です。

 こんなアングラー、ハンターが作ったルアーというのは、一体ルアー・デザインにどんな要素を組み込んできているのだろうかと非常に興味がわいてきます。
スプロ SB 6インチ BBZ1 :Floater Rainbow Trout

スプロ SB 6インチ BBZ1 :Floater Rainbow Trout
価格:2,830円(税込、送料別)

 どこぞのこういった大型のルアーを餌だとか意味がよくわからない意見を言い放つ日本のルアー・デザインのそれとは違うということを感じさせてくれます。
 こういったルアー・デザインの中に自分が普段何を考えて釣りをしているのかという一端を見せてくれるようになれば日本のルアー・デザインにも興味が持てるのですが、結局普段は何も考えないで釣りをしているようにしか見えないものばかりつくられても、それは評価に値しなくないですか?ということです。
 いくらルアーを餌っぽく似せて作ったところで、それは餌ではなく、プラスティックや金属でしかないという原則を忘れて、そこに生息する餌に似せたから沢山釣れたとか考えているルアー・アングラーたちが多いという偏見に基づいています。
 リアルならリアルでも、ルアーらしく、淡水なのに威嚇しているハリセンボンの形状をしたクランクベイトとかの方が粋だったりしませんかね?

 せっかく普段何を考えて釣りをしているのか、その考察の一部を見せてくれたのですから、それをどう自分に取り込むかというのは、古いメディアが教えてくれるものではなく、自分が見つけるものです。



Reference
Kevin VanDam, Louie Stout"Kevin VanDam's Bass Strategies Revised Edition"KVD Publications,2010

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4