いつから定番になったの?って商品ほど実は大きな流行になってなかったりする偏見

 なぜ仕入れたし!?(笑) という商品を見つけるとワクワクしてしまいます。きっと色んな思惑があったのだろうなと想像すると、何だかルアーフィッシングを理解してる人がちゃんといないと報われないよなと思ったりなど、少々感傷的な気分になるなどしました。
 ルアーの特徴としては、北米産スピナーベイトでよく見られる赤いビーズをブレードで一瞬だけ隠すという細かい仕掛けがルアーデザイナーによって仕込まれています。
 まだディープ側に居たがっているバスに効果があるとは思います。または夏のディープに、今年はスプーンを流行させようとしているみたいですが、こういったブレードベイトを入れる方が色々とルアーコントロールがやり易いのではないかと思います。色々と忘れられていますが、普通のジギングスプーンを年中ディープ側が有効な時に使おうとしない方が変ではありませんか?

 日本でもStrike King社 Pro Crankbait series 5XDのデリバリーが始まっているようです。
 しかし、Strike King社のクランクベイトでこれからの時期に使えるもので、こっちを、シリーズ3と4を忘れないであげてください。
 カタログ公称で"Series3 1/4 oz. Dives to 8 feet","Series4 3/8 oz. Dives from 6 to 9 feet"となっていますが、1/4ozはたぶん10g以上余裕であるはずです(笑) それに、デプスファインダーを搭載したボートで、デプスファインダーを有効に使用しながら釣りをする場合、「ボトムに確実に送り込みたいときは、ロングキャストをするとルアーコントロールがしっかりできないので、必ずショートキャストで釣っていきます。」とヒロ内藤さんから教わったことです。この時期、マーカーブイを使用してコンタクトポイントであろうストラクチャーを把握しておくって結構大事なことではないでしょうか。GPS付きならそれこそマーカーブイなんて不要なものになっていますが、よほどの人でないと小型のアルミボートには搭載されていないと思われるので、マーカーブイを用意しておくと良いかもしれません。
 シャローに上がり切ってしまいかけの魚に3、まだコンタクトポイントにキッチリ当てていくなら4といったところでしょう。ついでにボトムに到達するまでの助走距離と、手元に来た時の回収を素早くやりたいために抵抗が大きなクランクベイトは手首に負担となり、無駄に潜行深度の深いものを使わないのも1日クランクベイトを引いて自分の手駒にするコツかもしれません。丁度良い感覚がつかめるまでは頻繁にルアーチェンジしなければならないのは仕方が無いことです。
 使用するラインサイズによって当然浅くも深くもできますが、ポール・エライアスのニーリングも忘れないであげてください。深く潜らせたければロッドを水中に突っ込んでしまう、そしてゾーンを浅くリトリーブしたければロッドを胸の高さ位で保持したり、フッキングが可能な範囲まで立ててやればいいわけです。

 日本のメーカーのスピナーベイトのブレードの組み合わせについて、少な過ぎるんじゃねと言われ、5年以上日本メーカー製とか購入した記憶がない自分はそうなの?と疑問に思い調べてみました。
 シングルコロラド42件、タンデムコロラド68件、ダブルコロラド8件、タンデムウィロー98件、シングルウィロー32件、そしてダブルウィロー276件でした。ソースは楽天市場でそれらの語で出た検索結果です。
spinnerbait_blade_comb_chart
 タンデムコロラドの結果は田辺哲男さんが出したウィンドレンジの影響そのものです。それだけ日本の水域はクリアウォーターが多いんだということにしておきましょう。たぶんそうです、きっと・・・。しかし、タンデムウィローすらイラナイ子となり始めているのかなと少々思います。ダブルコロラドにしても1ftぐらいの水深にバスが確認できればそこをスローリトリーブできる格好の武器だと思うのですが、1%と表示されると確かに試す以前に手に入らないかもしれません。
 最もヘリコプターテクニックなど言われるスピナーベイトを割とフリーに2次元上で、垂直にフォールさせて使えるシングルブレードが13%というのは、やはりそのあたりのテクニックがしっかりと使われていないという大きな証拠ではないでしょうか。「ヒロ内藤 LURE THE SPIRIT Vol.3 」をより多くの人が見てそこで紹介されるテクニックの一つでも試して欲しいものです。
 ブレードサイズを変更することをおススメしたところですが、これだとまずはデフォルトのブレードコンビネーションをまず揃えて試してみましょうとおススメする方がアドヴァンスド・アングラーに踏み出す人向けとしては正しいのでしょうか。
 忘れられてると言えば、真剣にレーベル・スプーンビルミノーって忘れられてますよね。クリアウォーターでクランクベイトを自信が無くて引ききれない人にはおススメだと思います。
 そして春はジャークベイトなんて言っちゃう人であふれる偏見がありますが、
http://www.lurenet.com/FishingResources/Articles/2010/itsrogueseason.htm
 "Bass feed heavily on baitfish during late winter and early spring, and in areas where shad die off during winter bass are accustomed to baitfish acting erratically – pausing, darting and basically becoming an easy meal. Some jerkbaits seem to have been made with that convincing piece of magic that prompts bass to strike. The Rogue has been using that magic for more than 20 years. "
 つまりシャッドが死んでしまうような低水温といった状況で、そのシャッドを餌にしているバスにジャークベイトことログでアプローチする釣りが紹介されいます。トゥイッチはソフトに、ポーズは長くといったアプローチ方法はジャークベイトの釣りの応用的な釣りで、捕食活動を再開した頃のジャークベイトの釣りとは全く別物ですから、そのあたりを明確に違うのだと脳内で整理しておいて欲しいところです。

 ちょっと忘れられていませんか?的なことを取り上げてみました。これにソフトプラスティックを入れればもっと幅が広がります。どの釣りを自分の手駒にしたいのか、どんなアプローチ方法を組んでいくのか、釣行前のプランを組む段階で役に立てれば幸いです。

Post a comment

Private comment

No title

スピナーベイトのブレードは1枚より2枚付いている方がアピール力が強いと勘違いしている人が多すぎるのが多枚ブレード主流の原因の一つでは?という偏見があります。

個人的にはシングルブレードの方が手に伝わる振動が明確(シングルブレードが単音で多枚ブレードが和音のイメージ)で変化を感じやすく使いやすいと思うのですが、あまり浸透しませんね。

Re: No title

> スピナーベイトのブレードは1枚より2枚付いている方がアピール力が強いと勘違いしている人が多すぎるのが多枚ブレード主流の原因の一つでは?という偏見があります。
 なんかその言い回し、徐々に浸透し始めてますね(笑)
 その通りでシングルブレードの方がバイブレーションは強くなります。ブレードが2枚あると水の噛み方が違わないと回転しないので、それによってバイブレーションを打ち消し合ってしまうといったらわかってもらえるのでしょうか。
 ただ、アピールという話になるとバイブレーションという要素か、フラッシングという要素なのかと考えると一概にどちらが強いかという断定は避けたいところです。しかし、リトリーブしていて自分のルアーがどれぐらいのスピードで、今どこを泳いでいるのかというのがわからなければルアーフィッシングとしてお話になりません。
 しかし、ブレードコンビネーションも中毒症状を引き起こすとquad bladesこと4枚ブレードのスピナーベイトに手を出すことになります。これは全てが美しく回ることなんて最初から求められていません。むしろ、たまにキラッとランダムに回転することでバスがストライクするキッカケ・トリガーとなるように組み込まれたコンビネーションになります。自分が最初に店舗でこれを見たのは10年ぐらい前でストライクキング社のものでしたが、その頃から日本ウケはまずしないタイプでしたね。

 ヒロ内藤さんも、スピナーベイトはシングルコロラドが最も幅広く様々なテクニック(ヘリコプターからリフト&カーブ、バーニングリトリーブ)に使用できると良く言っておられます。
 もちろん、使い分けることが釣果を上げるのに最も有効な手段ですが、まずはゾーンとスピードを合わせていかないことには最初の1尾が釣れませんから、コンビネーションも後回しで、最初はゾーンと(リトリーブ)スピードに気を使って欲しいところですね。

テールスピンジグって、意外とバスフィッシングでは使っている人を見ないですねぇ(特に国内では)
シーバスフィッシングの世界では、『邪道/クルクル』の大ヒット以降、デイゲームではもはや欠かせないド定番ルアーなんですけどね
魚のサイズを選べないという弱点はあるのですが

Re: No title

 どちらかというと言うとディープ側のボトムを効率的に叩けるルアーだと思うので、ディープを最も良く攻める可能性が高いボートで釣るアングラーの数からするとそうなのだと思います。
 もちろんオカッパリで使用しても問題ないのですが、リトリーブスピードを上げる、水深があるなどの要素がある方がより有効に使える気がします。
 個人的にはシングルコロラドのスピナーベイトで通常行うヘリコプターやリフト&カーブのalternative choiceとして使うことがあります。ただし根ガカリのリスクを考えるとスピナーベイトに分があるのは間違いないです。
 あとブレードサイズやシェイプの変更といったチューニングもほとんど行われていないのではないでしょうか。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4