A "Like I said the apple is the universe itself! A universe in the palm of your hand. It's what connects this world and the other world." B "The other world?" A "The world Campanella and other passengers are heading to!" B "What does that have anything to do with an apple?" A "The apple is also a reward for those who has chosen love over everything else!" B "But everything's over when you're dead." A"It's not over! What (Japanese poet and author : Miyazawa) Kenji trying to say is that's actually where everything begins!" B "I'm not following you, at all." A "I'm talking about love! Why don't you get it?"


 毎回こういった動画を見て思うことは、アングラーはフィッシング・プレッシャーなんて言い訳使うのに、バスはそんなこと無視してカメラの前でルアーにストライクしてくれるという隔たりが存在します。

 こういうのを見て理解できることというのは、スイムジグはウェイトサイズを上げておかないと普通にスピードが上がらない釣りになってしまうなどです。Baby Burner Spinnerbaitのブレードがきっちり接触音発生させているように見えるし、それはHeavy Cover Spinnerbaitにも言えることです。そもそも接触音がしないスピナーベイトをクリア・ウォーターやプレッシャー対策に使うなんていう言説が一般化していますが、むしろ逆でスピナーベイトは魚をルアー側に引っ張ってなんぼのルアーであることから、アピールのないスピナーベイトなんてスピナーベイトではない、つまり不要だということです。
 フロッグに関しても、テーブルターンやウォーク・ザ・ドッグでわざわざ動かさなくても、映像のように釣れるときは釣れるということです。あくまで、ゾーンとスピードが重要であって、トップウォーターのゾーンは限りなく一定なので、スピードだけ変えれば良いという、スピードの使い分けが学べるルアーであるということに皆様気がついているのでしょうか。トップウォーターをストレートリトリーブで速巻きして引いてくるのだってスピードの上限を使う釣りだということです。
 個人的、内包している流行としてCrappie Crankも紹介されています。まずカラーがウィグルOに採用されていた色並みに、奇抜でアピールしてくれるものがあること、シルエットをはっきりと出すためのカラーという2つの基準でカラーデザインがされています。ついでに、現状で基準として語っているのは、Rebel社Crappie Crank-Rです。
 ついでにこれらは、前述のRebel社のがDeep Wee-Rの色違いで、Strike King社のシリーズ3の色違いというだけです。3XDもクラッピーカラーで販売が予定されています。
 加えるならば、Fat A 6Fと似たようなゾーンの釣りなので、カラーとアクションの好みで使い切る自信が出てくると思われます。

http://www.wired2fish.com/Short-Cranks-His-Way-to-Comeback-Win-on-Table-Rock-WhatsUp5983
 ところで、「クランクベイトが好き。」とか「くらんんくべいたー」とか自称しちゃってる人は、Kevin Shortのこの結果とせいぞん戦略に注目しなくてはいけなかったりしませんか?
 そもそもElite Seriesのシーズン中にCasey Ashleyがdonkey rigで勝ったときと同じぐらいのスルーっぷりに、やっぱりBassmasterなんて誰も気にしないコンテンツなんだということが理解できます。

http://www.advancedangler.com/FeatureArticle.asp?SelectValue=Video%20Tips%20from%20Nitro%20Pro%20Team
 こちらの動画ではOtt DefoeがAll-Star Weekで使っていたクランクベイトの一部を見せてくれています。
 加えてRick Clunnが小型のクランクベイト、RCスクエアの0.75とか1.0の投げ方を見せてくれています。日本人なら、まずリールのベアリング交換しなきゃ投げられないとか言っちゃう偏見があります。フライラインと同じ原理で飛ばしていると本人が語ってくれています。ついでにフロロカーボンは使用しないと言っており、比重の軽いラインだからこそ、そのような原理が使えたりするとか言っても誰も気にしないのです。全てはタックルに高額のコストを掛けることで可能だと、多くのアングラーたちが信じているという偏見です。ついでにシグニチャーロッドは1本だけしか購入できなくても幅広く使えることも念頭に置いていたようです。ただ本人のロッカーにはもちろん様々なラインサイズやルアー別で組まれたセットが入っていることは言うまでもありません。


 最後にフックを喉の奥で掛けてしまった時の対処法の動画を紹介しておいてこのエントリーを終えたいと思います。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4