ぷれぜんの練習

 たまに何の脈略も無いツッコミ待ちのようなエントリーを上げるこの場ですが、導く方向性にブレはないと思っています。さらには英語コメントとか来て若干テンション上がっちゃったりとかしてる今日この頃です。
 そんな中釣りに行けそうにないのですが、だったら色々と言語化するのが不可能な部分を機会があるうちに視覚化こと映像化しておけばよいのではないかという結論に至りました。
 用意すべきものは大森貴洋さん的に言うテストタンクことスイミングプール
とビデオカメラといったところです。編集ソフトはどうせ素人のやる仕事なので、ふぁいなるかっととか使わずにMacに入っているデフォルトのiMovieとかで良いのではないかと思っています。
 特に話して解説しながらやるようなものでもないかと思うのでBGMが必要かなとは思いますが、著作権的にその辺りってどう考えれば良いのかなと考えております。本のように出典とか1/3以上はコピーするなとか規定されている部分が曖昧です。音楽レーベル的な考えで行くとラジオですら無料で聴けるということに対して異議を唱えていたわけですから、YouTubeなんてとんでもないといった考えが元々ありました。しかし、世界的な広報方法としてYouTubeの成功例が現れてからは微妙にダンマリしている気がしています。
 消されれば無音verで上げれば良いのかななんて思っていますが、どっちにしろPCで見る人にとっては既にMP3プレイヤーをかけていたりするからそもそも要らないんでしょうか?

わざわざ実験のために用意したタックルのコスト的な意味で

熱さだけで乗り切りました的な

日曜日に動画を上げて仕事に学校に行きたくない的な

イリュージョン的な




 一番の問題提起部分は個人が動画を撮影して見せたところで、
「視聴者にとって一体何の得があるのか?」という部分です。これを無視してアップロードしたところで容量の無駄遣いではないかと思っております。コンテンツ/中身/内容という部分を理解していない、サイト運営がそもそもできないユーザが根本的に理解していない部分です。例えば、個人撮影なのにメーカーがやるような、チドるルアーを撮影して「チドッた」とか「動きが神」とか言ってお世辞を連呼する必要なんてありません。ウェブ上になくて言語化して説明できない部分を補助する目的で動画を撮影するなど、目的が存在する必要があるのです。動きを見せたとしてもお世辞が言いたいだけの動画には個人的に気持ち悪さを感じてしまいます。それが個人のプレゼンテーションスキルを上げるための練習というのならわからなくもないですが・・・。
 今回はジャーキングの動きを言葉で説明できないならば、百聞は一見にしかずと言われるように見せてしまえば良いというのがメイントピックです。さらに見せるルアーの種類もできる限り揃え、アングラーの視点で陸からどう動いているように見えるのかという部分を見せて行きたいと思っています。
 また細かいところでは、KVDも違いが出ると言っているスプリットリングかスナップに結んだ場合、スプリットリング+スナップで結んだ場合でどう動きが変わるのかといった部分を1種類のルアーで撮影する予定です。
 ラインの太さ/ラインストレッチで動きが変わるというのも大きく差が出れば見せたいところです。テスト予定のラインはモノフィラメントでトライリーンXL8lb(0.01in/約.254mm),シルバースレッドAN40/14lb(.349mm),シルバースレッドS.A.R20lb(.388mm)なので、無いとは思いますが結果が視覚・映像的に大きな変化として現れなかった時にはレポートだけにします。決して包み隠しませんのでそのあたりは大丈夫です。
 そして、今回はロッドレングスの幅を用意していかに長くなるとジャーキングなどのロッドワークが難しくなるか、細かく刻めなくなって面白くなくなっていくかという部分も検証していこうとも思っています。
 まだ撮影の計画を作成中で動きだしが悪いのですが、ルアーのスペックなどの収集もあって、結構な時間を企画書に費やしています。ルアーのスペックに関してはDVD『THE ANSWER Game2』のPDFファイルの付録や『[DVD] ヒロ内藤 ルアー・ザ・スピリット Vol.1 ミノー』のDVD版のオマケコーナーの情報も引用しようと表も作成中です。

 この文を作成しているこの瞬間まだ揃える必要性があるものが届いていないのですが、それより心配なのは肉体的に同じ幅でずっとジャーキングし続けられるのかという部分です。撮影後半に腕が疲れて動きが変わってしまっては何の意味もないので、なんとか腕と肘が耐えてくれと祈るばかりです。

 オマケでクランクベイトやセクシースプーン、リンディーのダーターを動かそうかなと思っていたりしますが、むしろ個人的にやりたいトピックはこっちの方だったりするんだなと思っています。ジャーキングの撮影はたぶん使命感的な勢いなんだと自分で思います。

 ルアーの添付情報はこれら2作品から引用します。特にロッドワークの技術面での基礎的な部分などの説明を飛ばして撮影するため、引用としては広めになります。『[DVD] ヒロ内藤 ルアー・ザ・スピリット Vol.1 ミノー』を未見の方は購入して今のうちに視聴しておくことをおススメします。






コンテンツ管理者向けの提言
 個人のルアービルダーの人もルアーの動きを動画撮影して見せるのは、ユーザに向けて使用するイメージを膨らませるという意味で非常に有効で、YouTubeのプロモーション効果はアングラーとしてもThink Tank LuresのTrigger Fishで、既に誰もが認めるところでしょう。しかし、釣れるシーンを見せるのも当然そのプロモーションの一環で重要だと思いますが、それだけというのもどうかと思います。ただ釣れるだけであるならば、他のルアーと変わらないのであって、なぜそれを作ったのかという部分を解説したり、使用方法の幅の広さを見せたりするなども考えるべきです。
 この辺りのプレゼンテーションが巧いのはメガバスやジャッカルが原型となっていると思われます。テストタンクでの泳ぎをカタログDVD化したジャッカルの方法も、今では釣り場での水中映像とそのカタチを変えて一般的なものになりつつあるのではないでしょうか。特になぜそれを作ったのかというバリエーションを打っていく時に、哲学的な部分を強調したりするところは流石といったところです。
 それでも100人中100人が満足するプレゼンテーションなんていうのは存在するはずがありません。例えば「この間雑誌で読んだんだけど」って言っても大学院の中の教室でなら学問的な専門誌の話でしょうし、ギャルい女子ばっかりいる中で同じ意味で「この間雑誌で読んだんだけど」なんて言ってもファッション雑誌ぐらいしか相手はイメージできないのではないでしょうか。つまりこれがマーケティングの広義の意味であって、アドバンスドアングラーに売っていくのに必要なのは釣れている映像や、ルアーの動きだけではないのです。当然それだけで満足する人も居ますし、それ以外の情報は必要なくて残りのイメージや使用方法などは自分で実釣から作っていきたい人もいるでしょう。全てが無駄なのだと毒を吐いているつもりは実はなくて、アドバンスドアングラー相手のマーケティングがあっても良いのにそこを気がついていないのか、それともわざとライトユーザ向けにして無視していませんか?という部分です。もしかしたらそれ以前の問題としてプレゼンテーションをかける相手のことを良くわかっていないのかもしれません。
 自分ならその辺りを考察すると、アドバンスドアングラー向けだけれどもちょっとライトユーザ向けにしてしまいます。イメージがつかみきれない、自分の動かす動きがこれで良いのか分からないといった人向けです。しかし、それだけでは個人的にツマラナイので、ロッドレングス別で難しさを映像化したり、細かい部分を入れていき最終的には広義にアドバンスドアングラーを目指す人のキッカケ作りになるような動画にしていこうとします。

 もしルアープロモーションのマーケティングをプロフェッショナルなアングラー向けにするならば、使用したロッドレングスとギアレシオのタックルデータ、ディープダイバーのクランクベイトであればテストしたラインの種類と太さ、可能ならば製品名による限界潜行深度表示はもちろんとして、ブレイクを狙う広いフラットエリアで探していくように使っていくクランクだとか、ブレイクよりレッジやチャネルのような狭いスポットで魚を獲るために作ったなどのちょっと使用方法を細かくした解説をしつつも、なぜそのルアーを作ったのか、そのルアーでなければならないのかという思想的な部分も含ませます。プロモーションもそういった特定の条件下をデプスファインダーで映し出し、釣果を見せれば説得力が増します。また思いつく限りの応用も細かい状況の解説付きで釣果を上げると良いプロモーションになると思われます。

 建設的な広義の意味でのマーケティングを背景とした釣り関連のぷろもーしょんゔぃでお批評はここまでとして、明日のエントリーで企画書としてテストする予定のルアーデータなどの一部を上げようと思います。
 もし追加でやって欲しい条件などがあれば可能な限りその要望には答えようかと思っているのでコメント、メールフォームからどうぞ。ルアーが揃う今週末か来週あたりを予定していますが、撮影中に希望をリアルタイム更新で募集しても時差でAM3:00とかでたぶん誰も見ないと思いますから希望はお早めにどうぞ。

くぁんたむ すもーく 100HPT れびゅー

 Quantum Smoke SL100HPT,つい落札/購入してしまったものの一部です。軽い、7.0ギアレシオというぐらいしか特徴はありません。ブレーキ設定はFreeとMaxの間に2個あるだけの4段階遠心ブレーキ仕様です。確かにキャスティングでブレーキの設定に頼ってキャスティングしている人にとっては少ない設定かもしれません。そのあたりが批判されている理由がよくわかりました。しかし、廊下でフリップキャストしてみたところブレーキには何の問題もありませんでした。キャスティングコントロールのキャップの方を回してあげれば普通に正座してもキャスティングできます。個人的にはアングラーのスキルでどうとでもなるバックラッシュなどのレビューは全く参考にならないという良い例です。
 あと以前どこかで申しましたが、巻き心地の滑らかさなども一切気にしなくなり、ガリガリしてても普通に使い続けらるように慣れてしまったので、そのあたりもどうでも良いです。ついでにこのリールは回すと滑らかには回ってくれますが他のリールと比べた時に少し大きめの音がします。スプールが回る音なのですが、気になる人は気になるかもしれません。

 それ以前に、そういった巻き心地や音やらトラブルが心配な人がアメリカンリールって買うものではないと思います。いざとなったら自分でバラすなどそれなりの覚悟があった方が良いのではないでしょうか。大事なことなのでもう一度言います。ワーム育ちの日本人バスアングラーにアメリカンリールは基本安物買いの銭失いです。

 その中で利点を述べると価格が日本産より安い、安いことで国産1台分の価格で2台購入できリールのギアレシオでの使い分けや、ラインの太さ別での使い分けといったことができる。このあたりのタックルの組み方の問題です。オカッパリで1本しか持たないから、その中で最高級のモノを揃えるというのを批判しているわけではなく、基本的に道具の組み方が違うというだけのことです。しかし、考えて釣りをしているのだなという面では外面と重量が同じで持ち替えた違和感無しにギアレシオを変えたり、ラインを太さ別で組んでいる方が賢いアングラーなのだなという印象を持ちます。なぜそれを使うのかという理由付けをしていけて初めてアメリカンリールを使いこなせると思って良いと考えています。ついでに内需拡大は重要なので、お金がある人はどんどん国産最高級タックルを消費してほしいところです。

 なぜ購入したのかということになりますが、Tour KVDが150なのに対して100ということでサイズが小さいリールになります。3/8oz以下やARAぐらいのものであれば150もなくても100サイズで軽いリールの方がジャーキングをするにしても疲れないだろうなといった部分です。さらにQuantum社が最軽量クラスに挑戦したわけですから興味もあったわけです。
smoke
 やっつけ仕事のアウトラインですが、実際のプロファイルは数ミリの違いしかありませんが、見た目と持った感触が大きく違うように感じます。150はやはりレギュラーサイズから上のルアーに使用するのが良さそうです。特にジャーキングで疲れないという部分を重視するならば、100サイズの方が向いています。購入した思惑通りに、ギア比が他に比べ高い150サイズとの使い分け、棲み分けといった部分があります。
 7.0のギアレシオを選択した理由も150の6.6とそれほど変わらない巻き取り量が欲しかったためです。両者とも28インチですが、スプール径が違うので微妙に変わるのはご想像の通りです。しかし、持ち替えたときの巻くリズムの変更をそれほど意識しなくて良いという部分での選択になります。しかし、このリールを糸張りの釣りに使うつもりはほとんどなく、ロッドワークで出る糸フケをスプールに収めるだけですから巻き心地なんてどうでも良いといったところです。むしろロッドワーク用リールには、過度の期待をせずに糸をスプールに収めるだけ、魚を寄せるだけの機器と思えば細かいところなんて何でもよく思えてきませんか? さらにロッドワークの釣りには、ロッドワークが利かなくなるために飛距離が必要ありませんから、キャスティングで狙う精度さえアングラーが補ってあげれば良く、良く飛ぶリールなんていう謳い文句も不要です。飛ばないというレベルがどの程度のものか人によって違うのだと思われますが、30mぐらいであれば今普通に市場にある安価なリールでも十分に狙って投げられるレベルかと思われます。
 とにかく軽いという持った感触です。魚を掛けたら巻き心地がどうなるかはわかりませんし、興味もありませんが、キャスティングが出来て、ロッドワークが疲れなさそうという面で自分の満足感があればそれで良いのではないでしょうか。大体どこぞのれびゅーなんてそんなしょうもないもんでしかありませんという偏見からできています。
 アドバンスドアングラー的な道具選びの方法はなぜそのリールを必要とするのかという部分を軸して考えることです。

1/31 追記
ブレーキシステム
smoke-centrifugal_system
 Tour KVDも同じシステムです。ただしブレーキシューに当たる数の調節はSmokeではダイアルが4段階しかなく、TKVDの方が11段階と多いです。MAXまでダイアルを回すと写真で見えにくいのですが、8個の突起がブレーキシューに当たります。旧スコーピオン1000と似たようなシステムと言えばわかる人もいるでしょうか。

釣具しょーの季節ですが

 超どうでもいいことから始めます、客寄せパンダなんて言いますが、パンダと聞くと
の特にサビが脳内でループ再生されます。メインパーソンのAnchangですが、バスフィッシングからシーバスまでやってるルアーアングラーとしても一部で有名です。
 今年は大阪には行けないので「清水盛三さんがグローブライドことダイワリールのスポンサード受ける」とヒロ内藤さんのお話以外の話題に全くと言っていいほど興味がないのですが、エンターテインメント性を持たせるためにオフトとかはもっとFlipstahとか置いてお客さんを楽しませるとかいうコンテンツを持っても良いのではないですか? 特にセミナーなどがなくて暇そうにしているスタッフを動かせる良い機会ではありませんか? 入場者は別にスタッフが暇そうにしているのを見に行くわけではありません。
 フリッピングぐらいの距離であれば十分取れるぐらいブースを持つわけですし、ましてやそのFlipstahを正規に取り扱うことは別として、確かバスプロショップス限定商品だったため難しいのだと思われますが、面白い商材があるということをデモするには最適なものではないのですか。子供連れの人を対象とするとか楽しませるという要素を考えるのはタブーなのですか?

 どこにでも言えることですが、入場者は別にスタッフ同士の同窓会を見に来たわけでも、スタッフがグダグダしているのを見に来たわけでもありません。会場に来る人は今季の釣りを楽しみに色々と見て回っているわけで、楽しみに来ているのがわかりませんか?
そろそろ入場者は「エンターテインメント舐めんな」と言っても良さそうな気がします。しかし、そもそもエンターテインメントに理解のない日本社会ではソレが言えないのかもしれません。別に最初からクオリティーを求めるつもりなんてありませんが、こういうところに対して疎いのを自慢するのもなんだか馬鹿げてはいませんか?
歌舞伎がカブキモノ・アウトサイダーが行っていたことの名残なのですか? それでも大衆芸能として栄え、今生に残っているのはなぜなのですか? それが素晴らしいエンターテインメントだったからではないのですか。
 日本として、日本人としてのエンターテインメントっていう方向性が出てこないのって、そういった無知ではなくて、無理解から来ているのではないのですか。
 メディア論的に「無批判な受容という態度」を批判したテオドール・アドルノという人物もいましたが、「なぜそうなのか」とか「自分のこと」以外に興味を持つということ自体がやはり消失していこうとしているのでしょうか。「百科事典を本という媒体で見た時、調べようとしたモノ以外の項目をついつい読んだりするといった行為も今やネットで目的のことだけを調べられるようになったことで、いつかはその弊害って起こるのではないか」とヒロ内藤さんですら危惧しております。これはウェブ上でリンクにリンクを重ねる行為の正当化にもつながりますが。
 日本としてのエンターテインメントって何なのか、釣りメディアのみを言っているつもりはありませんが、釣りメディアだけを通して見ても、そのメディアのコミュニケーションクオリティーが低いという部分を再考する必要性があるのではないかと思うのです。そんなことを毎年考えたりする時期だったなと思ったところです。

flipstah
 クリックするのにあまりにも壁が低い価格になっていました。ついでにフリッピングでは実際にはシェイクとかルアーアクションを付ける作業をするのですが、これはフリッピングという同じ作業のみを繰り返すことになります。そうです、やり過ぎて肘が痛くなりました。
 仕掛け的にはマグネットをラバージグに見立てたものを結んで、センサーが入っているカップや桟橋っぽいフィギュアの穴に入れて遊びます。そしてACから電源を取る電子表示盤に音声付きで加点されていきます。得点が加算されていくだけのモードとタイムアタック形式があり、BGMを流し続けることもできます。釣りキチ大好き過ぎ仕様だなと思いつつも、商品化してしまうアメリカ合衆国のエンターテインメントのナチュラルさ、懐の深さを思い知れば良いと思います。こういう流れが加速されるのがなんだか楽しいと思えるようになったら日本のエンターテインメントも変わるのではないかと思っています。

 冒頭の音楽リンク聞きながら読んで頂いた方にはこのモヤモヤした怒りが共感できればと思います。
Profile

arb1200

Author:arb1200
There are main contents.KVD;Kevin VanDam,He is a one of my angling hero.I translate his article in Japanese.Also BASSMASTER Magazine and BASS Elite series pros info too.
Curation which is the definition of my blog.
http://twitter.com/#!/arb12001

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Latest trackbacks
Favorite
ジャークベイトの基礎/定番 ARB
定番2 Long A 14A
BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A

BOMBER ボーマー Long"A" ロングA B14A
価格:820円(税込、送料別)

 もっとも安定したアクションを生みながら、もっとも頑丈に作られているロングA。  ARCについて「多くのバスプロ達が求めたのはゾーンが深い方のルアーだったため、リップをディープダイバーのものにしてあります。」ヒロ内藤



Test ad
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Poll Question
Link
Reference
Favorite 2
Display RSS link.
Friend request form

Want to be friends with this user.

Favorite 4