なりたかったんだろう、あんなふうに誰かに認められて、求められて、頼りにされるような人間に。だからインスタントに肩書きを貼りつけた。委員長というラベルをつけることで箔をつけ、誰かにレッテルを貼って見下すことで自分の優位性を確認したかった。それがお前の言う成長の正体だ。〜肩書きに終始して、認めてもらえていると自惚れて、自らの境遇に酔って、自分は重要な人物だと叫んで、自分の作った規則に縛られて、誰かに教えてもらわないと自分の世界を見出だせないでいる、そんな状態を成長だなんて呼ぶんじゃねぇ。どうして、変わらなくていいと、そのままの自分でいていいと、そう言ってやれないんだ。

 個人的な予定を急遽変更して久しぶりにドーデモイイことでも書こうかと思います。
 ICAST事前情報をながめていると、それほど変わった製品もなく今年は事前情報に大きな動向は無いかななどと思っておりました。しかし、Shakespeareが出してくれました。
http://www.kayakfishingmagazine.net/articles/325-in-the-news/1741-shakespearer-ugly-stikr-gx2r.html
Ugly Stikの新作キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
商標登録としての名前はSHAKESPEARE® UGLY STIK® GX2®だそうです。あのマグロが上げられそうなパワー、メジロクラスでも余裕がありそうなあのロッドに、Ugly Tuff™ Guidesという改良された壊れにくく、ガイド・リングも外れにくいガイド・フレームを搭載しての登場だそうです。ついでにMHクラスでの話です。
 1976年に登場したUgly Stikですが、その年代はBass fishingが学問的に整理された、体系化された時期です。パターン・フィッシングもその頃既に概念として存在していた時代です。丁度うまい具合にBassmaster.comにその記事があります。Roland Martin, Tom Mannの他にもBill DanceやJimmy Houstonも全盛期で、1976 Bassmaster Classic Winnerと言えばRick Clunnの時代のことです。
 1972年のBASS ClassicでBig-Oが話題になり、そこからディープ・ダイバーの有用性がバスプロたちに認められRebel Super-R, Norman Little Scooper, Rogers Deep Jim, そしてMann's Deep Pigがプロの間で使われているあたりの時代が1976年です。ついでにこの頃のクランクベイトの釣りは今の日本のクランクベイトの釣りより遥かに高水準でされています。既にラインサイズ別で潜行深度が変わることに触れられていたわけですから間違いありません。リップレスクランクの話題で軽く触れましたが、日本でラインサイズ別にクランクベイトを使うべきだと提唱している人材が果てして存在しているのかということです。
 そんな時代に販売され、今現在も購入可能なのがUgly Stikです。前述のルアーを例にしてもBig-Oがプラスティックになって残っているのとNorman Little Scooperがひっそりと残っているぐらいです。Norman Little Scooperに関しては、Lee Sissonは当時学生で、ルアーを作る道に入る前でもあり、あまり動きの良くないLittle Scooperを周囲から安値で買い取ってチューニングして釣っていたなんていうエピソードもあります。
 37年という歳月が市場という尺度で見たときにどれほど長く、厳しさを切り抜けてきたことか、グローバルに生きていたり、世間をよーくご存知の皆様なら理解できるのではないでしょうか。
 ロッドのブランクスであったり本質的なデザイン面は何も変わっていないので、また世界で結構な数が売れるのではないかと思われます。見た目だけのデザインというのは流行もあるので今後数年単位で色々と変わるのかもしれませんが、Clear Tipを残していたり物質的な中身も概念的な中身も含めたコンテンツが生き残っているのが素晴らしいところです。あらゆる釣具もブランド嗜好の日本の中で、たかだかMSRP of $39.95のロッドでテンション上がっている日本人なんて自分ぐらいしか居ないという偏見がありますが、ツールを選定してきた経験から生まれる選択肢の1つです。つまり購入候補だということです。
 Originalで最もバランスの良かったのは60MHです。今回もその路線で行くべきか、66MHというマグロを狙える路線で行くかで迷います。ついでにOriginal 60MH,66MH共にフィッシングエルモに在庫されていたはずです。Clear Tipの恩恵である素直なティップ、バスがストライクしたときにショックアブソーバーになってくれる・死んでくれるティップといった特徴はスピナーベイトに最適で、クランクベイトからジグ&ワームと何でも使えるのがOriginal 60MHです。若干、バランスがティップに傾いているので、リールに合わせグリップエンドにバランサーを自分で好みの分だけ足してあげると非常に快適です。一度Ugly Stikで魚を掛けると、国産で低価格軽量を謳うカーボン主体のロッドで魚を掛けた瞬間に鼻で笑ってしまうはずです。そのグラスのソリッドティップ故に感度が悪いなんて言いますが、感度はそもそも釣り竿という物質に宿るものではなくて、それを感じる人間側にあるものです。伝達情報がカーボンのチューブラー・中空のロッドと比較すると確かに劣りますが、逆にその劣ってくれることを利点として使用してあげれば良いだけですし、人間の感覚器官は機械で計測するそれに勝ることが容易にできるわけですから人側の意識の問題として対処すれば良いのです。言い訳をするかのように欠点だけを並べたてて貶すのは比較論ではありません。利点があれば必ず欠点がある、利点を選べば同時に欠点を選ぶのは必然です。どちらが優れているのか劣っているのかということは決してなく、適材適所で使う人が選択した結果によってのみ適合していたか否かだけが決まるのです。Ugly Stikの感度の悪さを欠点だとするならば、それに対する利点は魚がストライクした時のショックアブソーバーの役割を果たす点です。

 ミーハーな高価なものしか見ていない読者にしてみればドーデモイイ内容なわけですが、安物とバカにして使わなければ絶対に理解できない性能がそこにあります。誰も手に取ろうともしないロッドですが使う状況にロッド・パワーさえ間違えなければこれほど乱雑に折れずに魚を掛けられるロッドというのは他にありません。
 ドーデモイイ内容に歴史的背景などを含める最低限文化的な内容であろうとするのはいつもの通りです。

http://www.shakespeare-fishing.com/UglyStik/UglyStik,default,sc.html
 公式ページができあがっていることに加え、販売は9月予定だそうです。

問題:世界は変わりません。自分は変えられます。さて、どう変わりますか? 答え:新世界の神になる。

 Tennesseeの訛り辛いです(´д⊂) 別に話している内容が理解できないわけではなくて、dictation,文字におこしたときに細かい発音が濁って文法的な正しさを自ら補完してあげなければなりません。そう考えると英語が全くわからないと言っている人が非常に有益な北米圏の釣り動画を見過ごしている態度について、共感しないでもないなという感性を入手しました。散々やって気がついたことですが、dictationを行うよりも言っている内容をそのまま日本語に変換する方が楽だということです。ただし、英語で話す感覚など語感を忘れないためにはこういったdictationが丁度良い訓練となります。Interest-driven learningから生まれる動機です。従って、一石二鳥とか棚ぼたとかいう動機からくるものでは決してありません。
 そんなわけで一部の80年代からのアングラーたちがTennesseeと聞いて最初に連想するBill Danceの動画の紹介です。敢えて南部訛りとは言いません。彼の非常に些細な訛りはTennessee訛りとしておきたいところです。

This been said many times, bass like all other animals, creatures habit.
An exhibit of lifestyle trailer optimize food, protections and comfort.
The name of game this survival, and these all boys play it well.
Although they're exceptions to every generalities, but purposes of discussion we can conclude, the high percentage of bass and given area of lake will be doing relatively same thing at the same time and that brings us to the word "pattern".
Over the years, we've defined pattern as the word used to describe what high percentage bass doing at a specific into it in time. And pattern can also be define as a type of place beneath the surface that great many bass using at the same time.
To fully understand the concept you must first recognize that they could be several patterns in effect at the same time.
A pattern could be every leaning all in certain area, every stick up and three feet of water and everything bush or pea gravel bank or every outside bend along with creek channel that say ten feet deep or every stump next to alive willow tree that's in two feet of water.
Haha, let me tell you it goes on in on. Naturally you won't catch bass on or off every type of geological structure feature won't even cover the key pattern. If you can bet you've increase your odds tremendously about fishing knows exact places that are produce fish within that pattern.

 何度も言われてきたことですが、バスは他の動物と同じように習性を持っています。餌、防護物、快適さを最大限に使うことがライフスタイルから見てとれます。このゲームと言う名の生存競争を彼らはうまくプレイします。
 しかし、彼らには一般的にはない例外があります。我々が結論付けた議論の目的は、高い確率の数のバスは、湖の中の与えられたエリアで同じことを同じ時間に行うことにあり、それは我々に「パターン」という語彙をもたらしました。
長年にわたって、我々はパターンという語を高い確率のバスが同じ時間に特定の行動を起こすことであると定義しました。そしてパターンは水面下のある特定の場所で、同じ時間に多くのバスがそこを使うということも定義しました。
 この概念を完全に理解すると、最初に同じ時間にいくつかのパターンが有効になることに気がつくはずです。
 パターンは特定の場所にある全ての複合的な要素から成立します。水深3フィートの突き出たもの、ブッシュや豆砂利、水深10フィートのクリーク・チャネルの外側の曲がり、水深2フィートにある生きたwillow tree/クロヤナギの隣のstump/スタンプ・木の根といったものです。
秘密をお教えしましょう。地形的な変化のストラクチャーの上または離れた場所でバスを釣ることができなければ必然的に鍵となるパターンにも到達できません。もしあなたの釣りという賭けができるならば、それぞれのパターンが効果を発揮する的確な場所さえ知っていれば、オッズという釣果は驚くほど増えます。

~1:39

 重要なことはパターンというのは、バスという魚が動物であるということを前提にしているということです。人間の文化や社会学と同様に個体それぞれに違いがあったとしても、俯瞰して見ればそこに共通する行動があるということです。日本で語れるパターンの多くの場合、この生態という前提が欠落しています。多数派の数の魚が同じ時間に同じ行動を起こすことから、バス・フィッシングにもパターン・フィッシングが成立するのです。そしてBill Danceがパターンを書籍にて明確にしたのは1974年で、その頃から現在まで、この動画内でも言っていることが何一つ変わっていないという点も注目するべきです。加えて、現代の体系化されたbass fishingの基礎はその1970年代に確立されました。もちろんBill Danceはその功労者です。
 この魚ありき、魚の生態という前提をなくしてパターンを語れるはずがないというのは前回のエントリーを前フリとしています。何かあれば「○○パターン」としきりにほざくライトリグ信者やバス・フィッシングを一向に理解しようとしない連中に「それって本当にhigh percentage of bass/多数派側のバスなの?」と喧嘩を売っているということです。そんな連中にそのけんか腰の質問の検証ができるはずがありません。なぜなら連中は魚の生態、生理学にそもそも精通していないからです。
 閑話休題、こういった定義をまず最初の導入としてから本題に入るというのは、間違いなくacademic/学識経験者によるものです。論文を読んだり、書いたことがあれば、そのルールがいかに重要か理解できるはずです。日本のバス釣り業界の場合、大学を卒業している連中がこれさえ理解していなかったりするから手に負えません。こういった点がこの動画を有益なコンテンツとして築き上げている要因です。さらにBill Dance Outdoorsという番組が1968年から現在まで続いている理由です。あと5年で半世紀ですが、Bill Danceの体が保つかどうか心配なところです。いずれにせよこれほどまでに有益なコンテンツがあるにも関わらず、日本の釣りメディアというのは「ネタ切れ」などといった言い訳で済ませている現状を考えればいかに情報を収集していない、勉強していないのか、または知恵が足りていないのかということがよくわかります。仮にこのBill Danceの動画を閲覧してもこれがなぜ半世紀近く番組として残っているのか分析すらできないという意味です。そういったブレーン・トラストとなる人材が欠落しているのです。

2:19~
They need to be alert can observe it a single key defining pattern.
Typical person, man hugely so doubt on busy, it overlooks the science of pattern. He may be on the best pattern on lake has offer get fails to recognize and search.
Top bass fishermen will amaze you with their ability to tell exact what they did when they hooked bass. They have an idea of the types of drain speeder retrieve, depth position of lure and I host by the factors.
This ability has learned to develop and it's important for obvious, angler to work and honing his own power of observation toward this goal.

 気をつけなければならないことは、1つの鍵となる決定的なパターンを観察するということです。典型的な人は、非常に懐疑的ですが、それはパターンという科学を見過ごしています。彼が湖がもたらす最適なパターンにいたとしても、認識と探査から失敗してしまいます。
その点、トップ・バス・フィッシャーマンはバスが釣れた時のその具体性を伝えられることにあなたは驚かされるでしょう。彼らはリトリーブ・スピード、ルアーのある水深の把握といった要素を主体的に選りすぐる考えを持っています。この能力は学ぶという態度が必要です。パターンの成立という目的のためにアングラー自身の観察力を磨いていくということが重要であるのは明白です。

~3:00

 Bill Danceはよく「仮に世界最高峰のアングラーと最高のルアーがあったとしても、depth/水深・タナ・ゾーンを外していれば、彼が魚を釣ることはできないでしょう。」と言います。結局のところゲームを組み立てる順序として何を前提にするべきか、何を軸に考えるべきかという指南が含まれている金言です。そして、そういった順序を経て、釣行中にどのような要素を見つけるのかというのは感性の問題であり、自身から変えていこうと意図しなければ決してその能力を入手することはできないというのが動画から学ぶべきことです。

3:01~
Blesses soon the average person is casting shoreline and suddenly catches bass. He continues to work in the shoreline and little further down catches another bass.
The tendency is just simply assume ready happened on the spot or too, they held bass. Well, what do you might very well have overlooked was at first 30 cast may at the base of a cypress tree and 31st cast which took bass happened by chance plan belong the side of a willow tree five feet deep. Knowing this science angler could do them and concentrate his energies on skimming the shoreline and looking for only willow tree. This is every indication that most willow trees in the same depth water would hold bass too.

 一般的な人が恩恵を受けやすい方法は、岸際にキャスティングして突然バスを釣り上げるというものです。彼は岸際を続けて少し釣り下ってまた別のバスを釣り上げるでしょう。その意図は単純に仮定するということです。バスが居ると考えられるスポットで準備しておくということです。見過ごしやすいこととして、例えばcypress tree/イトスギの根元に最初の30回のキャストをして、31回目のキャストでバスを釣り上げたとき、それが起こったのがクロヤナギの脇で水深5フィートであったりすることです。これを知っていれば、アングラーは岸際のクロヤナギだけを探すことに努力を注げば良いということです。これは発見したそれぞれの指摘から、ほとんどのクロヤナギで同じ水深であればバスが居着いていることも意味します。

~3:51

 パターンとはそもそも何なのかという前提を解説する箇所、論文で言えばパラグラフとなります。魚を1尾釣ったことからどれだけの情報を入手できるのかという感性が試されます。水深が1ft変わって釣れることもあれば、釣れなくなることもあります。岸際の植物が釣果に影響することももちろんあります。なぜなら植物相が変わるということは自然環境に何らかの変化が存在するためです。それが水中の変化につながっていないはずがないということです。そういった意味で、岸際の水面だけでない様々な変化を注視しながら釣りをすることは誰にでも可能なことであり、今後の積み立てに必ずつながるということです。そこで何を見出すのかは、何度も言っているように自ら研ぎ澄ませようとしなければならない感性・センスの問題です。

4:28~
It goes without saying, more you fish particular lake or more you know about it and easier it is confined a pattern. You also have the advantage of knowing similar spots for the moment you do find pattern. Main reason for searching a pattern, it's fishing time usually short to maximize the utilization of a limited time all of they'll have. It makes sense catch fish and finding pattern isn't easiest way. Today we've already established modifying pattern and form along secondary point. It extend way out main shoreline point. Now this type of pattern is a classic because it has all the features that really attract bass. On open water feeding area, a hard chunk rock bottom with few scatter stumps and a creek channel skirting right down edge of. For an area of this type of reproductive it must have deeper water close by which this one has. And also, if some covers nearby it makes it that much more attractive if you can see creek channel under this way down the lake and what sent to secondary point way out of the lake away from main lake point. Bass instinctively use channel secure them from warmer, cooler, feeding, spawning area of the lake. Similar to way we drive place to place on a street or highway.

 特定の湖でより多くのことを知ればより簡単にパターンを限定して多くの魚を釣ることができるようになるのは間違いありません。その瞬間に似たスポットでパターンを探すことができるということを知る利点があります。パターンを探す主な理由は、釣行時間は通常短く、限られた時間を最大限有効に利用しなくてはならないからです。魚を釣ってパターンを探すということが簡単な方法ではないということも知っておかなければなりません。今日、我々は既にパターンを修正していくことを確立しています。secondary pointに沿ってのパターンで、それはmain shoreline/岸際の第1線が突き出したものです。この種のパターンは規範的なものです。なぜならそこにある特徴は非常にバスを魅了するものだからです。オープン・ウォーターの捕食場所、硬い大きな岩のあるボトムに散在するスタンプ、そしてクリーク・チャネルがそのエッジに寄り添っています。この種の場所が多くの魚を惹き付けるには、丁度この場所のように水深の深い場所が必要となります。もし本湖から離れたセカンダリー・ポイントに絡むクリーク・チャネルが、湖を進む中で見つけることができたら、いくつかのカヴァーが近くにあることでより魅力的な場所となります。バスは湖の中で本能的にチャネルを暖かさ、冷たさ、捕食、産卵場所として使用します。それは我々が場所から場所へと移動するために利用する道路やハイウェイといったものに似ています。

 動画中のイラストに出ていますが、main shorelineというのは、水平線のある水面と陸との間にできる線です。なぜわざわざその線が変化しているところと言っているのかといえば、岸際の線は変化がないのに水中には岬が形成されていることがあるためです。これは最初の一歩として、見える変化を目で捉えながら釣ることで基礎を固め、基礎ができあがってしまえばそういった水中にしか現れない変化も簡単に釣ることができるからです。大事なことなので何度も言っていますが、最初は目に見える変化から釣るのが基本というのはそういうことです。また釣っている場所のイメージも重要であるということから、メディアの視点から見ればイラストを見せるというのも理にかなったプレゼンテーション方法です。
 前回のエントリーは時間差のネタ振りだったということが理解できることかと思います。パターンをつかむことが、限られた時間の中で最大限楽しむことにつながるということなのです。釣れない日々が続けば苦行に感じることもあるかもしれませんが、これこそアングラーが簡単にできるinterest-driven learningです。釣果という魚に辿り着くまでに様々なことを学んでそれを生かす知恵を絞るという作業こそがこのbass fishingという名のゲームの正体です。これを理解せずにバス・フィッシングというものを語ることはできません。従って、ルアーや道具先行で語られている現状が完成するわけです。トーナメントにしてもウィニング・ベイトにしか注目が集まらないのもそのためです。当ブログでは何度も申し上げていますが、トーナメントの結果において「大切なのは即席の結果ではなく過程にあります。」というのはそういう意味です。

 このようにBill Danceは、半世紀近くもこのゲームを紹介してきたわけですが、日本でこの話がわかる人がまず居ないという点が問題です。業界の視点であれば、なぜここまで番組が成立してきたのかと考えることがなぜできないのかということも問題です。業界の連中が何も見てこなかった、考えてこなかった、見て見ぬ振りをしてきたという態度が露呈するということです。

 さて、動画のこれがPart 1であり、本当はPart2の方に紹介したい内容があったということも明記しておこうと思います。なぜこのようなかたちにしたのかと言えば、あまりにも理路整然とした内容であり1970年代から言っていることが変わっていないことから、最初から紹介した方が良いし、前提となる知識を無視するとどこかでまた誤解を生み二度手間以上の手間がかかってしまうからです。
 そして当のPart2にはまだdictationを含めて一切手をつけていません。紹介しなければ紹介しないで誰も見ないでしょうし、かといって重要な基本コンテンツの盛り込まれたメディアを見逃すわけにもいきません。続編がいつになるかも、そもそも手をつけないかもしれませんが期待しないで待ってみるのもありかもしれません。




Reference

Indecision is often worse than wrong action

 ときには文化を見直すと意外なところで驚くように違う背景から生活していることがあります。バス・フィッシングをそんな観点から見直してもそのような違いを発見することができます。

given
【名】
1.既知[既定]の事実、当然[当たり前]の事
【形】
1.贈られた、与えられた
2.定められた、既定の、所与の、一定の、ある~、所定の、特定の、任意の、既知の

 英語で何か釣り関係のジャーナルを読んだ場合によく出てくる語彙として"given day","given time"というものがあります。もちろん両者の用法は形容詞です。意味するところは「その日、与えられた日にどう釣りをするのか」、「与えられた時間をどう有効活用するのか」といった時間が有限であるという前提に基づき、1秒たりとも無駄にできないといったところです。
 よく考えてみると日本語の中では時間を与えられたものだという前提に基づくことはあまりありません。むしろ「人生短し」といった自身が主格になったライフスパンといった長期間の時間を言うことの方が多いはずです。そこから1秒たりとも我々は戻ることができないといった狭義の時間を言うことの方が自然なはずです。最初から目先の細かい時間が有限であるという前提がそれほど一般的ではないということです。
 北米圏においてgivenは、誰から誰に贈られたものなのかという考え方もできます。それはもちろん宗教的な意味においてもそうですし、無宗教であっても社会からや企業からといったものでもあります。このあたりが些細なことに表れる文化の違いを形容しているのではないかということです。


 さて釣りにおいて"given time"というのは些細なことではなく、むしろゲームを組み立てる上で最も重要な要素です。自分がその日、その時間、一体どうすれば釣果につなげられるのだろうかという有効活用を考えなければいけないということです。
 すぐに釣れるとか釣りたいからといった即席の釣果を目指すからライトリグ信者なのに、そんな信者たちはそれを使って釣れるまで一体何十時間無駄にしてきたのかという非合理性には目を瞑るという偏見があります。
 要は釣れなかった時間、釣れなかった経験をいかに次の瞬間または次の釣行といった後・未来・将来につなげるのかと考えるのが合理的だと言いたいわけです。ライトリグ信者の行動や言い訳にその合理性は見出せません。産卵期のバスを狙うにしても、どの状態の魚に狙いを絞ってゲームを組み立てるのかといった前日の釣行計画を立てることをしない、行き当たりばったりの釣りをしているのも同じです。そんな言動を繰り返している人たちがパターンなんて言葉を使っているとしたら失笑ものです。なぜなら、行き当たりばったりで行き着いた結果を整理、分析するならまだしもそれをしないで次の釣行という行動を起こしているのですからパターンと言う名の理論をつくることができるはずがないのです。従って、そんな言動を繰り返して自分の釣りが固まることもありません。ずっとメディアの流行を追いかけ続けるだけの単なるミーハーなまま、どこかで飽きて釣り自体辞めてしまう展開が待っているだけです。しかし、辞めてくれるならまだ救いがありますが、現状問題とするべきは辞めることなくその悪習を広め続ける存在として確立している連中がいるという点です。このバス・フィッシングという文化は、日本で中身のないことを延々と詰め込むことしかできないそんな連中から忌諱しなければなりません。いずれにせよ釣れなかった経験であろうと釣れた経験であろうと、それを経験という積み立てとして次につなげられないのだからライトリグ信者というのは知恵が足りないと言えます。

 文化というのはそれぞれの土地で違うということを知っているようで、実は本質的に全く理解できていないというのが文化間の衝突を引き起こす原因であったりします。アメリカ人を馬鹿にするステレオタイプを見ることがありますが、1970年代に体系化されたバス・フィッシングを完成させた彼ら、さらに1950年代に既に釣りは釣果ではないという前提で普及させた彼らを雑だの何だのと馬鹿にしているようではそういった文化の違いを理解しようとしない態度と同義です。バス・フィッシングにおいても、今回の"given"という概念1つとっても良いところを積極的に取り入れる態度というのは非常に重要です。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4