極めてぐれー(ry その3

 今日はありました。確実に日本はビジネスアワーだと思われますが・・・
Bassmaster Classic 2011 Final Day
リンク削除済み

日本時間12:15~14:15
2時間の特番形式です。

追記1
 Aaron Martensは3日目でもかなりスローにKVD1.5をリトリーブしています。カラーは個人的に好きなSEXY BLUE BACK HERRINGだったようです。

 KVDは朝の段階ではリトリーブスピードが1秒にリールハンドル1回転ぐらいで、昼になるにつれて微妙に1.5回転ぐらいの速度に上げていたように見えます。

 Gary Klein は旧Tour Edition Gary Klein Signature model 8ftフリッピングロッドにAccurist PTでフリップという、なんとも安価なタックルで釣りをしていたようです。
 ついでにAccurist PTはフリッピングスイッチが付いています。久々にフリッピングでフリッピングスイッチをその本分通り使用しているプロとその映像を見ました。

追記2
 風が出てからアーロン・マーテンスはKVD1.5のブラックバックチャートリュース、KVDが使用していたのと同じルアーを使っていたようです。
 KVDとAaronが近くを釣りながら談笑していたので、両者共にちょっと大人になったのかなと思ったら、やっぱり軽く牽制し合ってました(笑)

追記3
 完全に追記し忘れていましたが、Derek Remitzが使用したRCのカラーは07 BULL BREAMだったようです。

日本の販売店では407 ブルブリームとなっています。確か同じ最終日、3日目にBoyd Duckettに抜かれてしまいますが、Derek Remitzは試合で2番目のビッグフィッシュを獲っています。
 こちらは価格も価格なので、北米でも注目されておらず、入手はそれほど困難ではないように見えます。ついでにアフィリエイトのリンク先にある動画のリトリーブスピードは遅過ぎです。もちろんハイギアやラインサイズが小さいものを使用していればリトリーブスピードは変わりますが、平均的な6:1のリールで12lbであっても遅いと個人的に感じます。KVDは平均的にもう少し速く巻いています。

 Gary Kleinのフリッピングタックルは多く見積もっても1セット$270ぐらいでしょうか。最近はそれでも高価かなと思い始めているので、自分の釣りに関する金銭感覚が完全にアメリカンになっているのを犇犇(ひしひし)と感じています。


 早速、KVDスクエアビルが売り切れになっていました(笑) 着々と「ウィニングベイト(笑)」として伝わっているようです。売り切れたから2回目を発注して入荷したんだけど、その頃にはみ〜んなもうクラシック2011とか忘れちゃってて、頼み過ぎたところも出てきてワゴンに溢れかえる偏見と惨劇。
 ちゃんとルアーフィッシング理解している人だったら、まずはどれでもいいから、普通に手に入るクランクベイトを買ってアプローチ方法を勉強するはずです。そこから進んで「ウィニングベイト」がどう効果的だったかを検証するわけで、ウィニングアプローチも再現できないのに「ウィニングベイト」に固執して、何も考えないでただ投げてみる。それって自分から見たら「ウィニングベイト(笑)」にしかならないっていうアイロニーが現在、日々日常的に繰り返されているという偏見がある。
 右の方は日本でも一切誰もかまってあげてなくね?的なスクエアビルです。日本産のコピーキャットですが、開発に加わったのはBill Lowen だそうです。何をどう組み込んだとか日本のプロスタッフが琵琶湖アングラーだったりするので、早く今の波に乗って宣伝するべきではないのでしょうか。正直自分は、日本で間違いなく誰やねん扱いされるであろう同盟の一人Bill Lowen が何考えてこれ作ったとか聞きたい人です。それ以外デカイの釣れたって見せられる写真とか基本イラナイ情報でしかありません。
 自分が帰国する頃に、そんなアメリカンルアーの惨劇が繰り広げられていないことを望みます。

tag : KVD Derek Remitz

Post a comment

Private comment

ヤングライオン・・・

アキュリストPTは、商品説明にもケーリー・クラインの名前使ってますし、動画CMにも本人が出てますね(・∀・)

半分、シグニチャー的な扱いっぽいですね(。'-')(。,_,)ウンウン

アキュリストPT、普通にキャストしてもちゃんと飛ぶし当方レベル(もちろん低いって意味ね♪)なら全然問題なく使えますけど、フリップ専用なら飛距離とか関係無いし、キャタリスト以上だとフリッピンスイッチ無かったりしますしね~。

バズとか使う時にも、めちゃ便利な機能なんすけどねぇ・・・(;´Д`)

Re: ヤングライオン・・・

 Gary Kleinと書いてヤングライオンって読んだ日本人初めて見ました(笑) さすがにもう若獅子ではないですけど・・・職業を唯一バスプロしかやってないとかその恐るべきスキルに感服します。
 フリッピングスイッチは普通にKVD Signatureで使ってますが、クラッチが勝手に戻ってくれて便利ですよね。搭載されてさえいればどの釣りでもほぼオンになってます。たまに忘れて搭載されてないリールで、クラッチを入れ忘れ、フッキングしたりしてスプールに惨劇が訪れたりする可能性が上がりますけど・・・


あと写真見せびらかされて、テレスコで7ftぐらいだって言うので調べるとセールで、ぽちってしまいました。重さとか一切気にしないんですが、とりあえずGary Kleinの名前に酔いたいと思います。
そしてここまでいったらとAccurist PT 100HPTまでいってしまいました(爆)
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4