暴走の証明

 多くの日本人バスアングラーが「アフター」という語を使いたがっているようですが、水温が15度に達したのがほんのつい最近で、いわゆる卵が孵化するまでの水温を考察するとプリスポーン、スポーニング、ポスト(=アフター)スポーンの中での真ん中スポーニングのバスが多いのではないかと考えるのが自然ではないでしょうか。しかし、数回に分けて産卵すると言われているわけですから、プリスポーンという状態の魚が居ることも間違いありません。そして、あくまで少数派としてポストスポーンという状態の魚が居ると考えてシナリオを作っていくべきではないでしょうか。
 考え方を少し変えると、プリスポーンとスポーニング状態の魚は食欲がないが、スポーニングに関係のない魚とポストスポーナーと前回申したポストスポーン状態の魚は食欲があるということです。つまり、食欲に頼って釣りをする普通の釣りで釣れている魚は、プリスポーニングやスポーニングそのものに関係ないか、ポストスポーンに関係があると考えるのがごく自然な考察です。つまり、ライトリグを使用して魚の食性に頼って釣っている以上、スポーニングに関係のない多数派の魚を釣っていると自覚するべきではないのかということです。
 これらの基礎を混同して季節感のある魚を釣っていこうとブログなどのエントリーにすれば、当然ツッコミどころ満載になるのは目に見えています。また、そんなアングラーが、一体何を目安にそれらの魚の状態を見分けているのでしょうか?目安となる15℃という水温を無視して、お腹が膨らんでいるからプリスポーンと言ってみたり、逆に痩せているからポストスポーンと言ってみたり、ましてや雌雄を何を基準にして判別しているのかということになります。
 プリスポーンだと述べているのに小さなワームを使用していたり、ポストスポーンだと述べているのが単にスポーニングにまだ関連していない魚である可能性があるということが考えられます。もちろん、ポストスポーンの釣りとしてトップウォーターで釣っていて、偶然スポーニングにまだ結びついていない食性のあるバスが混じったのを便宜上ポストスポーンと言うことになるとは思います。しかし、それは3尾以上の複数尾を同じシナリオで釣ってから、その結果を確証として言うべきではないでしょうか。
 加えて、66~72°F(18.8~22℃)に水温が上昇して3〜4日で孵化するのですが、水温が低ければ時間も長くかかります。もし卵を守っていた雄の魚も含めたポストスポーンの魚が多数派であるとすれば、バスの稚魚が群れているのをそろそろ確認できなくてはなりません。この事実を知っていれば、気温がなかなか上昇しなかった今年の天候を考慮し、ポストまたはアフタースポーンと言うには少し時期尚早と判断する方が科学的に見ても裏付けがあり、最も合理的と言うことができないでしょうか? ここ数日急に気温が上がったので、卵が孵化したと考えることが可能ですが、雄のバスが稚魚を守る期間が存在することも忘れてはなりません。雄は数週間ホルモンバランスが変容しているために、何も食べずに稚魚を守ります。
 これも言い方を変えれば、ラージマウスを自主的にコントロールするためには、ベッドで卵か稚魚を守る雄バスを最優先事項として釣らないのが大切なのだということが自ずと理解できるはずなのです。

 どの季節にも言えることですが、最も釣り易いのは食欲がある、つまり空腹な魚です。しかし、ルアーフィッシングの醍醐味であり、バスフィッシングの醍醐味であるとも言える食性以外の本能に頼る釣りが、これらの最も熱くさせる楽しみなのであるという部分を忘れてはいけません。釣れないからラインサイズとルアーサイズを下げるという行動は理に適っているようで、実際目指している誰よりもウェイトがある魚、または複数尾で誰よりもウェイトがある魚たちを釣ってくるバスフィッシングには到底届かないのだとBASSMASTER Elite seriesをソースに主張できる部分です。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4