「なぜ勉強するか」と言ったら「自分の頭で最大限正しい判断を下すため」だ。そして今で言うと、「わからないのに」あるいは「わからないがために」色んな情報に右往左往して醜態さらすような大人にならないように、である。

 色んな情報に右往左往して醜態を晒すヲトナ達と言えば、釣り業界にはそういった人達しか居ないのではないかという偏見があります。
 もちろん醜態さらすヲトナの書くブログを見ながら上から目線でヒドイね、カワイソーだねと思いながら自分のピュアさを昇華するブログがないとやっていけない人が存在していておかしくない社会だと思うので、そういう人向けはそういう方向性を失わないで欲しいと思う今日この頃です。しかし、当ブログにそういうのを欲しがる読者は不要ですし、きっと耐えられなくてとっくに居ないという偏見があります。それでも、純粋さを昇華する方法として自然の中で遊ぶ釣りが十分に成立するはずなのですが、その釣りにヒドイ、カワイソーだと思わせる釣果のなさ自慢やライトリグに頼るといった要素をわざとやっているならまだしも無自覚に追加してしまう人達というのは本当に想像力に欠けた可哀想な人達だという偏見もあります。
 さて前回の投稿に反応がある割に誰からもツッコミがないわけですが、実際はキャストしたルアーの空中での軌道と水中でのリトリーブ軌道を3次元的に考えれば、キャストして引き出されたラインの長さがそのまま着水点になっているわけではないので30mよりも実際は短いという点に気がつければその読者の感性と思考は生きています。それでも基準を持つべきだというトピックに間違いはありません。あくまで自分なりの基準を持つというときにそういった具体的な数値目標をがあれば、前回に例示したように比較ができますから自分の釣りをより深く理解することができます。

 さて久々に感性のない、見る目のないルアービルダーを自称するクランクベイト好きというのが意味不明な地位を確立しようとしている今日この頃ですが、彼らがよく言う「パクり」、「コピー」、「二番煎じ」の定義について異議申し立てをしたいと思います。
 例えば、どんな商品でも見る人によって「何かと同じに見えるかどうか」という粒度が変わるのはよくあることです。しかし、それに対してクリエイター、売り手、マニアがそれについて「詳しい」が故に細かい違いに溺れたり、逆に普通の人達にとって気にならないようなレベルのものをパクりだと気にしたりするということがよくあります。従って、何か類似した先行商品がある状況で「パクり」と揶揄されるとして、注意しなければいけないのはその人が「先行商品に忠誠心があるから」なのか、「先行商品を知りもしない、あるいは知らないが故に」なのかだという点です。逆に言えば3つのどれにも該当しない場合、多少売れてる先行商品があるのはどう考えても大チャンスで、数年経ってみたら誰も先行商品のことなんて覚えていなかったりするという偏見があります。
 そしてその「二番煎じ」という戦略が稚拙なものに陥る状況は3つあります。
1)先行商品が既に高い忠誠心を市場から得ている。
2)先行商品と差別化できるポイントがない。
3)差別化が標的市場の価値に繋がらない。

 こういった前提からスクエアビルという商品を見るとthe U.S.という国では既にスクエアビルの先行商品、Big Oなんてほとんど忘れられています。Lucky Craft RCシリーズのコピーかどうかという話題になった時点でそういうことです。そしてcopy catと揶揄されていたということは1)の忠誠心がそれなりにあったように見えますが、他社がスクエアビルを大量に市場投入し、いくつか定着したところを見るとその忠誠心は大したことがなかったということです。
 Lucky Craft RCシリーズとStrike King KVD Crankbaitを例に挙げれば、1)が大したことなかったのは先に述べたとして、2)は確実に価格という差別化がありました。もちろんbuilt-in actionというのもありますがそれは粒度の問題であり、「詳しい」が故に細かい違いに溺れているだけです。3)はその価格を下げたということで市場内での価値とつながります。同じようにLuck E Strike RC*2(square)も価格を下げているということで同じ結論となります。

 これが市場対象を日本にするとどうなるかというと随分と意味が変わっているように見えます。まず最初に肩書き商売している人達がこぞってコピーだパクりだと批判するわけです。それに乗っかって「先行商品を知りもしない」人達も二番煎じを揶揄したり馬鹿にしたりするわけです。そうすると商品が市場で忠誠心を得ているのではなくて、そういう肩書きを持った人物達の方が標的市場の価値となっているわけです。従って、ルアーが優れているとか劣っているとかもうそんなことはどうでもよくて、そういったロクに批評もできないような人物への忠誠心があればそれでいいということなのです。いくら商品に差別化を図ったところで、商品自体に市場価値はなくて、それを褒め讃える人物とその批評が価値となっているのです。商品、この場合ベイト・ルアーに釣れるとか使い易いとかそういう本来の意味が価値を有さず、自分が信頼している(と錯覚している)人が褒めているものだからそれは良い物だという点に価値を見出すわけですから、そりゃそんな顧客に何を言っても、どれだけ優れたベイト・ルアーであるか語ったところでどうりで無駄なわけです。
 つまり日本の場合において何が言いたいのかというと、市場が市場として未成熟で機能していないということです。ベイト・ルアー、ツールの価値なんて使い易いとか釣りやすい、釣れるといった点を追求すれば良いし表面上はそんな体面をしているのですが、中を覗けばそういったショーモナイところにしか価値がなかったりするという事実に驚愕と落胆を示さずにはいられないはずです。

 当ブログはそういった肩書き商売を批判し、ロクデモナイ連中が所持する価値を根底から崩していく立場にあります。ツールなんだから本来の意味、本来の価値を市場に取り戻すという試みです。
 この件から学ぶことといえば、まず肩書きがある人物を疑ってかかること、その人物の取り巻きが持つ忠誠心が高そうであればあるほど注意するといったことである程度ショーモナイ肩書き商売に騙されることは激減するはずです。そして、そういった人物の批評を信用しないのはもちろん、彼らが必要と言ったものほど不要で、不要と言ったものほど必要であるといった逆説がある一定の信頼性を持つというのも覚えておいて損はないでしょう。

 ちなみにボディ・プロファイルから全て違いますが、動きの大きさだけで比較すると以下のようになります。
Xcalibur XC100>RC*2 Series 3>KVD 1.5
 限界潜行深度はユニチカ シルバースレッド S.A.R. 300m 25LB(.410mm)を使用で70ftのキャストで4ft程度ですが、diving curve初期の角度、つまり潜り出しの早い順は以下のようになります。
RC*2>KVD 1.5>Xcs100
 動きの大きいものは物理的に潜行深度が稼げないのですが、RCスクエアはリップの延長線上にあるヘッドの平面をその欠点を補うデザインとしてデザイナーが組み込んだと考えると筋が通りそうです。この手のスクエアビルに潜行深度が10ftを叩くクランクベイトと比較するとそれほど重要ではないところがあります。なぜなら、本来スクエアビルの使いどころ、出しどころは通常スピナーベイトを使用するその時だからです。5ftまでのシャローで見るからに引っ掛かりそうなカヴァーのある場所というのが使いどころであるが故に目で見える範囲ということもあり、それこそ15ft diversと比較すると全く気にしなくても良い程度のものです。それでも知らないよりかは知っていた方が良いので、敢えて記述しているのは、大事なことなので何度も言っている比較することで自分の釣りをより深く理解しようとする意図があるためです。
 さて、このあたりで終えているロクデモナイ批評もあるかと思いますが、こういった全てのベイト・ルアーでどれが優れているというものはありません。"There is no magic lure.", Rick ClunnにしろKevin VanDamにしろ誰もが言うフレーズです。ルアーに魔法も神も宿っていません。そこでこれらの情報をいかに使用して合理的に運用するべきなのかという結論が必要なのです。
 結論は端的に、全て必要な人にとっては必要なモノ達です。しかし、自分のスタイルが確立している、体系化している人にとってみれば、これだけの情報からでも整理して自分に必要なモノだけ取り込むはずです。そこで問題となるのはその体系化されたシンプルな自分のスタイルを今現在持っていないということになるかと思います。大事なことなので何度でも言っていますが、それをつくるための積み立てがあり、基準づくりが必要なのです。そして、それをつくる方法としては、勉強するしかありません。自らが意図して考えながら、最初は投資としていくつかのベイト・ルアーを一揃え購入する必要性も出てくる中で、着実に検証作業していくという意味です。何も考えずにそういったスタイルを確立しようとすれば膨大な時間がかかり、休日だけの釣行時間ではいくらあっても足りませんし無駄だらけです。従って、考えて、合理的に賢くそういった勉強をしていこうというのが当ブログの提唱なのです。そのときに考えておくべきこと、どのようにすれば合理的か、読者の読解力や論理的思考という著者の手から離れた資質に依存しますが、そういったヒントをいくつも散りばめてきています。
 使えないルアーがあるなんて言うのはアングラーの腕が無い証拠ですし、アタリ・ハズレなんていうのも自分で合理的に積み立てれば良いだけのことでそこに他者の意見を汲む必要もありません。さらに全て、それぞれのツールごとにそれぞれに使用できる状況があると考えるのが賢明な判断です。普通の感性の人達が肩書き商売、その人物達とその取り巻きの忠誠心に価値を見出してコストを費やすことなんてありません。既にそのような罠にどっぷりとはまっている人達に今は何も忠誠心に価値を見出していない人達も含め、自分の基準づくりをすると共にそういった釣り本来の価値を取り戻すべきではないでしょうか。

A「てんでダメな連中が栄冠を勝ち取るプロセス、スポ魂ていうのはこうでなくちゃねー。」B「無能な連中が勝つのがそんなに楽しいのか?」

 近頃、基準を持つことという点について強調していますが、それがなぜ重要なのかというと基準がなければ比較ができないからです。何と比べてこれはどうだという比較論がつくれないのです。強風でボートから釣りができない日がついに出てきてしまいましたので、ブログに時間を割こうと思います。

 今回はKevin VanDamのスピナーベイトを使う動画にて彼のキャスティング・ディスタンスの基準を見てみましょう。
 最大でも40回程度しかハンドルを回転させていません。使用しているリールは手のサイズを考慮してもQuantum EXOの100の可能性が高く大きくても200で、彼の場合7.3:1をソフト・プラスティック・ベイトならまだしもリーリング・ベイトに使うことはほとんどありませんから5.3:1か6.6:1です。そうするとハンドル1回転あたりI.P.T(Inch Per Turn)は24"-32"(約60-81cm)です。
 仮に一番巻き取れる数字で簡易的に計算してみましょう。動画中では42-43ですが数字的に敢えて45回転で計算してみます。
32*45=1440 inch となります。センチメートルに換算すると36.576mとなります。
 個人的に一番可能性の高いと思うEXO100SPTで計算すると
28*45=1260 inch でセンチメートル換算で32.004mです。非常にバス・フィッシングの基準の数字としてしっくりくる100ft(≒30m)となります。
 Angler of the Yearに7度、Classicを4度制覇した彼でもこういった基準のキャスティング・ディスタンスというのが存在しているのです。そして最大でも40回転程度と先に述べたように、こういった動画中のようなグラス・パッチやエッジに対してアプローチする場合は、ロング・キャストで30mという考え方が適当だということです。何が言いたいのかというと、闇雲にロング・キャストと称して50mまたはそれ以上ルアーが飛ばせたところで釣りになっていないということです。普通はボートに乗っていれば、または乗った瞬間に感性でそういった距離を長くすれば長くするほど釣りにならなくなるということが理解できるはずです。
 最近コメントでもらいましたが、「もう少しキャスティング・ディスタンスを伸ばしてみれば・・・」ということがいかに難しいかわかるはずです。精度の高い、狙ったスポットへベイトを落とすキャスティングというのは肉体的、フィジカルに余裕を持たせた状態であるから初めてできることだと自分は考えています。仮にその精度の高さが保てるキャスティングの距離感を自分のスイートスポットとすれば、そのスイートスポットを超えたロング・キャストが強いられる場合、力の入れ具合を変えることから間違いなくキャスティングの精度は落ちてしまいます。不安定な小型ボートであればあるほど力んだためにバランスを崩してキャスティングしようものなら落水してしまいます。岸であれば足下が安定していますからバランスを崩そうが水際でもない限り落水しませんから、それこそ無茶苦茶なバランス、体重移動でキャスティングしてはいないでしょうか。
 さてこのロング・キャストで30mですが、果たしてKevinが使用するような7ft弱のロッドでキャスティングの基本もできていないような人が自分の狙った場所へベイトをプレゼンテーションできるでしょうか。リーリング・ベイトを使用しているときであってもKevinのキャスティングは非常に巧みであると言える人はきっとキャスティングのできている側の人です。ジグのような釣りのキャスティングも目を見張るものがありますし、わかりやすいところではありますが、彼の他のElite Series Prosを凌ぐところはクランクベイトやスピナーベイトにおいてもその精度が維持できるところにあります。マシンガンキャストなどという肩書きを背負わされた日本人が居ますが、あの程度のショート・キャストは適当なトーナメントで勝ったことのあるプロを見れば普通だということがわかるはずで、きっと見たことがないだけ、知らないだけです。そしてKVDの場合は30mのディスタンスで普通にリーリング・ベイトを精度の高いキャスティングで使えているところが非常に凄いところ、キャスティングが巧いところなのです。
 こちらの動画では冒頭でちょうどリール・ハンドルを50回転させています。キャスティング時に金属の接触音がしていることから使用しているのはスピナーベイトだと考えられます。100SPTで計算してみましょう。
28*50=1400 inch 換算すると35.56mです。
 KVDの言うロング・キャストでもこの距離感なのだということを理解できたでしょうか。現在進行形でBassmasterでの生涯獲得賞金額がトップのアングラーでもです。

 さてこういった流れを汲んで初めて理解できることなのかもしれませんが、Kevin VanDamにしてもRick Clunnにしてもショート・ロッドを使用して基本を学んできたということです。そもそも1980年代に7ftのキャスティング・ロッドはありませんでした。出てきたのは80年代後半でほぼ90年代です。本当にショート・ロッドと比較してロング・ロッドの方に利点が多いのでしょうか。世間で言っているロング・ロッドの利点は「(闇雲に)ロング・キャストできる」ことであると仮に疑ってみると世間がどう見えるでしょうか。ロング・ロッドの利点に限界の距離感という話が出てきたでしょうか。
 さて、距離感の基準を持つために最初から30mで試行してみたところでうまくいくはずがありません。以前のエントリーで紹介しましたが、5m, 10m, 15mという感覚をまずは持ってみるべきです。そこからキャスティングであれば15mをまずは基準としてみるべきだと考えています。そこから徐々に30mまで自分のキャスティングの精度が高さが保てる自分にとっての(キャスティング・ディスタンスの)スイートスポットを探りながらつくっていく、つまり有用性の高い積み立てをしていくのです。

 そもそも釣りをやっていれば、自分がキャストしてからリール・ハンドルを回すという動作を普通は何千回と繰り返しているはずです。それなのに自分が大体どれぐらいリール・ハンドルを回転させているかという具体的な数字を知らなくとも感覚でこれぐらいというのが出てくるはずだという当著者の持論があるのですが、一般的にはどうもそうではないようです。自分の場合、KVDの動画を誰よりも詳しく見ているという自負を敢えて持っていることで、学べるところがないかと何度も見返すことから、彼の釣りのリズム、リトリーブのリズムを再現できるようになっています。なぜわかるのかと言えば、他のアングラーの映像を見たときにそのKVDのリズムをとりながら見るとズレが生じるのです。これも結局は基準があるから比較して他がどうだということが理解できる一例であり、他の比較対象の情報を追加することで自分の基準をより深く理解することにもつながっているという点にも注目するべきです。
 リール・ハンドルをいつもの感覚で回してみて、ショート・キャストであればこのぐらいで手元までベイトが返ってくる回転数を部屋の中で想像するのも非常に重要なことだと考えています。そして自分のリールのことですからI.P.Tなどの数値を確認して計算してみれば自分がどれぐらいの距離感で釣りをしていたかというのがわかるはずです。
 寒くなってくると釣果がなくなることから「本当は釣りが好きではない人たち」が釣り場から居なくなります。釣果だけではない釣りの本当の面白さを知っているのであれば、こういった基準づくりや自分の釣りをより深く理解するための再確認も追加すればより楽しい釣行が可能なはずです。大事なことなので何度でも言いましょう。釣り歴がいくら長くとも、基準を持たない釣り人が巧くなることはありません。

全く最近の人類というものは教訓というものを知らないから困ります

 日本の釣り人というのは、自分にとって都合の良いインスタント釣果が出せるライトリグの投稿や興味のあるツールの記事にはすぐにでも反応するけれど、本当の釣り、釣りの中身の話をしている記事には一切触れようとしないという偏見があります。あまりに完璧過ぎる、映画でいえば『バリー・リンドン』のような完璧なものを見せられると人は語りたくなくなる、語りたいとは思わないというのはある意味真理だということは認めますが、当ブログなんていうのはツッコミどころをあえて多数残しているわけで、釣りの中身についてもっと広がりが出ないというのはそういうことなのだという確信を当著者に持たせます。
 例えば、「秋の釣りって何を目安にして組み立てていますか?」という質問をしようものならば、質問された側はまるでなぞかけやクイズを出された鳩が豆鉄砲を食ったかのような顔をされるという偏見のことです。当著者であれば質問側として、優しさを追加して「秋の釣りって水温でいうとどれぐらいを目安にして、それを組み立てていますか?」と詳細さを加えようとも誰もその基準について語ってくれないという偏見についてです。釣り歴がどれだけ長かろうとこんな基本的な基準すらない人達と「釣り」のその中身について会話できるはずがありません。会話できるところを妥協しても結局のところは釣果かツールについてという至ってドウデモイイ内容となってしまうという先に述べる事態に陥ってしまうわけです。さらにそういった釣果やツールの話であっても魚そのものや基準が伴わない会話なわけですから、ラージマウスという先進的にわかっていることの多い魚でさえまるでalien,地球外生命体のような未知の生物を釣っているかのような内容となるのが通例だという偏見もあります。


 Ken Cookが良いことを言ってくれています。彼は既にツアーからは引退してしまっていますが1991 Classic Championであり、それ以前は13年間Oklahoma Department of Wildlife ConservationにてFisheries Biologistでもあったという非常に有用性の高い人物です。もちろんZoologyの学士号持ちです。
 Bassmaster.com内のトップページに持ってこられた記事の2つのパラグラフです。
Remember, the air temperature doesn't have any affect on bass.
気温はバスにいかなる影響も与えないということを覚えておかなければなりません。
 以下がその詳細です。

" For much of the year, temperature really isn't that important. Bass can tolerate high and low temperatures pretty well. Cook says he only pays attention to his boat's thermometer when it's very hot — above 85 degrees — or very cold — which to him is anything below 50. But if it's between 55 degrees and 85 degrees, temperature really doesn't affect bass behavior all that much. They'll usually be in shallower water.

Remember, the air temperature doesn't have any affect on bass."

 1年の大半、気温はそれほど重要ではありません。バスは高低どちらの温度にもかなりよく耐えることができます。Cookはボートに装備された温度計を確認し、それが非常に熱いとき、85°F(29.4℃)以上、または非常に冷たいとき50°F(10℃)を下回るときのみに注意を払うと言います。しかし、それが55-85°F(12.7-29.4℃)の間であれば、気温がバスの習性に影響することはそれほどありません。彼らは通常浅い水域に居ようとするでしょう。
 繰り返しになりますが、気温はバスにほとんど影響を与えません。

 こういった基準を持つ、基本を知る、自分の釣りを積み立てるための基盤をつくるということが釣りが巧くなりたいと願うのならば大切な意図となるわけですが、何も考えずに釣りに行ったところで瞬間的に巧くなれるはずがないというのは誰にでも経験的に理解できることではないのでしょうか。釣行回数が少なければ少ないほどもっとそういった釣りの中身について考えてみるべきだというのが当ブログの提案です。何も考えない釣行の回数を増やしたところでそう簡単に感性も磨けるはずもありません。全ては自分が「感性を磨く」、「考えてみる」といった意図することから実践的な釣行という動作に結びつけて初めて有用性の高い自分だけの積み立てができます。
 加えて言っておかなければならないことがあるとすれば、こういった好条件を引き算して考えようとしないことです。例えば、水温、日光の透過率、溶存酸素、餌といった細かい要素が自然界には複合的に存在しているわけですが、それの中の1要素が良かったから魚が釣れたといった考え方にもっていくことです。好条件が足し算として多いからそういった場所で釣れると考えるべきだということです。アカデミックという前提を持つならば、その日良かった複合要素の中の1要素、1条件なんてそれこそ統計学的な膨大な情報ソース、数字データが必要であり、1人で仮説を立てることすら不可能に近いことです。そうであるにも関わらず、TVや雑誌といった古いメディアから流れてくるのは「テナガエビ」、「ワカサギ」だとかそういった1ファクターに注目して自然界の現象を引き算的な考えに持ち込もうとすることです。考えてみれば、そうやって読者を混乱させ、難しくすれば純粋過ぎて白痴同然の人達に向けてダイレクトマーケティングとして特定のルアーを売りつけやすくなるわけですから都合が良いわけです。大事なことなので何度でも言いますが、複合的な好条件、要素を分割してどれか1要素が原因で好釣果につながったなどと考えないことです。あくまで好条件の要素が複数重なっていることから好釣果につながると考えるべきです。そして仮に釣果が出た条件でマイナスとなる要素があったとしてもそこに捕われないことが後に自分の積み立てを体系化、整理していくときに有利に働きます。この段階までくれば釣りがメンタル・ゲームであることをより深く理解するはずです。
 魚の生態、水温、溶存酸素、水中での日光の透過率、ストラクチャー・フィッシングなど多くのことを知っていれば、より多くの基準を持つことができます。そこで一体自分は何を基準として釣りを組み立てるのか、どの程度を基準として基盤を固めていくのか、それぞれのスタイルや好みがあって良いところですから自分なりに基本を持つが重要です。最初は何から基準を持って良いかわからないでしょうから、そういったときにこういった先人の知識を利用してやれば良いのです。今回の投稿は水温という点から基準を考える手助けとなるはずです。複合要素を釣り場に到着した瞬間に全て結びつけて釣りに応用できるのが目標地点です。直接釣果に結びつかないメタ情報を結びつけて釣果につなげること、すなわちsixth senseのことです。経験的に「なんとなく」移動だとかプレゼンテーションの変更で釣果を出すことというのがいずれ出てくると思われますが、それは具体化されていないにしても自分の中の基本が積み立てられ、整理されているという証拠です。
 さて、「秋の釣りの基準」は何でしょうか。そろそろ釣りの中身の話をしようじゃありませんか。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4