Sandwich every bit of criticism between two thick layers of praise

 当著者はたぶん読者がご存知のように道具の細かい特徴だとか性能といったところに言及することは少ない類いの書き手です。むしろ、「軽い」とか「感度が良い」とか、「だから何なん?」とツッコミがわりに言い放つ類いです。そんな当方をイラッとさせた道具の選択肢についての話題を取り上げておこうと思います。
 釣りを全くしたことのない人を含めて数名でルアーのキャスティングの釣りに行くという前提で道具を選んでいたのですが、最初に頭に浮かんだのはキャスティングの方法を教えるのだから身長ぐらいのショートロッドという条件でした。それはベイトキャスティングかスピニングかという以前の条件でした。別にベイトキャスティングで釣りを始めてもらっても何の問題ないのですが、バックラッシュというトラブルで時間を潰してしまうのはもったいないことから、自然とそういった話の流れでスピニングに決定しました。これが受難の始まりでした。5フィート半のベイトキャスティング・ロッドがthe U.S.市場でも姿を消しつつあるのは知っていましたし、普段から嘆きの対象でもあります。しかし、日本市場という特殊な環境はそんな嘆きすらも可愛いと思えるぐらい重度の危機的状況にあったのです。何が言いたいのかというと、ベイトキャスティングのショートロッドどころか、スピニングで普通に使えるショートロッドすら市場から姿を消し始めていたのです。そのモデルというは間違いなくthe U.S.市場でも標準となる「6フィート M/ミディアム」です。キャスティングを覚えるにしても、少しウェイトのあるルアーでも使えることから今回の条件にも最適なモデルでした。当著者は「標準設定のロッドなんだからどこにでもある。」などと簡単に考えてしまったのです。ご想像の通り量販店に行くなり、安い2ピースロッドが並ぶ商品棚を見たわけですが、まず6フィートが見当たりません。仮に6フィートが見つかってもパワーがL/ライトとかUL/ウルトラライトとか、使えるルアーの幅が狭いものばかりだったのです。個人的にはロッドの表記なんて超テキトーに付けられた数字であるということを知っているので表記なんて本当にドーデモイイのですが、どれも弾性率が低く振るだけでロッド全体が曲がるようなもので今回の条件に見合うものが一切ありませんでした。「日本の釣りって本当に終わってるな。」と言い放つことにためらいなどありませんでした。そこから日本で名の知れたメーカーのwebサイト、製品一覧を閲覧するなどしましたが、そんな中で唯一見つけたのがシマノ バスライズ 2602-2というモデルです。それだけかと言われれば、これだけでした。もちろん大阪漁具系の素性のわからないものがなかったわけではありませんが、M/ミディアムクラスであると個人的に確信のもてるものは本当にそれだけだったのです。
 大事なことなので何度でも言いますが「日本のルアー・フィッシングは終わっています。」。結局のところ元を辿ればライトリグ信仰がもたらした弊害でしかありません。ロングロッド信仰はキャスティングもまともにできないような類いのプロを自称する連中の所業です。そう考えると、どちらもJBとかいう団体が全ての元凶ではありませんかΣ (゚Д゚;)
驚くことではありませんでしたね。「うん、知ってた。」が正しい反応ですね。前者は不要なほどに柔らかいロッドを販売し、後者は製品ラインナップから6ftというレングスを消失させます。そして小さな小さなソフトプラスティック・ベイトを初心者がキャストするのが当たり前というイデオロギーの釣りが蔓延しているわけです。そういったルアー・フィッシングという思想をどんどん衰退していく日本を前衛的などとは決して言うことはできません。ルアー・フィッシングの思想というのは、あくまで臭いも味もない木、プラスティック、金属を使用したベイトを遊び心と共に、人が魚に自発的に仕掛けていくことにあるのです。ヒロ内藤さんがヘドン自身が削ったプラグのコストを持ち出して、「当時の金額でプラグを購入しようと思えばその金額でステーキ3,4枚は食べられた。それでもルアーを買って釣りに出かけて魚を食べた。」という話があります。潜在的に釣り人は、仕掛けだ餌だといったコストを考えれば魚屋さんやスーパーに並ぶパックされた魚を買った方が安いにも関わらず、釣りという楽しみを共有しています。キャッチ&リリースを実行している人ならばなおさらその思想に共感するはずなのですが、どこかで釣果至上主義になったり、本来共有されるはずの釣りの楽しみを見失っているということです。1951年にthe U.S.という国ではこのような思想・概念・イデオロギーが形成されていたことを忘れてはいけません。1951年当時の日本と比較して、そして現代の日本と比較して、我々は一体何を歴史から学ぶべきなのかというところは学問の領域を問わず一生の課題となるはずです。そういった既に共有されているまたは潜在的に共有されている思想を利用しながら、あるべき思想に修正していくという作業が必要となるはずなのですが、その根幹の思想をJBだのメディア関連は誰一人理解していないことから修正も何もないというのが現状なのです。そもそもルアーだの餌だのを除いた「釣り」の思想そのものを理解していなかったりするから手に負えないところなのです。
 そんなわけで、道具の選択肢から見えてくる根深い問題があると誰も考えていないのだと言わせるぐらい酷い状況が広がっていることを実感しました。

 さてショートロッドの必要性ですが、きっとオカッパリ、岸からしか釣りをしたことのない人には何のことやらサッパリ理解してもらえないという偏見があります。そういう類いの人たちというのは大抵自分のキャスティングが未完成であったり、精度が出せないことに気がついていないという偏見もあります。そして、ベイトキャスティングであればシマノ製digital controlことDCを使用している人というのもキャスティングができていないと思って間違いありません。なぜならバックラッシュしない、キャストが楽になるといったことを道具に頼っているわけですから、キャスティングの精度を自らのスキルでどうこうしようとしていないわけですからキャスティングが巧くなるはずがありません。ボートに乗ってショート・キャストでカヴァーを狙い打つ釣りをした瞬間にライナーでベイトが飛んでいかず、フライで狙ったところにすら届かなかったりと自分のキャスティング・スキルの低さが露呈するはずです。そこから自分で何とかしようと練習する人には救いがありますが、多くの場合何かと理由をつけて棚上げされることになります。狙った場所にキャストできる、精度の高いキャスティングはロング・ロッドで簡単に学べるものではありません。ロング・ロッドである程度精度のあるキャストできる人がショート・ロッドを持つとより高い精度のキャスティングをするものですが、ロング・ロッドしか使ったことのないブレるキャストをする人はショート・ロッドでも基本ができていないことから精度の高いキャストをすることはできません。キャスティングというのも割と簡単に考えていた節がありましたが、明らかにセンスの問題があることにも気がつかされました。教わったことを忠実に守ってくれる人とそうでない人というのも大きな違いを生みます。いずれにしてもショート・ロッドでキャスティングの基本を学んだ人がバス・フィッシングで最も効率的に釣果を上げる要素となることは間違いありません。従ってショート・ロッドというのはルアー・フィッシング、それもキャスティングの釣りで欠かすことのできない存在なのですが、メーカー、顧客を合わせて見た市場はその概念・コンセプトを理解しようとはしていないということです。

 大事なことなので何度でも言いましょう。「日本のバス・フィッシング或いはルアー・フィッシングは終わっています。」

The thing that hath been, it is that which shall be: and that which is done is that which shall be done: and there is no new thing under the sun

http://www.lifehacker.jp/2013/04/130422internet_makes_us_id.html

 知性とは、知識を習得して生かす能力のことです。正しい知識がないことは、その人が馬鹿だという理由にはなりません。

 しかし、バス釣り業界というのは知識の習得をしようとしない人たちで溢れていることに加えて、知識があったとしてもそれを生かさない人たちで溢れているわけですから、やはり馬鹿が釣りをしているという結論に帰結するという偏見があります。
 例えば、上記のリンク先の記事は日本語に翻訳された後の文章です。原文はその翻訳されたものにもリンクされているのですが、一体どれほどの人たちが原文に目を通したのかというところです。それこそ知識を習得して生かす能力、知性なのです。
http://lifehacker.com/5927763/is-the-internet-really-making-me-stupid-crazy-and-constantly-distracted
 原文を見比べると重要なキーワードがいくつか抜け落ちていることに気がつきます。

しかし、米メディア「Mind Hacks」と「Time」はどちらも、Newsweekが選んだ研究があまりにもお粗末だったことを指摘しています。
比較的古いものや、論調があきらかに恐怖を植え付けるようなものもありました。Mind Hacksでは、以下のように説明しています。

The problem, as both Mind Hacks and Time point out, is that Newsweek's choice of studies is far from stellar. Some are older (like 1998 old) and a lot of the wording is overtly fear-inducing. Psychosis, after all, is a serious mental condition. Mind Hacks explains:

 自分は日本語から読んだのですが、「比較的古いもの」と記してあった瞬間「具体的にいつだよ。」とツッコミを入れずにはいられなかったわけです。もしかしてと原文を読むと見事に"older (like 1998 old)"と年号が記されていました。翻訳者がこういった情報を不要だと考えて削除したのか、意図的に印象操作したかったのかは不明ですが、ツッコミを入れたり正確さに疑問を持つということが結局のところ知識を習得して生かす能力・知性ということです。基本的に原文、情報のソースを確認するという作業を必ず行う必要性があるという知識がありながらその作業を怠り、その文章の内容をわかったような気でいるのは知性が低いということです。

 当ブログで何度もそういった訳文を掲載しているわけですが、一体どれだけの人が掲載した原文やソースを確認しただろうかということです。当著者はそういった重要なキーワードを決して省略するようなことがないのは、不自然なまでに原文のニュアンスを残しているのは、実はそういうことだったりします。

 正しい知識がないだけならまだしも、間違った知識をあたかも正しい知識かのように吹聴することを当たり前のようにしている人たちというのは何と表現すれば良いのでしょうか。ふと思い出す話題があります。
http://togetter.com/li/181804

私は士官を4つのタイプに分類する。賢明、勤勉、愚鈍、怠惰である。通常、士官は2つのタイプを併せ持つ。賢明で勤勉な者は、参謀にしなければならない。次に愚鈍で怠惰な者。90%の者がそうだが、日常的な業務に適している。賢明で怠惰な者、これは司令官に適している。なぜなら重大な決断を行うための明快さと、精神の図太さを持っているからだ。絶対に避けなければならないのは愚鈍で勤勉な者である。なぜなら責任を持てないばかりか、災いばかりを呼び込むからである。

 ブログなどの情報メディアを戦略として捉え、それを取り扱う人を士官と比喩するならば、多くのバス釣り情報メディアが「愚鈍で勤勉な者」によってつくられているという偏見があります。特に毎日ドーデモイイことを更新しているなんていうのは「愚鈍で勤勉な者」の特徴ではありませんか。アフリカ北東部釣具店とかこの比喩にピッタリのブログをやってくれます。生物学的にあり得ないことを吹聴したり、言葉遊びで無用な混乱を引き起こすようなことをしたり、まさに「責任を持てないばかりか、災いばかりを呼び込む。」例として相応しい存在です。近頃プラドコやらアメリカ製品に媚び出した連中を探せばきっと大量の「愚鈍で勤勉な者」を見つけることができるはずです。

 ついでに上記のソースは論争中であることを指摘するのもまた知性です。

軍人は4つに分類される。
有能な怠け者。これは前線指揮官に向いている。
 理由は主に二通りあり、一つは怠け者であるために部下の力を遺憾なく発揮させるため。そして、どうすれば自分が、さらには部隊が楽に勝利できるかを考えるためである。
有能な働き者。これは参謀に向いている。
 理由は、勤勉であるために自ら考え、また実行しようとするので、部下を率いるよりは参謀として司令官を補佐する方がよいからである。また、あらゆる下準備を施すためでもある。
無能な怠け者。これは総司令官または連絡将校に向いている、もしくは下級兵士。
 理由は自ら考え動こうとしないので参謀の進言や上官の命令どおりに動くためである。
無能な働き者。これは処刑するしかない。
 理由は働き者ではあるが、無能であるために間違いに気づかず進んで実行していこうとし、さらなる間違いを引き起こすため。


 釣りに関するメディアに情報元、ソースを求めたりするという態度は知性であるということです。バス・フィッシングを知性的な趣味とするのか否かは結局のところ己の決断、判断にかかっているということです。「無能な働き者」に妨害されるばかりでため息が尽きない現状を変えるのは結局のところ自らにあるわけですが、息巻いて行動を起こした人物が「無能な働き者」であった場合には目も当てられないというのも皮肉なところです。
 つまり何が言いたいのかというと、誰をとっても最初は知識がないものですが、得られた知識から自分がどうすれば良いのかと、まず己の知性を見直す態度が必要であるということです。あふれる知的好奇心から知性を使って楽しむ趣味として「釣り」を見直すべきだということです。
 とりあえず更新されなかった空白の期間を穴埋めする重要なトピックだけを抽出したエントリーでした。こういったトピックを使用しながら釣りを分析し体系化しなおすのが当ブログだということを再度申し上げておこうと思います。

Nature is conquered by obeying her

 たぶん多くの人にとってみれば、釣りにおける映像作品、DVDなどの中で語られていることが新しいことばかりで、ちゃんと理解できていないことからまともなreview/論評ができないのではないかという偏見があります。語られている内容をそっくりそのまま繰り返し述べて「、最後に面白かったなんて一言で済ませられるようなコメントをレビューと呼ぶような人たちとはきっとお友達になれません。
 今回のは一応シリーズの完結編ですから、既に持っている知識であったとしても、一連の流れとして何がしたかったのかという疑問を抱いたときの返答ができるように見ておく必要性を感じたわけです。
【送料無料】THE ANSWER Game5:ゲーム構築学2

【送料無料】THE ANSWER Game5:ゲーム構築学2
価格:2,944円(税込、送料込)


 さて勝手に恒例化、キャッチコピーをつけてみましょう
「オカッパリとシャローの釣りに終始するメディアに一石を投じる。」
 ディープ側の釣りというのは映像的な見た目ではわからない釣りとなることから、魚が反転して映り込む映像やそれこそトップウォーターに水飛沫を上げて飛び出す派手な映像が撮影できないことから、一種のエンターテインメント性に欠けるので理解できないこともありません。しかし、本当に釣りが好きならば、そこに生息しているとわかっている魚に対して賢くプレゼンテーションをしたいと思うはずなのです。最初からそういった本当に好きな人だけに向けた内容となっています。つまり、本当に釣りが好き、バス・フィッシングが好きで、ディープ側の釣りを自分のものにしたいと考えるならば、オカッパリに傾倒することなく、ボートに乗らなければならないということです。岸からディープ側の釣りを網羅することは絶対に不可能だからです。

 内容の方ですが、あまりに階段の登り方、ステップアップの仕方が大き過ぎないだろうかという懸念があります。元々、シャロー編のキャッチフレーズにもしましたが、ボートに乗って釣りをしていれば勝手に覚えることが多かったわけですが、岸から釣りをしている分にはそもそもサーチルアーを使用した釣りがほとんどできませんから、そういった意味で一般的に理解されないという意味でもあります。そこでシャローからディープへと釣り方を変えているわけですが、これもボートで普段から釣りをしている人にとってはごく当たり前の動作ではありますが、岸からしか釣りをしたことのない人にとってみれば何のことやら普段からの経験をもとに考えたときにさっぱり理解できないのではないかということです。

 解説ナレーションが言い訳していましたが、釣っている場所があまりにも浅い場所があります。そこで先に指摘していたことですが、水深の定義に無理があったことからこのような事態になったのではないかと考えられます。その定義というのは、
・シャロー 表層~2m
・ディープ 2m以深
というディープというにはあまりにも浅過ぎる設定です。せめて1m空白をつくって3mにすれば良かったのではないかという指摘のことです。
 もしくは、チャネルに対してデプスファインダーとマーカーブイを使いながら釣りをしていく映像があるのですが、そこをもっと掘り下げるべきでした。通常、こういった釣りを映像化する際は、確実に3D映像でチャネルの形状がどうなっているのか、そしてどこにマーカーブイを使ったのか、どこにボート・ポジションを置いてどこを狙おうとしているのかといったことを見せるのが北米圏での普通の作り方です。売れる見込みのないものにコストをかけられなかったのか、そのような努力、せめぎあいを省いた作品に対して素直に拍手は送れません。これは別に内藤さんが悪いわけではなく、企画・編集段階の責任です。メディアがそんな情熱やプライドの欠片さえ持ち合わせていないからこのようなことになっているのでしょうが、編集の方法次第ではより良い作品になったのにも関わらず、制作費によってこの出来映えとなったとすれば購入者は非常に残念に思うべき部分です。加えて、もっと岸から離れたオフショアで釣りをするべきであったとも言えます。もちろん初歩ということで岸が見える範囲でのディープの釣りを導入にすること自体は賛成ですが、フロリダという土地柄でディープ側の釣りを取り扱う難しさがあったことは否めません。これは場所の設定、locatingの計画段階のミスです。ディープ側の釣りの奥深さを加えるであればAlabama州のLay Lakeぐらい行って欲しかったところですが、ここまで深く言及すれば内藤さん側の情熱の問題になります。

 今回の欠点をまとめてみましょう。Game 1からジオラマを使っていたことからわかりきっていたことですが、第一に3D映像すら組み込めないなんて制作費が無さ過ぎます。次に言わずもがなメディア側の知識と編集能力の低さです。欠点が既にメディアの質の全否定であることをここまで明言しなくてもわかっていなければならないということです。この2点を修正して仮に北米のどこかの会社に製作依頼したならば、もっと賞賛できるような内容が完成するということです。

 岸からしか釣りをしたことがなく、1日の釣り全体の流れを見て覚えるには非常に役立ちますが、細かくツッコミを入れるとデプスファインダーで水深を把握する際にどのようにボートを操船するのかなど含めての図解やきめ細やかさがありません。そういった意味でボートから普段釣りをしている人にとっては己の釣りを見直すソースにすることは可能です。魚に辿り着くまでのプロセスの効率化、整理・体系化するための知識としては非常に役立つはずです。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4