A forced kindness deserves no thanks

 これまた偶然試したら色々と面白いものが見つかったので紹介しておきます。

 まず日本語の文献を探すときに活躍するのは「Webcat Plus」です。論文の場合は「CiNii」です。それなりにアカデミックな分野にいないとその存在や、便利さを知らないかもしれません。

 今回、使用するのはWebcat Plusの方です。ページの上部がタブになっていて「連想検索」、「一致検索」、「書棚」とあります。「一致検索」とはその名の通り書籍のタイトルが一字一句間違わないで知っている場合に最短で情報にアクセスできます。しかし、Webcat Plusの最大の利点は、「連想検索」が可能であるところです。この「連想検索」にあるウィンドウに文章、それも長文を打ち込むことでキーワードをいくつも拾ってその内容に適した書籍リストをつくってくれるところが素晴らしいところなのです。いくら説明したところで、アカデミックな習慣がついていないと何を言っているのかサッパリ理解してもらえないという偏見があるので割愛しましょう。
 単純に「内藤裕文」と「連想検索」するとトップに2冊リストに出てきます。どちらかをクリックすると(通常タブで開くようにしていても強制的に)新しいウィンドウが開きます。その情報の中にある「全国書誌番号」に「国立国会図書館サーチで表示」というリンクがあります。それをクリックすると「国立国会図書館サーチ」の情報に飛びます。そこで右欄を確認すると「国立国会図書館蔵書」の請求番号やその下には所蔵されている地方図書館のリストもあります。リストにさえあれば最寄りの図書館で借りることができるわけです。
 キーワードは他にもプレミア価格で手が出せないこのような以下の書籍も検索してみるとばっちり国立国会図書館に所蔵されています。
 「近くの図書館にねぇーよ。」という声が聞こえてきそうです。請求すれば・・・なんて言っても図書館を使う暇さえない人もいるかもしれません。
http://edokusho.jp/
 そこでこの「e読書.jp」はどうでしょうか。

読みたい本が電子化されていない場合には、電子化リクエストをぜひお送りください!

自分が読みたい本が紙の本として現在入手困難な場合、あるいは、今すぐ電子書籍の形で読みたい場合には、ぜひ電子化リクエストをお送りください。いただいたリクエストは、出版デジタル機構を通じて出版社へお伝えして、優先的に電子化を進めていただくよう依頼します。本サービスが、読者の皆様の要望を出版社へ直接伝えるチャネルとして役立つように、きめ細やかな努力を続けていきます。

ということだそうですので、依頼するのはどうかということです。
 上記のキーワードで出てきた物でここの読者が喜びそうなものだけに的を絞ってデジタル化依頼可能な書籍の簡単なリストを作っておきます。リンク先に「電子化をリクエスト」ボタンがあります。
Dick Sternberg, Jim Moynagh著; 西山徹監修・訳『バスフィッシング上級者への道 : バスプロに教わるフィッシングテクニック』ブティック社、1999年
内藤裕文『バスプロのスーパー・バッシング : パターンによるバスのさがし方と釣り方。』CBS・ソニー出版、1985年
内藤 裕文『バス・タックル : 道具選びのチェックポイント』CBS・ソニー出版、1986年
田辺 哲男『田辺哲男バッシングパターンブック』光琳社出版、1997年

 個人的にDick Sternbergの著書の多くは原文を持っているのと、持っていないとしても原文であればまだ普通に入手可能なのでドーデモイイのですが、英語が読めない人たちの中にも割と興味がある人が多いらしいので当著者が発端となるわけですから率先してリクエストしています。ついでに最近よくある手法として「拡散希望」なんて書く人たちが居ますが、当著者としては「不拡散希望」です。その心は、本当に好きな人だけが読むべきものだからです。別にバス・フィッシングがどうでもいいと思っているのかいないのか、ミーハーな連中を引き込む必要性は全くありません。そんな拡散されて意図的に強制された親切心などアカデミック、高尚な趣味には不要なのです。誰に強制されるわけでもなく気の合う仲間内だけで行われた本当の意味での善意の方が価値があるということです。ロングテール理論を支えたWeb 2.0という基本概念に意図的な強制はあるべきでないという考えです。そして拡散されると1か月もすれば情報が消費されてしまい本来の意図や意義が失われてしまう可能性にも言及しておかなければなりません。根本的に本や文章を基本的に読まない、読めない人にとってはどうでもいいことでしかありません。
 Webcat Plusから書籍を芋づる式に探していく癖をつけながら、国立国会図書館に辿り着いてその書籍が最寄りの図書館で貸し出しまたは閲覧できるかどうかの確認をしてみるという作業に慣れてしまえば、釣りに限らず様々な情報を学ぶことができます。そして、その中で本当に読んでみたい、保存しておきたいと思う書籍に対してデジタル化を希望するのが理想であるべきだということです。

 こういった本の話をする際に多用するコピペを掲載して結辞とします。
よくある言説として「本の勉強より生の経験の方が価値がある」的な話があるけど、その本ってやつは、どっかのすごい頭良い人が何十年か分の勉強と思索と「経験」を詰め込んで書いてるってことにみんな気づいてるのでしょうか。日本のみなさまおはようございます。

Distinguish right from wrong

 トピックが無いと単なる言葉遊びで「それで、結局何が言いたいの?」と読者をイライラさせます。当ブログは、本・活字を読める人でないとトピックが非常に分かりづらい構成ですが、毎回毎回必ずトピックが存在します。ツッコミ入れられるならまだマシな方で、そんなトピックのない話題に対して根本的に愚鈍、鈍感でイライラすらしない人たちが多いという偏見すらあります。

 トピックのある言葉遊びをしたいと思います。それはつまり、知っておくことで釣りが根本的に変わったり、目の前で起こった事象を言葉で綴る表現力が上がったりします。以前こんなエントリーで魚のストライクをどう分類するべきかという話をしたことがあります。間違いありませんし、体系的に整理されていて理解しやすくなっています。どこぞの初心者向けの番組と称して、「バスがなぜルアーにストライクするのか?」という疑問に対して、フリップにその答えをフォント・サイズや文字の傾きなどをバラバラに表示して整理・体系化をぼかして逃げたものとは質が違います。「なぜ?」という疑問に対して、答を出していきながらそれを系統立てて整理していく役割が先生に必要なスキルであるはずが、それを投げっぱなしにするという行為は冷笑するしかありません。「このように色々な理由があります。」とそんな整理されていないバラバラに表示された理由を見せながら言えば済むと思ったら大きな間違いです。視聴者と初心者を馬鹿にし過ぎ、失礼といったこともありました。

 さて、もっと広義にまとめられた語彙があったので紹介しておこうと思います。

Biting: The voluntary act of feeding or seeking forage; a predatory response.

Striking: A nonfeeding, involuntary act of hitting or taking a lure or live bait; an aggressive response.

バイト(バイティング): 捕食または餌を探す自発的行為。捕食性の反応
ストライク(ストライキング): ルアーや生餌にぶつかったりもっていく、摂食しない、不随意(無意識)の行為。攻撃的な反応。


Reference

'A Glossary of Bass-Angling Terms', p.245-246

 1976年に既に分類されていた語彙です。そこから37年も経過しているにも関わらず、reaction bite/リアクション・バイトなどという語彙が多用されている現状があります。語彙が混合して使用されている混沌とした現状は日本でも北米でも同じですが、様々な文章を読めば正しく使い分けている書き手が特にthe U.S.内には残っていることが確認できるはずです。言語を正しく使うことをとがめるのであれば、日本でバス・フィッシングに使用されている語彙が間違いだらけで誰も正す人が居ない、学の無い世界が広がっているでいるではないかという偏見を生みます。

 さて、この語彙を使う魚の前提も知っておく必要性があります。日本では「魚の活性」という語彙があります。しかし、日本の語彙の場合これでは「高低」の2種でしか表現できません。それに比べて英語は魚の状態を"active, neutral, inactive"の3種に分類します。
 元が英語なのでそのまま考察すれば、"active→bite","neutral, inactive→strike"という言葉が相当するわけです。さらにツッコミを入れるとすれば、この"bite"と"strike"を文中で使い分けているとすれば、最初から自分が狙う魚に対してどのようなアプローチを組むのかという、自分から戦略的に仕掛けていくことが前提になければこの2つの語彙を文中で使い分けて表現することができないということです。"Strike"は元々釣りにくい魚が起こす反応なわけですから、アングラー側で何かしらの仕掛けが必要だということです。逆に何も考えずに魚からの反応を待つという態度であれば"bite"という語彙しか使えないのです。Senior writerとタイトルのつく書き手であれば、多くの記事がこの語彙を使い分けているはずです。多量に文章を読んできた経験から、その語彙を使い分けていなければこの語彙の明確な違いをここまで重大に受け入れなかっただろうということです。

 さて未だにトピックがワカラナイ人向けに、このトピックを無粋なまでに説明しましょう。この2つの語彙"bite, strike"を普段の会話と文章で使い分け可能であるということは、戦略的に自分から仕掛けようとする態度・概念の前提が完成しており、バス・フィッシングの正しい方向性に向かっているということです。魚の捕食待ち、魚の機嫌任せの"bite"を待つだけの釣りを決してしていないということです。トピックのない文章に「その違いを知っているから何なの?」というツッコミを入れるときっと何も返ってきません。しかし前述のようにトピックがあると、大事なことなので何度でも言いますが、この語彙の明確な区別を知っているということは、バス・フィッシングを正しく学んでいるということになるわけです。さらに大事なことなので何度でも言いますが、トピックの無い語彙の区別などただの世迷い言、戯言です。

Common sense ain't common

 きっと釣りにおいて素朴概念が科学的概念と衝突する事案というのはよくあるという偏見があります。素朴概念というのは、時間があればこの辺りを読んで欲しいところですが、幼児期から子どもになるまでの経験から形成される固有の概念のことで、それが時に科学的に、学問的に裏打ちされた概念と衝突することがあるという初等教育における問題となったりするもののことです。個人的には大人になってからも稀にそういった事案に遭遇することもあるので"naive conception"よりも"misconception"という方が、Kevin VanDamの書籍にも登場する語彙ですし、しっくりきます。
 大人になってから、そういった素朴概念を否定されるとやたらにムキになって歯向かってくるという偏見があるということです。さらに、釣り業界において顕著に現れるのではないかということでもあります。科学的ソースなんて探せばいくらでも転がっているのに探しもしないで、論理的思考が欠けているにも関わらずそれが理論だ、真理だ、真実だなどと言い張ってしまう人たちです。こう言えば、きっと具体的に何名かの人を思い起こすことができるのではないでしょうか。概念形成がずっと子どものままのオトナということなのですが、日本には実は潜在的に非常に多くの人たちが当てはまるのではないかという偏見があります。何か読むにしても論文の引用すらないショーモナイ記事を簡単に信用したりするということです。思い起こせば、あるある大辞典だの思いっきりてれびだのといった似非科学から成り立ったものを簡単に信用したことから社会問題になったぐらいです。例えば、「性格と血液型というのは科学的に否定されていることです。」と言ったら一体どれぐらいの人が納得するのでしょうか。これも論文があるものの、実際のところどちらの意見も信憑性が疑われており未解決扱いとなってしまっています。実験方法とその結果に対する信憑性が高いものを編み出せばきっと研究者として尊敬される地位に立てます。アメリカ国立がん研究所が血液型と特定の病気の関連性を調べたみたいなことを聞いたことがありますが、当著者的には論文のタイトルまで聞かなければ信用しないということです。さらに病気との関連性が必ずしも性格に影響するのかどうかというデータをどのようにしてとるのか定義できない以上関係しているとは言えないのです。
 さて、釣りに戻って考えてみれば、最近は何度も話題にしていますがスポーニングというカタカナの語彙で既に多くの人たちが色々な素朴概念を持っています。科学的に裏打ちされた概念に衝突することを平気で語り、misconceptionを受け入れない人たちがいるということです。素朴概念でしかないのに、一生懸命科学的に取り繕おうとしているが結局どこかで諦めてしまうところが笑いどころです。

 さて、釣りにおいてもそんな刷り込まれてしまっている概念というのは非常にたくさん存在しています。例えば、ロング・ロッドの方がショート・ロッドより楽に魚と対峙できるというものです。明らかに第3種てこという物理学から見ても、ショート・ロッドの方が効果的に魚を寄せてこられます。このエントリーでも解説したことがあります。そもそも釣りに初等教育が無いことも重大な問題なわけですが、このように素朴概念と科学的概念が衝突して、なぜか素朴概念を信じてしまうというオトナが非常に多いという偏見に基づく例です。本来は自分の立てた理論というのは、検証した方法が間違っていないか、定義が間違っていないかと自分で疑うということが科学的に考えるという出発点です。自分を疑わないことが、結局そういうメディアの似非科学を含めて疑うことができない態度をつくっているということです。
 さらに例を追加すると、ロッドの感度なんて言いますが、結局ロッドを通して伝わる振動を受容するのは人なわけですから、機械的に判別のつかない誤差を修正できるほどの感性を持てる人がそんな道具ごときに傾倒してしまって良いのでしょうか。もちろん感性を研ぎ澄ませるという態度を持たなくてはいけませんが、そういったことに諦め、見切りをつけてしまって良いものなのでしょうかという提言です。
 結論として、そういった概念であっても物であってたとしても、気がつかない、疑問が持てない愚鈍だからいつまでたっても鈍感なわけです。少しでも鋭い指摘、ツッコミができるようになれば、それは細かく物事を見ているということにもつながっていて、即ち敏感になる訓練となるわけです。自分がどうありたいかというのは、当著者が決めることではなく、己で決めることです。愚鈍のままで良いと言うならばそのままで良いですし、それが嫌であれば己の決断で変わろうとしなければ何も変わらないのです。
 釣り業界というのは科学的思考、理論が軽蔑され否定されるところです。否定するにしても論理的に行って欲しいところですが、そもそも科学的思考ができない素朴概念で概念形成してきた連中ですから話が通じません。相手にしないのが得策といえば得策ですが、何もしなければ何もならないので当著者は発言し続ける所存です。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4