LOST HERITAGE

 さてあなたの前にサイコロを使用したゲームがあります。そして、出た目に応じて勝ち負けが決まるという単純なルールです。

選択肢その一:1,2,3,4
選択肢その二:5,6

この選択肢二つから選択して、サイコロを振って出た目が同じであれば勝ちというルールです。

 こう言われると誰だって「選択肢その一」を選ぶのではないでしょうか。「選択肢その二」で勝った場合は2倍などの得点でもない限りまずは選ばないでしょう。しかし、次に出る目は誰にもわからないのです。それではなぜ「選択肢その一」を選ぶのでしょうか?と考えたことがあるでしょうか。
 我々は普段こうした確率思考を元に生活していたりします。

 だとしたら「なぜ日本の(特にトーナメント)バスアングラーはライトリグばかり使用するのでしょうか?」という問題が出てきます。彼らからしてみればライトリグがきっとサイコロで出した例の「選択肢その一」に見え、その他のハードベイトは(勝手な思い込みで付けた独自ルールによる)勝ちの倍率が高い「選択肢その二」だと見ているのだという偏見があります。確かに2/3当たる選択肢の方が、1/3当たる選択肢より高い確率で出ると考えるからそうなるのでしょうが、しかしそもそも前提がおかしいのではと疑問に思わないでしょうか?

 ライトリグによる3inやそれ以下のワームは非常にアピールの弱い、バスの頭をルアーに向けにくい、バスにルアーの存在を気がつかせにくいという特徴を持つストライクゾーンの狭いベイトです。逆にトップウォーターをはじめとし、クランクベイト、スピナーベイト、ジャークベイトなどハードベイトとカテゴリー分けされたルアーは、バスの頭をルアーへ向けやすい、バスがルアーの存在にすぐに気がつくストライクゾーンの広いベイトです。
 この前提で行くとそもそも「選択肢その一」がハードベイト、「選択肢その二」がライトリグになるのではないでしょうか?というかヒロ内藤さんや田辺哲男さんが普段から考えているのはこちらの方です。

 ここで、『環境や魚の条件によっては「選択肢その一」がライトリグで「選択肢その二」がハードベイトだ』と批判する方がいるかもしれません。しかし、それは見当外れです。そもそもサイコロにしても次にどの目が出るかなんていうことは誰にもわからないのです。
 これが我々の考察を普段から制約しているイデオロギーというやつで、「確率思考」と言われるものです。多くのアングラーが雑誌などに登場する日本人バスプロの肩書きに酔って、「選択肢その一」がライトリグで「選択肢その二」がハードベイトだと提示した批判する例をそのまま言ってみたり、状況によってその選択肢は変わるという逃げの解答をするという偏見があります。しかし、ストライクゾーンが圧倒的に広いのは上記のハードベイトであって、決して3in以下のワームには無いという客観的事実からやはり「選択肢その一」がハードベイト、「選択肢その二」がライトリグという事実に目を向けなければなりません。しかし、大切なことなので何度でも言いますが、次に出る目は誰にもわからないのです。

 普段からよく自分は「エリートシリーズに参戦しているバスプロ達をはじめとした北米圏の巧みなアングラー達は、常に効率が良く、合理的な釣りをしている。」と言います。それは彼らが、確率思考から得られる効率的な方法を常に意識したかのようなアプローチ方法をしているからなのです。ヒロ内藤さんが日本向けに紹介したゾーンとスピードという概念がありますが、まさに巧みなアングラーはそのゾーンとスピードに合うルアーに絞るという作業のみを淡々とこなしているのです。フィッシング・プレッシャーがどうとかそういったことは一切関係なく、ストライクゾーンの大きいものでいかに誰よりも早く魚を探しているということはそういうことなのです。
 『「選択肢その二」としてライトリグは釣れる』という論客はもちろん間違いではないでしょう。サイコロの目の例でいうところの5,6に延々と賭け続けていても最初の一振りで勝つ可能性だってあります。しかし、大切なことなので何度でも言いますが、次に出る目は誰にもわからないのです。

 そこで誰にもわからない点について、我々は一体どう意思決定するべきかという部分に問題の焦点を合わせたいわけですが、皆さんそもそもこの点に気がついているのでしょうか?という疑問と苦言を呈するわけです。効率の悪い、非合理的なことを釣りでもしてませんか?


ESCAPE FROM

 USの釣り、KVD、ヒロ内藤さん関連が好きな人たちが、まだまだファッションである事象に関心を示していること、べいとふぃねす?WTF!?という感じの毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 今プリスポーンとか言ったら炎上気味に「ワタシはバスフィッシングをワカッテナイヒト」扱いされるのだろうという偏見がありますが、シャローカバーで釣れないと嘆くのであれば、コンタクトポイントのディープ側に居るであろうポストスポーンとプリスポーンの魚にターゲットをシフトして釣るべきだろうと必然的に考えるわけですが、「なぜポストスポーンから夏なのに(なぜシャローカヴァーで)釣れないの?」と不思議そうに発信している人たちの方がワタシにはフシギちゃんに見えます。括弧したところを多くのアングラーは述べていないために、その取り巻きも右往左往して醜態を晒しているように見えてしまうのはワタシだけなのでしょうか?

 さて、釣りにおいて「正解があるのか?」と問われれば、「間違いなくある」と自らの思想で答えます。先のエントリーでも述べましたが、「魚(ラージマウス)に聞いてみないとわからない。」と答えるのは「正解・答」というものを持つという態度から逃げていると言わざるを得ません。逆説的に「正解・答」は無いと仮定してしまうと「間違い」か「間違いではない」と全て中途半端で、自信を持ってできるアプローチ・釣りが無くなってしまいます。この態度はオールランド・アングラーでも何でもなくて、ただ「正解・答」から逃げているだけだと捉える方が限りなく正解に近いでしょう。アングラーが持つべき態度としては「限りなく正解に近い答とは何か?」と、答を出そうと最大限努力するのがオールラウンド・アングラーです。
 「魚に聞いてみないとわからない。」と言う割にルアーに釣れる/釣れないのレッテル貼りが好きだったり、「間違いか間違いでないか?」と逃げ腰に考えることがオールラウンド・アングラーだと考えている人たちが書いている文書に対して、論理的であると考えて読んでいる人たちがいることの方が不思議でなりません。

 「もし一投目で30cmが釣れて、2投目に50cmが釣れたら」という偶然目にしたエントリーに、「2投目が限りなく正解に近い」としてそのアプローチ方法を再現していくという作業に入れば良いだけです。決して「1投目が間違いだ」とか「1投目は間違いじゃなかったよな」、「2投目が間違いじゃないのかな?」と考るのではなく「限りなく正解に近い」と考察することが、限りなく正解に近い聡明な判断ではないでしょうか。この手の合理的思考による判断の話は、Kevin VanDamの領域の話が通じるのはまだまだ先のことなのだなと思わせてしまいます。

 一時期Bassmasterで活躍していた田辺哲男さんですが、貼付け不可のyoutube動画http://youtu.be/a0Ub1ngTFysにていかに合理的に考察してバスフィッシングに向き合っているかが伺える内容となっています。結局、同じ日に釣りをしていた誰よりもウェイトのある5尾を釣ってくるのだというハイリスク・ハイリターンといった意識がない人たち、賞金圏内に入れれば良いといった釣りしかメンタル的にできない人が、その誰よりもウェイトがある魚5尾を釣ってこようとしてくる人に勝てないのは当然と考えるのって非論理的でしょうか。勝率5割で良いと言っている人が1位を狙えるわけがないと思うのは自分がどこかネジが飛んでいるイカレた勝負師気質であるという証明でもありますが、人と競う思考というのは得てしてこのようなものだという偏見があります。
 加えて、KVDの思考について、最近のモチベーションは賞金圏内を絶対に外さないことだと考えていますが、彼は次のステージとして全戦1位通過や最終日通過、そしてAOYレースをブッチ切りで勝つことではないかと思います。スピニングタックルを使い始めた理由はまさにこういったところにあるのではないかと考えることができます。ただストライクゾーンが極めて小さいことを理解していると思わせる、スピニングタックルをあまり持たないという姿勢、態度は上記の合理性に合致する部分です。
 個人的にはルアーチューニングが主なペラい本ですが、垣間見えるタックルセッティングの細かさや哲学は理詰めしていない/できないアングラーの文書を読むより明らかに有益です。
 すとらてじー・戦略について言及しているこちらの方が読み応えがあります。しかし、中古で3,000円超えはたけーよ(笑)と言わざるを得ません。

 新品を購入するにしてもInternational Shippingと表記のあるところで購入する方が安価です。プラドコ系のルアーやトライリーンXTの銘柄付きラインサイズを知りたいのであれば、初版物をおススメします。ルアーやラインの銘柄の名前を伏せgeneralカテゴリーの名称にした書き直しがありますが、最新のバスフィッシングに合わせた新しい章の追加が読みたい場合はRevised/再編集物をおススメします。もちろん当方は全て所持して読破済みです。

STAND ALONE COMPLEX

 シミュラークル、ポストモダンにおけるオリジナルなきコピー、例えば「世界の中心で、愛を叫ぶ」という恋愛小説はアニメ新世紀エヴァンゲリオン「世界の中心でアイを叫んだけもの」の最終話タイトルから来ています。しかし、そのタイトルですらどこかの詩のコピーであり、オリジナル・元ネタが喪失しているがその事象はコピーされ続ける可能性があるということです。
 さらに例えるならばクランクベイトは、フレッド・ヤングがBig Oとして最初に作り出したクランクベイトというルアー・カテゴリーです。つまり現在全てのクランクベイトは、フレッド・ヤングを知っていようが知っていまいが、既にオリジナルなきコピーとして存在していると言えます。我々はクランクベイトと言ったとしても既にBig Oという存在を気にしなくなったとでも言えばわかりやすいでしょうか。
 ペンシルベイトというカテゴリーにしてもそうです。ヘドン・ザラゴッサからプラスティック製のザラスプークに至る歴史の流れを全てのペンシルベイトは受け継いでいますが、現在販売されているペンシルベイトについても既にオリジナルなきコピーとして存在しているのです。
 アプローチ方法を変え、自分の好きなスミスウィック・ラトリンログを挙げてみましょう。これはジャークベイトとも呼ばれますが、歴史的にはミノープラグというカテゴリーから生まれたものです。この場合のオリジナルは実はラパラ・オリジナルフローターのコピーなのですが、直接のコピーではなくレーベルのF20というミノーがラパラのミノーをコピーしたことをコピーしたという、媒介されてコピーされていることから、我々が口にするパクったという表現がされにくい、まさしくオリジナルなきコピーとして見ることができます。仮に「オリジナルがまだはっきりとしている、残っている。」と言われるならば、ラトリンログをコピーして作られたメガバス・VISION 110には、間違いなくユーザにはほとんど知られていないオリジナルなきコピーだと言うことができます。

  


 さて久々に「アマケンノート」にて2004 Bassmaster Classicを思い出したのですが、ウィニングベイトとなったバグリーB2はオークションに出品されますが、使われたことの無いルアーとしてはまだ在庫として残っているようです。
バグリー(bagley) バルサB2 真鍮アイ カラー09

バグリー(bagley) バルサB2 真鍮アイ カラー09
価格:1,701円(税込、送料別)

 エリートシリーズに参戦するようなほとんどのバスプロ達はルアーの泳ぎを見て様々なカテゴリー分けをするわけですが、日本人が一番陥り易いのは使えないルアーがあるといった偏見による、自らの、アングラーとしてルアーを使い切るスキルを捨ててしまうことにあります。普段から「魚に聞いてみないとわからない」と答えを理詰めするわけでもなく逃げ腰なはずが、ルアーとなると「○○は使えないルアー」と吐き捨てるといった態度の人が溢れかえっているのではないかという偏見があります。もし、この世に釣れないルアーがあるなんていう人は、ルアーを使い切れていない、アングラーとしての腕がないのだとヒロ内藤さんの言葉を信じているわけですが、もしピッチの早いクランクベイトが釣れた日があったとして、ピッチの遅いクランクベイトが釣れる日が相対的に存在するといった思考は、普通「魚に聞いてみないとわからない」と言っているのであれば尚更、自然と「使えないルアー」なんていうのは存在しないというような思考へならないことが不思議です。それは「フィッシング・プレッシャーが高いから釣れない」、「バスがスレてるから釣れない」、「天候が悪かった」といった自分自身に向けるべき言い訳をただ「ルアーの責任」にしているだけではないのかということです。
 多くのアングラーが気がついていないのかもしれませんが、こういったバルサなどの木製のルアーを1個だけ買うとその動きは同じ型の2個目3個目と比べることなどできません。つまり、1個だけ買われたそのルアーの動きはカテゴリー分けなどされるはずがないのです。もし木製クランクベイトのカテゴリー分けをするならば、それこそ統計学的センスのない人であれば、極めて単純な数である100個の被験体を用意するべきでしょう。「パンドラの箱を開けたことを誰も知らなければ約束を破った事にはならんよ。」という言葉を引用しますが、ルアーの1個ごとの動きなんていうのはバスフィッシングを楽しむのに触れてはいけない領域ではないかと考えています。または、触れるにしても「ハイピッチに動くのが釣れるなら、逆が釣れても良いよね。」、「だから何なの?」といった態度でそういった言説に接していくべきだと提唱したいと思います。バスフィッシングは決して「ルアーありき」でイデオロギーが構成された釣りではないのです。
 BB2に話を戻しますが、Lexan(レキサン)・ポリカーボネート樹脂 vs Circuit Board(サーキットボード、プリント基盤)では動きの質が変わるのは間違いありません。当方のようにリップを削ったことのある方であれば気がつくと思いますが、同じボディシェイプでリップの重さや厚さ(厚みの形状)といった要素でルアーアクションを変更することは可能です。以前試作したBomber Model A/4Aがhunt actionを起こすようになったのは最も良い例です。しかし、個人で作成されたようなハンドカービング(ハンドメイド)・クランクベイトにおいては、リップの角度やウェイトバランスを製作段階で変更できるので、見た目だけでリップがどうだからと言うことができません。バグリーのBB2に関しても上記のリンク先で確認できるようにウェイト表記が変わっています。

 結局ルアーを使い切れるかどうかという問題になった時に、大きな問題となるのはアングラーがそのベイトを投げ続けられるという自信といったメンタル的な部分です。そして、ギヴンアクションを入れるかどうかといった、基本があっての応用を加えるべきなのかと考えてみたりすることがアドヴァンスド・アングラーとして、ルアーを使い切るというスキルを持つということです。
バグリー(bagley) バルサB2 真鍮アイ

バグリー(bagley) バルサB2 真鍮アイ
価格:1,701円(税込、送料別)

 いずれにせよ、大森貴洋さんが2004クラシックを勝った割に、現在のKVDスクエアビルに比べて盛り上がらなかったのとウィニングベイトが未だに入手可能であるというのはどうなのでしょうか。記念ルアーとして価値を見出せるのは間違いなく日本人なわけですから、当時WEBという環境が整っていなかったにせよ、何かしらカタチに残しておくのは悪いことではないと思います。

 そういえば、この時使用していたグリーンを基調にしたTD-S 701MHRBは未だに北米圏ではカタログに存在するロッドです。
 国産向けにされていますが、テーパーをFとしてしまっていることが最大の欠点です。ロッドのつくりを理解している人にしてみれば、どちらかといえばリップレスクランクやスピナーベイトのスローロールという糸フケの釣りにしか使えない印象を与えています。
 WEBコンテンツがこれだけ豊富になった中で再び勝てば盛り上がるのだと思われますが、1つ前のエントリーに述べたようにキングコングが些か他のバスプロよりスマートで次のステージに進んでしまっています。

 何が言いたいのかというと、アマケンさんは開高健さん寄りの小説的な書き手だと考えているのですが、今回のようなクランクベイトに使えないものがあるといった言説を動機あるなしを問わずに他者に広めてしまったのが「秘密のクランクベイト―U.S.A.プロトーナメント発!釣るためのクランクベイト論」この著書だという偏見があります。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4