君達が私を止めるのが先か、私の想いが帰結するのが先か、ここからは不確定要素が鍵を握るだろう。

 数日前のエントリーでフリッピングを紹介しましたが、最新のフリッピング事情もお届けします。

http://www.bassmaster.com/tips/edwin-evers-shallow-water-system

Edwin Evers’ shallow water system

1 of 13
Any good system starts with good equipment. For Evers, it centers on his rod and reel, a 7-foot heavy Pro Qualifier paired with a 6.3:1 Pro Qualifier reel. “I’m not a big fan of a heavy 7 1/2-foot flipping sticks,” Evers said. “That’s hard on my elbows. This rod is light, and I can flip a bait way up under cover.”

 適切な道具を持って釣り始めるのは成功への近道です。Eversの場合、7フィート・ヘヴィーロッドに6.3:1のリールを中心に使っています。「自分は7フィート半のフリッピングスティックを好みません。自分の肘への負担が大きいからです。」と彼は説明します。「このロッドは軽く、カヴァーの下にフリップしていく技術を向上させます。」


2 of 13
To get good hook-ups with that combination, Evers insists on using braided line. He ties 65-pound braid to a 25-pound fluorocarbon leader with a double uni knot. “I wrap about 10 times on the braid side and seven times on the fluorocarbon side,” Evers said. “You just want to make sure it cinches down well. If it wraps or you have to sit there and fiddle with it, you better just do it again.”

 フックアップ率を上げていく方法として、Eversはブレイデッドラインを使うことを主張します。彼は65ポンドのブレイデッドラインに25ポンドのフロロカーボンリーダーをdouble uni knot(ダブルユニノット/電車結び)で結びます。「ブレイデッドライン側を約10回巻き付け、フロロカーボン側を7回巻き付けます。」「ノットが確実であることをよく確認しておきます。ノットが不完全であるならば、巻き直した方が良いでしょう。」


3 of 13
Every fish matters and braided line helps compensate for being out of position when a fish strikes. Fluorocarbon balances things out in clearer water. “It’s a confidence deal when I get in clearer water - I like to have that fluorocarbon,” Evers said. “Also, braid makes a little noise going through water or going through grass, so you are not getting that. “

 魚のストライクを減らしてしまうブレイデッドラインの問題をフロロカーボンラインをリーダーにすることで、クリア・ウォーターでもその欠点を相殺することができます。「クリア・ウォーターで釣る時に、フロロカーボンを使うのを好むことから、自信を持たせてくれるセッティングになっています。」「そしてブレイデッドラインが水と水生植物を抜けていく時にわずかな音がするのを防ぐ効果もあります。」


4 of 13
At this point, Evers has pretty much narrowed his bait selection down to one lure, the YUM Wooly Bug, which he uses in three colors: Cajun Neon, Black/Blue Shadow and Big O Craw. “That covers all my different water clarities,” Evers said. “Anytime you are flipping those things, it is stained or murky water; which you choose just depends on how muddy it is. I’ll start off with the Cajun Neon, and as it gets muddy, I’ll go to the Black/Blue Shadow.”

現在のところ、Eversは極端にベイトの選択肢を絞り、1種類のルアー、YUM Wooly BugをCajun Neon,Black/Blue Shadow,Big O Crawの3色しか使いません。「これらのカラーは様々な水の色に対応します。」「これらをフリッピングしているときは、常に水がステインかマッディなのか濁りに合わせてカラーを選択するべきです。Cajun Neonから使い始め、マッディまで濁っていれば、Black/Blue Shadowを使うでしょう。」

5 of 13
Evers uses a 1/4-ounce Bass Pro Shops tungsten weight a majority of the time, but if he’s around heavy cover or needs to get way back into an area, he’ll switch to a 3/8-ounce weight. “I just pay really close attention to the tungsten weights,” Evers said. “You are going to get a few bad ones, I don’t care who makes them. Look for the insert to go all the way through. If the insert doesn’t go past each end, you are better off just throwing it in the lake, ‘cause that’s where it’s going to be the first time you set the hook.”

Eversは1/4オンスのタングステン・ウェイトを主に使用します。しかし、ヘヴィーカヴァーなどで釣りをする必要があれば、3/8オンス・ウェイトに変更します。「タングステン・ウェイトには細心の注意を払います。インサート(チューブ)が確実にシンカーに入っていることを確認します。もし両端をインサートが通っていないものをキャストするのは、いつフッキングしなければならないか分からない湖の上で時間を無駄にするだけです。」


6 of 13
There is one other bait that Evers has used a lot over the past few years with great success. Until recently, he had kept it under wraps, but he just told YUM about it and they introduced their version of the “Pumpkin Ed” at ICAST this past year. Before that, he was hand pouring the bait himself. “It’s a flat piece of lead from 3/16 to 5/8 ounce with a hook, a big Mustad Deep Throat hook, where you can put a big piece of plastic on it.”

 Eversには、数年前から使って釣果を出している他のベイトがあります。最近まで彼は隠していましたが、それを1年前にYUMに伝え、製品化し、ICASTで発表したのが"Pumpkin Ed"です。製品化の前には、彼は自分で作っていました。「それは平らな部分を持った3/16-5/8オンスのヘッドに深いギャップの針を持ったジグで、大型のソフトプラスティックベイトを付けます。」


7 of 13
The advantage with the Pumpkin Ed is that it helps the bait stand up on the bottom. Picture a power fishing version of a shaky head. Put any kind of big plastic bait on it and throw it around the same shallow cover. Evers has been getting bites on it he wouldn’t have gotten otherwise.

 Pumpkin Edの利点は、ボトムでベイトを立った状態にできることです。シェイキーヘッドをパワー・フィッシング用にしたものと言えるでしょう。様々なソフトプラスティック・ベイトを付けて、シャローカヴァーを釣ることができます。これによって他のベイトでバイト得られない時でも、バイトを得られるようになりました。


8 of 13
The final piece to the shallow-water puzzle, at least as far as equipment is concerned, is his Wiley X sunglasses. Evers uses the Air Rage models with Blue Mirror lenses. “Anytime you can see something under the water, it’s just one more cast you get to make, one more place that maybe someone else didn’t see,” Evers said. “Especially on falling water, anytime you can see something down under the water, it may not be seen the rest of the year and that fish hasn’t been harassed.”

 シャロー・ウォーターでの釣りに必要なものは、偏光グラスです。彼が使うのはWiley XのAir Rage Blue Mirrorレンズのモデルです。「いつも水面下が見えているということは、1キャストでも多く他のアングラーが見えていない場所へキャストすることができ魚を得る機会を与えてくれます。」「特に減水時期は、魚を脅えさせることもなく水面下に何があるのか見ることができますが、1年でも見られることはそうありません。」


9 of 13
He keeps his approach to shallow cover relatively simple. Make a cast to the best areas and keep moving. “If I’m going to make multiple casts to shallow cover, it will be with a crankbait,” Evers said. “I’m just trying to hit all the high points: either side of a stump or laydown, for example. It’s a matter of covering enough water and putting it on one’s head.”

 彼のシャローカヴァーへのアプローチは単純なものです。最も良いエリアにキャストして移動するの繰り返しです。「様々な角度でシャローカヴァーにキャストするときは、クランクベイトを使っているでしょう。」「スタンプ・木の根や倒木の横を通すのではなく、常に水面に近いシャロー側にあるトップに当てていきます。水が十分カヴァーを覆っていれば、頭上を通すようなイメージです。」


10 of 13
Evers also stressed the importance of boat positioning. Making too much noise with the trolling motor or boat can spook fish holding in extremely shallow water. “The biggest thing is constant speed with your trolling motor, but those Power Poles have really helped my game more than anything,” Evers said. “A lot of times, I’m out of control flying to the next piece of cover and I see something. I can drop those poles and it will stop me without making any noise at all so I can fish there.”

 Eversはボートポジションの重要性も強調します。極端に浅い水域では、トローリングモーターやボートで音を立て過ぎることは、魚を脅えさせることになります。「最も重要なことは、トローリングモーターのスピードを一定にしてしまうことですが、Power Poleはそれに取って代わってシャロー・カヴァー・ゲームを手助けしてくれます。」「コントロールできない状態で素早く次に狙うカヴァーが見えたら、それらのポールを下ろすことで、音を出すことも無くそのカヴァーで魚を釣ることも多いです。」


11 of 13
The success of this system depends in part on time of year and varies from lake to lake. But don’t let any preconceived notions fool you into thinking the fish aren’t there. Some places, bass stay shallow regardless of the heat. “To speak generally, fishing shallow is better in the spring and fall across the country,” Evers said. “Depending on what lake you are on, they can be shallow year-round. There is a lake by my house where they never get deeper than 5 feet. There are places where that’s just where they live, up shallow.”

 このシステムは季節と様々な種類の湖によって結果が変わります。魚が居ないのに先入観によって惑わされてはいけません。いくつかの場所では、バスは暑くてもシャローに残ります。「一般的にシャローは春と秋に最も良いと言われますが、釣りをする湖の種類にもよります。1年間をシャローで釣ることもできます。自分の家の近くの湖は5フィートより深い場所はありません。そんな場所は、魚が生息している場所がシャローなので、従ってシャローを釣ることになります。」


12 of 13
Evers proved just how deadly his approach can be when he survived a challenging format at the Evan Williams Bourbon All-Star Championship in July on the Alabama River and finished second behind rookie Ott Defoe. Despite frequently changing water levels, Evers found a shallow bite all four days of the tournament and came within a few ounces of taking home the trophy.

 6月のAlabama Riverで行われたEvan Williams Burbon All-Star Championshipでは、ルーキーのOtt Defoeに次いで2位という成績は、彼のアプローチがいかに有効であるかという証明です。水位が激しく変動していたにも関わらず、Eversはトーナメントの4日間全てを、トロフィーまで数オンスに迫るバイトの数々をシャローで得たのでした。

13 of 13
 他の写真へのリンクのため省略



 事実、「ソフトプラスティックベイトの話題ばっかり出しやがって、ハードベイトの話しろよ。」と言われても変ではないここ最近のエントリーの傾向ですが、以前にも少し申したように北米でもアングラーたちのスキルは落ちてきています。それはバスマスター・マガジンにも言えることで、特集があってもソフトプラスティックベイトの話題が非常に多いのです。
 個人的に今マイブームのように傾倒しているのがフリッピングなので、紹介していますが、正直この暑い時期に自分で自信を持ってやりきれる釣りはトップウォーターやジャークベイトです。ジャークベイトに関しては数投してブルーギル1尾でも追ってきただけで十分その日その釣り方でやりきれると信じられるほどの自信を持っています。真冬にバズベイト投げて1バイトあったことで大喜びするという、その経験だけを求めたこともあるので、トップウォーターにもそれなりの自信を持って使えるルアーの一つです。そんな中で、探究心というのは遊びの中で必ず出てくるので、それを今フリッピングに求めているというだけの話です。
 どの釣り方が面白いのかというのは個人のスタイルの問題なので、強制されるべきではないと思いますが、自分に合っている面白いスタイルを探していこうという態度でいることが、考察の幅を広げるキッカケになったりするのではないでしょうか。

 さてダブルEのタックル/ロッドとリールは現地価格で$200程度のものです。そして、彼の身長は6'00"(6フィート)なのですが、それでも4日間釣り続けるのに7ft6inのロッドは肘に負担だと感じるようです。彼の場合、フリップと言っても日本で言うところのピッチングでキャストしていくスタイルがそうさせているのですが、そういったスタイルのアングラーには短めのロッドを推奨した方が肘の負担は少ないというリソースになります。
 また、ラインもブレイデッドラインの良いところと、フロロカーボンの良いところをリーダーを組むことによって利点を組み合わせて使っているなど、ブレイデッドラインvsフロロカーボンの構図でしか考えていなかったアングラーには新しい発想だったという偏見があります。本人が自信が持てれば何でもいいんだけど。
 また悩まないためなのか、極度に使用するベイトを絞り込んで、所詮コピーキャットと思われて、日本ではもうほとんど売られていないウーリーホッグ、最近F2フォーミュラを混合して現地では再販中のを使っていますが、何か参考になることが見つかったでしょうか。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4