りびんぐれじぇんどなんて一人で十分

 KVD動画の中でも暇な時専用動画です。約1時間KVDが2010年のバスマスター・クラッシックのアプローチが見られます。ルアーセレクションも気になるところなのだと思いますが、キャスティングからリトリーブパスまでのアプローチ角度、ボートコントロールなど見所は多いと思います。動画にBGMなど特にないので音楽でも聞きながら見ていっても問題ないと思われます。

 この試合でのウィニングベイトはレッドアイシャッドことリップレスクランクのゴールドセクシーシャッドとチャートリュースセクシーシャッドだったと記憶しています。そして放送中に色が変色したリップがチラ映りしたフラットサイドのクランクベイトです。
http://bassinblog.richlindgren.com/2008/03/02/final-classic-summary.aspx
 2008年にも同じようにフラットサイドクランクを投げていることから、この時期のごー・とぅー・べいとといったところかと思います。しかしそれだけではなく、冒頭のロッドアクションからするとジグをスイミングさせて使用しているようにも見えます。
 動画でボソボソと日本語でつぶやいている撮影者ですが、「誰に向かって言ってんねん(怒) 地球で一番のバスアングラーやぞ。」というツッコミを入れたくなるなどしました。日本人がそこらで戯言や妄言のように言ってる「神」、「りびんぐれじぇんど」、「天才」とはレベルが違い過ぎます。そんなことを軽く口にすること自体がその人の薄さを証明しているのだという意見には同意します。バスフィッシング業界でそれらが戯言であることを証明するキャリアウィニングスが$4,578,976.50 なわけですから、これを超えてから呼んで欲しいものです。その方が誰にでも公正で科学的な統計学的結論ではありませんか?

 飛ばされたベイトが着水する位置が把握できないほどシャープに振り切った、流れるように行われる毎回のキャスティングにそのスキルの高さを見出してみると、自分のキャスティングなんて全くカタチがなっていないのだなということを教えてくれます。
 1か所だけプライムスポットにして何度もアプローチし直しているところが見られます。周囲の景色から推察するに、クリークのメインチャネルに奥に見えるコーブのチャネルが2本重なったところではないかと思います。もしくは何かカバーが沈んでいるのかもしれません。そして、そのスポットを狙うアプローチは全て、プライムスポットと見られるスポットを通過したと見るなりすぐさま回収作業に移って再度そのスポットへ目掛けキャストを繰り返しています。そのスポットだけはタックルを変更し、ジグのようなロッドさばきをしたりしています。このあたりは効率性のかなり高い、全て無駄を省いたトーナメントアプローチの最終形態といったところです。

 一般的なワーム育ちのアングラーから見るとリトリーブスピードがかなり早いと思います。このようなアプローチで自信を持って最低7時間を3日間やれる日本人アングラーってどれぐらい存在するのでしょうか。正直アメリカにもエリートシリーズプロを入れたとして1%も居れば良いところではないでしょうか。田辺さんが芦ノ湖で「Go for it! GAME62」(リンク先はGyaO 配信終了日:2011年8月10日)でレンタルボート店曰く、「訪れる人が100人居ればハードベイトをできるアングラーは3人ぐらい」なんてことを言っています。
 日本なんていうローカルでエッジな釣り場では、そのローカルでエッジな釣りが一番最適なのだという理論もわからなくもないですが、それを証明するのにハードベイトで王道に釣っていくデータが不足していませんか? 公平に天秤にかけられた結果だとは到底思えないのですが、それっていわゆる片方のデータだけ押し付けた、某ダイエット/健康TV番組のような洗脳的な結論に過ぎないのではありませんか。実験する時は、条件を同じにして比較したい部分を対比するって小学生の理科の実験レベルな気がします。このように個人的にさいえんてぃふぃっくで裏付けられるとの考えで、そのあたりがもの凄い勢いで盲目的に信じられている事実なのだという偏見があります。
 観客がコーブに入って来てスポットが荒らされないように、その妨害をあしらうシーンなど見所は色々あるかと思いますが、やはりカメラマンを含めて観客が普通に持っているエンターテインメントのイメージと、実際行われるそのクオリティーは相当高いのだろうなといったところが個人的には見て取れました。

 個人的な経験としては、動画を見たままの速度で同じサイズのKVDリールを持ってリトリーブしてみると、動画での見た目より確かにリップレスクランクだったらこれぐらいだなという、特に早過ぎるといった手の感触はありませんでした。回収中のリトリーブスピードもあるので、そのあたりに注意してリールを回してみてこれは早いのか遅いのかちょっと意見を聞いてみたいところではあります。TKVD150PPT ギアレシオ:5.3で1回転約24インチ(約61cm)巻けます。巻いている速度を計算してみて、自分の所持しているリールで実際動く距離と速度を陸上でも釣り場でも再現してみると色々とわかって面白いと思います。

 生きる伝説なんて1人で十分です。2人も居たら両方なんて注目していられません。その資格が今はKVDにはあるわけですから、彼の功績を今確認できる時に見逃して、後で後悔するよりも、今かじり付いてでも見て自分に取り入れようとする姿勢がある方が色々と吸収できると信じているタイプです。


 日本でも売れているところでは普通に売れているのですね。日本でワゴンセール行きになっていたところをまとめ買いしましたが、店員さん曰く「使い方がわからないんじゃない?」とのことでした。それでも重さのバリエーションでゾーンを変えるといったアングラーから攻めていったり、ロッドワークを入れたり、その特徴として言われる遠投性に対して「遠投できるから何なの?」といった受け答えは望めないかもしれません。「遠投するだけならジギングスプーンの方が圧倒的に飛ぶ。」その事実になぜリップレスクランクなのかといった知的財産的な部分は既にヒロ内藤さんによって詳細が解説されたDVDとなってリリースされています。


【送料無料選択可!】ヒロ内藤 LURE THE SPIR...

【送料無料選択可!】ヒロ内藤 LURE THE SPIR...
価格:2,533円(税込、送料別)

tag : KVD 暇な時専用 巨人は代打の切り札であって代打の神様ではない 神様仏様八木様

Post a comment

Private comment

Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4