正方形嘴戦争

 1970年代、「クランクベイト・アルファベット戦争」というのが起こるわけですが、現2010年代は既に「スクエア・ビル戦争」がKevin VanDamを筆頭にして勃発しています。
 初代スクエア・ビルとしてやはりラッキークラフトのRCシリーズが最初と見るのですが、このルアーが発売されたのは2010年以前のことです。しかし、Strike Kingが2010ICASTにて口火を切るかたちで、各社コピーキャットを生み出していくこととなりました。問題としてはスクエア・ビルタイプは「クランクベイト・アルファベット戦争」でしのぎを削ったCotton Cordell Big OやRebel F93 WeeRなど、既に搭載されていたものです。つまり、歴史的に見て「クランクベイト・アルファベット戦争」の派生として見ることが可能です。ってことに日本人バスアングラーの皆様気がついているのでしょうか、おはようございます。

http://blog.wired2fish.com/blog/bid/51003/Tackle-Talk-Square-Bill-Wars

 最初に、ルアー個々の説明を始める前にスクエア・ビルについて少し深く知っておきましょう。

 スクエア・ビルはその名の通り、潜らせて泳がせるために搭載されたリップの形状から名付けられました。しかし、言っておかなくてはならないのは、リップがルアー全ての機能ではなく、太く設定されたヘッド部分に細くなったテール部、一般的に丸い容姿がテールを振らせ、ボディにロールを加え、カヴァーからすり抜けてくれるのです。

 スクエア・ビルはフラットサイデッド・クランクベイトとは別物です。似た形状をしていますが、コフィン・リップというボディ部分は狭く先に延びるにつれて広くなるリップを持っており、平たく切られたボディを持っています。これらの要素が相まって、アクションがスクエア・ビルの特徴であるウォーブリングとは違いタイト・ウィグリングとなります。フラットサイデッド・クランクベイトは、ボディの側面をフラットにすることによって水中でタイトなウィグル・アクションを可能にしています。これに対してスクエア・ビルは広いルアーの頭部が水を押して水流を変えることから、テール部分が振られ、水をかき回す、ディスプレイスメントという効果が得られます。

なぜスクエア・ビルなのか?

 なぜ普通のシャロークランクを投げずにスクエア・ビルを投げるのでしょうか。良いスクエア・ビルはスナッグレス性能が挙げられます。それはビル(リップ)の形状によるものだけでなく、広く設計されたルアーの頭部とウォーブル・アクション、そして頭下がりの姿勢が、シャローカヴァーを通した時、そのヘッド部と太いシェイプによってフックを隠してくれるとにあります。しかし、他のベイトがシャローカヴァーに効果がないわけではなく、タイト・ウィグリングのフラットサイデッド・クランクベイトやフィネス・クランク、ラパラ/シャッドラップに反応が無くなった場合に、今までのルアーから種類を変えていくという意味で、スクエア・ビルの方が利点が多いという点があるのです。

 シャローエリアでビッグバスを狙っていこうとした場合、タックルは自然とヘビーなものになていきます。その時にキャストし易いという点は大きな利点となっています。それは小さなベイトであってもその効果があります。また、多くのスクエア・ビルはサイレントでラトルを入れていません。特徴の一つであるワイド・ウォーブリングはバスを惹き付けるには十分で、マッディ・ウォーターであってもゾーンがシャロー側に居るバスに静かに近づき驚かせることで、ストライクの引き金を引くことができる有効なベイトとなります。

 他にも一般的に浮力が非常に高く、カヴァーに当てるときでもロッドティップを上げておけばカヴァー周辺を這わせるようにリトリーブすることが可能なのも利点です。

 このように、なぜスクエア・ビルを投げるのか理解できたところで、各社から出ているどのルアーを投げるのかという疑問が出てきます。我々は一つづつ投げて、それぞれ特徴の詳細を解説しながら、あなた自身の選択に役立てようと思います。全てのベイトをテストしましたが、どれもキャストし易く釣果も良く出たように感じます。私たちテストした時のカラーやラトルについても説明していきます。以下のルアーがスクエア・ビル・ボックスに選択されたものたちです。

The Baits

フレッド・ヤング Big O


 このベイトは全ての始まりと言えるでしょう。しかし、古くはシャローを攻めるための木でできたベイトでしかありませんでした。フレッド・ヤングはどうすればシャローの魚を釣るべきか考えてこのルアーを手で削り、ペイントしました。彼の使い方は岸に向かってキャストし、着水の波紋が消えるまで待ち、トゥイッチを1~2回入れてからスローロトリーブしていました。このベイトは現在はコットン・コーデルからプラスティック製になり、2~3inの3サイズ9色で販売されています。限界潜行深度は2~4ft,3~5ft,4~5ftとサイズによって変わります。しかし、オリジナルはバルサで製作されたものでした。最も大きなサイズとオリジナルの両方ともワイドウォブルで、テスト中にもカヴァーを巧く回避してくれました。



Lucky Craft RC 1.5

 スクエア・ビルがどちらつかずの状態の中でリック・クラン RC 1.5,2.5,3.5が販売されました。数年前から私たちも数えきれないバスを捕えてきたことからも効果的なベイトだと証明されます。1.5を用いてテストしましたが、キャスティングの容易さや、スナッグレス性能も優れています。アクションがBig O 2-1/4inに比べると少しタイトなウォーブリングになります。質の高いスプリットリング、フックが搭載され、パッケージから出してすぐに使えます。さらに、このベイトは非常に丈夫で、リップラップや倒木やドッグなどのシャローをトゥルーチューンすることなくともキレイに引けてしまいます。

新しくLuck “E” Strike社が作ったRC2も今週には手に入れられるので、テストすることが計画済みですが、LC社のRCを今すぐに選択から外すことはありません。Lucky Craft RC シリーズは$15.99で、0-4ftの最大潜行深度を持っています。新しいLuck “E” Strike社製は約$6.49となります。

Rapala DT Fat

 ラパラ社が出すDTシリーズの丸みを帯びさせたシャロークランクヴァージョンです。アクションは広いウォーブリングですが、バルサで作られたベイトなので非常に静か(実際にはラトルチャンバーが入っています)です。潜行深度が他のシャロークランクと比べて浅く、0-3ftとなります。また、ラインサイズを上げることでより浅くすることができるように感じました。他の重心移動システムを搭載したクランクベイトと比べると飛距離は望めませんが、その代わりにステインからマッディ・ウォーターのグラスやウッド系などのシャローカヴァーでは非常に有効なベイトとなります。また特徴としては、キルをかけると水面から飛び出すように浮き上がってくる、非常に高い浮力を持っています。よって非常に浅いフラットを釣ることができるといった利点につながります。スタンダード・シリーズが$7.49,シュアセット・シリーズの価格が少しだけ上がります。

Sebil Crankster
http://boat-tackle.com/SHOP/03FI03001H.html
 ここ数年のスクエア・ビル市場の中ではユニークな特徴を持ったベイトです。リトリーブ中には、ルアーの中に入っているボールベアリングが前後に動きます。リップは他のベイトと比べて強く引いても巻き重りしないようになっていますが、良く泳いでくれます。カラーラインナップは良くできていますが、マッディ・ウォーター用の定番カラーが欠けています。しかしマッディ・ウォーターでも効果的なベイトで、岸沿いの相対的濁度が下がり始めた状態で、ラトルが効果を発揮します。キャスティング性能もロケットのように飛んでいきます。サイズが4種類、その内1種はシンキングがありますが、明確な使い分けは良くわかりませんでした。$14.99で販売されています。

Strike King KVD Square Bill
ストライクキング KVD1.5 【Strike King】

ストライクキング KVD1.5 【Strike King】
価格:980円(税込、送料別)


 もはやシークレットではなくなり、2011バスマスター・クラシックによって最もホットなベイトになっています。KVDと(Scott/スコット)ルーク、他のアングラーもこのベイトをクラシックで投げていたことがわかっています。1.5と2.5のサイズがあり、両者ともキャスティングし易くなっています。特徴的なのは、通常真っすぐなリトリーブパスからルアーが時折逸れるということです。Scooting,酔っぱらいのように逸れると名付けられたり、huntingとも呼ばれたりします。このように、瞬間的に横にホップしたように逸れ、また元に戻りウォーブリングを再開し、再びジャンプしたようにリトリーブパスを外れるということを繰り返すアクションを持っています。このアクションがいくつかの理由で魚のバイトの引き金となります。バスがベイトを追いかけていた時に、突然トラック(真っすぐなリトリーブパス)からズレるという理由が考えられます。KVDはこのアクションがいかに有効かを証明しています。事実、スクエア・ビルのカテゴリーの中で最も手頃な価格で販売されており、いくつか持っておくべきだと言えます。価格は$5.29、最大潜行深度は3-6ftと他のスクエア・ビルと比べ少しだけゾーンがディープ側に設定されています。これはシャローからディープにかけての境界に有効だと言うことができますが、KVDは2フィートの水深でも有効であることを証明しています。

XCalibur Square Lip



 もう一つのサイレント・スクエア・ビルとして、質の高いフック、カラー、手頃な価格のXCalibur Square Lipがあります。このシリーズは最大潜行深度0-3ftと統一されており、2~3inの3サイズあります。テストではウォーブルに加えて少しだけロールが入っていたように見えました。ラトルを入れないサイレントで浮力も高く、マッディ・ウォーターのシャローでも有効なベイトになっています。テストでもファイアータイガーカラーでバンク側の魚を何尾も釣りました。ウォーブリングはBig OやDT Fatほど大きくありませんが、KVDクランクよりは少し大きいように思います。もしディスプレイスメントの大きめで手頃な価格のベイトを探しているならばこれをチェックしてみるべきでしょう。価格は$6.99で、カラーにはスモールマウス・グリーン(Smallmouth green)、ブルザー(Bruiser)といったユニークなものが我々の中で好まれています。

IMA Square Bill

 シャロー・リバー・スペシャリストのビル・ローウェンがデザインしたベイトです。特徴は浮力によって最も浅いゾーンを攻めることができるクランクベイトとなっています。アクションは小さなベイトでありながらワイド・ウォーブルで、特徴としてラトルの入ったウェイトもあり、マッディ・ウォーターでも有効でした。テストではサワー・キャンディーを使用し、降雨後の濁った岸際で何尾かのバスを釣りました。このようなベイトを使用し、岸際に投げてリトリーブしてすぐに魚が反応するのは非常に楽しいものです。キャスティングも容易で、ウォーブルアクションもミディアムヘビーロッドとヘヴィーラインでも問題ないように感じました。ラトルはSebile Cranksterよりかは控えめです。ワイドに動き、他に比べてボディがフラットであることから、動きも比較的ロールしない設定になっています。価格は$15.99でいくつか好みのカラーがあります。

Norman Little N

 ノーマンはいくつかシャロータイプのスクエア・ビルを作っていますが、Norman Little Nを進めたいところです。最大潜行深度は4-6ftで、潜行角が急で非常に早く潜ってくれるのですが、シャローでも引くことができます。軽めのウォーブルは、広く動きますが、激しく動いているようには見えないと思われます。つまり、もし使うのだとすれば最も抵抗なく使えるベイトではないでしょうか。ラトルは鈍いワンノッカーで、ダーティー・ウォーターでは他に比べると小さなラトルの入ったものもあるのが気に入っている点です。価格は$4.29でとても手頃な価格です。プラスティック製で普通のスクエア・ビルに比べて小さなリップで、2-1/2in,3/8ozとなっています。

SPRO Fat John
 SPRO Fat John60 /ファットジョン 【SFJ60】

 SPRO Fat John60 /ファットジョン 【SFJ60】
価格:1,228円(税込、送料別)

 このルアーを評価する前にいくつか前置きが必要です。一つはリップがコフィン・リップに近いこと、そして通常のスクエア・ビルと比べボディがフラットサイデッド、ボディの側面が平らであることです。しかし、Little Johnはフラットサイデッド・クランクベイトのカテゴリーですが、これはボディがラウンド・丸いスクエア・ビルに近いカテゴリーとなります。ワイド・ウォーブル・アクションと「S」字に泳ぐアクションが特徴です。ウェイトが5/8ozもあるためキャスティングが非常に容易な点が挙げられます。このベイトでは、KVDクランクほどではないにしても、少しだけ逸れるhuntの動きがあるように見えました。ボディがIMA社のものより少し長く、テストした他の2inのスクエア・ビル・クランクベイトと比べると短いサイズになっています。価格は$10.99でシャロークランクの定番カラーが揃っています。
SPROリトルジョン CIT...

SPROリトルジョン CIT...
価格:1,190円(税込、送料別)

SPROリトルジョン...

SPROリトルジョン...
価格:1,190円(税込、送料別)

SPROリトルジョン CL...

SPROリトルジョン CL...
価格:1,365円(税込、送料別)



WEC E2 & Big EZ
 我々がテストしたのは、Ed Chambers(Zoom baits創設者、現Peeper's Bait WEC Custom Lureのチーフ・デザイナー)から受け取った、オリジナルBig Oを成型した後の3inのBig EZ プロトタイプです。サイレント・バルサ・ベイトで、ウェイトがしっかりとあるのでキャスティングは容易です。標準装備のフックは交換する必要があるように思いますが、アクションはウォーブルとロールというテストした中ではユニークなものでした。カラーラインナップも、エド・チャンバースがハンドペインとしているため特徴的なものが揃っています。今はこのベイトを見かけることが難しいですが、もし売られるならば$21程度になるでしょう。

我々はもう一つエリートシリーズプロ、ケヴィン・ショートに大金をもたらせたスクエア・ビルとしてWEC E2を知っています。サイズは2-3/8inで太く短いプロファイルをしており、アクションは真っすぐなリトリーブパスの中で、テール部を良く振ります。非常に高い浮力があるため、カヴァーの抜けが非常に良いといった特徴があります。価格も$21となっています。価格もあるので、真剣にシャロークランクをやり込む人向けと言えるでしょう。

結論

どれがベスト・ベイトかと言われると、いくつかのものが欲しくなります。もし釣りがシンプルなものだったら、魚を釣ったいくつかのベイトを伝えることができます。しかし、それは状況、カラーなどの要素によって変わってしまうものです。いくつかのベイトを潜行深度別に選択することでと広い水深を攻めることができます。1日の終わりには、0-3ftと3-6ftというゾーンで使い分けることができることがわかりました。

SPRO Little John(Fat Johnとの勘違い?),KVD Square Bill, IMA Square Bill, Norman Little Nという組み合わせは、シャローとディープをラトルの有無で引きたい場合に有効です。そして4つ全てスイミング・アクションに微妙な違いがあります。

または大きなクランクベイトが欲しければBig EZ W.E.CやXcalibur Square Lip 300や大型のRCという選択肢があります。自分自身の選択肢に色々と混ぜておくというのは良いアイディアです。例えば、釣り場に併せたカラーというのもあります。黄色、チャートリュースと赤をダーティー・ウォーターに、シャッド系のカラーをクリア寄りの水系に使うことが提案できます。選択肢をミックスして、その場に適合させる、あなたにとってどのベイトが好みだったでしょうか。





Reference
Jason Sealock「Tackle Talk | Square Bill Wars!」『WIRED2fish.com』Tue, Mar 08, 2011 @ 10:46 AM
http://blog.wired2fish.com/blog/bid/51003/Tackle-Talk-Square-Bill-Wars

Post a comment

Private comment

おっつ〜♪(・∀・)ノ

タイトルまで直訳www

正方形嘴で検索している日本人アングラーはいないという偏見がありまふW


当方はBPS・XPSのヤツ、試しに使ってみたい♪(^Q^)

7月にあさのっちさんに買って来てもらおかな(●´∀`●)/

Re: おっつ〜♪(・∀・)ノ

 毎度ありがとうございます。1ポスト程度では続編までいきませんのでご了承ください。中身ちゃんと読んだ人っていないだろうと思って直訳していますし、そもそもスクエア・ビル・ウォーになど関心のない人がほとんどかと。多くの日本人は、どっかの誰かがウィニングベイトにしたって程度のイデオロギーではないでしょうか。

> 当方はBPS・XPSのヤツ、試しに使ってみたい♪(^Q^)
 またどれのことを指しているかわからない記述ですね。シャロークランクだけでもフラットサイデッドやコフィンリップ、サブサーフェス系などありすぎるぐらいラインナップがあるので、他人に頼って買ってきてもらう場合相当注意が必要です。しかも、慣れれば簡単なのですが、あの大型店舗の中から1種類のルアーを探すだけで最初は大変です。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4