A「ネェネェ座禅って宗教的意味よりも、むしろ人間の業を雑念から解放する意味合いが強いんでしょ?」B「ボクたちでいうと溜まったキャッシュ上のデータを消去するってことかもしれないね。」C「それと並列化を足したような意味かな。」A「じゃあ座禅を組んでいる人と繋がったら悟りがダウンロードできちゃうかも。」B,C「うん!」

http://www.factsoffishing.com/video/how-to-get-more-flipping-bass-to-the-boat-facts-of-fishing-the-show/

 今年からBassmaster Elite seriesのweigh-in会場のMCを務めることで個人的に注目し始めたDave Mercerですが、こういったtipsを短い時間の中で動画というカタチで表現しています。1分40秒を短いと感じるか否かはそれぞれの感性ですが、このレングスにこの情報量を詰め込める能力を持つ監督のような立場の方は非常に優秀であるように見えます。個人的にプールでの動画を撮影して編集で挫折した当方とは違うプロフェッショナルな香りがしますし、実際にそういったスタッフが参加していることを伺わせます。そして何より、デーヴ・マーサーというキャラクター、喋りで魅せているところが誰にも負けない強みだと個人的に分析します。つまり、その強みが他のアングラーが撮影したどの動画より優れている部分であり、自分のような分析を得意とする人が、もし撮影するのであれば被写体について考えなければならない要素であるという意味です。
 つまり、普通に釣りしている動画を撮影して、釣れたシーンを撮影したからといって人気動画になれるはずがないし、実際にyoutubeなどを見てもそうだということです。動画を見ている人が何を求めてその動画を見ているのかという根本的な意義はもちろん整理されているとして、被写体の被写体としてのキャラクターでどう視聴者を魅せるのかという問題で、見方を変えればヤラセと言われるのかもしれませんが、動画で視聴者を魅了するのに必要な要素ではないでしょうかという意味です。そして、そのキャラクターは決して知っている人にしかわからない、身内ウケするものであってはなりませんし、何も解説されることなく理解できるキャラクターである必要性もあります。
 簡単に言い変えれば、知らないやつの釣りを見て一体何が面白いの?ということです。例えば、トップウォーターしかやらないという説明があれば、そういう釣りの楽しさが伝えられるかもしれませんし、自分のようなanti-JapFinnesse styleを表明していることが知れていて釣りの動画を撮影すればそういった釣りの楽しさが伝えられるかもしれません。視点を変えて既存のメディアから考察すると、プロと言われる人たちの釣りというのは、日本だとわずかながらにもその人独自のスタイルがあるわけで、そういった釣りは予測できるしそういった釣り方を見たいから動画を見るわけです。その魅力無しにいきなり名の知れないアングラーが釣り動画をアップロードしたところで、何の成果も得られないのは必至です。
 この辺りを明快にしておかないと釣り動画というのは非常に難しいのではないかと考えられます。あくまで人気を取りにいく方法であって、身内ウケだけを狙うのであれば何の考察も無しでアップロードしても身内にはウケるはずです。ただし、もしそこから問題を乗り越えようとするのであれば、こういったマーケティングというのは非常に重要なはずなのですが、そういったことを無視して人気を取りにいこうとしている人って多いのではないかという偏見があります。

 Michael Iaconelliのオカッパリ動画、撮影方法が帽子に取り付けたカメラなのですが、Ikeらしいキャラクターの出た動画だと見ています。特に釣りについて参考になるようなことは少ないのですが、Ikeらしい動画だと言うことができると考えています。
 Ott Defoeと共に今季忘れ去られそうな候補トップ5に入るBrandon Palaniukですが、彼のスキッピング動画を紹介して、もし日本にもこういった場所があれば、もっとキャスト精度についてもっと議論できたのだろうなと思いながら、このエントリーを閉じようと思います。

Post a comment

Private comment

アメリカ人のオカッパリ映像ってすごく新鮮
アメリカ人のバサーというとデカいバスボートからでないと
バスフィッシングをしないという偏見があります(笑)

Re: No title

コメントいつもありがとうございます。
 オカッパリの数は在住している土地・州に依存しますね。最近日本の、近所の野池で問題になっていますが、土地所有者の持ち物である場合は、何の許可もなければ超極端な話だと撃たれてもおかしくはない国ですからね。
 所有者の許可を取る、または公共の公園(と言っても日本のそれとは少々意味や規模が違います。)ぐらいでしかオカッパリができないので、自然とスロープの整備されたボート・フィッシングが多くなるわけです。そういったスロープが整備されているような場所であれば釣果も州のfishing departmentによって基本的には保証されているから楽しめるというわけです。フロリダ州の以前紹介したレイク・テナロックという場所はオカッパリ専用の初心者向けという場所が設けられていたことを思い出します。

 そんな感じで(フィッシングライセンスを含めて個人的な思想で)自由に釣りができないのですが、日本でも自由に野池で釣りができなくなってきた、軽犯罪法違反になることを考えると基盤がそう変わらなくなってきました。

 そんなわけで、ボートからしかバスフィッシングしないって偏見は何も間違ってないと思いますよ(笑)

チワー

こっちは凄い雨だ!



今回の動画でIKEのを見て腹をかかえて(窒息する位かな)笑ったのは?(爆笑)

俺だけかな?


頭ん中で

『ネバーギブアップって声がずーっと聞こえてる』
ッテ
俺がおかしくなってのか(笑)

前の話でも後の話でも
使用ラインが一つのキーワードになってますね
コレは意図したIKE動画なのかな?
説明で『釣りとしての動画では…』
と、ありましたが
どうでしょうか!
スピンニングタックルで
トードをド遠投して
そのまんまランディングですよ
この動画にはかなりの情報が詰まってますよ

ラインを細くすればとか!
フロロじゃないと当たりがとれないとか!

ブレイデッドラインじゃないとウィードのフロッグが出来ないとか

コレは何かの情報にとりつかれてますね
前にここで書かせてもらいましたが
極小ルアーを投げる為にやわらい竿で、
細いラインで、
リールの回転性能が良いってことになるんでしょうが
真ん中の思考が跳んでますね
その釣り方が悪いのではなく
何故その釣りがその瞬間に有効なのか分かってくると
もっと面白いんですがね

と!!!

ちなみにIKEはカメラが回ってないときはフツーの好青年だそうです!

だからヨケーに笑えるんです(笑)

Re: チワー

コメントありがとうございます。関西も一部で一時的に豪雨でした。
 ラインサイズを落とすことに違和感を感じていると言っている本人が使用しているラインについて鈍感になっているのはご指摘の通りですね。こういったアメリカの釣りだけを真剣に見ていると前提がそう染まってしまってしまうという、自分が典型的なステレオタイプ化してしまっていることを注意して頂き感謝します。
 以前FVDさんの記事に「なぜフロッグをスピニングで投げるのか?」という疑問に「軽いルアーはスピニングの方が投げやすいから合理的」という意見を紹介して、すっかり説明した気になっていました。こうしたことは繰り返し述べていくべきだと再確認しました。
 そしてオカッパリでは、スピニング+ブレイデッドラインというのはKVDの本でも推奨されているタックルなんですよね。1本だけしか持っていけないとすると軽いルアーから重いルアーまで使うにはスピニングのキャスティングウェイトの幅広さと30lb以上を選択できるブレイデッドラインが便利といったところです。
 「釣りのインストラクションとしての解説動画ではない」というように書くべきでしたね。

 あとIkeの動画内では意外と安いタックル(紹介した中でも$180以内)を使っているので、そういうところを見て欲しいなとこっそり思っていたりしました。

 エリートシリーズのボート上の行動はもはや完全にキャラクターとして求められている芸みたいなものですしね(笑) Ikeでも様々な動画を見ていると普通に釣りが好きな、釣り師なんだろうなというのが伺えます。笑える理由にとても共感します。

俗ちわーッス

KVDの釣りに対する姿勢と理論(勝つ為の)には
頭が下がります!

今回の動画で一番食いついたのは
スピンニングタックルで釣りをしていたことなんです。
確かに軽いルアーを投げるのに非常に有効です!
前のコメントでハードヘッドを使用する時にウルトラグリーン8ポンドと話ましたが、手前スピニングタックルで釣りしてます。(ライトウェイトだからではないです)
更にディープダイブするクランクもスピニングタックルで釣りするこもあります。
それは単にアメリカの釣りを真似ているのではなく
合理的だからなんです。
例えば向かい風に軽いルアーを投げる!?状況に出くわすとして
または
極小なルアーを岩盤目掛けて投げ入れる等
キャスティングでは投ずることが出来ない状況があります。
けっしておかっぱり限定の話ではないしボート限定の話でもないです
ただただ合理的だからです
先程のコメントで途中が跳んでるの
途中は
ルアーで釣ることが出来る魚を探し出すッテことです
その探し出したエリアでは難しい技術はフルにローテーションしなくても大きく釣り方を外すさなければイージーに釣ることが出来ると思うからです。

竿とリールで合計$700超えで他のアングラーと差(釣結果)がつくとは思えませんし、110ヤードで$30超えのラインを使っても同じことが言えると、思います。

話が脱線しましたが
IKE動画はそのようなことがギューギュー詰めでしたよね!
それと本当に釣りを楽しんでますよね
あの楽し感じは万国共通ですよ〜

Re: 俗ちわーッス

 解説ありがとうございます。
 色々とスピニングタックルの釣りの理想を見事に具現しておられますね。何か他人事ながら嬉しくなってしまいます。
 個人的なベイトキャスティングとスピニングの使い分ける理由はギアレシオになっているというのもそのうち紹介しようかと思いつつ具体例が文書で示しにくくて後回しになっています。しかし、これも最近ではスピニングに2種類のギアレシオがラインナップされる傾向があるので、モノフィラメントの硬いラインでは、扱いやすさが3号と3.5号で分岐点になるという個人的な経験での使い分けとなりつつあります。
 タックルセッティングって好みが出ながら様々な考察背景があるので、一つとっても面白いですね。ご指摘の通り「釣りやすい魚」ありきという前提をすっ飛ばしがちなのには気をつけたいですね。

 このようにふと意識を飛ばしたように何も考えてないことがあるので、また色々と見逃してしまっているところなどご教授願います。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4