Listen, you lowlifes who will never amount to anything. Obtain the Penguin Drum.

 さて「魚に聞いてみないとわからない」という言説は、その日ごとに自分の釣りを魚に合わせていこうという意味で言っているのか、それとも何か理由があってバスはルアーにストライクしてくるのだけれどその理由はわからないという意味で言っているのかで随分違う意味を持ちます。前者は魚に釣りを合わせていくという釣りそのもののお話ですが、後者は人の感情や思考をバスに投影した擬人化で、ファンタジーやフィクションでしかないということに気がついたでしょうか。釣りブログやっているのに、釣りの話をしないで、ほとんどファンタジーで話している人って多いという偏見があります。
 別に「魚を擬人化して聞かなくてもわかるんだよ(笑)」という科学的な話である、大気中の音と水中の音を比較検証した表です。

Properties of Sound Waves in Air and Water
PropertyAirWater
Sound speed1,100 feet per second4,920 feet per second
Sound speed profileLarge changes with altitude(up to 300%)Small changes with depth(less than 6%)
Sound variablilityExtreme variation due to winds and daily cycleVariation mostly seasonal and near the surface
Ambient noiseRelatively lowRelatively high
Sound propagationMostly short distances; long range propagation seldom possibleLong range propagation is common
Sound reciprocityWind often makes own sound; can approach without being heardCurrent effects are negligible; if you can hear, then you can be heard


 音速、音の速度が4倍以上違うとか、音の速度は大気中で高度によって大きく変化するが、水中では水深によって変わることは少ないといった特性などが書かれています。
 中でも、音の伝達は大気中ではほとんどの音が短距離で消えてしまうのが、水中の音は長距離で伝達するという性質は知っておくべきことだと考えられます。そして、大気中で風は音を発生させてしまうけれど、水中の水流の音は無視できるほど少ないといった性質もあります。


 ここで、ほとんどの勘違いしちゃったライトリグという餌釣りをしてしまっている人の多くが、それなら極端に「ルアーの音は消した方が良い」と思い込んでしまうという偏見があります。
Rattle Comparison
 これを示したところで曲解するのかもしれませんが、クランクベイトがラトル無しの方が反応が良いのに対して、ソフト・プラスティックにはラトルを入れた方が非常に反応が良いという結果が得られているということです。ライトリグの人たちが必至にソフト・プラスティックベイトから音を消そうとしている反面、むしろその人たちが使っているソフト・プラスティックは音を出した方がもっと好感触な反応を得られる可能性があるということです。
 曲解されたくないので、解説しておくと、自然界にバスの餌となる生物たちは基本的に音を出しています。グレン・ローの映像作品『BIGMOUTH FOREVER』や『Bigmouth the original』を見たことのある方は、ここでピンときて欲しいものです。こういった議論になるときの非常に重要な参考資料なのに忘れられているという偏見があります。そして、むしろ全てのルアーは、入っているラトルの有無に関わらず音を出しています。それはワームであっても水中に沈んでいくだけで音を発します。しかし、その音はバスが捕食活動のために敏感に聞きすましている音でもあるわけです。短絡的にラトル無しの方が良いとか言ってしまうと、結局バスがルアーを見つけてくれないこととなり、よほどバスの目の前を通らないと反応してくれない効率の悪い釣りしかできなくなってしまうのです。
 先の表にあるように、水中での音は、長距離に伝達されやすく、水深に関わらず伝達される割に、基本的にノイズ・音が入りやすい環境なわけで、やはりルアー・フィッシングを考える上で、バスにルアーを見つけてもらうという前提がある以上、ラトルは入れる必要性があるのです。

 最後になぜいつもバスの頭へぶつけるようにルアーをリトリーブしましょうと言っているのかというと
Lateral Line Network
このように、lateral line/側線という水流や音を感知する器官が、頭側へ集中しているからです。もちろん視覚でルアーを捉えてくれるという意味もありますが、もし水が濁ってバスの視界が遮られようと同じことだということです。大事なことなので2度言いますが、クリア・ウォーターだろうとマーキー・ウォーターだろうと、頭にぶつけていくというのは、変わらない基本だということです。



表p.91,画像p.93,p.130

 もっと深く、音がボトムの質によってバスへの聞こえ方が変わってくるなどが知りたければ読んでみると良いと思います。きっと曲解した何者にもなれないライトリグアングラーたちが歓喜する内容なので、読んだ反応を見ると、今までどんな釣りをしてきたか一発で言い当てられる地雷だとも言えます。

Gosh, I must crush it soon.

 イルカとか「すご〜い、かしこ〜い」って言いますが、生魚欲しさに芸覚えるようなやつと対等に付き合える気がしませんし、やたら賢い賢い持ち上げる人たちはそれ以下の賢さとかしかないんのかな。あと、賢い動物だから食べちゃダメ的な方向で頭悪い議論しかできない人に「じゃああなたは頭悪いから殺して食べちゃってもいい動物ですか?」って聞いたりしちゃダメなんですかね。
とあるコピペより

 そんなこんなで、魚もアングラーたちに擬人化されがちだという偏見がありますが、その賢さって一体何なんでしょうか。
 こんなデータが普通にあったりします。各gamefishに電気ショックを何度も与えて、その電気ショックを避けるようになるという学習の度合いを統計的に計測したものです。
Learning Curve
 7回目ともなるとStriped bass(ストライパー),Carp(鯉),Channel Catfish(ナマズ)は一つ飛び抜けた学習をすることができるということが理解できます。
 そしてSmallmouth,Largemouthというのはこれらの種だけで言えば中間になります。ここから推察すれば、フィッシング・プレッシャーがかかりやすいのは、日本で言えば鯉、the USで言えばストライパーになるということです。そんなストライパーを釣るリグに、umbrella rigが存在するということはそういうことです。
 度が過ぎるぐらい魚を擬人化してファンタジー書き続けているとか、その程度の賢さとかしかないのかなとか思われますよと注意喚起しておこうと思います。



Reference

p.35

 大事なことなので何度でも言いますが、この本はScienceベースで書かれていることから、額面通り受け取ると、脳に反応があらわれる電気信号ベースであることが多く「餌釣り最強」という結論が導かれることになりやすい本です。しかし、ルアーフィッシングの要素にある、バスがいくら満腹でも、猫がネコジャラシにじゃれつくような本能を使って、ルアーにストライクしてくる理由の説明にはなりませんし、なぜそうなのかという説明にはなっていません。人が偽札でも拾ってしまう行動は、科学でも社会学的規範から生まれるのであって、決して脳がこう反応するから、その偽札に反応するのだということは誰にもわかっていないのと同じです。
 つまり、これを読めば多くの日本人が餌釣り的なワームが最強と言い始めるという偏見があります。加えて、魚に聞かないとわからないというのは、このように探せば見つかるデータがあることを考えれば、自分の知識の浅はかさを自己弁護しているだけだという偏見もあります。
 In-Fishermanの本を紹介したエントリー以上の煽りと釣りでした。

A "You'll fall off the cliff and tumble into the sea at this rate." B "What are you blabbering about now?" A "I'm talking about the Emperor Penguin. A flock of penguins on the edge of an iceberg wavering about diving into the sea. They only need one to dive in to find out if the sea is teaming with ferocious seals. But of course, no one want to die. So they wait, relentlessly. Swaying on the ice, hoping for an unfortunate soul to fall into the sea. " B "You're saying I'll become one of those dumb penguins?" A "It's that kind of a place. You know that."

 随分前な気がしますが、スクエアビルの話題を出した時に軽く触れているKevin Shortです。
 もちろんラインのプロモーションですが、言っていることは的を射ています。
 クランクベイトを使用するときはフロロカーボン14lb,17lb,モノフィラメント14lbの3種類を使い分けるために1本のロッドに3個のリールを組んでおくというものです。
 例えばフロロカーボン14lbで、グラスの上をリトリーブした場合に、グラスに突っ込んでしまうようであれば、ラインサイズを17lbに上げるかラインをモノフィラメント14lbに変更するといった具合です。そういった釣りで「3~4インチ」ゾーンが変われば、全く異なる釣りになるというのは、経験があれば容易に理解できることです。


 既に紹介していたような気がしますが、donkey rig を別にこんな風に使っても釣果は出ますという動画です。

 Bill Siemantelは、スイベルにゴム管や熱収縮パイプを被せて、ブレイデッドライン特有の柔らかさに起因する絡みを防止しています。Kevin VanDamは絡み防止にそもそもフロロカーボン50lbを推奨しています。
試すならこの辺りですが、工夫が無いので
紹介しておこうと思います。バスフィッシングに使われたことって、とある2種混合ライン(ユニチカ シルバースレッド カモフラージュ 100m 16LB)を除いて、ほとんど例がありません。オモシロイのに(*´・ω・)(・ω・`*)ネェ-
 そんなことより、そもそもリーディングルアーにしても、このような2個付けルアーで釣ったことがあるアングラーたちって本当に少ないんだなと、その工夫レヴェルの低さに、それで良いのかと問いかけてみることにします。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4