A「フリッピングといえばバジル・ベーコン」B「なにそれオイシイ?」その2

 Harold Sharpが亡くなられたようです。
http://fishingtackleretailer.com/harold-sharp-former-b-a-s-s-tournament-director-dead-at-88/

以下のリストに挙げられる人材が世を去るというのは寂しくなると同時に、何か貴重な経験や教訓を失ったように思え、何かもっと彼らから学ぶべきことがあったのではないかという一種の後悔のようなものを感じます。
http://www.bassfishinghof.com/alphabetical-listing-of-inductees/


 さて、そんな中に名を連ねている一人、Basil Baconについて触れてみましょう。
http://www.bassfishinghof.com/alphabetical-listing-of-inductees/basil-bacon/

 彼は本物の機器設計の先駆者でありながら、実績のあるトーナメント・アングラーです。
Basil was the first person to design a “flippin’” button on a baitcasting reel.
 Basilはベイトキャスティング・リールに「フリッピン」ボタンを設計した最初の人です。今日では、「フリッピン」ボタンは世界的に淡水のベイトキャスティング・リールで一般的になっており、それは70年代初期から中期にかけて成熟された「フリッピン」という新しいテクニックをアングラーが学ぶ手助けになりました。

 「フリッピン」ボタンに加えて、Baconは今日のバス・ボートに必ず組み込まれている「フリッピン」デッキを開発した先駆者でもあります。さらにBaconは最新のバス・ボートのパフォーマンスを最高点に到達させるために使用する4枚ペラを考案しました。

 Baconの専門知識はデザイン、釣り産業やマリン用品にとどまりません。Baconはアメリカの釣りの歴史の中で、優れたルアー・デザイナーの一人でもあります。

 長年に渡り、Basilはルアーの傑作として、Bacon RindとBacon Stripといったソフト・プラスティック・ルアーにWakin' Bacon spinnerbaitをデザインしました。

 1971年からBaconはいくつかのプロ・トーナメントに参戦し、BASS Master Classicsに9回参戦、B.A.S.S.で2度のタイトル、1973年と1974年にProject Sports Bass Tornament TrailでAngler-of-the-Yearを獲得、Fisherman's Bass Tournamentsで2度、Bass Casters Association tournamentで3度のタイトルを、Angler Choice Pro Division Classicでのタイトルに加え、最近のものでは2002年にNashvilleから離れたOld Hickory LakeでのWalMart FLW Tour Eventでタイトルを獲得しています。

 Basil Baconの偉大なトーナメント・キャリアを見通してみると、彼はB.A.S.S.のトーナメントでTop 10に40回、参戦してきた様々なトーナメントを合わせれば125回のTop 10を記録しています。

Basil Bacon…a true living legend in the world of bass fishing!

2007年殿堂入り。

 なぜ誰も気にしなくなったのかと言えるぐらいの功績を残した人物です。ボートのデッキを高く設定することというのは、バス・ボートの世界では今日誰もが最初に意識するか、意識しなくとも最初からそう設計されているぐらい一般的なものです。
 フリッピン・スイッチという革新もBasil Baconと共に日本では見ることがない一方で、北米ではどこかのメーカーが忘れられる前に必ず製造してくるぐらい有用性を一般的なものとし、地位を確立しています。


 一体何が言いたいのかというと、ここまで説明しないとBasil Baconのプレゼンテーションに関する記事すら紹介できないという現状への批判です。フリッピングで出てくる名前がTommy BiffleとかDenny Brauerといったところで、「それピッチングの人ですよね。」という反論すら理解されないこの歴史を無視した現状への確固たる非難です。
 日本人の口だけの「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」という態度は一体どうにかなりませんかなどと問いかけてみることにします。仮に大学を卒業していて歴史に学ぶ方法を知らないというのであれば、本当にカワイソウであると判断して同情してしまいます。
 そんなカワイソウな人向けにわざわざ丁寧に解説している当著者がなぜこのようにアクセス制限をかけて、著作権侵害と剽窃による利益の享受の先を操作されることを防がなければいけないのでしょうか。

So we're different, why do I deserve to die now? Give my a reason why?

 Harold Sharpが亡くなられたようです。
http://fishingtackleretailer.com/harold-sharp-former-b-a-s-s-tournament-director-dead-at-88/

以下のリストに挙げられる人材が世を去るというのは寂しくなると同時に、何か貴重な経験や教訓を失ったように思え、何かもっと彼らから学ぶべきことがあったのではないかという一種の後悔のようなものを感じます。
http://www.bassfishinghof.com/alphabetical-listing-of-inductees/



 そして当著者はなぜ権利を奪われ悪いビジネスを企てる連中から迫害され続けなければならないのでしょうか?

You have to learn the rules of the game. And then you have to play better than anyone else.

 少し前のB.A.S.S.のspokesmanというのは、AOYや毎年トップでイベントを終えるKevin VanDamはもちろん、Tim Hortonあたりがルーキーから成績を残したという実績から重用されていた記憶があります。もちろん今でもいくつものメディアから取材を受けているわけで彼らの地位は揺らいでいません。
 しかし、そこに新生のspokesmanとしてBPことBrandon Palaniukがその地位に就いたことも間違いありません。Elite Seriesに昇格するその年、OpenからClassic進出を果たしているわけで、その2011年のBassmaster Classicの2日目にはSuper 6となり最終的に4位で終える衝撃的なデビューを飾ります。その翌年には2012 Elite Series TroKar Quest, Bull Shoals Lakeでlong liningという方法でこれまた衝撃的な勝ち方を演出し、さらに翌年2013 Elite Series Evan Williams Bourbon Showdown at St. Lawrence Riverでドロップショットを使用して圧倒的な成績を残して勝っています。
 さて当ブログで当著者はその2011 Bassmaster ClassicからBrandon Palaniukの貪欲さに感化されたのですが、つい先日のSt. Clairではついにリンク先のようなことを語るまでのspokesmanぶりを発揮し始めてくれました。
http://bassblaster.bassgold.com/brandon-palaniuks-2nd-place-st-clair-pattern

Brandon Palaniuk almost won the St. Clair Elite event. He was fishing the St. Clair River near Lake Huron, and said “the key to the area was the mix of current, with the main river current and a back eddy. The grass held a large number of baitfish that would get washed out into the main current.”

He added (here), “Every time a ship would pass through the channel, it would literally suck the baitfish off the spot and create a feeding frenzy.”

And: “The smallmouth would sit in the small depressions in the shell/gravel bar and feed on whatever came their way. Most bites came 24-30′ of water.”

Bait and rig
Bait: 3″ Berkley PowerBait Twitchtail Minnow (green pumpkin) soaked it in Berkley Gulp Shad Marinade.


Hook: VMC #1 Drop Shot Hook.
Weight: 3/8oz EcoPro Tungsten Full Contact dropshot weight.
Rod: 6’10 ML Abu Garcia Fantasista Regista spinning.
Reel: Abu Garcia Revo MGX Spinning.
Line: 8-lb Berkley FireLine Crystal main line, and 8-lb Berkley Trilene 100% Fluorocarbon leader. Had about a 12″ leader between hook and weight.

 Brandon Palaniukは惜しくもSt. ClairでのElite eventでの勝利を逃しました。彼はSt. Clair River近くのLake Huronで釣りをしていて、「そのエリアでの鍵となるのは、河川の本流の流れと押し戻されてきた流れによる渦という、流れの組み合わせでした。エリアの近くのグラスが多くのベイトフィッシュを留めており、本流の流れでそのベイトフィッシュが押し流されてくるようなエリアでした。」と言います。

 彼は「大型の船がチャネルを通ったときに、そのベイトフィッシュがまさに吸い寄せらせ、激しい餌の奪い合いがそのスポットに生み出されていました。」と付け加えます。

 そして「その釣ったスモールマウスは貝と砂利の混じる一帯の小さな落ち込みに位置して、彼らの目の前に餌がくるのを待ち伏せて捕食しているような魚でした。ほとんどのバイトは24-30' (7.3-9.1m)で得られました。」

 イラストがなかなか渋くて、それぞれの魚がthe current,その言及している流れに頭を向けています。もちろんBrandon Palaniukはこの動画内のインタビューでも魚が流れに頭を向けることに言及しています。
 本来、B.A.S.S. Timesなどに掲載されるイラストの原案をSNS時代にそのまま掲載したといったところでしょうか。このままの情報でも面白いところですが、これにプロのイラストレーターの手が加わればどのような仕上がりとなるのかという点も合わせて見ればそのイラストレーターの想像力と創作力という匠の技が見られる楽しみが増えるはずです。

 しかし、今回のSt. ClairはBPが最終日にやらかしたという以上に、2008年とその周辺の年にKevin VanDamとAOYレースをしていていつもこの時期のスモールマウス主体のイベントで安定しなかったことからAOYを逃し続けたTodd Fairclothが逆転して勝ったことについて祝うべきではないかという偏見があります。
http://bassblaster.bassgold.com/todd-faircloths-winning-area-and-baits
 使われたベイトがStrike King社Z Too(Arkansas shiner)とDream Shot(KVD Magic)の3/8と1/4ozのドロップショットというTexan Flipperにできる限界であろうプレゼンテーションを用いて圧勝したのは称賛する以外にありません。

 こういった細かい点での各個人のスキルアップを見ているのも非常に楽しみではあるわけですが、その反面下がり続ける全体の水準という問題は常に提起しておきたいところです。Roland Martinが、息子のScott MartinがFLWで勝った時のインタビューで「私も数々のトーナメントを制してきたが、今は時代が違ってより各個人の水準が上がり、テクノロジーもそれを手伝い私が参戦していたときのようにそう簡単に勝つことができなくなっている。」と言ったことが記憶に新しいわけですが、今年の2015 Bassmaster Classicの初日終了後のトップ6のインタビューでCasey AshleyだけがHerring,後にBlueback Herringと魚種を特定するベイトフィッシュについて興味を持ってなおかつそれについて語ろうとした態度を見たところ、全体の水準は下がる一方だという結論を導き出しているわけです。当時、当著者は実際の結果がどうなろうとMVPは初日のインタビュー終了後からCasey Ashleyだと知人に言い回っていたことを思い出します。
 仮に全体の水準が上がっているのであれば、もっとそのインタビューであればherringについてもっと語ることがあったのではないか、違う視点から意見することができたのではないのかという意味です。Rick Clunnが警鐘を鳴らしている「テクノロジーは素晴らしいが、そのテクノロジーに頼りすぎるのは過ちである。」といった、例えばGPSにおいてGPSの座標がその瞬間の衛星の位置的な影響で液晶に現れる自船位置がズレて釣れなくなりGPSを言い訳にするようなことがあってはならないという意味の忠告は聞くべきであるといった意味の水準の高さです。

 個々のスキルが上がっているのに、全体の水準が落ちているということは、やはりそれは個々のスキルが上がったというよりテクノロジーの進歩の影響であって、スキルアップが理由ではないという結論が導き出されるのではないかという分析は大きく誤っているとは当著者は到底思えないわけです。もちろん当著者が望んでいるのは全体の水準が停滞しているように見えても徐々に登り続けている状態です。Todd FairclothもGPSのway pointという語彙を使っているのでそのスキルアップについての真偽は今後のツアーでの成績が証明してくれることでしょう。

 Bassmaster Toyota Angler of the Year Championshipを残しているわけですが、AOYはもはや決まってしまったわけですが、最終戦にノープレッシャーで勝つ象徴といえばIkeとSkeet Reese, Edwin Eversが挙げられるという偏見があります。
 個人的に応援したいというか期待、または注目しているのは久しぶりに安定していたScott Rookとこの季節に上がってくる脅威のような雰囲気があるJonathan VanDamです。

 加えて、そして蓋を開いてみればBrent EhrlerはKevin VanDamと比較されて東西の、さらには団体の違うB.A.S.S.とFLWのspokesmanとして君臨していたわけですが、同じ団体に所属してみれば1勝もせずにAOYを6位でChampionshipへ進出し、Rookie of the Yearを手中に収めることがほぼ決まっています。ついでにAOYレースのポイントでMicah Frazierとは116 ptの差があります。今後BassmasterとFLWの両方を語ることができる新たなspokesmanをbass fishing industryは手に入れることに成功したわけです。さらに言えばMajor League FishingでもWinnerになっているわけですから、ツッコミどころなんて存在しない語りたくなくなるほど完璧な、完璧すぎるキャリアであることは間違いありません。仮にBrent Ehrlerが最終戦に勝つとインパクト最大級で今年度を終えることができるというのは、ESPNだとかFOX sportsだとかスポーツチャネル的な、興行としての視点ですが、産業的に消費を伴うということを考えればそれ以上は存在しない結果です。

 個人的にBassmaster Classicに日本人が一人も参戦しないという結果がもたらされることが何よりの結果です。それできっと日本人の誰もが気にしないBassmaster Classicが戻ってくるのですからそれほど嬉しいことはありません。誤解だらけの解説や解釈など見たくもありません。結果だけが全てで、初日や2日目の結果だけ見て誰が勝ちそうとかいう根拠のない予想コメントも貰わずに済みます。結果だけが全てのトーナメントなんて何の面白みもないことに気がつかないというのは本当に損をしているということを何度も書いているわけですが、一向に理解されるところが見えないということが、水準が下がったとはいえBassmasterをいかに舐めているのかという態度が伺えるという偏見があります。そういった正しいB.A.S.S.やBassmaster Classicが戻って来るというのならばそうなって欲しいと願うのは当著者だけなのでしょうか。

 既に釣り方を知らないスモールマウスがメインのイベント続きで誰も気にしなくなってきた偏見のある現状からの最終戦をあなたはどのようにして楽しむ予定でしょうか。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4