LOST HERITAGE

 さてあなたの前にサイコロを使用したゲームがあります。そして、出た目に応じて勝ち負けが決まるという単純なルールです。

選択肢その一:1,2,3,4
選択肢その二:5,6

この選択肢二つから選択して、サイコロを振って出た目が同じであれば勝ちというルールです。

 こう言われると誰だって「選択肢その一」を選ぶのではないでしょうか。「選択肢その二」で勝った場合は2倍などの得点でもない限りまずは選ばないでしょう。しかし、次に出る目は誰にもわからないのです。それではなぜ「選択肢その一」を選ぶのでしょうか?と考えたことがあるでしょうか。
 我々は普段こうした確率思考を元に生活していたりします。

 だとしたら「なぜ日本の(特にトーナメント)バスアングラーはライトリグばかり使用するのでしょうか?」という問題が出てきます。彼らからしてみればライトリグがきっとサイコロで出した例の「選択肢その一」に見え、その他のハードベイトは(勝手な思い込みで付けた独自ルールによる)勝ちの倍率が高い「選択肢その二」だと見ているのだという偏見があります。確かに2/3当たる選択肢の方が、1/3当たる選択肢より高い確率で出ると考えるからそうなるのでしょうが、しかしそもそも前提がおかしいのではと疑問に思わないでしょうか?

 ライトリグによる3inやそれ以下のワームは非常にアピールの弱い、バスの頭をルアーに向けにくい、バスにルアーの存在を気がつかせにくいという特徴を持つストライクゾーンの狭いベイトです。逆にトップウォーターをはじめとし、クランクベイト、スピナーベイト、ジャークベイトなどハードベイトとカテゴリー分けされたルアーは、バスの頭をルアーへ向けやすい、バスがルアーの存在にすぐに気がつくストライクゾーンの広いベイトです。
 この前提で行くとそもそも「選択肢その一」がハードベイト、「選択肢その二」がライトリグになるのではないでしょうか?というかヒロ内藤さんや田辺哲男さんが普段から考えているのはこちらの方です。

 ここで、『環境や魚の条件によっては「選択肢その一」がライトリグで「選択肢その二」がハードベイトだ』と批判する方がいるかもしれません。しかし、それは見当外れです。そもそもサイコロにしても次にどの目が出るかなんていうことは誰にもわからないのです。
 これが我々の考察を普段から制約しているイデオロギーというやつで、「確率思考」と言われるものです。多くのアングラーが雑誌などに登場する日本人バスプロの肩書きに酔って、「選択肢その一」がライトリグで「選択肢その二」がハードベイトだと提示した批判する例をそのまま言ってみたり、状況によってその選択肢は変わるという逃げの解答をするという偏見があります。しかし、ストライクゾーンが圧倒的に広いのは上記のハードベイトであって、決して3in以下のワームには無いという客観的事実からやはり「選択肢その一」がハードベイト、「選択肢その二」がライトリグという事実に目を向けなければなりません。しかし、大切なことなので何度でも言いますが、次に出る目は誰にもわからないのです。

 普段からよく自分は「エリートシリーズに参戦しているバスプロ達をはじめとした北米圏の巧みなアングラー達は、常に効率が良く、合理的な釣りをしている。」と言います。それは彼らが、確率思考から得られる効率的な方法を常に意識したかのようなアプローチ方法をしているからなのです。ヒロ内藤さんが日本向けに紹介したゾーンとスピードという概念がありますが、まさに巧みなアングラーはそのゾーンとスピードに合うルアーに絞るという作業のみを淡々とこなしているのです。フィッシング・プレッシャーがどうとかそういったことは一切関係なく、ストライクゾーンの大きいものでいかに誰よりも早く魚を探しているということはそういうことなのです。
 『「選択肢その二」としてライトリグは釣れる』という論客はもちろん間違いではないでしょう。サイコロの目の例でいうところの5,6に延々と賭け続けていても最初の一振りで勝つ可能性だってあります。しかし、大切なことなので何度でも言いますが、次に出る目は誰にもわからないのです。

 そこで誰にもわからない点について、我々は一体どう意思決定するべきかという部分に問題の焦点を合わせたいわけですが、皆さんそもそもこの点に気がついているのでしょうか?という疑問と苦言を呈するわけです。効率の悪い、非合理的なことを釣りでもしてませんか?


Post a comment

Private comment

よ~するに・・・

1人で4人のチアガールと遊ぶのと、1人で2人のチアガールと遊ぶのと、どっちが最終的に付き合える確率が高いか・・・って事っすよね♪( ・∀・)アヒャ

Re: よ~するに・・・

 しかし、あくまでトーナメント基準、又はシナリオ完成による固め釣りという話なので、世界記録級などのクオリティの高い1尾だけ狙うとなると0か1かというように、その方法論は少し変わりますよね。
 それでも、すごく標準で何の取り柄も無いアピールというストライクゾーンの狭いタイプより、100万人1人ぐらいしか持ってないようなスキルを持っているアピールの高いストライクゾーンが広いタイプの方がターゲットは捕えやすいですよね(笑)
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4