とぅー・こねくてぃんぐ・いんふぉめーしょんず

 ヒロ内藤さんが今季の新製品について解説しています。特に今回注目してほしいのはスクエアビルについて解説している部分です。

http://www.youtube.com/watch?v=DF15xe64Tr4

 サイレンとクランクは「視覚によって騙したいために、リトリーブスピードを一段早くする。」それがどれぐらい早いかというのは、自分は真横で実際に目にして、さらには釣れるシーンまで一部始終を見せられたわけですから忘れるわけがないのですが、どれぐらいかと言われると抽象的なことしか言えませんでした。
 そんな中で百聞は一見に如かず

http://www.youtube.com/watch?v=_ud0Fzd12-4

 最近日本では誰やねん的な扱いをされるであろう、しかし自分には確実に憧れのアングラーの枠に挙げる一人リック・クランの動画です。ファーストリトリーブとキルを混ぜているのですが、まさにほぼ同じスピードとタイミングでヒロ内藤さんがやっていたことを見せてくれています。
 もちろんヒロ内藤さんの知識背景は、コーデルのBigOの始祖フレッド・ヤングについて知らないわけがないですし、多くのバスプロたちから実際に目で見て聞いて試したことをやっているわけですから同じことをしていて不思議ではないのです。しかし、普通のアングラーがスクエアビルタイプのサイレントクランクを手にしてこの釣り方をすぐにできるかと言われれば答えは「No」ではないかという偏見があります。というかこのスピードでクランクベイトを自信をもって引き切ることができるアングラーって目にしたことがありません。
 普通にヒロ内藤さんならフレッド・ヤングから聞いたとか言いかねませんが、実際のところは聞いていないのでわかりません。ただ同じソースであることは間違いないように見えます。
 さらに内藤さんは「この釣りでハイスピードリールが欲しくなるのがわかるよね。」と言っておられたので、リトリーブスピードは早いに越したことはないと自分の中で受け取っています。
 この件に関して特に自分が質問などを受けた記憶もありませんが、これぐらいのリトリーブスピードでこそ、コピーキャットを含めたスクエアビルタイプのルアーの真価が発揮されると思って間違いないと思います。
 ついでになぜエントリーにしたかというと、まさにこのリトリーブを撮影しようと計画していたからです。リトリーブスピードをとにかく早く、全速力で3〜4回転してキルをかけるなんていう表現はかなり抽象的だなと感じていたところにリック・クランの動画が入ってきました。
 作業がひとつ減って楽になったと思ったのですが、ルアー側のアクションについての動画がないなとツッコミを入れられることに気づくなどしましたが、ルアーを泳がせばわかるさということで重要度ランクを下げておきます。時間が余って気が向いたら撮影、撮影したらしたでそのうち編集するかもしれないぐらいまでレベルは下がりました。
 内藤さんが忙しくなければ、プラドコジャパンのウェブサイトもバスプロのワンポイントアドバイスやテクニックの動画を入れたいらしいのですが、原稿が書けるのが内藤さんしか居ないこともあり他の仕事で忙しくてできないとのことです。ならば自分で可能な限りやってしまおうではないかというヴィジョンを先取りして、そういった流れを全体で加速させることが今回の動画撮影の目的のひとつだったりします。
 でもスイミングプールなんて家にねーよというツッコミに返す言葉がありません(笑)
 オフト(OFT) スクエアリップ...

 オフト(OFT) スクエアリップ...
価格:980円(税込、送料別)

 オフト(OFT) スクエアリップ...

 オフト(OFT) スクエアリップ...
価格:980円(税込、送料別)

 オフト(OFT) スクエアリップ...

 オフト(OFT) スクエアリップ...
価格:980円(税込、送料別)

 オフト(OFT) スクエアリップ...

 オフト(OFT) スクエアリップ...
価格:980円(税込、送料別)


 オフト(OFT) スクエアリップ...

 オフト(OFT) スクエアリップ...
価格:980円(税込、送料別)

 オフト(OFT) スクエアリップ...

 オフト(OFT) スクエアリップ...
価格:980円(税込、送料別)

 オフト(OFT) スクエアリップ...

 オフト(OFT) スクエアリップ...
価格:980円(税込、送料別)




 エクスキャリバーの300が一番人気のアメリカに比べて日本では受け入れられないのですか? というか300がこのシリーズで最もオイシイところだと思うのですが、あまりにその使い方が知られていないのがその原因なんでしょうか? フルサイズクランクを上記のファストリトリーブで引いて4パウンダーを超えてくる魚のロッドをもぎ取られるようなストライクとか超楽しそうではありませんか?
 価格が全く違うのが個人的に気になる部分ですが、「お店の中にあるルアーで釣れないルアーはないと思うんですね。もし釣れないルアーがあるっていう人が居るんだったらその人の釣り方の工夫が足りないだけだと思うんです。基本的に釣り師に割り箸で釣ってきてって言ったら釣ってくると思う。釣り師の彼らは釣るのにはどうすれば良いか考えて色々工夫すると思うんですね。」そういった工夫ができるアングラーになって欲しいという、価格でもルアーでもない価値観を持つべきじゃないかというヒロ内藤さんからのメッセージです。

 Rick ClunnがBPSのスポンサードを降りるとなるとホストを務めるDVD「Bass Pro series」の「Art of Angling」が見納めになってしまうのは少々残念です。また、もしリック・クランモデルがライト&マクギルから出たとして、日本での取り扱いで入手のし易さが変わってきそうです。魚矢がこのままリック・クランモデルまでやってくれるとは思えないのですが・・・下手するとプロテクトがかかって日本の釣具店で購入することができず、個人輸入するしかないとかになってしまいます。あとLuk"E" Strikeのスクエアビルなんていう選択肢も増えるようですが、個人的な見解として、ほとんどの人が価格によって手を出すか決めそうです。

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4