ヒジニモ負ケズ ヒザニモ負ケズ

 旧暦の七夕は昨日でしたが語呂的には仙台七夕まつりがあるように今日ではないでしょうか。梅雨に星なんか見れるわけないじゃん、バカじゃないの(笑)という態度をとっているのですが、梅雨と七夕は別の季節ものであって、こういう行事は季節感という農耕生活の中から生まれた日本の大事なものだったりはしないんですかね?

 George Cochranと釣りに関わる気候について学ぼうのコーナーというのがStrike Kingのジャーナルに更新されていました。自分でやってて言うのも何ですが、恣意的に全てのパラグラフに手をつけていないのは嫌がらせ以外ナニモノでもありませんね。

http://strikeking.com/strike-king-journal/466-george-cochran-on-weather-throughout-the-year

Part 2: George Cochran Explains How to Fish for Bass During Warm Fronts and Stable Weather
When a warm front moves onto a lake, the bass generally will feed more actively during daylight hours. If the weather stays stable, then the bass are easier to pattern than when the weather conditions are changing. For instance, if I find bass holding on a small, secondary point just outside a bay, then more than likely I’ll locate the bass on almost all the little points outside bays all day. If I locate bass holding beside stumps during stable weather conditions, then for the next 3 or 4 days, I’ll fish stumps and consistently catch bass.
 温暖前線が湖の上にある時、バスは一般的に日中アクティブに捕食活動を行う傾向があります。もし気候が安定しているのであれば、バスは気候が変化している時より簡単にパターンとして動く傾向にあります。例えば、もし自分がバスをワンドから出たところに位置する小さな岬・ポイントで見つけた場合、1日同じ条件の場所を探して釣りをします。また気候が安定している中で、木の根・スタンプに魚が着いているのが分かれば、次の3-4日は同じパターンで釣ることができるでしょう。

As long as the weather remains stable, the bass will be patterned easily. Once I decide at what depth of water and in what type of cover the bass are holding, then I usually can fish that same type of cover and depth of water for several days to take bass regularly. Once again, the problem many bass fishermen have is that once they set-up a pattern for catching bass, and the weather changes, they don’t alter their tactics to try to locate the bass.
 このような例もあります。バスが着いている水深とカヴァーの種類を見つけたら、数日の間は基本的に同じ水深とカヴァーでバスを定期的に釣ることができます。ここで注意しなければならないのは、多くのバスアングラーがパターンを見つけてバスを釣ると、天候が変わったその時に、バスが着いている場所を踏まえて戦略を変更しなければならないということです。

Something else that will happen when a warm front comes on a lake is that bass will suspend-up-off the cover. For example, if the weather’s cold, and the bass are holding on stumps in 8 feet of water, I’ve probably been catching bass fishing a Strike King spinner bait and/or a Strike King Finesse Worm. Then when a warm front moves in, those bass will float-up closer to the surface over the stumps and hold suspended in 3 to 4 feet of water. If I continue to fish these same lures on the bottom, I’ll be angling below the bass and probably not get a strike.
 温暖前線が近づいた時には、バスがカヴァーから離れて浮いてしまうことがあります。例えば、気候が寒い時期に8フィートの水深に位置するスタンプにバスが居たとすると、私はスピナーベイトかフィネスワームを使って釣りをします。しかしパターンを組み上げた後に、温暖前線が近づいたとすると今までスタンプに居たバスはそのカヴァーの上へと浮き上がってしまい3-4フィートにサスペンドするようになってしまいます。その時に、もしボトムを同じルアーで釣っていたとしたら私はストライクを得ることができなくなってしまいます。

But if I change to minnow-type baits, like the Wild Shiner, or stick baits, like Strike King’s Zulu or Ocho, I’ll catch these suspended bass. Casting-out a minnow bait, reeling it down a foot or two under the surface and jerking and twitching the bait will make these suspended bass bite. To be successful on the water, you must understand that when bass suspend, they’re coming closer to the surface to absorb the heat from the sun. To catch these bass, I’ll use lures that will pass through the portion of the water where the bass are holding.
 しかし、ワイルド・シャイナーのようなミノーやZulu,Ochoといったジャークワームに変えたとしたら、サスペンドしたバスを釣ることができます。サスペンドしたバスには、ミノータイプのベイトであれば1-2フィートのゾーンをジャーキングやトゥイッチングで誘うことができます。日光が表層の水を温めるとバスが表層へとゾーンを変えるように、いつバスがサスペンドするのかということを理解することが釣果を上げるために必要なことです。私は常にバスが居着いている場所へ直接通すことができるルアーを選ぶように心がけています。

Blowing Wind:
During the summer, wind on a lake greatly can improve my bass fishing. If I’m fishing in a large bay that has one side of the bay where the wind’s hitting and causing the water to splash-up against the rocks, then often that’s where the bass will be. Baitfish will feed in that muddy, churned-up water. The bass will follow and eat the baitfish. When the wind blows water and causes it to splash, this action also puts more oxygen in the water and tends to cool the water, which creates better conditions in warm weather where the bass can feed and hold.
 夏の間、湖に吹く風は釣果を上げてくれる要素です。岸際に水が岩などにぶつかって飛沫を上げているような場所では、水が泥まじりに濁っていたとしても、バスはベイトフィッシュを追いかけて食べていることがあります。風が吹き付けて水飛沫が上がるということは、溶存酸素の濃度を上げたり水温を下げたりするので、暑い時期であればその状況はバスがその場に居着きやすく良い状況と言えます。

Another thing that many anglers fail to realize is that wind creates current. When the wind’s blowing water against a stump or a log, there’s a slight current caused by the wind around that stump. The baitfish react to that current created by the wind as do the bass. Wind narrows-down the areas of the lake where the bass will be holding. In the summertime, I’ll look for bass in the regions of the lake being hit by the wind. During the winter months, windy banks aren’t productive for bass fishing, because when the wind churns-up the water, that water will become cooler.
 多くのアングラーは風によって生まれる流れ・カレントをあまり意識していません。スタンプや倒木に向かって風が吹くと、そのカヴァー周辺にはわずかにカレントが生まれます。ベイトフィッシュはその風によってつくられたカレントに従って動くのでバスもそれに従います。風によってバスが湖のどのエリアにいるか絞り込むことができるのです。夏であれば、風が当たっているエリアを釣り、冬には風が当たる岸際は水が撹拌されることで水温が下がるため釣るべき場所ではありません。

Of course bass aren’t looking for colder water during the winter months but rather are searching for warmer water. Therefore, on windy days during the winter, I’ll search for protected areas out of the wind. The rule of thumb during the summer is to run to the wind to catch bass. During the winter, run-away from the wind to find bass.
 もちろん冬には水温の低い場所ではなく高い場所を探すべきです。それゆえに、冬に風が強い日は、風から守られたエリアを探します。つまり夏は風に向かい、冬は風から逃れるということを覚えておけばバスを見つける手がかりとなるでしょう。

Part 4: Fishing for Bass in No Wind and How Wind Direction Affects Bass
No Wind:

When the wind dies, and the lake is as slick and still as a mirror, the bass can see better than they can if there’s a breeze on the water. On a still, calm day, a bass has much-more time to watch a lure and study it before it attacks than the fish does on a day when there’s a breeze on the water, and the surface is choppy. On a calm, still day, an angler can make a cast, see a bass run after the lure and then watch the bass stop just-before it attacks. Also, when bass look-up and see the shadow of a lure falling from the sky to where they’re holding, they’ll run from that shadow.
 無風の時、水が動かないため湖が鏡面のようになる、べた凪状態には、風で水を動かされていないためバスの視覚にとっては良い条件となります。しかし、それはバスがルアーにバイトする前によく見たり、ルアーだと見切られてしまいやすいアングラーにとっては悪条件です。例えば、バスがルアーを追っかけてきてもバイトしなかったり、バスが上を向いていればルアーの影を見ることができ、時にその影でバスが逃げてしまったりします。

If the bait hits the water and doesn’t spook the bass, the bass often will run-up to the lure, look at it and think to itself, “That’s not real,” and never attack the bait. To catch a bass on clear, calm, still days, you must fool the bass with your lures. Therefore, if I’m fishing shallow water, I’ll cast a Strike King Finesse Worm onto the bank and then crawl it off the bank into the water, so that the lure appears more natural and doesn’t spook the bass.
 もしベイトが着水してバスが逃げなかったとしても、バスはルアーまで寄ってきて「本物じゃない」と言わんばかりにベイトに攻撃してきません。つまり、バスをあなたのルアーでいつも以上に騙す必要性があります。このようなクリアウォーターで無風という条件で、シャローウォーターで釣りをする場合、私はフィネスワームを一度岸に乗せてから這うように水の中へ落とすことで少しでも自然に見せ、バスを不用意に脅えさせないようにします。

Wind Direction:
The wind itself doesn’t affect the bass, except its churning effect on the water. But wind does bring atmospheric conditions that directly cause bass to bite or not to bite. In the United States, we have a saying that, “When the wind is out of the west, the fishing is the best. When the wind is out of the east, the bass bite the least.” I’ve found that this rhyme is true in the United States, because our cold fronts generally come out of the west and the northwest.
 風それ自体はバスに影響することはありませんが、水が撹拌されることで影響が出てきます。しかし、風は大気の状況を示すのでバスがバイトするかしないかの直接的な影響を及ぼしていることがあります。United Stateでは、「西風は釣りに最適だが、東風はバイトを減らす」とよく言います。この常套句は、基本的に寒冷前線が西か北西から来ることから、真実なのです。

Therefore, a wind out of the west signals that a cold front is on its way, and the bass usually will begin to feed ahead of that front. Generally when the wind comes out of the east, the front already has passed through, the wind has changed directions, and the bass are attempting to get accustomed to a different weather condition. Although I don’t know how the winds are in Japan, I’m sure that when an angler studies the winds, he’ll soon learn which winds produce the best bass fishing.
 つまり、西から風が吹いているということは寒冷前線がこちらに近づいているという合図で、普通バスは前線が当たったその時には捕食活動に入ります。逆に東から風が吹いていれば、前線がその場所から過ぎ去ったことによって風向きが変わったということです。そしてバスはこの気候の変化に慣れてしまった後となります。風に関して自分がアングラーとして確かに言えることは、風によってバスフィッシングの釣果を上げることは可能だということです。




 よくブログなんかに「今日は低気圧の中で雨も降りそうなのにトップウォーターに出ない。」なんて書いたわりに、なぜそこに設問を持たないのか? またはもっと深く自らにツッコミを入れないのか?といった状態が蔓延しているという偏見があります。
 読んでもらったらわかることかと思いますが、釣りの常套句に「昨日はもっと良かったのに」なんていうものもあるぐらいで、昨日と今日で気候や風向きなど何か変わったことがなかったかと、天気図や降雨量などを引き合いに出してきたりするアングラーなんてまず居ません。
 例えば、昨日までの夕立は急に訪れる、水温を下げて、ベイトフィッシュを浮かせてバスがトップウォーターに反応してくれる好条件だったのが、今日の夕立はバスの大半が昨日までの夕立によって十分過ぎるぐらい捕食したせいで、お腹いっぱいで反応が悪くなってしまったなんていう考察ができるキッカケにもなるのではないでしょうか。
 急に起こる変化が好条件になるというのは割と一瞬で、それが続いてしまうとバスも慣れてしまうと考えると説明がつく経験というのが記憶の中から出てきたりはしないでしょうか。
 前線による風向きというのも日本も漏れずに、ある程度面積がある湖では一定方向からの風とその風が当たる側の岸沿いが釣れるなんていう話があると思います。
 安定した気候の中でも3-4日を目安にバスの着く場所が変わることで、釣れ方が変わったり、釣れているルアーが変わっているといった変化に気がつけるようになると、釣果を伸ばしていくために自分が集めるべき情報が具体的になって明確なものへと変化していくのではないでしょうか。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4