死亡フラグに気をつけ(ry

 鯖停止とかいい加減にしてくれませんか?どんだけ弱いんだよとツッコミも入れたくなります。一時期はまさかチャイナの春節とかえじぷとのデモとか関係あるまいなと疑っていましたが、どうも違うような気がします。単純に鯖が弱いだけなんだという結論に至りました。
 こういう提案をスムーズに受け取ってもらわないといけない大事な時に鯖停止とかマジ業務妨害れゔぇるなんですけど。おかげさまで更新が1日ほど遅れ月曜日という微妙な日時の更新になってしまうなど、予定に狂いを生じさせるおつもりですか。
 2本ほどYouTube経由のBGMを用意しましたが、好みに合わせて再生しながら読むと精神衛生によろしいかもしれません。曲でも聞きながら週の始めですし、2曲のレングスに合わせてまったりと読んでください。読み終えてから聞き直しても良いかもしれません。


 方法論というのはいくらでもあって、例えば増税して成功した国もあれば、減税して成功した国なんていうのも普通にあるわけです。全く逆の方法なのだけれど、方法論としてどちらが良い/悪いといった判断は結果論でしかなかったりします。また善悪で区別の付かないことでもあると考えられます。
 つまりここで一体何が重要なのかというとそれは本質論であって、方法論を議論する前に本質論がなければ空っぽな議論しかできません。その本質的に何が必要なのかという部分が議論されていないから日本の国会とか見ていても何一つ面白くないのだと思っています。方法論の堂々巡り、そんな無駄なコストをかけることのないようにしていきたいものです。
 自分の場合、Category:Noneに上げた企画書などに提案の主幹、メイントピックがまさに本質論を含めた方法論を書いているつもりでいます。マーケティングなんて言って上げた前回はちょっとその部分が薄れてはいます。なぜなら、メイントピックはロッドワークの釣りの世界初無料コンテンツでの動画紹介ということを軸にした、釣りの奥深さを紹介しようとしている部分です。しかし、方法論として視聴者層を絞ったマーケティングを紹介しました。このあたりを誤解してほしくないところです。あくまで本質はロッドワークの釣りの面白さ、奥深さです。それを一度実感してしまうと釣り全般のスキルが上がっていくのではないかという偏見があります。個人の経験レヴェルでのデータはありますが、証明するに必要十分な情報だとは思っていません。その偏見によってもっと釣りの奥深さにハマってくれる人がいれば、もっと高いれゔぇるで皆が話し合えてもっと楽しいのではないかと思うところです。

 さて撮影内容についての方法論ですが、ロッドレングス別の撮影方法が難しいと思っています。50cm以内に5段刻むとしてどのレングスのロッドが一番やり易いかなどというのは主観や個人のスキルの問題です。
 そこで、50cmをマーキングしておいて何段まで刻めるかを限界まで挑戦するとレングスを長くすれば長くするほど難しくなっていくのが目に見えてわかるのではないかというところです。あくまでスキルでなんとかやれるレベルだとしても5フィート半のロッドが一番50cm以内でも刻み易いのは間違いありません。また50cm以内を刻むとして入れるのではなく、ある程度ルアーをもぐらせて限界まで刻み続けて50cmのマーキングで一体何回刻めたかというカウントと取る撮影をやろうかと思います。正直全く新しい使ったことの無いタックルセッティングでやることを考えて予想すると6段ぐらいが、上出来な結果で7段が限界なんじゃないかと思ってもいます。
 それ以前に1段50cm以内のジャークで大きな差が出てしまえば必要の無い実験になります。むしろやらない方を望んでいて、6フィート10インチ以上で刻むジャークとか撮影で1日中やったら肘を壊してもおかしくないんじゃないかと思えてしまいます。

 そんなわけで実験方法はこうして欲しいとかあれば普通に「参考にしてやってみた」的な動画にしてしまうこともあるので、何かあれば書き込むだけ損はしないと思います。自信の考えるリソースから来たアイデアしかないので、他の特に読者、視聴者といった人々のリソースで考えられたアイデアというのは興味深いものがあります。
 自分と他者のリソースの何が違うのか、または同じであってもそこから得られるアイデアが違うというのも面白い現象です。こんなことを言い始めるとキリがないのですが、興味があるのは確かです。もちろんこのメッセージを受け取れる人はここのリピーター読者だと思われるので、そういった人たちのことを知っていくのもコンテンツをより良くしていくためには必要だと考えています。
 というかそもそも50cm以内に5段刻めようが7段刻めようが関係ないと思っている人には一切興味が持てない内容になる、もしくは既に当ブログが眼中にないのではないかと思われます。しかし、例えば同じルアーで同じようなスポットで釣りをしていても釣果に差が出るのは最終的に運ではなくスキルだと考えています。ヒロ内藤さんもよく言いますが、「バスフィッシングを極限まで突き詰めていくと偶然を求めない、運という要素ではなく、狙って釣ったと言うことができる」という考えをそのまま継承しています。

 比較対象に重要な荷物はまだ届いていませんが、たぶん今週末には始められる予定を組みます。これで釣り漬けな週末が何週間かは過ごせるぜと脳内にポジティブな信号を送り始めるなどしています。魚は絶対に釣れませんが・・・。



 一応スイミングプール見てきましたが、自分が思ってたより広くね?と思うなどしました。50cmとか長さをどうやって映像上で確認するとか一応頭の中にはありますが、成功するかどうかはわかりません。今のところ50cmの1区画に2本ロッドを置いて見えるようにしようかと考えています。当然キャストするとラインが上を通過するので、イチイチ丁寧にロッドの下を通す作業が必要なのが欠点です。しかし、テープを底に貼ったところで屈折するのであまり正確ではありません。もしくは、ロッドで区画をわかるようにしておいての映像加工もありかもしれませんが、自分の中で未開の分野過ぎて、素人が全く及ばない領域なので可能かどうかすらわかりません。
 あと個人的に気になる問題は、映画とかバンドのPV自作しちゃう家庭にある本格的な機材に直接目視していない、触れていないことです。そこの家庭は2人兄弟なんですが、子供の将来の夢のために片方には自主制作映画を普段から撮影してるとか、片方はバンド組んで自主制作でしすてむ・おぶ・あ・だうんのべーすさんとかに協力してもらってPV作成とかもう色々とわかりません(笑)
 えっと本格的がどれぐらいのれゔぇるで本格的かと言われると、友人になった彼のお姉様はじぇりー・ぶらっかいまー(ぱいれーつ・おぶ・かりびあんとかの音楽で有名ですか)のところで働いてるとか、父親は自分で作曲とかした曲をリストアップしてデータベース化したりするお仕事らしいし、近所にはうぃる・すみすさんのお家があって、その近くのスーパーとかでレモネードを売りにきた子に1杯$1とかなのに$200渡した伝説があるらしいです(笑)とかが行われちゃう地域に住んでるとか言えばそこのすごさがわかっていただけるでしょうか?
 いや、わからないと思います。その辺を直に目視してる自分ですらその家に滞在するときは
\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?
状態が普通で過ごしているのでもはや何が正解とか知りません。動画を期待されている皆様、動画撮影に協力してくれるこの親子には足を向けて寝られませんよ? 手伝わないとか言いながら最終的には人助けする自分のツン系generous気質とかチリですよ塵というところです。
 間違いなくネットに浸って色々探して見たりするより、絶対に自分の精神衛生には良いので、しばらくそこでしっかり現実逃避しといてぽじてぃぶを貯蓄して帰国しようとか考えているのも一つの理由です。
 たぶん破壊的で非建設的な批判とかガンガン浴びせられちゃうインフラが普通に整って誰でもできちゃう感じになって、そんな影響で極度に萎縮している自分たちの世代ほどこういう出会いで人生が変わるのかもしれません。その変わりようは、ほぼ皆が行く敷かれたレールとか自分から思いっきり踏み外して、自分の人生で無駄なことを1年間アメリカでやっちゃおうとか考えていた人が、結果的に何一つ無駄なことってないのかもしれないなとか普通に悟っちゃうさくせすすとーりーな感じです。ふぃりっぷ・ことらーさんが言う「この本に書かれたマーケティングコンセプトは現代社会を覆い尽くす閉塞感を打ち破る一助になるだろう」っていう部分をまさに具現化することのどこに批判される言われがありましょうか。
 動画を撮影して色々編集してアップロードもしっかりやっちゃって、反応が返ってくることで、世間には恨みつらみがあったとしても、ああ若いって良いもんなんだなって最後の最後に思えるようにしたいところです。


流れている音楽も合わせて ( ;∀;)イイハナシダナー的な読み終え方をして頂けたでしょうか?(笑)
kusa
こういうところでしっかりとボケ倒したいところです。
 でも間違いなくこのAmazonリンクの先の著者の本は精神衛生に良さげなものばかりです。右の紺色の方を読みましたが、その結果がこれらの企画書提案エントリーだと思っても問題ないと思われます。
 というわけでいくらコメントが長くなろうが、読みにくくなろうがコメントの意味するリソースや経験などの詳細を書いてくれるとスムーズに意図した意味を汲み取って答えがだせます。

 最後に「オレ、これを作り終えたら日本に帰ってk(ry」とかいう死亡フラグを踏んでおけば良いでしょうか?

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4