「なら公約を聞かせてくれるです?」「お菓子の山分けとか?」「共産主義者が言いそうなことだです。」

 Curation,情報の共有というのも所詮左派の思想によるものであって、保守派を自称する釣り人の皆さんは当ブログの存在意義自体を批判するべきなのではないでしょうか?と詭弁で詭弁を誘ってみるなど。

 似非科学をバカにするのは大いに結構な態度ですが、客観的なデータを示し、そこから得られる客観的な結論を示す正しい姿の科学をバカにするというのは間違っているのではないでしょうか。科学と呼ばれるのが往々にして、幸福のとか客観に基づかないものが巷に流布していることが問題なのだという主張を試みます。
例えば
http://news.nifty.com/cs/item/detail/playboy-20120906-13871/1.htm
×「牛は赤い色を見ると興奮すると言われているが」、牛に赤を識別する錐体視細胞がありません。つまり、赤色に反応しているわけではありません。赤色を使う理由は、闘牛を観客に魅せるための工夫の一つであり、動いている布切れであれば何色でも構わないというのが科学的結論です。
http://dsc.discovery.com/fansites/mythbusters/db/animals/color-red-makes-bulls-go-ballistic.html
「怪しい伝説」こと"MythBusters"でも実際にいつもの独自実験を試みて検証しているので間違いありません。牛の目の前を挑発するように動くものであれば何でも良いのです。そして、ここから理解できることとして、脳科学者を自称している連中なんて嘲笑の対象、似非科学を科学とか言ってしまうようなショーモナイ連中だということです。牛の視細胞のことすら知らないのに、生物学的に人間の視細胞の反応といった基本的なことを理解しているとは到底思えないアフォな書き出しだということです。「牛は赤い色を見ると興奮すると言われているが」と事実でないことをあたかも一般常識であるかのような書き方をし、それが事実であるかのように著者に思い込ませ、次に来る主張を正当であるかのように思わせるという詭弁、これこそが似非科学です。
 特に、バス釣りの世界ではトンデモ理論がまかり通るわけで、釣りに関して科学が正しく認識されることが難しいのは自明です。
 そもそもソース元や論文を読まないで鵜呑みにするのも、これまた科学に対する正しい態度とは言えません。示された結論が正しいのかどうか反証してみるのも科学です。しかし、その反証がこれまた詭弁であったり主観的な結論であってはいけないのです。我々はそれが客観的な事実であるのか疑いの目を持つのと同時に、自らの主張が詭弁や主観によるものでないかという自らに疑いを持ちながら分析、検証していかなければなりません。

 そんな中で唯一、科学というアプローチによって迷信など、釣りを解明していこう宣言しているのがIn-Fishermanです。

BAROMETRIC PRESSURE AND BASS
by Ralph Manns

 長い間続いているmyths/迷信のひとつに、barometric pressure/気圧がバスとその他のgamefishの活性をコントロールするというものがあります。多くの研究者たちが調査してきましたが、科学的な研究はその関係が存在するということを示すことができませんでした。我々は気圧に関する全ての科学的なレポートを読みましたが似た結論に達しました。直接的な関係がないのは明らかだったのです。

 この一貫した結論は主に同時に存在する気象現象がある限り気圧という個別の影響はないというものでした。我々は魚の習性が気圧という可変要素のみで変化する観察記録が必要でした。しかし、気圧が著しく変化するときに風、気温、空の状態が伴わないことは稀です。

 前線には気圧の低下と曇り空の広がりが先立ち、前線通過後は一般的に澄んだ空、明るい日光、大気圧は高くなります。もし気圧がgamefishの反応に直接影響していたとしても、科学者たちはそれらの変化を察知する構造を持っていないことを真剣に主張します。

Field Studies
 数年前、私はバスの習性を電子追跡と水中観察を通して学びました。私のチームは気圧を100以上のサンプルを監視し記録しました。それ以前の調査では、我々は気圧の数値または自然の気圧の変化とTexas州のLake Travisに生息するラージマウスとGuadalupe bassの習性に明確な関連性は見られませんでした。それでも我々のいくつかの発見は、気圧、天候、バスの習性に関連性がある可能性を指し示してくれました。

 気圧計が29.30(low)以下を示すとき、27%のバスが表層で捕食し、岸際から離れることを観察しました。この比率は気圧計が29.70(high)以上を示すときより18%の数値を超えるバスが捕食することを確認しました。しかしこれは潜水士からの明確な捕食を記したレポートと表層で追跡していた人の目視を併合したもので、我々は観察した36%のバスは気圧計が高い数値を示すときに明確に捕食し、反対に気圧が低いときには30%だったことを発見しました。

 我々は実際にバスに提供したルアーに対するストライクと拒否を追跡者と潜水士の観察から評価してみたとき、39%のバスが高気圧のときにルアーにストライクしてきたのに対して、52%のバスが低気圧のときにルアーにストライクしてきました。しかし、我々の得た大多数のストライクが起こったのは気圧計が低いときではなく高いとき(29.30-29.70の間)でした。気圧計が高いか低いかというそれ自身の数値が、バスの活性や釣りやすさに一貫した関連を示すことはありませんでした。

 我々は気圧の変化が絶対圧と比較してより重要である可能性についても観察しました。気圧計がゆっくりと数値を下げるとき(0.21inch per hour以下)、65%のバスはプレゼンテーションされたルアーにストライクを起こし、35%は反応しませんでした。気圧計の数値がゆっくりと上がるときは、30%しかルアーにストライクせず、70%は反応しませんでした。しかし、我々のサンプルは小さいものでした。我々が追跡し観察したバスの大きなサンプルでは、29%が気圧計の数値がゆっくり上がるとき沖で捕食し、気圧計の数値がゆっくり下がるときや安定しているときは24%が捕食しました。

 このデータは他の要素によって困惑させられますが、例えば、32%の捕食時間はsolunar majors/満潮時に、わずか20%がminors/干潮時に、27%がその満潮と干潮の間にありました。つまりsolunar/潮時の影響と他の要素が気圧データに影響を及ぼしている可能性があるのです。これらの結果が気圧計の数値が下がることが多くの釣果を生んだり、気圧計の数値が上がることで沖での活動を増やすということを必ずしも意味するわけではないのです。

 群れを成したり集結する性質は、捕食行動の回数の増加や釣りやすさに明確な関わりがあります。気圧計が高い数値を示したとき、54%のバスは集合体(3-15尾のグループ)になることが観察され、12%はschooled/群れを成して(同調して)行動し、その間残りの44%は個別かペアになっていることが観察されました。気圧計が低い数値を示したとき、57%は集結し、5%はschooled/群れを成して動き回り、38%が個別かペアになっていました。

 気圧計がゆっくりと数値を上げているとき、64%のバスは集結し、schoolingは見られず、36%がペアか個別に居ることが観察されました。気圧計がゆっくりと数値を下げるとき、53&は集結し、20%がschooled,そして28%が個別かペアでした。これはもしその他の要素がバスの活動に影響を与えないのだとすればという前提であり、このデータは気圧の低下、嵐の接近、雲の増加、そしてこれらの複合要素とその他の要素が捕食活動を活発にする可能性も示唆できます。

Use of Cover
(以下略)




*Ralph Manns, Rockwall, Texas, is a fishery scientist and angling authority who has contributed features and columns to In-Fisherman for almost two decades.


Reference
http://www.in-fisherman.com/2012/08/24/barometric-pressure-and-bass/

 「気圧の数値がこの値を示すとき、バスの何%がこういった行動をする」、「気圧の数値の上下のどのタイミングでルアーにストライクするのか」、「solunar/潮の干満の影響」といった具体的な例示がありますが、リンク先で確認してください。
 結局、似非科学と同様に科学をバカにする人にとっては非常にどうでもいいエントリーですが、分析と検証をしたい人にとっては非常に有益なエントリーです。

やたらに人に弱味をさらけ出す人間のことを私は躊躇なく「無礼者」と呼びます。それは社会的無礼であって、われわれは自分の弱さをいやがる気持ちから人の長所をみとめるのに、人も同じように弱いということを証明してくれるのは、無礼千万なのであります。そればかりではありません。どんなに醜悪であろうと、自分の真実の姿を告白して、それによって真実の姿をみとめてもらい、あわよくば真実の姿のままで愛してもらおうなどと考えるのは、甘い考えで、人生をなめてかかった考えです。

 本来どの釣りでも重要視されなければいけないことがことごとく無視されているという偏見があります。
pyramid1

 一体何の話かというと、淡水海水を問わず「釣り」を考える上での重要度を考えるとまず画像のように、基盤には狙っている対象魚のことを知っていなければなりません。例えば、回遊魚といった青物が2日連続1スポットで釣れ続くことに保証がないことから、釣れなければ回遊魚の回遊コースをいくつか移動しながら釣りをしなければなりませんし、逆に根魚は居着く習性から1スポットで2日連続、または1週間連続でも釣り続けることができるといったことです。つまり魚の生態・習性を理解した上で釣りを組み立てなければならないということです。
 そこでラージマウスに焦点を絞ってみましょう。青物と根魚の例を見ればラージマウスとは非常に面白い魚種です。同じラージマウスなのにも関わらず、根魚のような行動をするカヴァーに居着くタイプ"residence/レジデンス"が存在する反面、青物と同じようにベイトフィッシュの群れについて泳ぎ回るタイプ"none-residence/ノンレジデンス"が同じ湖、同じ時間に存在していることがあるという点です。従って、使えるルアーの種類が他のどんな魚種より多く、多様なプレゼンテーションが必要になることからラージマウスは特別に面白い魚種だと言えるわけです。
 こんな基本的なことも文章で語れない連中が多いわけですが、ラージマウスの釣りが特別に面白いのはこういった理由からです。「ゲーム性が高いから」などという非常に曖昧な分かったような口ぶりをする人は分析が足りないと反省するべきです。

 さて多様な魚種から1魚種に絞って基盤を固めたら、次にその狙っている魚種が好む場所を積み立てなければなりません。先に述べたように魚種ごとに生態が違うわけですから、場所もそれぞれの魚種ごとに好む場所が違います。もちろんラージマウスも先に述べた"residence"と"none-residence"では好む場所が全く違ってきます。
 これらの基盤と積み立ての上に初めて登場するのがプレゼンテーションです。プレゼンテーションとは、使用する餌や仕掛け、ルアーであったり、それをキャストするのか足下に落とすのかといった角度だったり、ルアーのカラーや形状といった様々なことがあります。


pyramid2

 つまり、数で見ればこの画像のようにプレゼンテーションの種類が最も多く、魚種は絞られているということになるのです。場所、言い変えればストラクチャー・フィッシングは常に魚種とプレゼンテーションを支える中核となるわけです。
 結局、何が言いたいのかというと、「特定のルアーがどうこう」とか「ルアー・カラーが云々」というのは先に述べたように基盤のない役立たない情報、小手先のどうでもいいことであるということです。さらに基盤が固められているだけでなく、場所という概念がその小手先の機転をつなぎ成功した結果を生むわけです。

 常日頃からルアーやカラー、さらにアクションなんてどうでもいいと言い続けてきたのはそういうことです。基盤の固められていない、さらに中核のストラクチャーさえ無視した、ウィニング・ルアーやらカラーなんてチョードーデモイイ情報に過ぎないのです。
 つまり、そういった小手先の機転を記事にする際は、まず魚種とその生態、場所を記述した上でなぜそうしたのかという方法論で語られていることがアングラーたちにとっては非常に有益であるということです。魚種と生態は専門誌であればいくらか省くことができたとしても、読者がどの程度の知識とスキルで読んでいるのか著者側から計り知れない以上、何度でも同じことを書き続けることが重要となります。その何度でも同じことが書き続けられていることというのは、その知識を既に持っている者にとって無益なものと捉えられがちですが、そうではなく、むしろ何度でも語られていることだからこそ重要であるし、それは基本としてしっかりと捉えておくべき情報だと分析できる有益な情報なのです。


 確かにプレゼンテーションの方法は数が多く、最も語りやすいのは間違いありません。しかし、最も重要な、語られなければいけない基盤と中盤を抜いて語ることを安易に認めてしまうのは、それこそタイトルにしているように言い訳でしかないわけですから、自分の弱みをさらけ出す無礼だと考えています。「自分は勉強しなかったからアホなんです。」なんていう輩がいますが、そうだとすれば勉強すれば良いし、教えを請うといった意図、行動を起こせば良いのです。従って「あわよくば真実の姿のままで愛してもらおうなどと考えるのは、甘い考えで、人生をなめてかかった考えです。 」と帰結するのです。


 さて、大事なことなので何度でも言いますが、この画像に示したピラミッドは全ての「釣り」に通用します。先に述べたようにラージマウスは「魚」の段階から"residence,none-residence"という2種に分別できるため、ピラミッドが2つ作れてしまう面白さと難しさがあるわけです。

 そして、基盤無しで「釣り」を考えるのは近年のファッションとなっているという偏見もあります。そもそも魚の生態を知らないことから、魚が居ないところで「釣り」をしてしまい、結果何も釣れなかったという傾向のことです。そのケーススタディは、特に岸から釣る鱸/シーバスに見られます。つまり何が言いたいのかというと、魚が根本的に居ない場所で釣りをしているのだから釣れなくて当たり前だということです。
 「釣り」を理解していない人たちに最も多く見られる誤解は「水辺のどこにでも魚が居る」と考えてしまうことです。魚は居る場所には居るし、居ない場所には全く居ないのです。これが「釣り」を理解する上で最も重要な基本のひとつとなります。遠投すれば釣れそうとか、ショートキャストしないと釣れないとかそういう単純なものではないのです。大事なことなので何度でも言っていることとして、「ルアーはバスの頭にぶつけていくようにリトリーブするのが基本」というのは、魚が居る場所にキャストするという前提から成り立っているのです。そうです、釣れないのはそもそもそこに「魚が居ないから」なのです。特に大阪湾のシーバスに関して言うと、その鱸のほとんどが漁師によってその魚体のほとんどを捕獲された後に、リクリエーショナル・アングラーたちが狙うわけですから、行政の制限や水深といった何らかの理由で漁師が入れない場所を除いて、まず魚が居ないのです。居ない魚を狙っているわけですから、天文学的数字というか宝くじと同じで当たればラッキーというものなのです。はっきり言って、魚の絶対数がそこに居ない「釣り」にゲーム性など存在しません。魚が存在して、その魚が生息環境とする場所を見極めて、さらに小手先の工夫でプレゼンテーションしていくのが「ゲーム」です。魚の居ない場所で、いくら小手先の工夫をしたってそれは「ゲーム」として成り立っていないのです。つまり何が言いたいのかというと、魚の居ない場所で釣りをせざるを得ない可能性の高いオカッパリに過度な期待をしている人たちが多過ぎるということです。そこに「ゲーム性」や「釣果」は基本的に伴わないというのが事実です。しかし、タイトルにしたように言い訳で済ましてしまうのはなめてかかった考えです。あくまでゲームや釣果に努めるべきだと考えます。加えて、その態度がルアー・フィッシングを開拓してきた先人たちに対する敬意なのではないでしょうか。

 こういった全ての「釣り」に対する基本と、それをどのようにそれぞれの特定の釣りに適用するのかというのは、釣りの経験があればある程度シミュレーションできるはずです。しかし、「釣り」を全く知らない人、釣りをしたことがあっても基本を知らない人はシミュレーションできません。結局、魚種ごとの生態と生息環境にどういった地形・ストラクチャーを選ぶのかという知識が欠けているのです。魚が居る場所に、魚の目の前に針付きのベイトを送り込むということはそういうことを意味します。久々に更新をしたからなのか拍手システムという視座から見れば、異常な注目を集めてしまったかのように思われる前回のエントリーにしても、あくまでカロリーの数値とラージマウスの生物的特徴の大きな口という客観的な事実から導きだされています。「ザリガニを捕食しているから良い体型をした魚」などという主観的な事実の曲解とは違うという点を冷静に分析していなければ、余計な誤解を生む危険な情報であることは強く主張しておかなければならないことではあります。
 基本を何度も何度も反復して、その重要性を訴えていくのは「釣り」という文化にとって必要なことです。






Reference
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4