ばすますたー・くらしっく 暇潰し編其の参

Morizo Shimizuの名前が途中経過で10位以内に入ってきています。そしてあくまでunofficial/非公式なのですが、KVDがトップをウロウロし始め、Aaron Martensが昨日の勢いを若干失った感が見え隠れしています。
 半分冗談半分本気で言ったKVD連覇とか普通にあり得る気がしてきました。

 あと日本で絶対「誰やねん」扱いされる/されているであろう Scott Rookに注目してみましょう。最近あまり話題になることがなかったアングラーだけに、こういった場で勢いをつけた選手というのは、エリートシリーズのシーズン中にも一気に波に乗ったりすることがあるというのがメンタルトレーニングの世界では認知されています。例えば夏の高校野球で優勝校が早々に敗退して、それほど名を知られていない学校が勝ち進むという現象に近いと言えばわかる人はわかるでしょうか。もちろんメンタルトレーニングは学問的に大学などで研究されているものなので、現在はそのメカニズムなどの理論体系を整えている段階だったかと思われます。
 Scott Rookのプロファイルです。
http://www.bassfan.com/profile.asp?pro_ID=7
 ピッチング/フリッピングがメインで次点にスピナーベイトとクランクベイトをあげており、サイトフィッシングが苦手と言っています。まさにパワーフィッシング系が得意なアングラーかと思われます。

 Derek Remitz 彼もまた誰やねんアングラーの一人かと思われます。モミアゲが特徴的な選手で、バスマスター界の(マーベルコミックス)ウルヴァリンと紹介されたこともあって記憶している人がいるかもしれません。また2007にはるきー・おぶ・ざ・いやーことROYを獲得しているアングラーでもあります。
http://www.derekremitz.com/
http://www.bassfan.com/profile.asp?pro_ID=887
エリートシリーズの中では、かなり若い方のアングラーではないでしょうか。得意な釣りとメインをジャークベイトと言っています。しかし、個人的にはイーキンスジグが流行した年で、ジグを使って優勝したシーンを何となく記憶しています。そんな製品が流行した年だったので、別の人なのかもしれませんが、ジャークベイトで勝った試合はまだ見たことがありません。情報が少ないこともありどんな釣りをしているのか楽しみな選手の一人です。

 全体的に見て、やはり選択したエリアやタイド/潮の干満で昨日とは少々違った展開になっているようです。何度かここで紹介しているGary Kleinあたりの安定した釣果を見て思ったところです。
 また個人的な予想で完全に外した感のあるのはGreg HackneyとDean Rojasです。この2人が上位に食い込んでくるかなと予想していたので、まだまだ自分の予想が甘いなと思いつつ、バスフィッシングトーナメントが面白いと感じられる週末を過ごしています。

 こんなことを書いている間にBrent Chapmanがトップになっています。もちろん非公式データの速報なので、テキトーさはありますが、良いサイズの魚を捕らえているのは間違いありません。

以下、この1エントリー内に追記形式で気まぐれ更新していきます。

追記1
 Rick Clunn リック・クランがB.A.S.S. Boothというライブ映像に出てきました。しっかりBPSの帽子を被っています。
 4度もクラシックを勝ったことのあるアングラーとして、KVDやその他の選手の精神論的なことを話しています。一体彼らは何をどう感じているのか、どうやって克服していくのかといった部分です。Rick Clunn 本人の経験論を交えて色々とクラシックを語ってくれました。重要なことは「考えていることに自信があること」がポイントのようです。「他の競争者を考えるより魚のことを考えているだろう。」などトーナメントをこなしているからこそ重みのある言葉の数々です。
 流石にここまでレジェンドクラスになると休憩時間もないぐらいずっとサインを書いていなければならない模様です(笑) 写真撮影も含めてかなり忙しそうです。というかRick Clunnがエキスポの会場に居るならば行けば良かったとか思ったりしました。聞いてみたいこととか山ほどあります。

追記2
 Aaron Martensはスピナーベイトがメインベイトのようです。たぶんKVDもそうなんじゃないかと、写真に映ったロッドを見て勝手に思っています。
 Dave MercerのMC見ましたが・・・大丈夫でしょうか?(笑) これからライブでの経験をいくらか積めば面白くなっていくのかなといったところでしょうか・・・。
 Byron Velvick の方が盛り上げ方が巧いような(笑)
 Morizo Shimizu の"Big mama"って叫んだシーンが公式MAD化されて巨大オーロラビジョンに映し出されています。で、やっぱりその動画のメインはIkeが"Never Give up!"って叫んだシーンが何度も連続再生されるところです(笑)
 選手紹介の本番になってDave Mercerのエンジンがかかってきたようです。

追記3
 Gary Kleinが珍しく興奮してインタビューに答えていました。フォグディレイ、霧による遅延さえなければもう少し順位が上げられたのかもしれません。

追記4
 Brandon Palaniuk 23歳でフェデレーションから来たアングラーのようです。かなり次世代を意識させる試合内容ではないかと思われます。

 Morizoさんが紙に書いた英語を読んだせいで、Dave Mercerに日本語で話してよってイジラれておりました(笑) ちょっと大舞台だったので期待したんですが、やっぱり基本英語が話せないんですね・・・

追記5
http://sports.espn.go.com/outdoors/tournaments/classic/live/index
そろそろ日本時間でも良い時間な気がするので、リンクだけでも貼っておきます。

追記6
 Aaron Martens はスピナーベイトからトレブルフックベイトに変えたと言っていました。
 Skeet Reeseでも実釣時間は2時間程度のようです。普通に見てかなりリスクが高いですが、それでもリミットをしっかり揃えられるそのスキルには感服します。
 予想が外れたと言っていたDean Rojasがしっかりとリカバリーしてきました。
 Kelly Jordonはエリアに振り回されたようで、wrong planとそのシナリオを作り間違えたようです。
 Ikeはバークレーのニューベイト・フリッピング系ワームを使ったと言っております。ピュアフィッシングなので日本でも取り扱いが少なからずあるでしょうし、どんな形状の物かちょっと気になります。

http://sports.espn.go.com/outdoors/tournaments/classic/photogallery?id=6139246
 写真からKVDがクランクベイトで魚を捕えているのを見ることができました。
KVDトップキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
 これを出したいがためだけに待機していました(笑)
 ていうかやっぱり持ってくる魚のクオリティーが違います。昨日あげたエントリーで言っていますが、このままいくと普通に連覇で持っていっちゃう流れです。既にMark Zonaがタックル・ベイトなどの情報を全て把握しているようです。
 Press Conferenceで少しツッコミを入れられて明かしたルアーチョイスはスピナーベイトからクランクベイトに変えたようです。若干記者もKVDで決まりじゃね?みたいな空気が漂っております(苦笑)

追記7
 トーナメントディレクターの心労も計り知れませんといった、アングラーとは関係がないように見えて非常に重要なことがあります。2日連続でディレイことスタート時間を遅延させているのですが、トーナメントディレクターは「普通だったら中止にしたかもしれないが、これはクラシックだから無闇に中止するわけにはいかない。」と言っていました。このフォグディレイは明日の試合も起こることが予想されます。移動時間で釣りの時間がなくなるアングラーにはとても不利ですが、Gary Kleinのようにリカバリーしてくるアングラーもいるのが事実です。軽く2時間でリミットとウェイトをしっかり稼いでこれる彼らの釣りを見ておくのも、今後の釣りに参考になるかもしれません。

 あと個人的にGerald Swindleのライブ映像見ながら軽くもらい泣きしたストーリーです。
http://sports.espn.go.com/outdoors/bassmaster/columns/story?columnist=barone_don&page=g_col_Barone_Classic_Angels
 こういうことが自然にできるアメリカ人、Gerald Swindleとか、観客の雰囲気とかそういうところが「ふつうなこと」であって然るべきなのかなと思っています。

 気まぐれな暇潰しエントリーたぶん明日もやります。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4