Noise of fishing line

ラインの水切り音、糸鳴りについて
ジャーキングの際のラインの水切り音
sound of fishing line
 リトリーブしてからジャーキングというのは、せっかくジャーキングで潜行角が急になり一気に潜らせることができるという利点を殺してしまいます。着水してリトリーブしてからジャーキングするアングラーほどジャーキングが理解出来ていないアングラーだと見ていいでしょう。特に琵琶湖では多いという偏見があります。
 ジャーキングで最大潜行深度まで一気に潜らせる際、イラストのようにバスが居る、または居ると仮定して釣りをするときにアングラーが問題とするのはバスの頭上でラインが水切り音を出してしまうということです。神経質なアングラーは水切り音を出さないためにそもそもジャークベイトを結ばないかもしれません。また、ラインの水切り音がバスにプレッシャーを与えると言っている雑誌によく露出する2名の人物を知っています。わりと人気が高い2人なのでその影響は計り知れないかと思われます。結論から言って、ヒロ内藤さんのセミナーのオフレコの言葉を借りると「糸が水を切る音がバスを釣れなくさせるのは知らない、気にしなくていいと思うよ。そのラインの音が気になって釣れないと思うより、そのジャーキングのアクションがバスにとって魅力に欠けてるんだと僕なら思うよ。ラインの音よりジャーキングのアクションをしっかり出すように心がけた方が釣果はのびるよ。ルアーはエサでできていなんだから魚を騙しにいかないと。」と"Lure The Spirit"を作成した内藤さんならではの答えではないでしょうか。
 ラインが水を切る音を出さないように意識した緩いジャークで釣ることと、しっかりとしたアクションを出すことを意識したジャーキングとでどちらが釣果をのばせるかと考えると、ルアーフィッシングでは明白な答えかと思います。水切り音はエサ釣りではなくルアーで釣りたいと賭けているならという結論です。ついでにヒロ内藤さんのフィッシングショーのオフレコを紹介すると"The Answer"のオープニングにも関連して「スプリットショットやダウンショットで釣れるからそれでいいって人には何も言わない、もし言うことがあったらエサの方がもっと簡単だよって。そうじゃなくて、内藤さんこれで釣ってみたいんですよっていうルアーを見せられてアドバイスが欲しいって人がいたらいくらでもアドバイスするよ。釣るだけならエサ釣りを勧めるし、これで釣りたいって思って釣るルアーどちらがやりたいのかもう一度考えてみてください。」

糸鳴り
 糸鳴りの意味は人によって違うかと思われますが、今回はフリッピングで使用するブレイドラインの糸鳴りについての考えを紹介します。ブレイドラインを使用しパンチングといった分厚いベジテーションの中を釣る方法がありますが、その釣りでこの糸鳴りは起こります。2010Elite seriesのカリフォルニア・デルタ戦では多くのプロがこの糸鳴りを最終日に近くなるほど気にしていました。その解決策として25〜30lbのフロロカーボンラインを使用していましたが、そのラインの強度から分厚い奥まで釣りをすることはリスクが高く、彼らは薄いカバー周りでのみ使用しカバーの濃さでライン種別タックルのローテーションをしていました。水切り音について気にしなくて良いと述べましたが、このフリッピング/パンチングについてはできるなら糸鳴りはさせない方が良いと考えています。なぜならバスの目の前に送り込み、ソフトルアーのそのアクションでしかアピールできないからです。フリッピング、特にパンチングは使うリグから派手な釣りというイメージがありますが、実際のところかなり繊細(フィネス)な釣りと言えます。ハードベイトでもバスの頭目がけてぶつけるつもりでリトリーブパスを通すのが基本なのですが、バスの反応するゾーンが広い時期には果敢にアタックしてきてくれます。しかしこのフリッピング/パンチングは反応するゾーンがそれほど広くはなく、厚いカバーの中ということもありバスからルアー目がけて飛んでくるということが少ないことから、バスの目の前、頭上に落とせなければ釣れないという部分に非常に繊細さが求められます。またルアーアクションもソフトルアーであることと横に引けないこともありシェイクぐらいしか行うことができません。このような意味で、静かにアプローチするということがバスを騙すために必要であり、前述の水切り音とは全く逆の意見ということになります。
 加えてシャローではエレクトリックモーターの音も釣果を下げる要因となります。回しっぱなしにするか、なるべく使わないといった解決策が必要です。しかし、デプスファインダーこと魚探の音はフィッシングショーのオフレコで内藤さんに聞いてみたところ「魚探は確かに音がするけどその音で釣れなくなったっていうケーススタディーは知らないな。気にしなくていいと思うよ。」との答えを頂きました。エサ釣り的な考えを持つダグ・ハノンは魚探は切った方が良いと言っています。

 このように糸が起こす音については釣り方そのものの概念(エサかルアーか)、ルアーのアプローチ方法でアングラーによって捉えられます。例示したように、パンチングのような藻穴一つ間違えば釣れない釣りという一般的なイメージとはかけ離れた釣りなどでこういった水切り音や糸鳴りについて誤解が生まれているのではないかとの総論です。ジャーキングは現在でも水切り音がしても釣れますし、情報を発信する側が受信する/理解する側のことをよく知っていないと生まれるという誤解の良い例かと思われます。

ラインネタが盛んだったので相互リンク記念でした。
個人的にラインカラーは気にしません。昨年まで気にしたことがありませんでした。意識をしたきっかけはカリフォルニアでフィッシングガイドと一緒にBass Pro Shopsに行ったところラインの話になり、「ラインの色を気にしないよね」って言われて初めて気がつきました。ラインはそもそも、ラインそれぞれの特徴である低伸度や標準直径、浮くか沈むかなどにこだわっていたのでラインカラーは最終事項でした。実際ピンクのラインも使用していましたし、なにひとつ色が釣果を減らすということにリンクしませんでした。最近では、ナイロンモノフィラメントを使用するならというココという銘柄ができたので色が統一してきましたが、10lb程度のフロロカーボンラインを使用する予定なのでまた色だけで見ても選択肢が広くあります。ひとつアメリカ人でもラインカラーとかシビアに気にするんだなと少々驚いた部分があります。彼は昔クラシックに出たこともある人なので特別なのかもしれませんが。
 アメリカでラインは今でもトライリーンXLが一番売られているライン銘柄だと思います。まずどこに行っても置いてある偏見がありますし、ラインの商品レビューもトライリーンと比べてというのが多くみられます。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4